• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

トモ@b3のブログ一覧

2018年12月31日 イイね!

TypeRで伊豆西海岸K17を走ってみた。


久しぶりに早起きして、伊豆西海岸を走ってみようと思いたった。
早起きといっても、以前の様に、AM3時とか4時とかの事ではない。

最近のパターンからすると、まぁ、6時に出発出来れば御の字だろうと踏んでいた。とりあえず、昨夜は22時30分には床に就いた。

3時30分にトイレに起きた。あと、1~2時間寝てから出発すればよかろう。

目が覚めると、窓の外は少し明るかった。時計は…?
6時45分!

なんだ、普段より遅いじゃん。
まぁ好い。寝る子は育つのだ。

起きたら、まず朝メシた。
スムージー1.8Lを3~40分間隔を開け2回に分けて飲む。
そしてポトフ。さらに昨夜の雑煮をチョイと流し込む。

なんだかんだで出発は9時を大きく回っていた。
まぁ、こんなものだろう。

以前と違い、急がなくなっているのだ。ワタシもずいぶん成長したものだ。世間一般では、これを老化と呼ぶらしい。


TypeRは、ロードスターを停めていた場所に収まっていた。
TypeRの車幅の大きさにビビっていたが、2階から駐車スペースを眺めたら、意外に広いことに気がついた。ロードスターだって、2ドアのスポーツカーなのだ。あれを停めて乗り降りできるスペースなら、4ドアのTypeRなんざ楽勝だったのだよ、明知くん。


クラッチを踏み、スタートボタンを押して、TypeRのエンジンをかける。
低いエンジン音が響くが、音量自体はさほど大きくはないので、アルピナの様にご近所への気兼ねは不要なのが嬉しい。


大晦日のバイパスは空いていた。ずっと向こうまで直線が続く区間でも、視野に入っているのはたった2台だ。外出する人はこんなに少ないのかと驚いた。

走行モードを、デフォのスポーツから、コンフォートに切り替えて、淡々と流しつつ距離を稼いでいく。大晦日は、用も無いのにパンダさんがうろついているから、用心するに越したことはない。

TypeRでは、この淡々としたドライブが比較的安楽にできる。コンフォートモードはアクセルへの反応が緩慢なので、こういう走りにはお誂え向きなのだ。6速で50kmh巡航だって出来なくはない。2Lという決して大きくはない排気量と、よく出来たターボがそれを可能にしているのだろう。


沼津の街へさしかかると、さすがにクルマが増えはじめ、街中から伊豆半島の付け根に当たる口野の信号まではノロノロのドライブとなったが、それも大して気にならない。意外に渋滞にも対応し易い、柔軟性があるクルマなのだ。

伊豆西海岸へ入っても、海岸沿いに旅館がある所までは、多少トラフィックがある。昨日や今日の昼まで仕事をして、年越しを温泉旅館で迎えようという客も多いのだろう。夕方になると、そういうクルマが更に増えるから、大晦日の夕方には伊豆へは行かないというのが昨年末に学んだ猿知恵だ。


それでも西浦を過ぎると、目の前からクルマは居なくなった。やっとアクセルが踏める。

TypeRというのは不思議なクルマで、オンもオフも冷静にイケる。ノロノロ運転を強いられてもイライラすることは少ないし、前が空いたときも冷静に踏んでいけるのだ。
クルマなんて、元々感情があるわけはないのだが、アルピナに乗っていると結構感情を刺激されるというか、感情の抑揚が生まれ易い気がするのだが、TypeRの場合はそういうことが少ない様に感じる。走るためのマシンという印象が強いのだ。


K17を走るのは久しぶりだが、やはりいつ来ても素晴らしいルートだ。
改良区間が増えたとはいえ、まだまだ狭隘部分や荒れた路面も多く、一般的には走り難い部類に入ると思われる。しかし、海面に手が届きそうな海抜1mほどの波打ち際を走るかと思えば、崖沿いの高所を夕日に光る大海原を目の端に捉えながら疾走していたり、タイトなヒルクライムの後にはストレートのダウンヒルがあったり、ヨットハーバーの横をすり抜けたかと思えば樹林帯の中を走り抜けたり、突然富士山の絶景を拝めたりと、変化に富んだドライブを楽しむことができるのだ。疾走しながら、一瞬一瞬、切り取られた様々な景色が脳裏に焼き付き、強く印象に焼き付いていく。

そんな素晴らしいルートをTypeRで駆け抜けるのは楽しいに決まっているが、どこか冷静な自分がいる。盤石の安定感が、スピード感を多少削いでいるのかもしれない。楽しさとリスク感は紙一重か? ならば、もっと踏んでやればいいのか?


前にも書いたが、TypeRは運転席からの視界も優れている。K17はヘアピンのタイトコーナーが続きしかもそれにアップダウンが重なっているつづら折れの山道が多い。そんな箇所では、とにかくコーナーの先を少しでも早く確認したいものだが、TypeRはその視界がとても広く、乗りやすい。

スポーツモードにしておけば、アクセルへの反応がビビッドで、ステアリングもクイックなので意に沿ったドライブが可能なうえ、視界も広く扱い易いとは、なんと良くできたクルマなんだろう。


とは言え、やはり良いところがあれば、欠点もある。スポーツ方向での出来の良さとは裏腹に、コンフォート方向では多少難点がある。

TypeRは乗り心地が良いという評価を時々見る。自分でも乗り心地が良いと書いたことがあるが、K17のように荒れた路面が多い道路では、コンフォートモードを選んでいても、時折、ドシッ!ドシッ!という衝撃が脳天を直撃する。小休止のために寄った土肥の市営駐車場では暫く頭が痺れていたほどだ。乗り心地が良いというのは、『ニュル最速を競うようなリアルスポーツとしては』というエクスキューズが付くと理解するのが正確だと思われる。

そして、ハッチバック形状と車体の軽量化の影響なのか、どんな路面を走っていても、常に後方からタイヤノイズが響いている。これは、乗用車としてはチョット頂けない。

これまでは、筑波山から北の比較的舗装状態が良く、道幅もしっかり確保されたルートを走ることが多かったが、TypeRで初めてK17を走ってみると、意外に色んな事に気づかされた。

それでも、やっぱり、このクルマで日本中を走り廻りたいと思う自分がいる。
なんでだろ~、なんでだろ~、なんでだ、なんでだろ~♪

Posted at 2018/12/31 23:22:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | シビックTypeR | 日記
2018年12月30日 イイね!

デカいなぁ TypeR


昨日の深夜、TypeRで自宅へ戻った。

茂木周辺を走った後は、北茨城辺りで1泊して、もう1日北関東の山道を走ることも考えていた。

が、道の駅で何気なく高速道路下りの渋滞予測を見ると、昨日今日の日中は大渋滞だが、夜は順調に流れる見込みらしい。

茨城の山道は、17時頃には気温がぐっと下がり、0℃やマイナスとなってしまう。
それなら、渋滞を避けることも含めて、今夜のうちに帰宅して、翌日から伊豆や、場合によっては紀伊半島の沿岸部を走った方が好いだろう。

ということで、土浦北から常磐道に乗り、驚くほどスカスカの首都高を気持ち良く流して、順調に東名高速へ入った。

首都高とは反対に、東名高速にはクルマが多かった。3車線ともクルマでぎっしりという感じで、さすがに帰省ラッシュの雰囲気は漂っている。
交通マナーの向上により、最近はいつ走っても穏やかに流れる様になっていたが、何時にも増して穏やか、つまりゆっくりと流れていた。

しかし、事故も渋滞もなく、短時間で自宅まで帰り着くことが出来た。
それでも帰り着いたのは午前0時直前。

いつもフィットを停めているスペースにTypeRを入れてみると、後ろをぎりぎりにしても、頭が30cmほど道路へはみ出してしまうではないか。

TypeRのエンジン音や排気音、は意外なほど静かなのだが、真夜中に2度も3度も駐車をやり直すのはさすがに気が引ける。仕方がないので、すぐ近くにあるスーパーの駐車場へ一晩置かせて頂いた。

翌日、つまり今日、これもすぐ近くにあるホームセンターの駐車場に停めてサイズを確認すると、多くの駐車車両の中で、車両側のラインに左右のタイヤが触れている、というか踏ん付けている、のはTypeR以外に無いではないか。

運転していても車幅の大きさはさほど気にならないが、自宅周辺へ持ち込むとこんなにも大きく感じるとは…。

実は、幅だけでなく、長さも意外にあるのがTypeRなのだった。
TypeRはお尻にでっかい羽根が生えている。
駐車スペースにバックで入れようとすると、その羽根が樹木の枝に当たるのだ。
当たるのを避ける様に入れると、やはり頭がはみ出してしまう。
それじゃあということで、頭から入れてもやはりはみ出す。

参ったなぁ。

Posted at 2018/12/30 21:19:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | シビックTypeR | 日記
2018年12月30日 イイね!

4年ぶりに開通したフラワーラインを走ってみた。


久しぶりにTypeRで筑波山方面へ出掛けた。
年末休暇に入った会社も多いだろうから、朝日峠駐車場には、きっと多くの車好きが集まっているのだろう。

でも、今日は野田を出たのが13時30分頃の遅出だったので、筑波山はパスして茂木周辺を走りたい。

朝日トンネルを走りながら、フラワーラインが4年ぶりに復旧したことを思い出し、寄ってみるかとトンネルの先でUターンした。

と、あの蕎麦屋がまだ営業しているではないか。
しかも、駐車場にはクルマはたったの2台!

2日早いが年越蕎麦といこう♪
10割のザル!といきたいところだが、気温は低いので野菜天ぷら蕎麦を注文した。
天ぷらがさくさくで旨い。
想定外の遅い昼飯でお腹はちゃぷちゃぷだが、そのままフラワーラインを上ることにした。



フラワーライン…、狭いなぁ(^^;



ホントにここでバトルをやったのかな???



ただでさえ狭いのに、センターラインには立派なキャッツアイがぎらぎらしている。

逆光で路面が見え難いこともあり、ソロリソロリと上っていくと左のリアが時々ゴトゴトいうぞ???

よく目を凝らしてみると、道路サイドの枯れ葉の山だと思っていた物は、古びたキャッツアイだった!

ひぇ~!

TypeRのタイヤは20インチの極薄、ローション着きなのだ。
こんなのまともに踏んでたら、即パンクのホイール破損じゃんよ。左リアだけで30諭吉が昇天だよ~ん(^^;

この時間になると、太陽の光がまともに目を直撃して路面なんか見えやしない。
その上、TypeRは車幅がワイドで、両サイドのタイヤはセンターラインとサイドラインぎりぎりをトレースしているのだった。
慎重に走ったって、キャッツアイ踏んで下さいみたいな設定だと思いません?

上りでも下りでもすれ違った35GT-Rもかなり気を遣ってソロリソロリと走ってた。そりゃそうだよね。いくら速いクルマだって、タイヤが破損したら、家に帰ることさえ出来やしない。

くわばら、クワバラ。
もうこんなヤバい道、二度と走ってやんないもんね~(^-^;

ということで、フラワーラインを下りきったワタシは、一目散にそこを後にしてビーフライン方面へと向かったのでした。



Posted at 2018/12/30 15:05:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | シビックTypeR | 日記
2018年09月21日 イイね!

やっぱり好きなんだな~、TypeR♪


久しぶりにTypeRに乗ってみました。

CG2017年11月号に載ったシビックTypeRのインプレを読むと、トルクステアはありません、コンフォート・モードなら乗り心地上々で、ファミリーカーとして使っても同乗者からクレームは出ないでしょう、と書いてありました。

そうだったかな~?
そうかもね~、そだね~、そだね~、なんて期待しながら出掛けて行った訳であります。

隠れテーマは、まだ、TypeRはワタシ好みのクルマなのか、運転して楽しいと思えるのか、終日ドライブし続ける体力は残っているのか、自分のクルマとして手に入れたいと思えるか、みたいな感じでした。

ちょっと疲れ気味だったので、どぅかな~、でしたが、さて?



結論からいくと、シビックTypeR やっぱり良いクルマですね~♪
乗っていて楽しいです、と~っても。

何度も書いてますが、ドライバーズシートに座った時の、腰や上半身のフィット感が良いのです。レカロのスポーツスターらしいですが、このシートはワタシのお気に入りです。

座面は、記憶していた程低くはなく、また、柔らかかったのが少し意外でしたが、ノープロブレム。その形状から、上半身部分のホールド感はあまり無さそうですが、ホールド不足な印象は皆無。サーキットではホールド不足で使えないかもしれませんが、ワタシの体型、乗り方なら、こちらのシートの方が遥かに快適で良くフィットしてくれます。

その収まりの良いシートでポジションを決めて、エンジン・オン!

シフトを1速に入れて、クラッチを繋ぎアクセルに置いた右足にゆっくり力を入れると、ソロリと動き出します。

駐車場から左折で住宅街の細い道路へ入ります。
ステアリングが以前の記憶よりも重い気がしますねぇ。デフォルトがスポーツモードだからでしょうか?

コンフォート・モードなら軽いかしら?と、センターコンソールのモードスイッチでコンフォート・モードを選んでみました。

アレ?やっぱりちょっと重たいか。
こりゃ、今日は少し疲れ気味なんだな。1日ドライブする体力があるかしらと心配しつつ、気がついたら常磐道に乗ってました。

本線合流とともに一番右の車線へなだれ込み、アクセルをグイッと踏み付けて、前走車をガンガン蹴散らして、アドレナリン出まくり~♪

あ、いや、違った。
TypeRは、100km/h巡航すれば14km/L程の燃費をたたき出すとCGに書いてあったので、試してみようじゃありませんか。

そのためには、当然、100km/hをキープし続けなきゃなのですが……、難しいんですよね~、TypeRでそんなことするのは。
クルコンだって付いているので、物理的には難しい事は何もないのですが、やっぱり難しいのだ(^-^;

ついつい、踏んじゃうんですよ~(笑

コンフォート・モードだとアクセルへの反応が悪すぎてイマイチなので、スポーツ・モードに切り替えます。すると、チョイと踏むとビクビクッと反応しちゃう。

そして、踏むと速いんです。あっという間に1○○km/hになっちゃいます。
フラットトルクで盛り上がり感が薄いので、速いという感じはあまり無いんですが、速いんですよ、多分(笑)

安定感も凄く高いしね。だもんだから、ついつい踏んじゃう。
そして、またソコソコの速度に落ち着いて、またまた踏んじゃう(笑

ね~、難しいでしょ、100km/h巡航。

そして、このフラットトルクの特性が、長時間・長距離ドライブでの疲れの少なさに結び付くんじゃないかと思ってるんですよ。
でも、やたらと踏みたくなるもんだから、疲れちゃう。
どっちなんだ~ッ!と怒られそうですが、両方とも真実なのでありますよ。


そんな感じで高速道路を走り切ったら、いつものインターから一般道へ降りましょう。空には厚い雲が広がり、正面の筑波山を覆っています。

ワタシのルーチンなので、一応三連カマボコが連なる道路を、朝日峠駐車場目指して上って行きます。

が、が、が、が、が~ッ!!!

思い出した!
確か、駐車場は閉まってるはずだよ。

と思ったら、ゲートは半分開いてました。
良かったよかった。

今日はやっぱりちょっと疲れ気味であります。
朝日峠の看板の斜め前方にTypeRを停めて、リアハッチを開けます。

後席を前倒しして、ほぼフラットな荷室を作り、そこに斜めに横たわって一休み。
176cmに縮んじゃッた今のワタシなら、ほぼ足を伸ばして寝られます。
薄いクッションでも敷いておけば、気持ち良く熟睡出来そうです。

疲れがどんどん取れていく~♪(笑

これなら、車中泊しながら長距離ドライブ出来そうですが、一つだけネックが…。
荷室で寝るなら、後ろから乗り降りするのが一番楽そうなのですが、一旦リアハッチを閉めると、中から開けられないのよね~。そうすると荷室から出られなくなっちゃう(^-^;

ここだけ何とかできれば、無敵じゃないかしら、TypeR。
だって、ガンガン走って楽しくて、人によってはマッタリも走れて、車中泊も出来て、セダン(ハッチバックか)として4名が十分寛いで座れる広さがあって、荷物だって沢山積めるんですから、緋の打ち所が無いじゃないですか♪

ま、シビックTypeRで車中泊ドライブしようなんて人はあまり居ないとは思いますけどね(笑)


さて、暫く寛いだら、朝日峠を後にして、筑波スカイラインをちょっぴり攻めながら風返し峠へ。ロープウェイ方面へ上る途中の小さな駐車スペースを使ってUターンして、定点から下界を眺め、さっさと山を降ります。

フルーツラインを駆け抜けて、ビーフラインへチン入し、いつもの山櫻物産センターで一服したら、これまたいつものルートでビーフラインを走り切り、茂木周辺のカントリーロードを楽しみましょう。

という目論みでしたが、やっぱりちょっと疲れてたんだね。
お楽しみのカントリーロードへ入るルートをやり過ごしてしまい、何の山場もなく道の駅○○○○へ着いてしまったのだ。

つまんね~(笑

目的地としては、最終的に「道の駅みわ」まで行ったのですが、途中のルートをどう走ったのやら…。

でもね、そんな中でも、走行中、ハイトの薄い20インチタイヤからステアリングを持つ手に伝わる路面情報の感触。

低速域から立ち上がるフラットトルクの過給感、回転上昇に合わせて盛り上がるエンジン音や排気音。マルチシリンダーの様な色気はありませんが、それとは別の、何かドライバーの心を引っ掻き回す、脳に直接訴えかける様な魅力を持った騒音(笑)

そして、タイトなコーナーでも路面に張り付く様な走行感覚。
それらが渾然一体となって、麻薬のような快感の渦に引きずり込まれてしまいますよ。あ~、忘我の境地ですよ、これって。

こうして、乗る度にTypeRに馴染んでは嵌まっていく自分がいるのであります。
こういうのを人馬一体と言うのかしら?
ちょっぴり嬉しく、ちょっぴりヤバい、不思議な感覚(笑)

ただ、何度も書きますが、この日はちょっと疲れ気味。
なので、自分のクルマとして所有して、頻繁にこんなハードなドライブをする元気はもう持ち合わせていないなぁ、ふぅ~(ため息)なんて空気だった訳で(^-^;

年に数回、気が向いた時に、こういうドライブが出来ればいいや~、なんてね。


これは、他のクルマにも云えることで、あれも、これも、それもみんなお気に入りなんだけど、買ってもきっと、レンタカーとして乗るのと使用頻度はあまり変わらないんじゃないかと思ってしまう今日この頃。

それならいっそ、移動用と割り切った、安くて便利なクルマを1台持って、お楽しみはレンタカーに特化してしまえばいいんじゃないの?って空気感がいまのワタシの周りには漂っておりますです、はい。

ということで、ここ暫くは(ず~っとか?)、レンタカー生活が続きそうな気配かな。

Posted at 2018/09/21 12:18:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | シビックTypeR | 日記
2018年05月13日 イイね!

もう、筑波スカイラインでは飛ばせましぇ~ん? 3度目のTypeR(1)


3ヶ月ぶりにシビックTypeRに乗ってみた。
2月中旬以降、なかなか時間が取れなかったので、3ヶ月も空いてしまった。

他のクルマに乗ってみるという選択肢もあったのだが、そうするには、シビックTypeRの印象が余りにも鮮烈過ぎた。

今回は、3ヶ月という時間を経ても、まだTypeRに同じ印象を持てるのか、お気に入りであり得ているのかを確かめたかった。



クラッチを踏んでSTARTボタンを押しエンジンを目覚めさせる。
暫しのアイドリングの後、ギアを1速に入れ、クラッチを繋いで走り出す。

一般道を常磐道柏ICまで流すのだが、車内が煩い。排気音が盛大に響くのだ。
TypeRはコンフォートモードを備えており、このモードを使用するときは普通の乗用車として振舞って欲しいのだが、これでは人を乗せられないし、自分が疲れているときにも、ちょいと不満が頭をもたげそうである。

こんなことを書くのは、つまり、この日は少し寝不足で、朝から疲れ気味だったからなのだ。
ナビに目をやり、とりあえずFMラジオのスイッチを見つけ、スピーカーから音楽が流れだすと、車内の排気音は消えた。その程度の音である。


常磐道は比較的車が多かったが、パンダさんを警戒しているのか、皆、左の2車線を走行していた。
COMFORTモードで走行していたワタシは、そのパッとしない走りに違和感を感じ、左手でセンターコンソールにあるスイッチを一つ前へ押してSPORTモードへ切り替え、追越車線へ出てアクセルをちょいと踏んでみた。

すると、アクセル操作への反応がぐっとビビッドになり、ちょいと踏んでやるだけで力強いトルクが湧き出してくる。大変身である。

これだよ、これだよ~♪

いつもなら、こんな感じで元気になっちゃうワタシなのだが、今日はなんだか気分がパッとしない。
それでも、周囲に注意しながらアクセルへの反応jを楽しむことに出来るだけ意識をさくようにした。

SPORTモードはなかなか優れモノである。
メーター読み2割増し辺りからアクセルを少し踏んでやるだけで、クルマが勝手にスピードを上げ、OBのデジタル数値があっという間に大きくなっていく。これ、スピードメータ壊れてんじゃないの?(笑)


ルームミラーを見ると、先ほどからずっと白いSUVが着いてくる。
レンジローバー?TypeRに興味があるのか、パンダさん除けに使われているのか分からないが、まぁ宜しい。ワタシもたまにやるのだから、人様のお役に立つことも必要だろう。温故知新だ(←違うっ!)


土浦北ICで常磐道をあとにする。
料金所へ至るランプ。アルトワークスで通過した時は、散々頭をシェイクされ、その乗り味の硬さに辟易したものだが、TypeRでは然したる不満も感ぜずに通過できた。SPORTモードでも、乗り心地はそこそこ快適なのだ(WBもトレッドも全く違うので、当たり前といえばそれまでだが、乗り心地はイイに越したことはない)。


一般道から筑波山の登坂路へ進入。
新緑の青々とした木立の隙間から届く木漏れ日が気持ち好い。大きなサイドウィンドウを開け放ってやると、爽やかな風が頬を撫でてゆく。気分爽快である。

速度抑制の為の3連カマボコを幾つもやり過ごし、朝日峠駐車場で一休み。
OBを見ると、千葉では20℃程だった外気温が15℃まで下がっている。日差しは確かに5月のそれだが、外では涼しい風が吹いている。

巡回中と思しきパンダさんが行って、暫く後、表筑波スカイラインへと繰り出す。
2月に走った時の様に、ここでTypeRのコーナリングや瞬発力を思い切り楽しもうと目論んでいたのだが、今日はどうにも気分が乗らない。

センターラインに鎮座する数百匹のネコちゃんたちが気になって仕方ないのである。
そして、TypeRの1875mmという車幅と20インチの薄いタイアだ。ちょっとでもネコちゃんを踏んずけちゃったりしたら、いや、チョイと触っただけでも走行不能になること間違いなし、という考えが頭にチラついて、アクセルを踏めやしない。
2月には、そのセンターラインギリギリを狙ってアクセルを開けていたのだが、今となっては、よくもあんなに踏みまくったもんだと、自分で感心する始末だ。

ま、気分が乗らないのに無理に踏んでも、良いこたぁ無いに決まってるし、大体、さして楽しくもない。
子授け地蔵へちょいと寄って、定点での写真も撮らずに筑波山を後にする。

もう、表筑波スカイラインでは踏めないかもしれないなぁ(寂) 少なくともTypeRじゃぁ。


その後は、例によってフルーツラインをひた走り、とりあえず休憩ポイントにしている山桜物産センターへ到着。

ここまでの走りも、それなりに踏んだとは思うのだが、あまり楽しかった記憶がない。今日は一体何しに来たんだろう???  みたいな事を考えるともなしに考えながらも、それなりに踏んではいるはずなのだが、走りについての記憶も、楽しかった記憶も残っていない。

僅か3回目にしてTypeRに飽きちゃったのか、もしかして?

いやいや、いやいや、そんなことは無いでしょう、さすがに。
ただ単に、寝不足とか生活の変化とかでノリが悪かっただけでしょうよ、きっと。
今日はこれ以上走っても楽しくなさそうだし、まだ昼前だというのに、もう、このまま帰っちゃおうか?



ノリが悪いまま、次回へと続くのであった(^^;

Posted at 2018/05/13 13:52:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | シビックTypeR | 日記

プロフィール

トモ@b3です。 最近、東北地方のドライブがお気に入りで、今年は、6月と7月に十和田湖、八甲田、津軽半島、下北半島あたりを走ってきました。 どこも素...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

CLESEED SC-266 OBD2ソーラーバッテリーチャーハン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/17 09:33:24
ICP ソーラーチャージャーSE-135 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/17 09:32:22
バッテリーを長持ちさせるコツは有るかも? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/17 09:27:38

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
本来こちらでしたね。
BMWアルピナ B3 S BMWアルピナ B3 S
長距離ドライブの相棒です。 6速2000回転でも心地よいリズムを聞かせてくれ、 気がつく ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
新車で購入して以来、ずっと乗ってます。ロドスタNA6CE。 普段のまち乗りでもなんとなく ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.