• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

晴耕雨読のブログ一覧

2019年05月28日 イイね!

外気に触れる... 本、読書... メイ首相と英語

外気に触れる... 本、読書... メイ首相と英語


外気に触れる


 先週の中頃から週末にかけて体調を崩し、外出も出来ず休んでいた。喉をやられたので、咳き込むことも多く苦しかった。幸いにも、熱はなかったので、今週に入りやっと回復の兆しが見えてきた。



 外気に触れるのは1週間ぶりで、とても気持ちの良いドライブになりました。

alt


alt


alt



場所を移動して...

alt

alt

 体調が良くなったせいか、気分的に「スポーツ・モード」に切りかえて運転。クロスオーバーSDの力強い走行に、筆者自身の身体が「気持ちいい」と叫んでいるようだった。


alt





 —————————————-




本、読書


「崩壊の森」本城雅人著 文藝春秋 kindle


alt

 ソ連崩壊前後に特ダネを放った日本人記者を中心に描いたノンフィクションのような小説。ペレストロイカという言葉が懐かしく感じる時代になってしまったが、あの時代に活躍したゴルバチョフ、エリツィンも登場し、たいへん面白く読まして貰った。


 筆者はソ連からロシアに変わるあの当時の国際政治にはことのほか関心が高かったので、この本は激動期の国際政治を思い出させてくれた格好の本となった。


「チェルノブイリ原発事故から1―1987年(昭和62年)4月、東洋新聞の記者・土井垣侑が特派員としてモスクワに降り立った。当時のソビエト連邦はペレストロイカ政策が進められていたが、記者はソ連政府の管理下でしか取材をすることができず、しかも本社からは当局を刺激しないよう『特ダネ禁止』を言い渡されていた。そんな状況に不満を抱いた土井垣は、独自ネタを拾おうと精力的に街へ繰り出す。だが、ソ連政府は一記者にまで監視の目を光らせていて」(本帯より)。




 —————————————-




メイ首相と英語


 英国議会で演説するメイ首相の話す英語にはたいへん好感を持っていた。歯切れの良い発音とスピーチの中で使われている単語(名詞)にいつも注目していた。


alt

(この写真は辞任演説の時のものではありません)



 「メイ首相辞任」というニュースが飛び込んできた。早速、首相官邸前で行われたスピーチに耳を傾けてみた

 スピーチの政治的な内容及びその評価は控えるとして、メイ首相の話す英語及びその行間から滲み出る心情が窺い知れ、ぐっと胸の奥に迫るものがあった。特に最後の部分が…  


『愛する国に仕えることが出来たのですから』

(この部分は涙声になっていた)


written by Seikoh-Udoku 

Posted at 2019/05/28 07:32:44 | トラックバック(0) | ドライブ、本、読書 | 趣味
2019年05月23日 イイね!

海... 本、読書... フェルメール

海... 本、読書... フェルメール


 快晴になったのでクルマを走らせようと…   向かった先は海


 押し寄せる波…   数えきれない程訪れている海。砂浜には親子連れや犬と散歩している人がいる。何と長閑な光景なのだろうか。ここだけは時間を忘れられる世界であり、「我ここにあり」という心境であろうか。


alt


alt


alt


alt


alt





——————————————-





本、読書


大正の歴史を知る


「大正天皇」原 武史著 朝日文庫 kindle


alt

 明治、大正、昭和の中で、大正時代に関する著作は圧倒的に少ない。しかも、大正天皇に関する情報も極端に少ないように思われる。これまでも縷々述べているように、筆者自身は幕末から昭和にかけての歴史に興味があり、ささやかながら色々な書物を紐解いてきた(その一部は当ブログでも紹介している)。が、しかし、大正天皇についての書物は今回が初めてであり、明治と昭和に挟まれた「大正」という歴史が見えてきたように思う。筆者にとってはこの本は良書になったようだ。


「愛情を受けず病気を繰り返した幼少期、全国を回った皇太子時代、明治天皇の重圧と闘いながら病状を悪化させていった天皇時代……。明治と昭和のはざまに埋もれた悲劇の天皇像を明らかにした」(amazon紹介より)




——————————————-




 フェルメール


 昨年から今年にかけて「フェルメール展」が東京と大阪で開かれていたが、鑑賞したいという熱い思いがありつつも、その機会を逸してしまった。

 以前「フェルメール展」を訪れた時に購入した栞の中の少女はいつもこちらを見つめている

alt


 フェルメールが多くのファンに愛されている理由が分かるような気がする。


written by Seikoh-Udoku

Posted at 2019/05/23 07:40:54 | トラックバック(0) | 散策... 読書... | 趣味
2019年05月19日 イイね!

Fun drive... 本、読書

Fun drive... 本、読書

Fun drive…


 久し振りにここに 海が見える最高のスポット。


 暫しクルマを止めて、目の前に広がる海を眺める。時間を刻んでいるかのように、波が押し寄せ、また引いていく。

 


 現在を踏みしめ、限りある未来に向けて、自分自身をナビゲートしようと


alt


alt


alt


alt



☆ ☆ ☆



明治の歴史に


 ショッピングセンターの帰りに抜け道を走っていた。するとこれに遭遇した。案内版を読んでみると、  そこには明治の歴史が静かに佇んでいるのではないか


alt


 海老津赤レンガアーチは福岡県遠賀郡岡垣町にある九州鉄道本線(現在の鹿児島本線)の旧線跡橋梁(九州最古級の鉄道遺跡 / 町指定文化財)。1890(明治23)年にドイツ人技師によって設計・建設され、1909年(明治42)城山峠を越えるルートが城山トンネルに切り替わり旧線化した。


alt


alt




——————————————




本、読書


昭和の怪物 七つの謎」保阪正康著 講談社新書kindle


alt

 「三島由紀夫、近衛文麿、橘孝三郎、野村吉三郎、田中角栄、伊藤昌哉、後藤田正晴。7人の怪物は「戦争」「昭和」をどう生きたか。知られざる「昭和の真実」その謎が明らかになる」(本帯より)


 この本は以前紹介した本の続編になる。七人に関して述べられているが、筆者は「三島由紀夫」「近衛文麿」「田中角栄」にたいへん興味を持った。著者の取材活動等から、あまり知られていないエピソードが語られているのがたいへん良かった。昭和という歴史の一断面を垣間見た有意義な読書の時間だった。


written by Seikoh-Udoku

Posted at 2019/05/19 05:12:00 | トラックバック(0) | ドライブ、本、読書 | 趣味
2019年05月15日 イイね!

移り変わる風景... 本、読書... 「轢き逃げ」

移り変わる風景... 本、読書... 「轢き逃げ」


移り変わる風景


 何処に行っても、そこには風景がある...


 休息を与えるかのように海は存在している。気持ちの狭間に温かい風が入るかのように気分転換をさせてくれる。その日はやゃ強めの潮風が髪を梳かせていた


alt


alt


alt


alt





—————————————————





スペース・ワールドの跡地は


 閉園したスペース・ワールドの取り壊しも終わり、新しい計画へと急ピッチで準備が行われている。地域の夢と希望を乗せて、広大なこの土地が生まれ変わってゆく。


alt

 最近の情報によると、ここにはイオン傘下のプレミアム・アウトレットが建設されるという。


alt





—————————————————





本、読書


「警察庁長官を撃った男」鹿島圭介著 新潮文庫


alt

 「19953月、警察庁長官が狙撃された」という前代未聞の事件が発生した。幸いにも命は奇跡的に助かったが、その後の捜査は…  


 たいへん興味深い内容で、犯罪捜査の闇を抉る内容になっている...

 『特別捜査本部を主導する警視庁公安部がオウム犯行説に固執する一方、刑事部は中村泰なる老スナイパーから詳細な自供を得ていた。だが、特捜本部は中村逮捕に踏み切らず、事件は時効を迎えてしまう。警察内部の出世とメンツをかけた暗闘や、中村の詳細な証言内容など極秘捜査の深層を抉る』(本帯より)。


 この本を読み終え、「正義の実現」が貫かれていない犯罪捜査に驚きを拭えないでいる…. (未解決事件のままになっている)。真相に迫る著者の意気込みがひしひしと伝わる上質のノンフィクションを読ませて貰った。





—————————————————





映画「轢き逃げ 最高の最悪な日


 単なる轢き逃げ事件かと思われるが、実はそうではない。想像を超えたミステリーが潜んでいる。TVドラマ「相棒」でお馴染みの水谷 豊さんの脚本・監督作品。


alt

 この映画を観て様々な感想を持たれるかと思うが、筆者は「命の尊さ」をずっと思い巡らせていた…  その余韻は今も醒めていない。

written by Seikoh-Udoku 

Posted at 2019/05/15 07:33:05 | トラックバック(0) | 映画、本/読書、景色 | 趣味
2019年05月13日 イイね!

Early morning drive... 本、読書

Early morning drive... 本、読書

Early morning drive…


 ディーゼル・エンジン搭載車は『エコ車』扱いになるので、車検時の自動車重量税は免除された。従って、考えていたよりも車検費用は低く抑えられ、ほっとした気分に


 ブレーキ・パッドとディスク・ロータ及びエアクリーナエレメントを交換し(メインテナンス保証なので費用は掛からず)、車検は無事終了。



☆ ☆ ☆



 翌早朝、好きなスポットまでドライブ MB C220dとのカーライフがリスタートした。


 誰もいないコストコで。我が家のディーゼル燃料はコストコのガソリン・スタンドを利用している。どのスタンドより低い価格で提供してくれている。


alt


alt


 美しい新緑をバックに。このスポットは気持ちが落ち着くだけでなく、クルマの存在が輝く。

alt

alt

alt

 学術研究都市「ひびきの」にある(国立)九州工業大学大学院の前で。学生たちの匂いがするキャンパスに触れると「学問への散策」を肌で感じる。

alt


alt

alt

 



——————————-




本、読書


「藻屑蟹」赤松利市著 徳間文庫 kindle


alt

 読む切っ掛けは、満場一致で第一回大藪春彦賞新人賞を受賞したというニュースだった。初めての作家であるが故に、大きな期待感がある。色々な作家たちが描く小説の世界は、未知の興味に溢れこの上ない楽しみでもある。この小説のテーマは「原発」であり、どのように描かれているのかが筆者の関心事であったが、通常では知り得ないことなども窺い知ることが出来、たいへん面白い作品だと思う。満場一致で選ばれた作品だからこその価値なのだろう。


 「一号機が爆発した。原発事故の模様をテレビで見ていた木島雄介は、これから何かが変わると確信する。だが待っていたのは何も変わらない毎日と、除染作業員、原発避難民たちが街に住み始めたことよる苛立ちだった。六年後、雄介は友人の誘いで除染作業員となることを決心。しかしそこで動く大金を目にし、いつしか雄介は」(本帯より)


written by Seikoh-Udoku

Posted at 2019/05/13 05:02:43 | トラックバック(0) | My car & 本、読書 | 趣味

プロフィール

晴耕雨読と申します。 趣味を楽しみながら、日々暮らしております。 ブログは自動車に限らず、様々なことに関して書いてありますので、ご興味のある方はご覧頂け...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

愛車一覧

その他 Panasonic JETTER その他 Panasonic JETTER
電動アシスト自転車... その名はPanasonic JETTER。 購入したのは5年程 ...
ミニ MINI Crossover ミニ MINI Crossover
 諸事情により手放しました。力強い素晴らしいクルマであったことを記しておきます。  こ ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
   運命的な出会いのメルセデス・ベンツ SLK200... ツーシーターでオープン走 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
コペンセロSは9月27日をもって手放しました。3ヶ月程の期間ではありましたが、コペンセ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.