• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月11日

シビックTypeR  こりゃ~凄いクルマですぜ♪

シビックTypeR  こりゃ~凄いクルマですぜ♪
シビックTypeRに1日乗って来ました。
10時前から18時前までの8時間弱、ほぼ走りっぱなしでした。

1日乗って、このクルマをどう表現すれば良いんだろうと暫く考えちゃいました。それは、後で書くと思います。

1月に、地元で初めて試乗したときは、驚くほどしなやかな足による乗り心地の良さと接地感、特に前輪のピタッと張り付く様な接地感に感銘を受け、更に操作系の扱い易さやシートとの相性の良さ等から、山を疾走する時だけでなく、通勤等で一般道を他車に混じってゆっくり走り、仮に渋滞にハマっていても、イライラせずに済むクルマではないかと感じたものです。


で、今回はどうだったのか。


シートに体を預け、クラッチを踏んでスタートボタンを押してエンジンをかけ、ナビで行き先をセットして走り出します。

アレレ?
初めての試乗の時のような、しっくりピッタリという感じではありません。
なぜ?個体差かな?等と思いながらクルマを進めます。
まぁ、最初の印象が良すぎて期待が大きかったりするときは、こういうこともありますよね。

オンボードに、何か文字が表示されています。
なになに「オイルの交換時期が過ぎています。」はぁ、そうなんですか(^-^;

  ※これは返却時のメーターですが、この文字がずっと表示されていたんですよ(^-^;
そのせいか、分かりませんが、一般道を走っていると、下の方から終始ボーボーと音がしています。何でしょう?排気音かしら?試乗の時、こんな音がしたかなぁ?個体差かしら?(^-^;

???を感じながら、柏ICから常磐道に乗り、右車線に出て踏めるところでは、遠慮なく踏んでみます。スピードを上げたときの安定感は大したものです。が、ウィークエンドの常磐道、下りのこの時間はクルマが多めで、あまり高いスピード域での状態は確認出来ません。

何時もは、柏ICから筑波山直近のICまで高速でワープするのですが、M3と絡みながらの走行中、何気にナビを見ると、つくばICで降りろとの指示が出ています。
ナビによって案内が違うのね?この先、高速道路に渋滞か何かあるのかもと思い、素直にナビに従ったのが間違いのもと(^-^;

つくばICから筑波山までの、長くつまらない一般道を延々と走るハメになってしまいました。この間ず~っと、車体下の方からのボ~ボ~という音を聞きながら、今回、シビックTypeRを借りたことを後悔し始めていました。
『う~ん、つまらんなぁ。試乗の時と違いすぎる。あの時は多少緊張していたのかもしれない。アルトワークスの方が全然楽しいじゃないか。結構お高いのに、失敗したかなぁ?』ってな感じであります。

しかも、筑波山近くで、ポリさん3人程が対向車線のクルマを狙っているのを目撃してしまい、今日はヤバい日なのかと、テンションだだ下がりであります。

しかし、筑波山神社方面から登坂を始め、神社目当ての車が途切れた辺りから、漸く踏める様になると、ちょっと雰囲気が違って来ました。
狭い峠道をアクセル踏み込みながら上っていくと、気分も少しずつ高揚し始めました。途中、サイドウィンドウを開け、柔らかい陽射しと冷たい風を頬に受けながらコーナーをクリアし続けていくと、来て良かったなと思える様になってきます。

  ※朝日峠駐車場の写真です。この日は地元の走り屋さんの車は居ませんでしたね。
風返し峠まで来る頃には、すっかり、ご機嫌さんでありました。
とりあえず、ロープウェイ方面へ上がり、途中の小さなパーキングスペースにTypeRを滑り込ませ、小休止です。

そして、いつもの撮影ポイントまで少し下ると、何と!クルマ1台分の小さなスペースは、出口が雪の山で塞がってるじゃありませんか。こんなこともあるんですね。
残念ですが、定点での撮影は諦めて、そのまま朝日峠方面へと筑波スカイラインを走りますが、前にはしっかり蓋車が…。まぁコース状況を見るつもりで、後を付いて行きましょう。
後ろからは、地元ではないナンバーのスーパーセブンが、ゆっくりゆっくりついてきます。

こちらがそのスーパーセブンです。余所でイベントでもあったのか、この日の朝日峠には、地元の走り屋さんの車も居ませんでしたね。

暫しの休憩の後、朝日峠を後にして、筑波スカイラインを戻ります。
コースの確認は済んでいるので、それなりにアクセルを踏んでいきます。

L4560×W1875×H1435で1390kg、WB2700、トレッドは1600/1595と結構ガタイが大きいのですが、センターにキャッツアイが埋め込まれた狭い山道でも、意外に踏んでイケるのです。
これは、3段階のドライブモードのうち、コンフォートではなくスポーツやRモードを選んでおけば、エンジンのピックアップが機敏に、そして足回りがリジッドで正確になり、力強くキビキビと走れることの影響が大きいのです。Rモード、凄く楽しいです。

CGTVでは、松任谷さんも田邊さんも、Rモードは一般道では厳しい、サーキットでも選ばないと言っていましたが、ワタシ的には、少なくとも前にクルマがいない峠道なら、積極的にRモードを選びたいと思いました(随所で感じたのですが、CGTVの松任谷さん達の感想や、自分の試乗時の印象とのズレが色々あるのは、もしかしたら個体差がとても大きいからではないかと推測しています。何と言ってもイギリス製ですから(^-^;。この件については、できる限り多くのTypeRに試乗して確認してみたいと思います)。

スカイラインを風返し峠まで戻り、右方向へ下るのですが、TypeRでは、この下りがまた滅法楽しいのです。もう、いくらでもアクセルを踏んでイケる様な絶大な安心感に包まれてクネクネの坂道を駆け降りていきます。何度でも繰り返したいなぁ、と後ろ髪を引かれつつ、フルーツライン方面へ向かいます。

  いつものセイコマで昼飯のサラダを調達です。

フルーツラインを走り抜け、何時ものようにビーフラインへとなだれ込みます。
40.8kgm/2500-4500rpmというトルクのお陰で、タイトなワインディングの上りも、何事もなかったかのように、気持ち良く駆け抜けることが出来ます。

この辺りに幾つかある長い急な下り坂も待ち遠しくて仕方ありません。
急な下り坂でどれくらいアクセルを踏んでイケるのか、ワクワクしてしまうのです。そのくらい安定感が高く、絶大な安心感に包まれているのです。

とばすことに不安感がないからか、かなりのスピードでワインディングを駆け抜けているのに、興奮する感覚がないのが不思議です。意外なほど冷静にドライブしているのはなぜだろうという疑問が、ずっと脳裏に浮かんでいました。

今、この試乗記事を書きながら考えていて気がついたのですが、シビックTypeRは、とにかく速く走るために作られたクルマだから、というのがその答えなのかもしれません。そう考えれば納得出来ます。

CGTVのCGアワードの回では、例えば、スイフトスポーツについて、とても良く出来た、コスパも高いクルマだけど、サーキットを走る様なクルマではないと言っていました。その逆で、シビックTypeRはサーキットを速く走る事を最重要目的として作られたクルマなので、作られる過程で、ドライビングしていて興奮するような要素は全て削ぎ取られているのではないでしょうか。
なるほど、サーキットを速く走るクルマとは、こういうクルマなのですね。


さて、一通りドライビングを楽しんだら、何時ものように、山櫻物産センターで小休止です。
予想通り晴天に恵まれましたよ。


TypeRが速いからか、時間に余裕があります。今日はこの後もかなり先へ進む予定なので、好都合です。

※ 続く
 続編も宜しくです(^O^)

ブログ一覧 | シビックTypeR | 日記
Posted at 2018/02/12 12:19:24

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

新年初走り
kouki☆さん

緊急水曜筑波山オフ
naka(=^・^=)さん

筑波山ツーリング☆
か~がいさん

筑波デビュー
ゆーのすたーさん

今年初走り 筑波山
PS40さん

筑波山
さとし205さん

この記事へのコメント

2018/02/12 12:47:03
お邪魔いたします。(^ ^)
ちょうど今朝がた、カーグラを見て、興味を持ったところです。

大変コスパの高いクルマだなあと思いました。
こんなに長時間試乗されて羨ましい限りです。

見た目がゴテゴテしているところが、個人的には残念です。
コメントへの返答
2018/02/12 20:17:25
こんばんは。
タイトル通り、TypeRは凄く出来の良いクルマでしたよ。

懐は寂しいので、安いとは言いにくいですが、この走りなら、この価格も仕方がないなぁと思いました。
ぜひ1度、出来るだけ長い時間、試乗して下さい。

スタイルについては、自分でも意外なのですが、ワタシはこの外見が大好きなんですよ(^O^)
なので、欲しくて欲しくて(笑
2018/02/12 22:15:09
評論家のみなさんは「コンフォートモードの出来が素晴らしい」とおっしゃってますね。
まるで高級車のようだと…
それでいてRモードにすると戦闘機のようになるなんて、1台で色々使い分けたい人には最高の1台になりそうですね。

しかし、せっかくこういう車なんだから、オイル交換はしっかりしておいてほしいですよね (^_^;
コメントへの返答
2018/02/13 12:13:18
こんにちは。

初試乗の時は、乗り心地の良さに驚きました、確かに。でも今回は、ボ~ボ~という音が気になり、乗り心地が良いとは思えなかったんですよ(乗り心地とは別なのですが、どうもね(^^;)
Rモードは凄く楽しいですよ。ぜひ体験してください。高価なクルマなのですが、ワタシャ欲しくて欲しくて(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[整備] #B3S やっぱり洗車した方が気持ちがいいねぇ♪ https://minkara.carview.co.jp/userid/1092517/car/947729/4821507/note.aspx
何シテル?   06/05 18:07
トモ@b3です。 最近、東北地方のドライブがお気に入りで、今年は、6月と7月に十和田湖、八甲田、津軽半島、下北半島あたりを走ってきました。 どこも素...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ボディのポリッシュ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/18 22:55:42
デミオ インジェクター取付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/16 05:56:56
リーフ長期モニター5日目 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/10 11:58:46

ファン

70 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
本来こちらでしたね。
BMWアルピナ B3 S BMWアルピナ B3 S
長距離ドライブの相棒です。 6速2000回転でも心地よいリズムを聞かせてくれ、 気がつく ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
新車で購入して以来、ずっと乗ってます。ロドスタNA6CE。 普段のまち乗りでもなんとなく ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.