• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

晴耕雨読のブログ一覧

2018年10月16日 イイね!

この季節になると... 本、読書... 新しい道

この季節になると... 本、読書... 新しい道


この季節になると…


 よく訪れるシッピング・センターのお菓子売り場で見つけたこのチョコレート…。ラミー&バッカスチョコレート。以前も紹介しているが、筆者はラミーチョコレートが大好き。アイスクリームもラムレーズン味が好きなように、どう言う訳か「レーズン」が入っている食べ物が好きな傾向にある。そう言えば、朝食もレーズンパンなんだと。


alt


 一度に多くは食べないように、少しずつ食べるようにしている。また、それが楽しみでもある… そう、これもささやかな歓びとなっている。




☆ ☆ ☆




街にはそれぞれの歴史がある…


 黒崎駅及び周辺....   井筒屋黒崎店(写真上)には、大型書店があるのでしばしば訪れる。しかしながら、来年5月には閉店になるという。この駅を発着点として、地方都市独特の電車が走っている…「筑豊電鉄」(写真左)。二両編成のワンマンカーで地域の人々の足となっている。駅周辺には「シロヤ」(写真右)という老舗のパン屋さんがある。今も多くの人々が毎日買い求めに来ている。サニーパン、ミルクパン、サーフィン等々の美味しいパンが勢揃いしている。


alt

 街にはそれぞれの歴史がある。時間の経過と共に、次第に街自体が変貌してゆく…  






—————————————————-





本、読書…


心温まる作品…


「花や散るらん」葉室麟著 文春文庫


alt


 久し振りに葉室麟さんの作品を読んだが、やはり、葉室さんの心温かい筆致に触れられたことが何とも嬉しい。歴史小説の分野において、「葉室麟」の世界を創っていただけに、昨年12月に急死されたことが返す返す残念でならない。


 この小説のテーマの中心的な部分において、これまでの通説と言われている内容を、葉室さん独自な解釈で綴られている。こういう視点から見た歴史もあるのか… と深く考えさせられた。終章が美しく纏められており、「葉室麟の世界」が堪能出来る秀作かと思う。


「京の郊外に居を構え静かに暮らしていた雨宮蔵人と咲弥だったが、将軍綱吉の生母桂昌院の叙任のため、上京してきた吉良上野介と関わり、幕府と朝廷の暗闘に巻き込まれてしまう。そして二人は良き相棒である片腕の僧、清厳とともに江戸におもむき、赤穂・浅野家の吉良邸討ち入りを目の当たりにする事となるのだが」(本帯より)。





—————————————————-





新しい道を進むと…


 好きなスポットに行った帰りにふと気がつくと、新しい道が出来ていることに気がついた。まだ見ぬ期待に胸を膨らませて進んでみた…  


alt

alt


  そこは海が一面に広がる駐車場のような場所があり、未完成ではあったが暫し景色に目を奪われてしまった。クルマを降り、海風を感じながら目前に広がる海をただじっと眺めていた。


alt

alt


alt


written by Seikoh-Udoku

Posted at 2018/10/16 08:36:48 | トラックバック(0) | ドライブ、本、読書 | 趣味
2018年09月17日 イイね!

気ままなドライブは楽しい... 本、読書... 目覚める...

気ままなドライブは楽しい... 本、読書... 目覚める...

気ままなドライブは楽しい…


 先日のブログでNew C-Classのことに触れました。その後、New C220dの試乗の案内を頂いたので足を運んでみた。全体のデザインは大きくは変わってはいないが、多くの箇所でマイナーチェンジが施され、より存在感が鋭くなった様に思えた。加速、走行性能は中々のものだと思うと同時に、コックピット内の計器類の進化には目を見張るものがある。


 試乗後、担当者と40分程最近のクルマ事情などを話しながらコーヒーブレイク(写真はこの時頂いたギフト)。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



C220dと共に…


 早朝のある日、久し振りにここを訪れてみた。至るところで秋の気配が感じられる。

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt





————————————————-





本、読書…


「読書の秋」に相応しい作品…


「海市(かいし)」福永武彦著 小学館


alt

 「海市」とは蜃気楼のこと。50年ぶりにこの作品を読み返してみた…

成熟した大人の恋愛を今ここに再び触れたようだ。読みながら「海市」の意味するところが朧気ながら見えてくる…  蜃気楼のように。


 学部の一般教養課程の時に読み、この小説の持つ内容に圧倒され、友人にこの作品を薦め、この小説が友人間に連鎖していったのを覚えている。この小説は、何年経っても作品の持つ輝き/尊さは色あせることもなく、永遠に残っていくのだろう。少なくとも筆者の心には、50年経った今でもこの作品の余韻が消えていない…。

 参考までに、芥川賞作家の池澤夏樹氏は福永武彦の長男であり、同氏の解説が巻末に収録されている。


 「妻子ある画家・渋太吉は、伊豆の海村で蜃気楼のように現れた若き女性・安見子との道ならぬ恋に溺れていく。渋はかつて一緒に死ぬ約束をした女性を裏切り、妻とは離婚寸前の状況にあった。やがて、安見子は親友の妻であることが判明するが、彼女への思慕は変わらず、肉体関係を続けていくのだったが…」(本帯より)。





————————————————-





目覚める…


 最近、朝方の3〜5時の間に目覚めることが多い。そういう年齢になったと言えばそれまでだが…。ベッドから起き、小さな書斎に向かう。PCでインターネット情報を見ることもあるが、今年に入ってからは、万年筆を選び、専ら文章を書いていることが多い。


 ある若手の直木賞作家がこう言っていたのを覚えている…「本を読むことより、小説を書いていることの方が楽しい」と。たいへん僭越だが、筆者はその気持ちが少し分かるような気がする。勿論、筆者は小説家でもなく、市井の人であるので講釈を垂れる気も、またその資格もない。ただ、筆者には読むことに加えて、書くという小さな喜びを見つけられたことが嬉しいだけなのだが…。恥ずかしながら、この年齢になって目覚めたということになる。


 written by Seikoh-Udoku

Posted at 2018/09/17 21:39:58 | トラックバック(0) | ドライブ、本、読書 | 趣味
2018年09月09日 イイね!

北海道に... September 9th

北海道に... September 9th

北海道に…


 大地震が北海道に…。時間が経過する毎にその被害の実態が明らかになってきています。筆者も経験したことがある大地震の恐ろしさ…  まだまだ余震が続いている中、救助、復旧活動が始まっています。被災地の方々におかれましては、謹んでお見舞い申し上げます。


 それにしても、今年になって各地で猛威をふるう台風、豪雨、そして地震。ふたたび災害等が起こらないように祈るのみです。




————————————————————-




 September 9th…


 今日は9月9日です。今日を振り返ろうと思います。


早朝には、大坂なおみさんが全米オープンテニスに優勝のニュースが飛び込んできました。日本人として初のグランドスラム制覇でもあり、たいへん凄いこと。準々、準決勝からその予兆を感じさせられる程他を寄せ付けない強さを発揮していました。授賞式での彼女のスピーチが素晴らしく、誰もが感動したのではないでしょうか…。


今日現在で読み終えた本は99冊(YTD)になりました。9月9日に無理矢理合わせたのではなく偶然にこの数字になりました。例年であれば、もう少し多くの本を読んでいるところですが… 当ブログでも縷々述べていますように、腰痛の影響により例年に比べ読書時間が大幅に減ったためです。


 その記念すべき99冊目はこの作品になります。


「襲来 上下」帚木蓬生著 講談社


alt

 心待ちにしていた帚木蓬生(ははきぎほうせい)さんの最新作。この作家の作品はたいへん好きで、これまで多くの作品を味わってきています。当ブログでもその一部は紹介していますが、今日紹介する作品は、じっくり読み、味わえた歴史小説。日蓮上人と見助との信頼感溢れる絆が最後に実を結ぶ…  自然と込み上げてくる感動が心地良く、その余韻が今も心に響いてきます。こういう作品に出会えたことをたいへん嬉しく思います。筆者にとっては、記憶に残る作品の一つになりました。


「鎌倉で辻説法をしていた僧侶・日蓮は、やがて他宗派への攻撃を強め「立正安国論」を唱える。幕府が法華経を用いなければ、国内の災害が続き他国からの侵略を受けると予言したのだ。日蓮に仕えていた見助は、その耳目となって予言を確かめるため、九州の対馬に一人で赴くことに…」(本帯より)



夕方には雨も上がっていたので40分程ドライブ。秋の雰囲気を感じさせてくれる大気の中、気持ち良く走りぬきました…


alt


alt


場所を移動して...

alt


alt


今日(9月9日)は、筆者にとってはあることの記念の日であり、万年筆を購入しました(これで7本目)。


パイロット 万年筆 エリート95S FES-1MM-DR-EF 極細 ディープレッド

alt



 とにかく、文章(字)を書くことは本当に楽しいことだと思っています。日記ばかりでなく、筆者の周りで起こったことから世界で起こったことまで幅広く書いてゆく。無限の広がりの中、愛用の万年筆で、しかもお気に入りのインクで書く… 筆者にとってはこの上ない歓びになっています。

 尚、この万年筆には、パイロットの「ブルー」のインクを装填して使っています。とても良い感触…

written by Seikoh-Udoku

Posted at 2018/09/09 21:43:17 | トラックバック(0) | ドライブ、本、読書 | 趣味
2018年05月09日 イイね!

「うなめし」を... 本、読書... マウスの話...

「うなめし」を... 本、読書... マウスの話...

「うなめし」を…


 4月のある日のこと... ここ門司港レトロにある「たかせ」は瓦そばが有名なのだが、我が家族は全員「うなめし」派だ。ひつまぶしも美味しく頂けるこの「うなめし」は最高。ここ門司港レトロにくるのも1ヶ月ぶりなので、いつもとは異なるアングルで撮った写真をご覧頂ければと思います。


☆ ☆ ☆


alt


alt


alt


alt


alt


alt

alt

alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt


alt





——————————————————





本、読書…


歴史を検証する…


「同日同刻 太平洋戦争開戦の一日ち終戦の十五日

山田風太郎著 ちくま文庫


 これは小説ではなく、ドキュメンタリー作品といって良い。著者はこう言っている…「私は当時の敵味方の指導者、将軍、兵、民衆の姿を、真実ないし真実と思われる記録だけを持って再現してみたい… 略…」(まえがき)と。


alt


 太平洋戦争中の開戦の日(昭和16年12月8日)と終戦に至る昭和20年8月1日から15日までの同日同刻に、著者が蒐集した膨大な資料・記録を通して人々は何を考え行動していったのかを再現している。戦争という事実が進行してゆく様を、確かな資料のみで追ってゆく手法がリアルでいい。この作品を通して、戦争に翻弄された人間の狂気、悲惨、愚かさ等々を焙り出したかったという著者の思いが伝わってくる。




——————————————————




マウスの話…


 iMac操作に関し、マウスにはBMW Mロゴ入りのマウス(下記写真)を好んで使っていたが、突然動作しなくなってしまった。このマウスには親しんでいたので名残惜しいが…。


alt


 そこで、次のマウスを選ぶに当たり、量販店やインターネットを調べてみたところ…  これに決定。薄型で使いやすそうで、しかも廉価であったのでトライアルのつもりで購入。使って見たところ…  素晴らしい感触! 安価なのでどのくらいの寿命があるのかは分からないが、目下のところは大満足。道具は大切で、自分にあったものを選ぶのが最高なのだろう。


alt

written by Seikoh-Udoku


Posted at 2018/05/09 21:15:09 | トラックバック(0) | ドライブ、本、読書 | 趣味
2018年05月05日 イイね!

阿蘇へ... Mercedes-AMG GLA45 本、読書...

阿蘇へ... Mercedes-AMG GLA45 本、読書...


阿蘇へ… Mercedes-AMG GLA45


 今年になり初めて「阿蘇」に行って来ました。今回は、Mercedes-AMG GLA45と共に存分に駆けぬけてきました…。

 尚、GLA45はメルセデスル・ベンツ及び担当者のご厚意により利用させてもらいました。


alt

 今回のルートは東九州道/大分道を経て「久重出口」。一般道を気持ち良く走り町田バーネット牧場(昼食、特産物を購入)。

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt


 ワインディングな道路を駆け抜け三愛レストハウスに到着。阿蘇ジャージーヨーグルトを飲み、ここでしか売っていない蜂蜜を購入。平日ながら多くの人々で賑わっていた。半年ぶりに感じる阿蘇の感触はいい。

alt

alt


 AMG GLA45の重低音のエグゾースト・ノートを感じながら快調に走行…。ひと味もふた味も違うAMG。このサイズのSUVタイプのGLA45が筆者にはピッタリ。帰りは、来た道とは違うルートで帰路についた。快晴に恵まれ気持ちの良い走行を十分楽しめました。



☆ ☆ ☆


 その翌日に、好きなスポットに…

alt

alt

alt

alt

alt


alt


alt


 さらに、スペース・ワールドの解体状況を見に行った…

alt





———————————————————-




本、読書…


爽やかな風が吹いてくる…


「正義のセ 1~3」阿川佐和子著 角川書店


 この原作のドラマが現在放映中なのだが…  筆者がこの原作を読んだのは、初版本が出版された1913年2月のことだった。ご存じの通り、阿川佐和子さんの父は作家阿川弘之さんであり、彼女は現在TV等でも活躍されている。


alt

 それでは、どうして筆者はこの小説を読もうと思ったか…  ① 「正義のセ」という今まで見たことのないタイトルに惹かれたこと、② 「検事」がこの作品の主人公であること、③ 検事がどのような形で描かれ、どういう物語になっているのか等々に興味津々であったことが上げられる。


 新任の女性検事の奮戦記であり、面白可笑しく検事の活躍が描かれている。随所に「正義の実現」という厳めしい表現ではなく、阿川佐和子さん特有の「正義のセ」という形で「検事」が職責を果たしていく姿が分かり易く描かれている。


 この本を読了して5年が経過し、この原作がTVドラマ化された。TVドラマをあまり見ない筆者ではあるが、原作を読んでいたので見たところ…


⇩ ⇩ ⇩


 結構面白い(TVドラマは一話完結)。しかも、一話の中に必ず「正義のセ」を感じさせてくれるシーンがある。ほろりとくる場面もあり、原作の良さが旨く引き出され、上手に演出されている。今では毎回楽しみにしている。


alt

 written by Seikoh-Udoku


Posted at 2018/05/05 14:53:50 | トラックバック(0) | ドライブ、本、読書 | 趣味

プロフィール

「@Piano さん、 納車おめでとうございます! 」
何シテル?   04/17 17:28
晴耕雨読と申します。 趣味を楽しみながら、日々暮らしております。 ブログは自動車に限らず、様々なことに関して書いてありますので、ご興味のある方はご覧頂け...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

恐縮ながら、現在のところ友達の募集は行っておりません。
多くの方々が書かれたブログを読むことは楽しみの一つです。他方、ご縁により、当ブログを読んで頂くことはたいへん嬉しいことと思っております。

updated on August 8, 2017.
98 人のお友達がいます
odesanodesan * さんちゃん?さんちゃん? *
よっチよっチ * hina♪hina♪ *
DORA-QDORA-Q * 香薫香薫 *

ファン

143 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
 『Mercedes-Benz C220d』と共に、楽しいカーライフを過ごしてゆきたい ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
運命的な出会いにより、このクルマに乗ることになりました。メルセデス・ベンツらしい走りを ...
その他 Panasonic JETTER その他 Panasonic JETTER
電動アシスト自転車... その名はPanasonic JETTER。 購入したのは5年程 ...
BMW アクティブハイブリッド 5 BMW アクティブハイブリッド 5
記憶に残る素晴らしい車でした。 現在、BMW アクティブハイブリッド 5 M Spor ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.