• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Mekのブログ一覧

2018年07月21日 イイね!

FRD 2018

FRD 2018去年は70周年イベントで忙しいからなのか開催されず(海外では行っているのに)、一昨年は鈴鹿だったので見に行けず、久しぶりの富士開催。とは言え、その内容には何ら新鮮味がなく、いつものようにグダグダとプログラムが進行される感じ。

まずはXXプログラム。だんだんと車種の世代交代が進んでいるのかFXX-KやそのEvoが中心となってきている。中華圏からの参加者も多数。








FXXは1台のみ。今まで走っていたFXXはマラネロの倉庫保管されているんでしょうかね。








Evoは初登場。いい音させてますが、あまり感動がないんですよね。




F1プログラムはかなり力が入ってます。これだけの台数を見ることができる機会はそうそうありません。




新旧のランデブー走行なんてレースでは見れませんから。








クラシケはクルマを提供してくれる資産家の方には悪いですが、オマケでした。国内でクラシケのカバルケードでも開催してもらわないとお宝を拝むことができません。


実車のJ50は既にデリバリーが始まっているんでしょうかね。BBRやLooksmartでは10台の概要が発表され予約が始まってます。去年の70周年イベントで展示されていたプロトでしょうか。


チャレンジは練習走行の見学のみ。










所謂セレブオーナーのエリア。皆が遠巻きで見てました。








ブルー3兄弟が揃っていたので思わず撮影。
Posted at 2018/07/21 23:44:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | Ferrari | クルマ
2018年05月30日 イイね!

Final Brunch

Final Brunch 今更かもしれませんが、最後のブランチについて。とは言っても、来年以降も主催者が変更され続けられるようですが、SUVを作るかもと言っているフェラーリと同じで何か違うんですよね。

そもそも隣接地にグランピングの施設が出来て、来年以降のブランチの時はかなり騒がしい(エンジン音とか)だろーにと思っていたら、やっぱり。




クラブの会長さん、常に新車を購入しないと地位を維持できないんでしょうかね。フェラーリ・ジャパンはマーケティングの人が挨拶。リノ君、毎年かかさず来てたのに今年は欠席。やはり金の切れ目が。。。




今年はコーンズ代表の方もスピーチされ、松田氏のフェラーリに対する貢献を話されてました。氏がいなければ今じゃ国内では誰も手を出さない(もちろんガレージに隠し持ってる人達はいるでしょうが)クラシック・フェラーリを見ることもできなかったかもしれません。ガレージが綺麗に整理されていたことはちょっと寂しかったですね。






ラッキーなことに去年のうちにサインをもらっておいて良かった。丁寧に1台、1台書いていただいたことに感謝すると共に素晴らしい記念になりました。






隣の施設もこんな感じで開業を目指してました。


さくら さくら 今咲きほこる 刹那に散るゆくさだめと知って
さらば友よ 旅立ちのとき 変わらないその想いを 今 
--日本人にしか分からない切なさかも


一般での見学参加から早十数年、改めて氏に謝意を表したいと思います。



Posted at 2018/05/30 23:07:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | Ferrari | クルマ
2017年05月08日 イイね!

Brunch 2017

Brunch 2017そろそろほとぼりが冷める頃合いなので、備忘録的に今年の様子を。生憎の雨で参加を見合わせた方々も大勢いたようですが、年に1回のイベント(この普遍性が重要であると最近新たに認識した次第)なので、普段は行わない天然の洗車だと思い馳せ参じました。

フェラーリ・ジャパンのお偉いさん、今年はF1の話題を振りまいていましたが、過去のブランチでそんな話は一度もなかったような。戦績が悪いと話題にできないのは理解できますが、本社がF1とロードカーの関係を今更ながら株主(潜在投資家も含め)にやたら強調する昨今、そしてF1の勝利が株価上昇に影響することも関係するのか話題にしてました。

会場はというと、松田氏とコーンズ所有(もしかしたらラッピングが施されたからオーナーチャンジ?)のいつもの2台が中央に鎮座してました。そう言えば、福岡空港の現ナマ事件。あんな風にして国内に並行輸入もんのラフェラーリが持ち込まれるんでしょうかね。




やはりこんな天気だと雨ざらしにしたくないよなーと考えるクラシケ・オーナーは多数いたんでしょう。また、下々が集まる春のイベントはスキップして特別感のあるスペチアーレ・デーがあるからと考えたのか、スペシャル・エリアは少々空き気味。




告知通りブランニューのアペルタが御開帳。今回はビアンコを選ばれました。








栃木の中古車屋さん、売り物の275を持ち込んでくれました。


コレクションもいつものようにキレイに展示されていました。


バイキング会場の片隅にあったトロフィー。よく見ると。。。レプリカじゃないですよね。






このイベントのいいところは、じっくりクルマを眺めることができるところですが、生憎の雨。テスタとTRの微妙な違いをもう少し見たかった。


最近のカラーはちょっと明るめで他メーカーも採用する今風のブルーです。


一方、ディーラー持ち込みの展示車。昔ながらのブルー。


晴れていたら富士山を背にしてと考えていたんですが、この有様。


こんな日は芝生よりも通路の方がいいかな。



Posted at 2017/05/08 23:39:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | Ferrari | クルマ
2016年10月29日 イイね!

Ferrari Challenge in Fuji 2016

Ferrari Challenge in Fuji 2016今年国内でチャレンジが2回も開催されることは知らなかったので、ちょっと得した気分です。FRDのガラガラのサーキットで走るよりもある程度観客がいた方がドライバーにとってもやる気がでるのは、ル・マンで実証済みです。

去年のR8もまーまー良かったですが、やはりこちらの方は音が違います。いつぞやのFRDの時のように何が何でも無謀に1コーナーに突っ込む輩もいなかった気がします。因みにこちらはFPでの模様。







このオーストラリアカラーは毎年見ますね。










ピットレーンにて間近で車両を見ると、スポンサーステッカーから判断するに東南アジアからの参加が多いんですね。








午後のセッションでも皆さん積極的に周回してました。




















オフィシャル動画はこちら。




Posted at 2016/10/30 00:00:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | Ferrari | クルマ
2016年03月27日 イイね!

Coppa Fioravanti

Coppa Fioravanti当日は名古屋ウィメンズマラソンが開催されている最中で中心街へのアクセスも限定されていましたが、開催地ノリタケの森ではそんな喧騒とは関係なしにイベントが行われていました。

展示車のほとんどは近隣からの参加で関東からの参加者は数台だけでした。台数の数多くは308クラブの有志がメインの感じでした。駐車場には355がありましたが、最近のフェラーリ車で見学に来る人は皆無で、興味が無いのかはたまたイベントの趣旨をわきまえていたのかは不明でした。

一応、コンクール・デレガンスなのでクラス分けでフィオラバンテ氏に評価されるとのこと。後で聞いた話によると、マジ(真剣)に評価をされていたらしく辛辣なコメントもしていたとか???お遊び程度での参加だとキツイことも言われたかもしれませんね。そもそも国内でマジなコンクールなんてほとんどないし、海外との認識の差があらわになったかもしれません。体裁だけ整えても、参加者を含めて啓蒙していかないと、海外からの評価者には対応できないんでしょうね。でもこれってオリジナル部品を集めてとかいって、クラシケの術中にはまって費用がかかる話になったりして。


クラスAはDINOが対象です。




去年の代官山でのイベントにも来てました。


オリジナルのペイント?


クラスBは308&328。




クラスCはV12がメイン。この365BBは最初のプロトに近いモデルみたいで、カラーコードを尋ねたのですが、わからないとのこと。ドアに残っていたペイントから再現されたとのことなので、オリジナルかどうかは不明です。




このクラスは何故か定番ロッソが少なかったんですよね。渋い選択で個人的には満足。










回転式ルーフが氏の特許みたいなので参加。知人のSAも昔は安かったのに。。。今じゃお宝に。




クラスDはちょっとはずれに寂しく展示。


クラスSは3台。何故か456も含まれる。チシタリアはトヨタ博物館でも見てきたのでそのうち。


2005年のデトロイト・モーターショーで発表されたLF-Aのプロトは氏のデザインみたいですがトヨタはあまりはっきり名言していないですよね。その関連で展示されていたんでしょうけど。


高齢のために今回で最後だともいわれる氏の来日ですが、会場で元気に動き回られている姿を見るとまだまだ精力的に活動されるのではと思いました。コバンザメのようについて回っていた評論家の方々の評価ってどんな感じなんでしょうね。

Posted at 2016/03/27 23:51:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | Ferrari | クルマ

プロフィール

ブログが何かのお役に立てば幸いです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ F355 (クーペ) フェラーリ F355 (クーペ)
This car makes me brand-new and forever youn ...
その他 その他 その他 その他
出来事
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.