• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

トモ@b3のブログ一覧

2019年01月02日 イイね!

アルピナB3SとシビックTypeR ~ さらばB3?


昨日の夕方、久しぶりにB3に乗った。
記録を見ると、昨年10月中旬以来だ。

リモコンキーのボタンを押しても、ドアロックが反応しなくなっている。
2ヶ月半動かしてないなら、それも仕方ないなぁ。

そんなB3を動かす気になったのは、TypeRと比較してみたくなったからだ。年末からの数日間TypeRに乗り続けている。今、B3に乗ったらどう感じるのだろう。



このところ、TypeRにすっかりやられている。惚れ込んでいるという訳ではないと思うが、まぁハマっているかなぁ。

パワーはB3とほぼ互角の320ps、トルクは4kgm程大きい40.8kgmだが、ボディは100kgも軽い1390kg、更に飛び道具トルクベクタリングとターボで武装している。

しかも、ワイドトレッド&低重心(多分)で強力な接地能力を備えている。
エンジンは4気筒だから鼻先が軽いし、ターボは昔のそれとは違い、低回転域からリニアに効くので、アクセルへの反応が鋭く、踏んだ分だけきっちり加速していく。

レカロ物と思われるシートの収まり具合も、ワタシにはドンピシャだ。腰や肩甲骨廻りのフィット感が言葉にならないほど心地好い。TypeRの気に入っている部分の大半をこのシートが占めているのではないかと思う程だ。

ブツそのものはもちろん、設計にしろエンジンにしろ、何から何まで20年は新しい。しかも、FF同クラスでのニュル最速という称号まで獲得している。

どう考えても、アルピナB3Sに付け入る隙は無さそうだ。
実際、今B3に乗ったら、TypeRの新しさ、良さと、B3の古さやヤレを見せつけられることになるだろう。

最近、あまり乗らなくなっていることだし、今回乗り比べて、本当にそのような印象を抱いたら、潮時と受け止めて潔くB3を降りてしまおう。




まだ明るい16時過ぎ、B3のカーカバーを外して運転席に乗り込む。
TypeRの方が何となく広くスッキリとした印象だ。TypeRはダッシュボード上端が低いうえ、グラスエリアが左右に広いからだろう。ヒップポイントは結構低いはずなのに、ボンネットを上から見下ろす感覚さえある。これが新しい設計なのか?


キーを捻ってエンジンをかける。
ファーストアイドルの爆音が小さい?不調なのか?
もともと、ウインドウを締め切っていれば、車内は至極静かなクルマだ。

運転席側のウインドウを開けてみるが、やはり排気音が小さい様な…。
様子見のために、暫くアイドリングを続ける。久しぶりのエンジン・オンなのだ。最初くらいは慎重にいこう。

水温計の針が真上を指すまで待って、ソロリとアクセルを踏んで走り出す。



か、軽いッ!?

TypeRを気に入っている理由のひとつに、ボディの軽さを実感できることがあると考えていた。だから、B3に乗って軽さを感じるとは思ってもいなかった。正直、驚いた。


エンジンの回転上昇が驚くほど軽い!
ボディを軽々と加速させていく。

全ての動きが軽やかだ。
エンジンそのものが、ボディが、B3を構成している全てがTypeRより遥かに軽い印象を放っている。

TypeRは、エンジンからパワーをゴリゴリゴリ~ッ!と搾り出しながら加速していく印象だが、アルピナのエンジンは、スキップでもしているかのような軽やかさを感じさせてくれるのだ。

エンジン内部でパーツが動いている様が脳裏に浮かぶ。内部構造なんぞほとんど知らないのだが…。

ふと気付くと、ステアリングの太さが丁度良く、皮の質感もしっとりと握り易い。
車内には、軽やかなエンジン音だけが聴こえてくる。のべつ幕なしに排気音が侵入してくるようなことはない。

身体に伝わる振動さえ軽やかだ。ほぼ同等のトルクやパワー、動力性能を持ちながらこれだけ乗り心地が良いのも驚かされる。ソフィスティケーション。

も~、参っちゃうなぁ、アルピナさんてば。


人間の感覚って、ワタシの様な凡人でも意外に鋭くて、微妙なものをかぎ分ける。同じクルマに乗り続けていると、鼻につく部分というのが何がしか出てくるものだ。アルピナも例外ではなく、もういいかな、なんて思うこともあったりする。特に暫く乗っていないと、ほんの少しマイナスに感じる部分が頭の中だけで増幅されてしまい、乗りたいという意欲がなかなか湧かなかったりするのだ。


しかし、こんな風に他のクルマと直接乗り比べてみると、必ずと言っていいほどアルピナの良さばかりが印象付けられる結果になる。アルピナってこんなに良かったか~!?と再認識させられるのだ。


何年も前、メガーヌRSに試乗した際も、帰りにB3で高速道路のランプを駆け登った瞬間、その軽やかさに衝撃を受け、有頂天になって、自宅最寄りインターまでの100km程を、そうとは気付かず、とんでもないスピードで走り続けた記憶がある。エンジンがあまりに軽やかに回り、軽々と飛ぶように走るので、スピード感が大きく狂ってしまったのだろう。



そんな訳で、1時間にも満たない久しぶりのショートドライブで、事前の想像をあっさり覆されてしまった。つらつら考えるに、たぶん、アルピナは総合力が高いのだろう。ドライバーの官能に訴える様に作り込まれているのだと思う。

TypeRも日常使いの乗用車としても普通に使用できる懐の深さを持っているが、出自通り、基本的にはサーキットでの速さを極めることを目的としたクルマなのだ。そして、その強烈な個性の余禄でワタシも楽しませて頂いている訳だ。そこんとこが好きなんだよな~、TypeR(^-^)

結局、両方ともお気に入りなのだ。3台持ちはキツイだろうなぁ←ムリだ(^^;

Posted at 2019/01/03 19:45:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | B3 | 日記
2019年01月02日 イイね!

今日はお休み?


年末から、距離はまちまちでも、毎日TypeRに乗っておりましたが、今日は朝からノンビリとネット徘徊です。

お天気も上々だし、比較的暖かかったので、また西伊豆スカイラインを走ろうと思っていたのですが、なぜだろう?(^^;

自分の中に、もったいないから走りに行こうという感覚が無くなってますね。
成長しましたねぇ←老化ですが(^^;

でも、せっかくなので?
チョイとB3を走らせてみましょうかね♪


TypeRに数日続けて乗っているので、B3とTypeRの比較を少し書いてみます。
(実は、このところB3にはほとんど乗っていないので、この比較を書いてから、確認のために乗ってみるかという感じなのですけどね(^^;)

パワートルクは、B3 315ps/36.5kgm、TypeR 320ps/40.8kgmで、車両重量は、それそれ1490kgと1390kg、パワー、トルクの発生回転数はターボのTypeRの方が低いところからのフラット系という感じです(数値はうろ覚えで正確ではありません。)

ゼロスタートからだと車両重量、ターボなど全ての要素から伺える様に、TypeRの方がスピードの乗りが早いのですが、中間加速は、体感的にはB3の方が速い様な印象なのですが、さてどうでしょう?

TypeRはフラットトルク、B3はトルクの盛り上がりがあるので、体感的にB3の方が中間加速が速いと感じるのかもしれませんね。

もともと速さへのこだわりは無いので、あくまで体感、感じ方のお話であります。
ただ、トレッドの広さや多分重心の低さの影響、さらにトルクベクタリングも手伝って、TypeRの方がどんな所でもその気になれば踏んでイケる印象があります。

あと、クルマが新しいので、安心感の様な部分?もありますかね。
新しいというのは良いことでありますね。
さてさて、B3の印象、どんなでしょう♪

Posted at 2019/01/02 15:45:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | B3 | 日記

プロフィール

トモ@b3です。 最近、東北地方のドライブがお気に入りで、今年は、6月と7月に十和田湖、八甲田、津軽半島、下北半島あたりを走ってきました。 どこも素...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

CLESEED SC-266 OBD2ソーラーバッテリーチャーハン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/17 09:33:24
ICP ソーラーチャージャーSE-135 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/17 09:32:22
バッテリーを長持ちさせるコツは有るかも? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/17 09:27:38

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
本来こちらでしたね。
BMWアルピナ B3 S BMWアルピナ B3 S
長距離ドライブの相棒です。 6速2000回転でも心地よいリズムを聞かせてくれ、 気がつく ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
新車で購入して以来、ずっと乗ってます。ロドスタNA6CE。 普段のまち乗りでもなんとなく ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.