• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Kazusaの"パパカズ" [BMW 3シリーズ ツーリング]

車中泊(夏バージョン)

カテゴリ : グッズ・アクセサリー > グッズ・アクセサリー > その他
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
 
1
夏場、車中泊は虫が来るので窓が開けられません。どうしようか考えてみました。窓を全開にして寝られる方法。
2
①ステップ1:リアシートを寝かせます。この時、ヘッドレストは起こします。更に、運転席と助手席のシートを若干後ろに下げます。
②ステップ2:ストレッチ用ポールを写真に用に差し込みます。ヘッドレストがポールを支え下に落ちません。
③ステップ3:荷台用のマットが敷いてありますが、汚れ防止のためにしきました。ヨガマット(青いスポンジ状)をしきます。緩衝材になります。
④ステップ4:リアハッチにネットをかけます。車用に売られている大きめのネットをかぶせました。ガラスハッチは開けます。
3
○写真のようなツールを作ってみました。壁に何かをぶら下げるためのL字フックに適当な木っ端を取り付けたもの。ガラスを開けていると車内ランプが着きっぱなしになるので、ダミーとして突っ込みます。外すときはリアワイパー下のボタンを押すと飛び出てきます。(※たいしたものではないけれど、これが一番悩み、工夫した点です。)
○リアハッチの下側、車内からリアハッチを見た写真。みすぼらしい足が見えていますが、身長171cmの自分が寝たときの状態で、足をしっかりと伸ばすことができます。
4
⑤ステップ5:左側の窓に袋状にかぶせるネットを取り付けました。若干隙間ができますが、なんとかなりました。ワンボックス用の大きめなものを買えばよかったけれど、サイズがわからすで無理矢理です。
⑥ステップ6:右側ノマドに同様にネットをかけます。運転席側は、運転席用のものを選びました。
○ガラスハッチを下ろした状態。木っ端があるので、閉じません。多少の雨が降ってきてものこ状態で問題ありません。両サイドの窓も、すべて閉じることができます。
○荷室側から運転席側を見た写真です。フロントガラスには、サンシェードをすればフロント側から室内は見えなくなります。また、ネットが黒いので、室内灯をつけなければ、ほぼ中を見ることができません。
5
○小型のテーブル(ホームセンターで買ったもの)を置いてみました。ハッチを開けた状態では、こんな感じになります。晴れている日には、室内はとても明るい状態です。車を置く場所を木陰にしないと、炎天下の室内はサウナになってしまいます。標高の高い高原の駐車場で、涼しく寝るための工夫でした。
6
追加:無風状態では、暑くて寝られないので、充電式の扇風機を持って行ったりすると良いかもしれません。(アマゾンで購入)予備の電池付き。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

イカリングがまたチラチラ

難易度:

車速センサー交換

難易度:

2年目点検

難易度:

PW落下の修理

難易度:

DSモードにならない

難易度:

ATF交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2020/05/17 01:47:45
グッドアイデア。
コメントへの返答
2020/05/19 21:15:36
ありがとうございます。

プロフィール

群馬県在住です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

BMW 3シリーズ ツーリング パパカズ (BMW 3シリーズ ツーリング)
○通勤の足として、趣味のキャンプ、荷物運び、ドライブ。オールマイティーに活躍してくれてい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.