• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

狼駄(シン・マツナガ)のブログ一覧

2004年10月31日 イイね!

日曜日よりの使者~♪

日曜日よりの使者~♪「私はF1観戦歴12年です」・・・・・などと
言ってる割には、実はこの目で直にフォーミュラ1が走っている所を私はみた事がない。
走るところはおろか"音"すら聞いたことがないのだ。所詮TV観戦の域を抜けてない
ところで、どうのこうの言っていた。

"今週開かれるEnjoyHonda2004で佐藤琢磨が走る!!"

EnJoyHONDAとは、栃木県茂木町にあるツインリンクもてぎで毎年この時期に
開催しているHONDAのお祭りのようなものである(今年から春に鈴鹿でも行われたらしい・・・)
それを知ってしまった私はもう仕事なんぞ手につかなかった(おいっ)
とにかく今週末はいざ!もてぎへ!
「と、いう訳なので朝3時頃には家を出るんですいません、どうかよろしく・・・・」
とカミさんに頭を下げるのだった・・・・子供の遊べるブースが無いわけではない。
しかしオープンが朝7時、それに間に合うように出掛け、なおかつお目当ての佐藤琢磨が
走るまではあまりうろうろはしたくないのだ。

朝3時、目覚ましなぞはなかったが自然に覚めた。遠足気分の子供のようなものか。
しかし外はひどい雨、今日は午後から回復傾向という予報を信じて出発するしかない。
ただ行くだけではつまらない、滅多にないワンマンドライブなのだ。
裏道になりそうな県道に鼻先を突っ込む・・・・・しかし今日はとにかく雨!霧も手伝い
筑波山付近はとても攻める!という雰囲気ではなかったが、それでも自分なりに懸命に走った。

結局7時を少し回ってはしまったが、無事もてぎに到着。駐車場はすでに予想以上に埋められては
いたが、それでもまだサーキットを歩くのに不都合なほどの人出ではなくホッとした。
ひどい雨で少々テンションが下がり気味のところがあったが、コレクションホール前の駐車場から
メインスタンドまで歩くに連れて徐々に気分が高揚してきたのを感じた。

とりあえず迷うことなくサーキットの方に足を向けた。観客席の人の入り具合を調べておこうと思った。
幸いあまり人はいない。これなら今から場所を確保しておかなくても大丈夫そうだ。
それにしても回りの人はさらに奥に進んでいく。そちらはピットのハズ、我々一般人が覗きにいけるの?
半信半疑で進んでみると、なんとピットガレージは、進入禁止の紐は張ってあるものの、シャッターは完全開放!
そこにはすでにBAR006、HONDA・RA272、ウイリアムズ・FW11などが
控え室よろしく出番を待っていた。早くきたおかげでまだ人はまばら、3台の写真をしっかりと
収めることが出来た、これは嬉しい。などとしていたらエンジンのウォームアップが始まったようだ。
僕が初めて聞いたF1エンジンの音は、BAR006になった。信じられないほど綺麗で甲高い音だった。
RA272も聞くことが出来た。こちらはやはり甲高いがバリバリと大きな音をたてた。
3mと離れていないところで鳴り響くF1エンジンの音、思わず僕は涙が出そうになり堪えるのに必死だった。

さてお次はFW11のターボエンジンが聞けるかと、待っていたのだが・・・どうもBAR006が走り出すらしい。
まだ時刻は8時、確かスケジュールじゃ午後からだったハズ。しかしこうしちゃいられない!
ピットガレージブースの屋上に上がれる階段がある。これを慌てて上った。他のお客さんもやはり驚いていた
ようだった。まだ路面は完全なウエット。こんな状態でましてやデモランではたいして気合の入った走りは
見られないだろうなどと思っていたが、いい意味で期待を裏切られた。
水煙を上げながら、オーバルコーナーを立ち上がってくるBAR006。速い!本当に速い!自分にとって
それは信じられない光景であった。頭の中ではF1は時速300kmオーバーで走れることは勿論知ってるし
ウエットですら、尋常ではないスピードであることはTVでだって見ているし、本だって読んでる。
しかしそれは所詮"知識"でしかないことを思い知った。自分の自動車運転の常識ではありえない
スピード。マシンっていうより飛行機!?いや、それ以前に目の前で見せられても信じられない
まるで超魔術でも見せられているような思いがした。
2周・ピット・2周という突然のテスト走行。これを観ることが出来た感激、だってスケジュールにはない
ものだったのだから。

・・・・続くかもしんない。
Posted at 2004/10/31 23:52:44 | コメント(7) | トラックバック(0)
2004年10月28日 イイね!

名前あそび

タイトルが適切かなあ・・・・(いきなり自信なし)

ちょっと前の日記になりますが、カイさんの「ESCUDO・2.0"GT"」
の内容を読んで、ああそういえば僕の乗っていたエスクードは
MARKIIだったなあと思い出した(笑)
当然、そんなモデルはなく・・・・なんて書いたらつまらない(爆)
現行型エスクード(日本)にはオープンモデルは存在しないと
されていたが実はあった!それがこれ、試作機とも言える
ESCUDO・MARKIIなのだ。
エンジンは原点に還り、82psエンジン。
しかし足回りはSUZUKISPORTSのサスペンションを
名は明かせないが、とある有名メカニックがチューン
・・・・・・などと勝手に思い込むわけですよ(爆)
これが結構楽しい(^^♪

こんなノリで次の愛機になったセルボは形式がCG72V
っていうんですが、このVは明らかにバン・・・・・・・
などと言っちゃあいけない!ビクトリーだ!(爆)

そして次にのったジムニーは、本来の形式がJA71Vなんですが
(このVは5型ね)それじゃあつまらんとJ3-Xとしてました。
(J3?)これは語ると長いので割愛。
XはVを超えたXなのだ。

こんなことを思いついた大元はやはり1代目のエスクードの
形式TA01-Rからでした。おいっRってなんだよ!
格好いいじゃん!しかもコンバチだけに与えられる称号・・・
かっくいーって思い込んだわけです。

あ~つまらんことグダグダ書いていたら、
昼休み時間がおわっちまう・・・・・まだ書きたいことが
あったのだが・・・・それは次号!(いつ??)

誰だ!Rってルーフレスとか言ってるヤツは!!


Posted at 2004/10/28 12:55:25 | コメント(6) | トラックバック(0)
2004年10月22日 イイね!

救われた気分

今日もいつもの様に総武線各駅に乗って通勤中、
足元をコロコロ転がる缶コーヒーの空き缶が
ありました。
よく見れば少し中身が残っていたらしく、
転がる度に床を汚す・・・・・・
気づいてる人も多いとは思うのですが
誰も拾おうとはしない。拾わないとますます
自分らの足元が汚れていくのに・・・・・
まあ、人が飲んで捨てたものをなんで私が拾わなきゃ
いけないの!?と思うのも無理はないのかな・・・・

見るにみかねて足をちょっと伸ばして
こちらに引き寄せて拾い上げました。
船橋で降りたときにでも捨ててやろうと思いつつ。

で、とりあえず手で持っておりました。
頭の中では大人がこれじゃあ子供にはポイ捨てやめろ!
とか言えないよなあ・・とか、
これが今の当たり前なのかなあ・・・・とも。
そしたら向かいに立っていた女性が声をかけてきて
「私、次で降りるんで捨てておきますよ」
と言ってくれたのであります。
もちろんお願いしちゃいました。
あ~こういう人もいたんだと本当に救われた思いがしました。

それにしてもゴミ箱に持っていくのってそんなに面倒くさい
事なのかな・・・・??
Posted at 2004/10/22 12:40:59 | コメント(4) | トラックバック(0)
2004年10月13日 イイね!

何年目!?

10月13日は、結婚記念日なんです。

だからと言って特別何かしようって訳じゃ
ないんですが会社休みました(笑)
せっかくだから例のごとく実家で子供達を
預かってもらい、夕方から少しブラブラしてきました。

この13日ってやつはカミさんの方が
むしろ忘れるんですよ(苦笑)
特に13日にこだわった訳じゃなくて、
ただ会社から「あと1日遅れたら、家族手当の支給が
再来月からになっちゃうよ」と言われ、慌てて
区役所に向かったという、なんとも情けない理由なんです。
なんの脈絡もないから確かに忘れやすいよなあ・・・(^^ゞ
僕的には住民票の記載が変わったのを見ただけで
喜び、これからの不安、決意とかぐちゃぐちゃに
入り混じった日なので忘れません・・・・・・・たぶん。

ちなみにその年の13日は金曜日でした(苦笑)
Posted at 2004/10/14 12:49:19 | コメント(4) | トラックバック(0)
2004年10月03日 イイね!

ぼうりんぐの道中で

10/3、しげっち会う為千葉~友部間をほぼ高速移動
したのですが、行きも帰りも完全な雨天。
これだけ雨天中の走行をしたのは、久しぶりでした。
友部に向かっているときには、3件もの事故に遭遇。
それもおそらく全て自爆ではないかと思われました。
車自体もタイヤも本当に良くなっていますから、
雨が降っていたって、スピード出せるんですよね。
でも、ホントに注意せねばならんと思いました。
2年前の事故経験もあるので尚更・・・・

こういう天候時には、昼間だろうが夜だろうが私は
フォグランプまで点灯します。
俺はここで走っているぞ!という自己主張と
いうやつなんですが、特に今回は夜の常磐道で
交換したフォグは想像以上に威力を発揮してくれました。
雨煙で相当視界は悪くなっているんですが、
フォグを点灯させれば相当"ラク"になりました。
やっぱりフォグは黄色だなあと再認識。

雨の中、ずっと走り続けても疲れは大してありませんでした。
V6・2000ccクラスのエスクード(レバンテ)は
十分ロングランナーになれると思い、嬉しかったです。

はあ~、もっと発揮させるステージで走りたいなあ・・・・
Posted at 2004/10/05 12:41:22 | コメント(4) | トラックバック(0)

プロフィール

「久しぶりのクロカンっぽい遊び
この車でやったの初めてですわ」
何シテル?   01/28 16:24
千葉県印西市に住んでおります。 「狼駄」は「ろうだ」と読みます。 今まで通り「シン」で構いません(っていうかその方が自然!?」 「狼駄」はペンネームみたい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2004/10 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

【リリース事前告知】「車種別情報の表示改修」のおしらせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/26 13:16:21
いつも通り 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/06 09:43:08
TDA第2戦、エスクード勢の行方は 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/15 10:30:10

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード 影狼 (スズキ エスクード)
TD94Wを手放し、TDA4Wに戻ってきて2年。そろそろ弄りたいがお金はないので見た目重 ...
ホンダ MTX50R 白狼R (ホンダ MTX50R)
MTX50Rの初期モデル。友人より引き継ぐ。 2017年6月4日 フロントブレーキワイヤ ...
スズキ エスクード スズキ エスクード
6年間、E-ACT、Encounterで仲間達との掛け橋を努め、何より大切な家族との素晴 ...
マツダ プロシード マツダ プロシード
6年間、E-ACT、Encounterで仲間達との掛け橋を努め、何より大切な家族との素晴 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.