• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くうればのブログ一覧

2018年01月22日 イイね!

デミオのブレーキパッド交換と雪中行軍

デミオのブレーキパッド交換と雪中行軍あっという間に積雪になりましたが、皆さま大丈夫ですか?

本日は月曜日ですが、有休を頂き、長女のデミオの整備です。

以前からフロントブレーキから低速でギュルギュル、ゴリゴリという異音が出ていたので、長女の休日に合わせて、ブレーキパッド交換と少しのメンテナンスを行いました。


本日のメニューは、
①フロントパッド交換&ブレーキメンテナンス
  異音対策のため、純正パッドからDIXCEL ESタイプに交換。
  ローター表面研磨(軽く)とパッドの異音対策グリスアップ。

②オービトロンFFS パワーモジュール デュアルコア装着
  奥様のフレアから移植。
    奥様フレアのエンジン保護のつもりで装着したのですが、逆効果。
    エンジンが軽く回るようになったので、ガンガン引っ張り上げて壊れそう。
    フレアがかわいそうなので、少しは分別ある長女デミオにお試し装着してみます。

③アルミエアバルブキャップ+オービトロンFFSグリース
  ・冬場の低温でのダンパー渋り感の緩和
  ・スタッドレスタイヤのケース剛性プログレッシブ化を期待して…
  (クーガでオービトロン チタンエアバルブキャップで上記2点が改善されたので
   同様の効果を期待して、安価なアルミ素材で試してみます。)

以上の整備作業と、ブレーキ当たり付けでいつもの山坂道へ試走します。


先ずは、部品のご紹介。

交換するパッドはこちら、クーガで実績がありコスパに優れたDIXCEL Extra Sports(ES)。
特に低速での溶着異音が出にくいノンアスベストパッドで、耐フェード性に優れ、摩耗寿命も量産パッド並です。 
デミオ:DY3R用 Amazonで7英世くらい。




2年前は鳴き止めシムの設定は無かったのですが、徐々に設定機種を増やしているようで、今回のデミオ用にはシムが装着されています。


オービトロンFFS パワーモジュール デュアルコア
(初期のタイプ、まだ効果が持続しているのかは不明・・・クーガのG8はまだ効力を出している様子)


アルミエアバルブキャップ+オービトロンFFSグリース塗布
トヨタのアルミフィルムの静電気放電に似た効果を期待してみます。
アルミエアバルブはDIXCELパッドを購入した時にオマケで同梱されていた中華製。



オービトロンFFSグリースはネジ部に少量塗布。



朝9時、早速作業しようかと表に出ると、みぞれがボタン雪になり、積もり始めてます。


寒いけど、長女の都合もあるので一気に片付けます。

フロントブレーキはクーガと同タイプのキャリパー、コンチネンタル(Ate)製
勝手知ったるブレーキなので助かります。


デミオはマツダ・フォード協業時代のB2eプラットフォームなのでキャリパー構成部品形状はフィエスタとほぼ共通ですね。
ダストカバーの設定が無いのですが、フィエスタも設定無かった??



アンダーカバーの設定もありません。
ジャッキを入れた時、落としたのかと一瞬焦りました。

それにしても、大胆なコストダウン?   いや、軽量化。。。。。?



アンカーピン&スライドピンを7mmヘキサゴンで外し



キャリパーサポートメンバーは14mmで外します。





ローター表面に黒っぽい溶着皮膜があり、ギュルギュル音の原因の一部と思われます。



ハブ面に錆少々



真鍮ワイヤブラシで軽く落とします。



CRC556で軽く拭いて簡易防錆。



ペーパー(#240)で樹脂皮膜を軽く落とします。
#180が効率よく落とせ、ローター表面も必要以上に傷めないのですが、手元になかったので、地道にゴシゴシ研磨。


画像では良く分かりませんが、レコード傷の深部は落とせていないけど、大体落ちました。
注意するのは、摺動面が均一になるよう研磨します。
部分的にゴシゴシやると制動トルク変動やジャダーを誘発する可能性があります。

本来は、旋盤で研磨したり、オンザカーグラインダー掛けるのがBestなんですが、軽度の溶着皮膜なので、これで問題ありません。


異音が出ていたパッド材質はNF80FF(JB製:日本ブレーキ)。


この摩擦材は、1989年式ファミリア(BG5P)の時に同様の異音が発生したことがあります。
まだ使い続けているんですね。
もしかすると車検交換用の第2純正パッドかもしれません。
効きの夏バテもあるので、あまりよくないです。


DIXCELパッドを組み付けます。


キャリパーのスライドピンはシリコン耐熱グリス(国産キャリパーのシールキットなどに付いているやつです) オレンジ色のグリス。
パッドのアンカーやトルク受けには、DIXCEL同梱のグリスかカチン音防止グリスを塗布。

サクッと左右輪組み付けて完了。



オービトロンFFS パワーモジュール装着。
バッテリーのマイナス端子に共締めするだけ。


アルミエアバルブキャップに交換。


作業終了。 さむかった~  指先ジンジンしています。


早速、ブレーキ当たり付けとオービトロンFFSの感触を確認しに、いつもの山坂道へ



山の中腹(標高300mくらい)シャーベットになり始め。





8号目(標高500mくらい)で積雪20cm!除雪無し。
上り坂で、どんどんスピード落ちるけどタコメーターは元気に上昇。いけません。
スタックします。帰れなくなります。Uターンします。冷や汗出ます。ドキドキします。
FF&なんちゃってスタッドレスでは危険でした。

なんとか無事Uターン完了し、引き返します。

絶景です! ここはんまに広島??




おっつ、まだ目的は達してないですなぁ。

どうしても山坂道走りたいので、南側(瀬戸内海側)へ回ります。



雪ありません。瀬戸内海眺めながら快調に登ります。
サスがしなやかです。でもダンパー抜けてます。
ブワブワとバウンド気味ですが、進路を乱すことなく前へ進みます。素性がいいですね~。
新型デミオより、CX-5より面白いぞ~~!


しかし。





8号目から積もり始め、積雪20cm。
でもなんとかグリップしていま~す。行けるとこまで行きま~す。



で、野呂山展望台到着!




いや~ クルマも景色も素晴らしい!!

今日休んで良かった。


ということで、ブレーキの当たり付け7割完了。
効きは出ましたが、ペダル剛性感がイマイチなので、あと1000kmくらい走り込んで表面が馴染めば少しはカッチリしたブレーキフィーリングになるでしょう。

オービトロンもなにやら怪しい効果が出ている様子。
徐々に効いてくるようなので、長女の反応を観察してみることにします。


そして、長女のクルマに意外にも女子らしい部分を発見。
スワロフスキー? デコってますよ。




本日も長々とお付き合い頂きありがとうございました。

明日の凍結には十分注意しましょう。。。

Posted at 2018/01/23 00:04:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 家族のクルマ | クルマ
2017年05月19日 イイね!

我が家のMT車率:80%

我が家のMT車率:80%お立ち寄りありがとうございます。

たいしたことではないのですが、ブログネタが無いので近況など。

我が家の子供たち3人は今年の春で全員メデタク社会人となりました。


それぞれ通勤にクルマが必要な仕事に就いてしまったので、一家5人各自1台所有することになってしまいました。

この度、末っ子の次女が購入したクルマが、H23年 キャロルGS 5MTです。





わざわざ5MT車を探して、はるばる山口県から連れてきたようです。

みん友さんの中にはお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
私以外、嫁様、長男、長女、次女の4人は5MT車なんですね~。

変わり者といいますか、変な意地を張っているといいますか・・・

一応、家族のクルマリストはこうです。

・嫁様 : マツダ フレア XG 5MT (MJ34S)
・長男 : マツダ デミオ カジュアル 1.3L 5MT (DY)
・長女 : マツダ デミオ カジュアル改スポルト顔 1.3L 5MT (DY)
・次女 : マツダ キャロル GS 5MT (HB25S)

・自分 : フォード クーガ トレンド 2.5T 5AT (Mk1)

長男、長女はもともとクルマに興味があり、自ら選択して、マニュアルシフトを選んだのですが、
どうも次女は嫁様のAT嫌いの洗脳と兄姉がMT車なので、意地を張っている様子です。

仕事で疲れたときは、クルマを置いて、徒歩&JRで帰宅する始末。

MT車に慣れるか、諦めるか、見ものですね(笑)

がんばれ・・・
Posted at 2017/05/19 21:56:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | 家族のクルマ | 暮らし/家族
2016年03月20日 イイね!

フレアのタイヤをサマータイヤに交換

フレアのタイヤをサマータイヤに交換先週の自分のクーガのタイヤをサマータイヤに交換したので、今週は嫁様のフレア君のタイヤをサマータイヤに交換しました。




サマータイヤはスチールホイールとの組み合わせ、ALより軽いです。



ホイールキャップ付けて、完了。

いつものように、ブレーキの外観チェック。
まだ走行距離6600kmなのできれいなものです。
ハブ面の掃除と防錆処理(CRC556を布に付けて拭くだけですが)しておきます。


フロント右輪


フロント左輪


リヤ右輪


リヤ左輪


こちらは、とある筋からお試し用に頂いた、オカルトケミカル:オービトロンFFSグリスプレミアム。
(直径30mmくらいの軟膏入れに入って、¥8640だそうです。)
エアバルブのネジ部に塗布すれば、タイヤの微振動や突き上げが軽減されるとのこと。
クーガでは、タイヤの転がりが滑らかになったように感じたので、フレアにも塗布してみます。


塗布量が良く分かりませんが、弊害が出ない程度に、この程度塗布しておきました。


前車AZ-Wagonの時は、ブレーキダストあまり気にしたことなかったのですが、
フレアはフロントホイールにダスト多いです。(画像左:リヤ/右:フロント)
3ヶ月でこの状態。(クーガの4週間分といった軽度のダストではあります。)
リヤはドラムなので、摩耗粉ほとんど出ません。


きれいに洗って、タイヤワックス塗布して、来冬まで待機頂きます。

とりあえず、作業の備忘録です。

Posted at 2016/03/21 00:01:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 家族のクルマ | クルマ
2015年12月30日 イイね!

娘もMT車に・・・

娘もMT車に・・・年の瀬も迫った12/27に娘の自家用車が納車されました。
イニシャルDの影響でFDに萌え萌えの娘さんです。
PS2のGT4ではそこそこのタイムを出すのですが・・・
MT免許取得したとはいえ、坂道発進怖い、バックで車庫入れできない、と課題山積み、FDへの道は遠いです。

というわけで、MT車にまずは慣れましょう。
自分で選んだのは、DYデミオの後期型カジュアル1300cc 5MT車 2007年式 35万円也。
本人はスポルトを探していたようですが、直ぐに売れてしまうみたいで、カジュアルで手を打った次第です。



フィエスタMkⅤと基本シャシーを共通にするB2eプラットフォームなので、なんだか親近感あります。
ヘッドライトはオプションのスポルト用HIDユニットに替えられており、顔つきも少しだけフィエスタっぽいです。

44000km走行のディーラー保障車なので、実走距離と思われます。
シフトフィールも結構良く、操作系の劣化は年式ほど感じられないので、良いかも。

魂動デザインのデミオも良いですが、DYデミオが一番道具感が感じられて使いやすそうで、個人的には好みですね~。
ただ、パワステが軽すぎるのは、FORDチューニングと大きく異なるところ。

魂動デザインにもそろそろ実用性という志を注入していただきたいところです・・・。



我が家の車たちもにぎやかになってきました。
これに、長男のDYデミオ(こちらもカジュアル1300cc/5MT紺色)が居ます。

一番軟弱なのはおやじのクーガ(5AT)か?

ということで、他愛もないお家の事情でした。

この一年、当ブログをご覧いただきました皆様、お付き合いありがとうございました。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。
Posted at 2015/12/30 16:42:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | 家族のクルマ | 日記
2015年11月03日 イイね!

今時の軽自動車の燃費いいね!

今時の軽自動車の燃費いいね!嫁様の足車フレア君が納車されて3日、既に嫁様のシビアコンディションに曝されております。
10分程度の坂道上り下り運転の単発を日に数回、ほとんどエンジンが温まりません。

少しでもまともな温間運転をさせてやりたく、島根県の足立美術館まで慣らし運転を兼ねて、フレア君を借り出しました。
往復350kmくらいの一般道主体のルートでしたが、平均燃費は25.0km/LとJC08モード燃費のカタログ値を記録いたしました。
山間部の道路は空いていて、登坂も特に燃費を意識したわけでは無く、MT車の運転を堪能しながらFun to Driveでした。



AZワゴンの時は、エコドライブを意識して20km/Lがやっとでしたので、10年前から比べると、20%以上燃費が良くなっているんですね。


今回の満タンからの走行距離は、486.1km、給油ガソリンは18.5Lなので、満タン法では、26.28km/Lということで、車両の燃費計より実燃費が上回りました。


まだ燃料タンクに1/3は残っており、残りの航続可能距離は210kmを示しています。
なんと! トータルで700km近く走れることになります。
クーガではエコドライブに徹しても難しい航続距離です。

今時の軽自動車の実燃費は、電費の悪いハイブリッド車よりよっぽどエコですね。
高額なバッテリーの劣化の心配もないし、運転が楽しくエコなNAエンジン+5MTに惚れなおしました。



因みに、MT車ですが、アイドリングストップ機能が付いております。
納車後、約500kmのアイドリングストップ時間は、34分12秒、256ccのガソリン節約したことになるようです。

MT車のアイドリングストップは停止時にニュートラルにしてクラッチ離すと機能します。
運転手の意識で機能させることが出来るので、CVT車のように減速中にエンジン停止して再加速するときに始動するような違和感は全くないので、積極的にアイドリングストップを使う気にさせてくれます。

長くなりますが、足立美術館への道程も少しお付き合い下さいませ。


朝8時に自宅出発。10時頃、道の駅「たかの」着、多くの人で休憩もままならないので、トイレ済ませて早々に島根、安来方面へ向かいます。


11時15分 足立美術館到着、予想していたほど人は多くなく、駐車場は半分くらいの駐車していました。


早速館内へ、足立美術館は日本一の庭園として知られています。手入れも完璧で、入館料もその分お高め、¥2300です。

紅葉には少し早かったようで、まだ色づき始めと言ったところです。11月中旬が見ごろみたいです。


館内の喫茶で「抹茶くず」で一服。
島根松江地方は抹茶の消費日本一ということで、こちらへお越しの際は、ぜひ抹茶もご堪能ください。


絵葉書などで有名な庭の風景。


館内のちょっとした路地にも粋な景観があしらわれています。


帰路、国道432号線、布部ダムで小休止。
小さなダムなので、観光客はほとんど無し。しばし静かな秋を堪能。




ダム湖は白椿湖。湖水の水位はかなり減水しています。ここ1か月雨が少なかったせいでしょうか?


奥出雲、仁多町の道の駅で、おいしい仁多米の新米をお土産に購入。


お米の収穫後の田んぼの脇では、ススキの穂が陽に光り、秋の深まりを感じます。

また、過酷なコンディションで働くフレア君を思うと胸が痛みますが、嫁様の良き足となっていただけるクルマだと確信いたしました。

たまに、長距離運転に連れ出してコンディション確認しながら、出来るだけ長く維持していきたいと思う一日でした。

お付き合い頂き、ありがとうございました。


Posted at 2015/11/05 01:28:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | 家族のクルマ | クルマ

プロフィール

くうればです。よろしくお願いします。 前車はクロカン林道仕様でしたが、クーガで藪漕ぎはかわいそうなので、林道遊びはクルマと相談しながらぼちぼちやります。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ミヤコ自動車工業 Mタッチ (ドライブシャフトブーツ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/28 19:00:54
玉島 武田屋 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/05 07:53:45
ボンネットバルジクリップ サンポールメッキ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/07 07:50:03

お友達

外車は初めてで、あまりお金もかけれませんが、諸先輩方のアドバイスを宜しくお願いします。
55 人のお友達がいます
がっちょ!がっちょ! * YBT340YBT340 *
KovaxKovax * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
takechicotakechico 梅三郎@FDND梅三郎@FDND

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

フォード クーガ フォード クーガ
初めてのガイシャです。フォードディーラーは整備費用が国産ディーラー並とのことで、ガイシャ ...
ホンダ CB400_SS ホンダ CB400_SS
自動二輪に再び乗ることになりました。 CB400SS、バイクとは…がシンプルに理解できる ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
2007年にインジェクション化されたのを契機に家内、息子も乗ることを考慮して、新たに購入 ...
マツダ プロシードレバンテ マツダ プロシードレバンテ
趣味の渓流釣りの心強い相棒でした。 ラダーフレームなのでロードノイズは意外に静かで快適な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.