• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

トモ@b3のブログ一覧

2018年11月24日 イイね!

やっぱりポール・マッカートニーは偉大だった♪(2)


辺りが暗くなり、周りが見えなくなった頃、漸く会場内に入ることが出来た。が、会場内は、外より更にごった返していた。

会場内の通路で飲食物を販売していたため、順番待ちの列が通路を塞いでいた。中に入るのは至難の業だったが、押し合いへし合いして何とか抜け出し、アリーナへ入った。

そう、会場は、ドーム球場なのだった。扇型の斜面に列んだ外野席を下っていくと、フェンスの出入口でスタッフがチケットをチェックしていた。

フェンスより外の外野席は出入り自由、フェンスの内側への出入りには常にチケットが必要と云うことらしい。きっと料金が違うのだろう。友人は、高い席を確保してくれた様だ。大して乗り気でも無かったライブだが、何気に嬉しかったりするのが我ながら可笑しいが、そんなものだろう。

だだっ広い野球のフィールドで、案内板とチケットの番号を見比べながら、ズラリと並べられた折り畳み椅子の中から自分の席を探す。

Eブロックの最後列。ステージ前から後ろに向かってA,B,Cと順に列んでいる。1つのブロックに縦に10列程あるので、Eブロック最後列だと、野球のセンターの定位置よりかなり後方になると思われる。ステージは遥かに遠く、100mはありそうだ。例え偽物が歌ったとしても、ここからでは判別不可能だろう。


開演まで、まだかなり時間があるので、Aブロックの一番前まで行ってみた。ステージが目の前だ。うむ、ここならきっと満足だろう。とりあえず、記念撮影。

後方へ戻り、同じ会場にいるであろう友人達に連絡をとろうとした瞬間、携帯が鳴り出した。友人からの連絡だ。居場所の確認をしようとしたタイミングで、ステージから大音量で曲が流れ始めた。開演前に会場を盛り上げようとしているのだろう。お陰で会話が不可能になってしまい、メールでのやり取りで、互いの居場所を伝えあい、何とか会うことができた。

昨年、30数年ぶりに会っていたので、およそ1年ぶりの再会となる。が、チケットを用意してくれた友人は、席が離れすぎていて、会うことはできなかった。大きな会場なので仕方がない。こんなものだろう。今日の目的はポールを見ることなのだ。


友人達との談笑後自分の席へ戻ると、隣の席に座っていた妙齢のお姉さんが、ワタシの名を呼ぶではないか。???だった。どうやら、チケットを手配した友人が、ライブ好きの知人を隣の席になるように配慮した様だ。全くの初対面だったが、ビートルズが好きでそれ以上にデュラン・デュランも好きで、ライブにもよく出かけるというこの女性はとても気さくな性格だったので、待ち時間をつぶすよい話相手になってくれた。

開演時間になったが、ライブが始まる様子がない。聞けば、ポールは以前東京でのライブを当日キャンセルしたことがあるという。いくらナンでも、この期に及んで中止なんてことはないと思うのだが…。まさか、ねぇ。

不安な気持ちを抱えながらも、時間は5分、10分と進んでいく。
30分近く経った頃、漸くバンドのメンバーがステージに現れ、ついに最後にポールがッッッッッ……!?


Posted at 2018/11/24 19:32:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 体験してみよう♪ | 日記
2018年11月16日 イイね!

やっぱりポール・マッカートニーは偉大だった♪(1)


ずっと、ずっと昔、今よりずっと若かった頃、ご他聞に漏れずビートルズにハマっていた。ワタシの洋楽体験は、ビートルズから始まったと言っていいかも知れない。

いや、待てよ。
もしかしたら、みのもんたの「ポップス20」というラジオ番組で当時のヒットポップスを聴いていたのは、ビートルズを聴くより前だったかも知れない。うん、そんな気がする。しかし記憶は定かではない。

とにかく、当時の多くの若者同様、ビートルズにハマっていたのは間違いない。
初めて買ったビートルズのアルバムは、確かアビーロードだった。全ての曲が素晴らしく、一曲一曲に感動し、身体が自然に大きく反応しながら聴いていた。ヒア・カムズ・ザ・サンの春のような暖かさに小躍りしてレコードプレーヤーをどついてしまい、いきなりアルバムをキズモノにしてしまったのも懐かしい想い出だ。

アルバムは全て持っていたし、歌詞もほとんど覚えていた。

その後は多くの皆さんと同じ様に、様々な音楽を聴きまくっていったのだか、心の底の深いところには、常にビートルズが流れていたような気がする。

しかし、歳を重ね仕事が忙しくなるに連れ、自由な時間が減っていき、何時しか音楽もあまり聴かなくなっていき、数十年が経った。

ポール・マッカートニーが日本へ来るとか、麻薬所持で来日出来なくなったとか、また来日するとかのニュースが時折耳に届く事はあったが、積極的にコンサートを聴きに行きたいと思う程の関心は持てなかった。



そんなある日、数十年ぶりに会うようになっていた学生時代の友人から、ポール・マッカートニーの来日公演のチケットがあるので行かないかという誘いのメールが入った。

それ程乗り気では無かったが、何となく、行きたいと返信してしまった。
それまで何度か、ビートルズのコピーバンドのライブに行こうと誘われていたが、会場が遠かったり、仕事と重なっていたりしたため、全て断っていた。今回くらい付き合おうという気持ちか働いたのだった。

だから、来日公演の日が近づくにつれ、会場までの交通費や時間が惜しいと感じることが多くなっていた。
その時間と金を、まだ乗ったことがないクルマのレンタルや試乗、旅行等に回したいと思うこともしばしばだった。


そんな事を思いつつも、時間はどんどん過ぎ、あっという間に公演の日がやってきた。ぷらっとこだまの切符を手配して、家から2時間程かかる会場へ向かっていた。
新幹線から私鉄を二つ乗り換えると、車両はスシ詰め状態だった。この乗客達は皆ポールのコンサートへ向かうのだ。なぜなら、この列車の終点は会場となっている野球場なのだ。

驚いたことに、高齢者がとても多い。それも、いわゆる後期高齢者と思われる腰が90℃曲がった総白髪のお年寄り達だ。マジか?!

マジだった。

会場に着くと、そこは………だった。

サージェント・ペパーズの衣裳を纏ったいい歳をしたオネーサンも大勢いた。
野球場に沢山あるゲートにたどり着くまでに、長~い行列をこなさなければならなかった。が、若い頃と違い待つことに慣れてしまっているのか、大して苦にはならなかった。

こういう行列に並ぶのが厭でコンサートとかには行かなくなっていたのだが、歳をとって人間が練れてきたのか、平気になったらしい。

誘ってくれた友人とは入口が違うらしく、メールで居場所をやり取りしても、会うのは難しかった。

列び始めて2時間程で、ゲートの中に入ることが出来た。
開演まで、まだ1時間程ある。


※ 続く(^-^)

Posted at 2018/11/16 23:40:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | 体験してみよう♪ | 日記
2018年09月29日 イイね!

今夜はチェロ~キー?♪


昨日の夕べはチェロ四重奏コンサート♪
会場は、JR駅3つ目の駅前にあるホールです。

事前に何となく申し込んでみたものの、当日には隣町まで移動するのが面倒になってて、どうしようかな~状態でした(^-^;

でも、これは最近よくあるアンニュイ症状。
行ってしまえば、きっと、行って良かったと思えるさ、
ということで、お出かけです。


コンサートは有名なパッフェルベルのカノンから始まり、赤とんぼ、小さい秋、パイレーツオブカリビアンのメドレー、モーツァルト等など、良く知られた曲からポップス、クラシックの名曲まで、和洋新旧織り交ぜて飽きないように工夫された、素敵なものでした。

チェロの柔らかく優しい音色、四重奏による音の厚み、奏法による音の変化など普段あまり聴かないチェロという楽器を堪能できましたよ。

小さいホールでの生演奏ならではの、CDで聴くのとは全く違うものが伝わってくるので、やはり会場へ足を運んで聴くというのは大切ですね。

プログラムの最後に演奏された、シャコンヌ/JSバッハ ヴァルガ版という曲は、その場で初めて聴いた全く知らなかった曲ですが、一音、一昔の音の変化、大きな旋律まではいかない、音階の動きにより感情、感動を伝える様が感じとれ、その緻密な曲作りの素晴らしさに驚かされました。

モーツァルト、ベートーベン等など、昔の作曲家達はこんな緻密な作業を積み重ねてあの大曲を作っていたのだということが肌で感じとることができ、彼らの偉大さに感じ入った夜でした。彼らは正に天才だったのでしょうね。

小学校の頃から、折に触れ、クラシックの名曲を聴く機会はあったのでしょうに、これまでそんなことは全く感じることもなく生きてきたのですなぁ(笑)
そんなワタシがこんなことを感じるのは、やはり歳をとったのだろうな~、と思ってしまうのですが、まぁそれも悪くないか(^^;

何事についても生で体験するというのは、貴重で大切なんですね~。
いまさらですが(^^;


Posted at 2018/09/29 09:50:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 体験してみよう♪ | 日記
2018年09月24日 イイね!

サーキットの魅力、魔力?


先日、耐久レースを見てきました。
みん友さんが出場されるというので、耐久レースってどんな感じなのか、見てみたいと思った訳です。

早起きして、いつもの信州峠超えコースを堪能してから行こうかと思っていたのですが、最近、ぐっすりと長時間眠りこける様になっていて、全然起きられず…(^-^;

出発はほぼ7時。
真夏日のような天気と気温の中、ヤボ用のため、名古屋近くまでは下道をマッタリ3時間。

そこから高速道路メインで3時間。
ホントは2時間かからずに行けるのですが、高速道路上で86の後ろから軽自動車が突き刺さるという事故が原因で渋滞してたんですよ。どういう状況だったのかしらね?



さて、耐久レースのお話です。
スタートの30分程前にサーキットに到着。
みん友さんが出場するので、ピットに入れます。

ワタシにとっては、ほぼ初サーキット&初ピットです。ドキドキ。
写真を載せたかったのですが、どうやらコンデジの電池がお亡くなりになったようで、本日はNoカメラ。残念ッ!

恐る恐るピットに入っていくと、ピット内にゼッケンを貼り付けた車両が2台並んでます。その脇を通ってさらに進むと、スタートを待つ車両が30台程コース上に整列して、レーシングをしています。

よ~く見ると、全ての車両がポルシェなんですよ。
新しいのからちょっと前のタイプまで、そして、ほぼ外観ノーマル車両からいじり倒してデカール貼りまくりの本格レーサー風の車両まで。
ケイマンも混じってますね。

コース上に30台のポルシェが並んでいる姿は正に壮観です。
個々にレーシングをする爆音の嵐とも相まって、嫌がうえにも気分が盛り上がります。もう、ホントに、その状態を見ているだけで大興奮。
心拍数と血圧が上がりまくりであります。

しかし、ポルシェって、こうやってサーキットに並べると絵になりますね~。
サーキットで他の車種が並んでいる現場を見たことはありませんが、サーキットでこんなに絵になるクルマって、他に無いんじゃないの~ッ!ってくらい絵になってましたよ。


さてさて、予定時間を少し過ぎて、レースが始まりました。
シグナルが一列づつ点灯して、30台が一斉にスタート!

聞けば、出走車両の性能はバラバラなのだそうですが、予選無しの受付順スタートだそうです。そんな状況なのに、接触事故もなく上手くスタートしていきます。
皆さん、それなりに慣れていらっしゃるのでしょうね。

何周か走る頃には、順位がほぼ決まってきます。
クルマの性能とドライバーの腕、経験で決まってくるのでしょうね。
トップを走るクルマはめちゃめちゃ速くて、二番手以下をどんどん引き離していきます。

1時間近く経つ頃には、2番手のクルマさえも周回遅れにしちゃうんじゃないの~?的な速さでしたが、突如掲示板に示された順位に変動が起きました。

どうしちゃったの?故障したのか?
と思って見ていましたが、どうやらドライバーの交替があった様ですね。
ドライバー交替というより、車両ごと交替する様です。

3人で3時間を走る耐久レースで、各自のクルマで走るというルールなのですね。
ル・マンで見ている風景とは、このあたりが違うところです。そりゃ、皆さんアマチュアですから、各自、自分のクルマで走る方がトラブルが無いですね、確かに。
そして、交替時には3分間ピットストップという縛りもあるようです。

しかし、性能も腕も経験もバラバラなレースで何十周も走って、事故が無いというのは大したものですね~。

メインスタンド前のストレートでは200キロ以上、裏ストレートならそれ以上出る状態で、遅い車両を抜きながら、又は後ろから迫る車両を上手くやり過ごしながら、一人1時間走るというのは、かなり疲れると思うのであります。

ワタシなんか、屋根付きのスタンドから30分程観戦していただけで、心拍数や血圧の上昇が原因なのか、すっかり疲れきってしまいましたよ。
観戦は早々に切り上げて、温泉にでも浸かってリフレッシュしてから帰ろうかと思ったほどであります。

レースは1時間余り経ったところで、コース上にオイルが漏れたので、清掃が済むまで30分程中断しました。
帰りの所要時間を考えると丁度良いタイミングだったので、ワタシはここで帰途につきました。



実際にサーキットに足を運んでレースを見ると、それがアマチュアのレースであっても、想像を超える興奮を与えてくれるものだということがよ~く分かりました。
見ているだけでもこんな感じなのですから、コースに出てレースに参加するドライバーにとっては、堪らない魅力があるでしょうね。
きっと、一度ハマると容易には抜け出せない魔力がサーキットには有るのだろうと思いましたよ。

ワタシ自身は、既に導体視力や筋力の衰えを実感している段階なので、今からレースに参戦したいとは思いませんが、クルマの挙動を体感するためのドラテク講座の様なものに参加するのは面白そうですね。

Posted at 2018/09/24 12:18:25 | コメント(5) | トラックバック(0) | 体験してみよう♪ | 日記
2018年09月11日 イイね!

ヨセミテ? いえいえ、寄席を見たのであります。


超久しぶりに寄席を見に行きました。
前回見に行ったのは、何時だったか覚えてないくらい昔々の事です。

大して行く気も無かったのですが、家人が無料招待イベントで当選したので、ついて行ったと云うわけです。

なので期待もしていなかったのですが、それが良かったかも(笑

落語が始まる前は、地元のハイ・アマチュア?がピアニカ?みたいな楽器を演奏して、間をもたせてました。普段は、色んなイベントでドラムを叩いているそうです。

はぁ、こんな感じで進むのね~。
謝礼は一体いくらでしょ?みたいなことを考えながら開演を待ちます。


本番の落語は、前座と真打ちの2人でやる様です。

落語家のヒエラルキーは、前座、二枚目、真打ちの三段階になっているのであります。そんな事全然知りませんでしたが、この日の前座のお兄さんが噺の中でしゃべってました。


前座のお兄さんも、なかなか噺は面白く、結構笑えました。
しかし、真打ちの噺を聞いた後で比較すると、やはりその芸には大きな隔たりがありますねぇ。なるほど、芸歴の違いは大きいものだなぁと思いましたよ。


前座の噺は、基本的に自分や身の回りの人々をネタにして笑いを取り、自分のペースに引き込んでから、スルリと本来の演目に移行していくのです。

ほぉ~、こんなふうに観客を自分の世界へ引き込むのか~、と感心したのであります。
でも、本来の演目の方が、前フリの噺程笑えないのです。落語の前の一人漫才で笑いを取ったけど、本番の落語では、話芸がもう一つ、という感じですね。


それに比べると、真打ちは、さすが真打ちッ!って感じで、噺の中で笑いを取りまくるし、最後のオチではホロリと涙ぐませたりする上手さがあります。

まぁ、声の出し方から違いがあるので、そこは年季が違うよね~ってところでしょうかね。


最近、クルマ関係以外の事は、面倒臭がってあまり動いていなかったのですが、津軽三味線のお師匠さんにしろ、落語家にしろ、色んな人やその芸に触れるのは、何かしら得るものがありますね。

ということで、次は小さなホールで行われるチェロコンサートに行ってみましょ♪


Posted at 2018/09/11 20:30:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 体験してみよう♪ | 日記

プロフィール

トモ@b3です。 最近、東北地方のドライブがお気に入りで、今年は、6月と7月に十和田湖、八甲田、津軽半島、下北半島あたりを走ってきました。 どこも素...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

CLESEED SC-266 OBD2ソーラーバッテリーチャーハン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/17 09:33:24
ICP ソーラーチャージャーSE-135 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/17 09:32:22
バッテリーを長持ちさせるコツは有るかも? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/17 09:27:38

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
本来こちらでしたね。
BMWアルピナ B3 S BMWアルピナ B3 S
長距離ドライブの相棒です。 6速2000回転でも心地よいリズムを聞かせてくれ、 気がつく ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
新車で購入して以来、ずっと乗ってます。ロドスタNA6CE。 普段のまち乗りでもなんとなく ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.