• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

トモ@b3のブログ一覧

2018年04月30日 イイね!

トヨタCH-R 売れてる訳が分かりましたよん


トヨタのCH-Rに乗ってみました。

今、流行りのSUV、その中でもよく売れてるCH-R。
ロードスターの運転席からその後ろ姿を見ると、ごちゃごちゃしてて、何だかな~と思っていたのですが、走りが良くて売れているという評判が頭の隅に引っ掛かっていたのでありますね。

で、乗ってみた訳です。

【走り】
早速、運転席に乗り込んで走り出します。
連休3日目の午前中、お天気は穏やかな晴。街中は適度に空いています。
みんな何処へ行っているのでしょうか?そんなノンビリとした雰囲気に包まれて、淡々と流すCH-R。

HV(ハイブリット)のモーターの恩恵で静かに粛々と走ります。プリウス比80kgプラスの1440kgという車重も効いてか、こういう走りは得意分野と思われます。すんごく気持ちいいですよ、これ。

前が良い感じに空いてる大通りでは、チョイとアクセルを踏み込んでみます。あまり魅力的でもないエンジン音が聞こえてきますが、良く遮音が効いていて、タウンスピードなら、何ら文句は有りません。きっと、郊外のバイパスとかも気持ち良く駆け抜けられるのだと思います。

クルマ評では、ステアリングの切れも良く、スイスイっと俊敏な走りが楽しめるのも人気の秘密らしいですが、今回は、そういう走り方は全くしなかったので、分かりません。

SUVなので、適度に視線が高いのですが、不思議なことに、ヒップポイントが高いという印象はないのです。ルーフ前端が低めで、適度な囲まれ感があるから高さを感じないのでしょうか?何だか上手くやってあるなぁ、という感じです。

【居住性】
CH-Rの室内は、ホンダベゼルやスバルのSUVと比べて狭いとか、特に後席は閉所感が強いと評されています。どんなだろうと思っていましたが、実際乗ってみると、なかなかどうして良い感じであります。

特に、運転席は適度な閉所感というかプライベート空間の香りがあり、ダッシュボード等、ドライバーを取り囲む部分の素材感、肉厚感等により、ある種高級感すら漂わせているように思います。
後席は、確かにサイドウインドウが凄くちっちゃいので驚きますが、177cmのワタシでも普通に座れる空間は確保されており、決して長時間は無理!という様なものではないと思います。

【快適性】
室内空間が比較的狭いのか、屋外に置いてあった車両なのに、あっという間にエアコンの冷気が行き渡り、とても快適です。歳のせいか、こういう快適性がとても有り難く感じます。例え、汗かいて山道をかっ飛ばす様なスポーツドライブをしている時でも、しっかりエアコンは効いていて欲しいなぁ(^-^;
という意味では、こういうクルマは素敵です。でも、このクルマじゃ山道をかっ飛ばすなんて出来ない様な気もしますが…。

それから、既に書きましたが、普通に走る分には至極快適です。この狭めの空間のお陰か、クラウンとかのセダン系より快適な様にも感じます。狭い所が好きなんですかね(^^;

【燃費】
短時間試乗なので分かりませんし、走り方に依る部分が多いのですが、プリウスが25km/Lくらいだとすると、18km/L程ではないかと想像します(←根拠は有りません(^-^; )

【積載性】
トランクスペースは、どうでしょうか。
スタイル優先のデザインなので、ライバルと比べると多少劣るのかも知れませんね。

【総合的には】
良い感じのスペシャリティカーという感じで、嫌いじゃありません。
チャイルドシートが不要な家族やお一人様であれば、これ1台で十分だと思います。
ワタシも、お山でそれなりに楽しみたいというアレがなければ、これを買うかもしれません。
で、最後にお値段を聞いたところ、ナビ等を付けて、値引き等込み込みで350諭吉くらいとのこと。通勤用としては少々お高いですかね(^-^;


これに乗ったら、とりあえずCX-3にも乗って比べてみたいところですな。
ありゃ、またまた通勤用という線からズレ始めててますね。

Posted at 2018/04/30 20:32:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記
2018年04月29日 イイね!

連休1日目


右足が壊れてなかなか直る様子がないロードスター。

3月中旬に預けて、4月中旬に様子を聞くために電話を入れたのですが、お店の方から連絡しますと電話を切られ、その後、店から連絡がありません。多分、
部品を調達出来ないんじゃないかな。

お店まで3時間以上かかるので、そう頻繁に見に行くことも出来ないし。
1ヶ月以上ロードスター無くても特に困ってないので…、どうしようかなという感じです。

そんな中、通勤に本当にクルマが必要になったので、昨日はディーラーと中古車屋回りをしてみました。

通勤ルートにはきつい6km程の山道もあるのですが、維持費の安い、古い軽自動車でいいんじゃないかな。どんどん距離が伸びてしまうので、お気に入りを通勤に使うのは勿体ないしね。

と、言いつつも、最初に行ったのは、気になっていたルノートウィンゴの試乗車があるお店(笑

クルマの印象は、昨日UPしました。
あんな格好してるのに、めちゃめちゃ楽しいクルマでしたね。
数年前に試乗して、凄く欲しくなったフィアットの2気筒チンクに近いものを感じました。

皆さんにも是非一度乗ってみて頂きたいなぁ。
ワタシャMTバカなので、他のミッションには関心が無いのですが、ツインクラッチも良く出来ていて、凄く楽しかったですよ。これなら嫁さんも運転出来るし、ワタシも楽しめるという、良い落としどころの様な気がします。

トウィンゴのお値段は、GTの本体で230諭吉余り、素のトウィンゴでも十分楽しくて、こちらは200諭吉弱。
少し気になるのは、耐久性かな。毎日毎日、通勤に使って、日本車の様にちゃんともつのかしら?経験が無いので、分からないんですよね。

ルノーでは、この他に、素のトウィンゴとルーテシアRSのトロフィーにも試乗しました。


その後、比較のために、軽のターボ車を見にダイハツへ行って、タントとムーブカスタムターボに試乗。やはり日本車、特に今の軽自動車は便利で快適ですね。運転する楽しさは全く感じないのですが、試乗で街中を流す時、出足や加速といった走りの部分はダメダメなのに、す~ッと転がる感じやエアコンの効き等は至極快適なんですよね。

よく言われる様に、リビングに居てソファによりかかって、リラックスしている様な感覚に陥ってしまいます(^-^;

運転する楽しさと快適さの両方を備えたクルマって無いものかしら?
トウィンゴのエアコンが、もう少ししっかり効いてくれるだけでも、随分違うんだけどなぁ。


Posted at 2018/04/29 08:31:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2018年04月28日 イイね!

ルノー トウィンゴGT


ルノーのトウィンゴGTに乗ってみました。

トウィンゴGTは、ルノーのスポーツ部門であるルノースポールが、トウィンゴのボディや足回り、エンジン等にチューニングを施し、よりスポーティなクルマに仕上げたものです。

トウィンゴ自体、クルマ雑誌での評価が高かったので気になっていたのですが、そのスポールバージョンが出たとあっては、見過ごす訳にはいきません。

街中で時折見かけるトウィンゴは、そのずんずりむっくりな風貌から、何となく重くて鈍臭さそうなイメージを抱いていたのですが、一体どんな走りをしてくれるのか、クルマ雑誌の皆さんは、一体どこを評価したのか、気になりますよねぇ(笑


では、早速セールス氏同乗で試乗スタートです。

ドアを開けてシートに座ると、スタイルから想像出来る通りのアップライトポジション。シートは、ファブリック地でサイドが控え目に張り出した座り心地の良いものです。

昔ながらのスタイルでキーを差し込み、捻ってエンジンをかけます。控え目だけど、0.9Lのコンパクトカーのものとは思えない低音が効いた排気音が聞こえてきます。良い感じであります。

左右のドアミラーと室内のバックミラーを調整して通りへ出ます。スピードに乗ろうと少しアクセルを踏むと…、おおお~ッ♪
そのスタイルからは想像も出来ないほど、軽~くググッとスピードに乗っていきます。後ろから蹴り出される感じです。これは嬉しい誤算であります。でも、排気量0.9Lのエンジンでこのスタイルだから、良い感じなのは出足だけなんじゃないの? と後からがっかりしないで済むよう予防線を張ります。

そして、前がクリアになった大通りでアクセルを踏み込んでみると、出足と同様、3気筒エンジンの力強い鼓動を感じさせながら、軽快にスピードに乗ってくれるのです。凄く元気のいいエンジンですねぇ。こりゃ~良い!めちゃめちゃ楽しいです♪RRだからってこともあるのでしょうか。

ちゃんとしたシートが4人分乗った4ドアのコンパクトカーなのに、そんなにボディが軽いのかいな?(GTは車両重量1040kg)

とにかく、アクセルを踏むのが楽しいのであります。街中を転がすだけで楽しいクルマって、そうそう無いと思います。なんで日本には、こういうクルマが無いのだろう、と思いながら流していたのですが、有りました。似たような楽しさを持ったクルマ。その辺を転がすだけで楽しいクルマ。

アルトワークスです。アルトワークスも、何処でもアクセルを踏むだけで笑顔になれるクルマですが、トウィンゴは、あれをもっとお洒落に乗り心地良くしたクルマという感じです。

これだけで、クルマ雑誌の評価が高い理由が理解できました。十分買う理由になります。

ミッションはツインクラッチで、ルノーではEDCと呼んでいる様です。なるほど、オートモードで走っていると、ATと違って変速ショックを少しだけ感じます。そのかわり、機械式MTなのでマニュアルモードでの変速は、ATのそれと比べてとても快適です。ありゃ?今気付いたけど、もしかして自動でブリッピングしてるのかしら?

快適性については、まずシートが良いですね。違和感がなく、長距離乗っても疲れが少なそうな形状です。走行中の室内はまあまあ静か。エアコンの効きは外車スタンダードなのか、少し弱いかもです。日向に置いてあった試乗車で少し暑かったのでエアコンをフルに稼動させていたらラジオの音が聞こえなくなりました。

乗り心地は、足が固められ、標準車15インチに対して、確か前185/45/17、後205/40/17という17インチタイアを履いていることもあり、多少ゴツゴツ感はありますが、ボディ剛性が高いので不快感は全くありません。

積載性ですが、リアエンジンなので、後部にトランクスペースは無いのかな?と思いましたが、ちゃんと有りました。ただ、トランクの床は高いですし、後席を使っているとトランクスペースは最小限になります。

後席を倒せば十分なスペースが生まれますし、助手席を前に倒せば約2m程の物まで積めそうです。上手く使えば、一人なら車中泊も不可能ではないかもです。

トウィンゴGTは、こんな感じのクルマですが、外見に似合わず、とにかく運転して楽しいクルマであります。RRなので、腕がある方なら、それなりの運転が楽しめるのではないでしょうか。興味がおありの方は、是非一度乗ってみて下さいね。

このツインクラッチでも十分以上に楽しいクルマですが、ワタシャとにかくMTも試してみたいです。どこにあるのかな、試乗車♪

Posted at 2018/04/28 21:19:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記
2018年04月26日 イイね!

ADバン 20年オチのMT♪


20年ちょいオチのMTミッションADバンに乗る機会があったじょ~(笑
  ↑ 誰だよ、一体(^-^;

いや~、ステアリングが細いなぁ。
懐かしい感じだけど、NAロードスターVスペに付いてるナルディのステアリングを思い出した。

そういえば、NAロードスターも20年チョイおちだったな。
細いステアリングは、あの頃の流行りだったのかな?

ボディは、現代のADバンと比べると気持ち小さくて、背も低くて、少し丸っこい。
ADバンも随分ガッチリ立派に成長したものだ。

キーの抜き差しする度に、小さなボッチを押す必要があるのが時代を感じさせる。
運転中にキーが抜けちゃうのを防ぐ仕組みなのだろう。

エンジンをかけると、音がデカい。
遮音のことは、まだあまり考えられていなかったのだろう。

シフトスティックを1速に入れ、アクセルを踏んで走り出す。
エンジンは唸るが、今のADに比べるとトルク感は薄めだ。

アクセルを踏み込んでもあまり進んでいかない。
だが、エンジン音は繊細だ。
86のエンジン音って、こんな感じかもしれないと思わせる音だ。

長く急な下り坂を駆け降りる。
今のADには驚く程の安定感があり、ブレーキを殆ど踏まずにクネクネを駆け抜けることができたが、さすがに20年オチのADにはそこまでの安定感はない。

機会として老朽化していることもあると思うが、トレッド等色んな部分のスペックも随分進化したことが感じられる。

バイパスを走ると、やはりエンジンの効率の違いを感じざるを得ない。
パワーを捻り出すのに、重さを感じるのだ。今のADは、スッと走り出し、常用域ならスルスルッとスピードに乗るのだが…。

何だか、NAロードスターに似ている気がしてきた。
新旧ADバンの比較は、NAロードスターとNDロードスターの違いと似ているのかもしれない。

古いMTのADバンには、暫く乗らなくていいや、と思った。
古いNAロードスターはどうなのだろう。

Posted at 2018/04/26 22:18:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2018年04月23日 イイね!

商用車がイイね♪FFのADバン


今度の職場にも何台かクルマがある。
どんなクルマかというと、バン、それも何故かニッサンが多い。

ADバンが新旧含めて3台ある。
2台はここ1~2年のうちに購入したものらしい。
まだまだ、十分キレイだ。

もう1台は4WDだ。
しかもMTときている。

他のは、サクシードとか軽トラとかマイクロバスとかトラックとかである。

今日、クルマで出張することになった。
どれで行こうか考えた。

一人出張なので、運転の上手い下手を気にする必要はない。
よ~し、とりあえずMTの4WDで行ったろか♪

と車庫を見ると、お目当てのクルマは居なかった。
使用簿に書いてないから有るはずなのだが、チョイ乗りしているのだろう。

んじゃ、一番新しいADバンにしよかと思ったら、外出中らしい。
ということで、2番目に新しいFFのADバンで行くことになった。

さあ、エンジンをかけて、ササッと行ってこよう。
サイドミラーを見ると、ほんの少しズレている。
スイッチを探すが見当たらない。どうやら、手動ミラーの様だ。

ミラーを合わせるのは止めた。
面倒くさいのだ。ドライバー側なら窓を開ければ簡単なのだが、まぁいいか(^-^;
商用車でも、せめてドアミラーくらいははリモコンにしようよ。
安全に直結するんだし。

愚痴は置いといて、目の前に迫った長いクネクネの下り坂を駆け降りる。
なんと、商用車のくせに(失礼)なんという安定感を備えているのだろう!
結構急な下りのクネクネなのに、スピードを上げても怖くないのだ。
之にはチョイと驚いた。タイアが減っても構わなければ、結構攻められそうなのだよ、嬉しいことに。

しかも、ブレーキが意外にもしっかりしているではないか。
ぷあな感じは、クルマとの関係では全く感じない。

バイパスに乗っても印象は良い。
常用スピード域なら十分なトルク感を持って走行できる。

高速道路レベルのスピードを維持するには、アクセルを踏み込んでキックダウンしなきゃならないし、そのためにはほんの少し間があるが、少し前なら気に入らなかったかもしれないが、今のワタシには気にならない。多分、1500ccの商用車にそこまで求めてはいないのだろう。

快適性も予想を軽く超えていた。今の商用車のレベルは高いのだ。
シートは少し柔らかめで、長距離でどうかは判断できないが、今回の出張程度なら何の不満もない。
静粛性も、凄く静かとは言えないが、煩いということもない。80km/h走行なら、車内で普通に会話が出来るだろう(後席の状況は分からない)。

ステアリングの重さも丁度良い。下手な乗用車を買うよりは、こちらの方が良いのではないかと思えてしまう。一番安いグレードなので、パワーウィンドウや電動ミラー、オートアンテナ等の装備は省かれているが、これで燃費も良いなら、車中泊のアイボリーとして、十分以上の存在ではないかと思われる。


4WD&MTのADバンやサクシードに乗るのが楽しみになってきたぞ♪
出来れば、週末に借り出してお山のドライブに出掛けてみたいものである。


Posted at 2018/04/23 22:01:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | 日記

プロフィール

「[整備] #ロードスター 久しぶりに、オイルでも効果してもらうかい♪ https://minkara.carview.co.jp/userid/1092517/car/844865/5077270/note.aspx
何シテル?   12/08 10:58
トモ@b3です。 最近、東北地方のドライブがお気に入りで、今年は、6月と7月に十和田湖、八甲田、津軽半島、下北半島あたりを走ってきました。 どこも素...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

NDロードスターのギア比 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/24 09:25:01
常陸秋そばフェスティバル2017 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/24 08:08:20
第4回 全国あんこうサミット  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/24 08:03:26

ファン

73 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
本来こちらでしたね。
BMWアルピナ B3 S BMWアルピナ B3 S
長距離ドライブの相棒です。 6速2000回転でも心地よいリズムを聞かせてくれ、 気がつく ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
新車で購入して以来、ずっと乗ってます。ロドスタNA6CE。 普段のまち乗りでもなんとなく ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.