• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くうればのブログ一覧

2018年10月28日 イイね!

イタチ被害:インジェクターハーネス&プラグコード被覆補修

イタチ被害:インジェクターハーネス&プラグコード被覆補修エンジンオイル交換しようとボンネットを開けて…
ダッシュカウルインシュレーターがぼろぼろ。

エンジンヘッドカバー上に砂と鳥の羽毛とウンチ。

今年もやられました。
イタチです。


以下、色気のない画像が続きます、よろしければお付き合い下さい。


ヘッドカバーのFordマーク付近に砂とおしっこの痕跡。



インジェクターのコネクター付近に鳥の羽毛とその下にうんち。



どうやら、クーガのエンジンはダイニングテーブルとなっているようです。



ヘッドカバー取り付けボルトの穴には、排泄物の堆積痕。



そして、痛いのは、ハーネスの被覆(コルゲートチューブ)が砕けて、コードが露出しています。
(劣化のようではありますが、イタチ君がゴソゴソした結果でもありそう)



とりあえず、リペアしとこうと、ヘッド上の樹脂カバーを取ると・・・
かなり大変なことに・・・ 画像をよ~く見ていただくと・・・



プラグコードの被覆(コルゲートチューブ)がぼろぼろに・・・
これは、イタチではなく熱劣化によもののようですが、こんなにもろいのでしょうか???



ヘッドカバーの上には、被覆の残骸がたくさん溜まっています。

車検時にプラグ交換している記録があり、その時ハーネスを外しているはずなのですが、触るとさらにぼろぼろになります。
半年で一気に劣化するのは考えにくいし・・・本当にプラグ交換したのだろうか???
次回、引き受けDに作業依頼するときは、会社休んで監視しとこう(笑)



コルゲートチューブの在庫分。
径が少し小さいけど、なんとか補修できそう。



インジェクターのハーネスから補修。



ぼろぼろ部分を慎重に切除。



ハーネス露出。



10mm径のチューブと結束テープで補修。



取り付け。



続いて、プラグコード。



熱硬化した部分もあり、一気に外すと、断線などの2次災害懸念有。
1スパンごとに補修します。



少しずつ進めます。



崩壊した被覆吸い取り、そして、結線。
なんとか、補修終了。



カバーを取り付けるんですが、
取り付けボルトの頭が、さびさび。



真鍮ワイヤブラシでさび落としして、CRC556で拭いておきます。



ヘッドカバーも洗浄して、アーマオールで保護。
イタチ君は化学薬品を嫌うとのことなので、CRCやアーマオールがイタチ除け?
になってくれることを期待。



完了。



イタチ被害履歴を振り返ると。

①2005年~2010年
  前車レバンテで、ストラットマウント後方の空間に、ご近所の屋外用せっけんや、たわしが・・・
②2015年
  クーガのフロントストラットアッパーマウント上に柿の実が干からびていた。
③2017年
  クーガで走行中、エンジンルームから発煙
   エンジンルームの排気管インシュレーター上に軟式庭球が貼り付き。
④2018年
  本日報告、上記のとおり、
  そして、隣の駐車場の娘のデミオのエンジンルームには、大量のびちびちうんち!!


手強いイタチ。

どなたか、良い対策をご存知でしたら、教えてください。m(__)m

   
Posted at 2018/10/28 18:43:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | 整備記録 | クルマ
2018年10月28日 イイね!

DIY:エンジンオイル&フィルター交換(115,109km)

DIY:エンジンオイル&フィルター交換(115,109km)備忘録的、整備記録です。

エンジンオイル(上抜き)&オイルフィルター交換
総走行距離:115,109km

エンジンオイル銘柄はいつものカストロール EDGE 5W-30



先ずは車両の水平化



エンジンオイルの抜き取りは、作業が早い上抜きで。
下抜きより、抜き取り量が100~200cc多いので、8割がた上抜きしています。



オイルフィルターカバーのキャップは36mmのBOXがあると楽に脱着できます。






新しいオイルフィルターとOリング。
Oリングにはオイルを薄く塗布してキャップに組み付けます。




終了。

なのですが、今年もエンジンルームにイタチの被害あり。

気が進まない、受動的ごにょを強いられました。

次回に続く。

Posted at 2018/10/28 17:21:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備記録 | クルマ
2018年10月27日 イイね!

快速セダン:Alfa Romeo Giulia Super 試乗

快速セダン:Alfa Romeo Giulia Super 試乗秋晴れの快晴の土曜日です。

前回のポルシェに続き、今回はアルファロメオ ジュリア スーパーに試乗することが出来ました。

国産車はいつでもディーラーで試乗することが出来ますが、外国車に試乗できる機会はめったにないので、今回もおはなし頂き、飛びつきました。

BMW3シリーズと競合するようですが、アルファの方が若干女性的な柔らかいデザイン。
顔つきは好みが分かれそうですが、フェンダーラインやリヤトランクエンドのデザイン処理は自分の好みですね~。



試乗車はジュリア スーパー、ジュリアの標準的グレードです。
FR 直列4気筒2.0L 直噴マルチエア ツインスクロールターボ 8AT
200hpだそうですが、車重が1600kgもあるので、動力性能は我がクーガと同等です。

車高が低くいい感じ。
フロント・リヤともショートオーバーハングなデザインも走りが良さそうでいいですね~。



リヤは落ち着いたデザイン。



室内はアルファらしいメータークラスター
古典的なデザインモチーフが所々にあり、少し懐かしい感じもします。



シートは見た目よりサイドサポートが甘いですが、パワーシートに加えランバーサポートは高さも調整でき、ベストポジションが取れて落ち着いて座っていられます。



ペダル配置は、ブレーキとアクセルの高さと間隔が適切で、
特にブレーキをリリースしつつ途切れなく加速したい時、絶妙な操作性で、Goodです。
一方、ブレーキの効きは良いのですが、コントロール性がリニアでなく、吸い付くようなフィーリングが人工的で扱いにくさがありました。
(摩擦材よりバイワイヤー制御のチューニングの影響かと…)



サスペンションはフロント:ダブルウイッシュボーン、リヤ:マルチリンク。
フロントタイヤ:225/45R18 ピレリP7



リヤタイヤ:255/40R18 ピレリP7



エンジンルーム
やや雑然とした感じ。
ブレーキはバイワイヤー制御! 油圧制御ユニットが右ストラットマウントの後ろにあります。



ツインスクロールターボが左側上方にレイアウト。



ステアリングは電動パワステ、超クイックレシオ!
ただし、慣れると快適なクイックさ。
フリクション感が無く、操舵力がやや重めで安定しているため、操作に違和感が無く、試乗を終える頃には、すかり馴染んでました。



トランスミッションは8速ステップAT。
アルファdnaドライブモードあり。
プロペラシャフトはカーボン製。

マニュアルシフトダウンで軽いブリッピングが入りますが注意していないと気付かないくらい迅速で上品な減速。
(Be a Driver 株式会社のSkyactiv Drive 6ATに教えてあげたい…)



そして、ポルシェの時と同じ試乗コース。八千代湖(土師ダム)へ。



乗り心地は18インチ40/45扁平タイヤの割にはしなやかでゴツゴツしたところは皆無。
この辺りは、ポルシェの乗り心地と似ています。

国産車はタイヤの硬さを感じるクルマが多いのですが、ブッシュやダンパーフリクションが違うんだろうか?



ハンドリングは前述のようにクイック。
ダム湖周回コースくらいでは、90度舵角で事足りる感じです。
車速が上がると少し保舵力が上がるとともに、路面の状況が良く分かるようになります。



サスペンションストロークは十分ではないものの、バンプストッパーのチューニングが良いのか、ボディへのキツイ入力が良くいなされていて、変な車両挙動が出ないので安心して走れます。



ポルシェ ケイマンほどフラットではないですが、大きな路面アンジュレーションもしっかりしたタイヤの接地感があります。
こんな安心感により、アクセルコントロールやクイックなステアリングで、コーンリング中の進路変更が容易です。
こんなところにFRらしさを感じます。



室内、空調のコントロールは少し分かりにくい。



ダッシュボードの木目は落ち着いた木目。
木質感は薄いのですが、樹脂か天然か分かりません。





コンソールの蓋はスライドオープンして、カップホルダー。



メーター中央マルチファンクションモニターにはアルファのオーナメントが浮かびます。



少し気になったのは、高速道路の轍で後輪が左右にウズウズすることです。

フロントタイヤ225幅、リヤタイヤ255幅で、後輪のトレッドが大きいようなので、その影響でしょうか?



やっぱり、欧州車はいいですね~。

国産車では、トヨタのTNGAによる開発車種が欧州車に近い感じですかね?


本日も私的偏見試乗記、
ご覧いただき、ありがとうございました。

Posted at 2018/10/28 00:09:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗記 | クルマ
2018年10月20日 イイね!

初秋 四国ツーリング:CB400SS

初秋 四国ツーリング:CB400SS台風シーズンも終わったみたいで、中四国地方もしっかり秋が感じられます。

CB400SSでリターンして、ソロでリハビリ中ですが、意外なところに同輩がいました。
職場の同僚(同い年)のPC壁紙に何やらバイクの画像。
ちょっと覗き込む。
SR? いや… CB400SSか?

自:「これ○○さんのバイク? GN125じゃなかったっけ?」
〇:「のりかえたんよ~、ええで~、400のシングル」
自:「これ、CB400SSじゃろ~?」
〇:「そうじゃ、よう知っとるね~、珍しいじゃろ~」
自:「やられた…」「かぶっとるよ~」
〇:「ひょっとして、あんたもか?」
自:「リターンズじゃ~、おんなじCBですわ~」


ということで、意気投合、CB談義に花が咲き
同僚が計画中の四国ツーリングに混ぜていただくことになりました。

四国の美しい自然が堪能できましたので、
よろしければお付き合いくださいませ。


大人のゆる~いツーリングということで、
決めたのは、行先は四国カルスト、石鎚スカイラン、と1泊の宿泊先。
細かいルートは気分次第という感じで、スタートです。


10月14日(日) AM5:45 広島宇品港~フェリーで松山へ

  おやじ① : BMW RnineT
  おやじ② : CB400SS 赤白
  おやじ③ : CB400SS 青白



呉港を通り過ぎ



音戸の瀬戸、ダブル音戸大橋をくぐり抜け、



日の出を拝み



四国が見え始めます。
遠くに石鎚山が見えます。



松山市街地で若干迷い、国道33号線を高知方面へ
道の駅「みかわ」



そして、一気に四国カルスト。
姫鶴平



天空のカルスト地形は初めて観る景色。
ここが海底にあったとは…

お約束の記念写真
天狗荘、ここで引き返します。



空に吸い込まれそうです。



はしゃぐおやじ



ツーリングライダーの多さに驚く。
1980年代を思い出します。



赤毛の牛くん。
肉牛でしょうか? おいしそう… いや、健康そうな牛たちです。 



なかなか進みません(笑)
行っては戻り、また行っては戻り…
インカムを装着して行ったのですが、これが良かったのか悪かったのか…



尾根伝いに道が続きますが、何処も絶景!
晴れていて良かった。



絶景は続きます。



朝・昼・夕 と3往復はしたい。



四国カルストから下界に降り、太平洋も観ておこうと、須崎方面へ南下。
はしゃぎすぎて腹が減ったことも忘れていました。

道の駅「布施の坂」で四万十うどんを頂きます。
川のりを練り込んだ薄緑色の麺。



須崎で太平洋にタッチして、内陸に引き返し、宿泊地の梼原に向かいます。

今回の宿泊地、雲の上ホテル
新国立競技場の設計者でもある、隈研吾氏の設計によるホテルとギャラリーです。







食事はちょっと贅沢しました。



おつかれさんです。



ホテルの設備はちょっとヤレタ感じですが、食事は絶品!
出汁の味が関西人にはたまらないやさしい味付け。
食材の鮮度にこだわりが伺えました。
(お汁の三つ葉にも香りとシャッキリ感が…唸りました。)

明けて
10月15日(月) AM8:30 ホテル発

石鎚スカイラインへ向かいます。



石鎚スカイラインは単調な山坂のぼり道。
石鎚神社到着。





ここから尾根伝いに、UFOラインを目指します。

こちらも絶景。
カルスト地形の名残りもありながら、険しい峰が続きます。



落ちたら終わりじゃ~



秋の色付きが見え始めています。



ここでも行ったり来たり。





四国の峰々が眼下に納まる。



UFOラインから国道194号へ、
寒風山トンネル新道に出るつもりが、旧道に入ったので、仕方なく舗装林道をひたすら下山。

今治へ、
しまなみ海道



しまなみ 西瀬戸道~山陽道と一気に高速道路移動。
シングルエンジン、アップライトなライディングポジションには辛い道程です。

おやじのヘルメット3態。
これ、申し合わせて揃えたわけでは無く、偶然なんです。



Araiのオープンフェイス、同じ帽体、頬パットが出っ張っていて
デザイン的にはあまり評判良くないヘルメットだそうです。
3人ともホールド感で選んだらこれになった。  です。

高速の途中で、バラバラ離脱解散。

 PM5:00 帰着。



四国はいいですね~。
山坂道、林道、渓流、
自分のクルマ趣味全開で満喫できる土地ですね。
今回、たくさんの渓流も観察できたので、今度は釣りで…


本日もご覧いただき、ありがとうございました。

Posted at 2018/10/20 23:45:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2018年10月06日 イイね!

ETC取り付け改善 その2:CB400SS

ETC取り付け改善 その2:CB400SS毎週末の台風襲来、勘弁してくださいです。
自宅近辺はやや強風と通り雨で無事にやり過ごせた感じです。
これから東北・北海道に影響が出るそうですので、まだまだご注意ください。





先週に続き、CB400SSのETC取り付け改善、
ETCアンテナホルダー(取り付けベース)編。
これで、一旦終了の予定。

アンテナがハンドルバーにホルダーを介して取り付けられますが、
ベースがアンテナ本体より大きく、イグニッションキー操作にも邪魔になります。
(黄色の線の左をカット)



既製品のベースはステンレスt=1.2mmです。
切断しようと金切り鋸を当てますが、硬いです。
またまた、アルミ板t=2.0mmの切れ端があるので、製作してみます。
軽量化?



ラフスケッチして、ケガキます。



ケガキに沿って切り出し。
シンプルな形状なので、万力で掴んで、口に沿って切断。
これが結構真っ直ぐ切れて仕事が早い。



切り口は、鋸目が残りますが、直線に切れます。
(万力の口の精度次第です…)



鋸目をヤスリで均して、ラフ仕上げ。



穴あけして、切り出しは完了。



曲げも万力を使います。
板厚2mmなので、ケガキ線から1mm出したところを掴みます。
(万力のチャックの平面を使って曲げます。)



直接ハンマーで叩くと凸凹になるので、厚めの板を当てて叩きます。
(ワイヤーブラシの柄が丁度良かったので流用です(笑)、黄色の〇部分が使う部分です。)



曲がりを確認しながら、口金の際をコンコンやります。



90度曲げるので、こんな感じで、あとは上から椹木をして叩いて、平滑にします。



こんな感じ。



素材が出来たので、仕上げです。
端面のヤスリ掛けと表面の研磨、チャック痕を削りたかったのですが、
結構深く跡が付いていて、磨き程度では消えません。
(万力のチャックに銅板などを挟めばいいのですが、切断や曲げの場合ずれることがあるので…)

チャック痕はこのままにしときます。





アルミの地肌なので、一応防錆としてクリアラッカーを塗装しておきます。



こんな感じで、ベース出来上がり。



取り付けます。



アンテナ本体を屋外用両面テープで貼り付け。




完了。

あとはETCゲートの試走、なんですが… 台風でお預け。


台風中のごにょでした。

Posted at 2018/10/06 20:00:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク | クルマ

プロフィール

くうればです。よろしくお願いします。 前車はクロカン林道仕様でしたが、クーガで藪漕ぎはかわいそうなので、林道遊びはクルマと相談しながらぼちぼちやります。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ミヤコ自動車工業 Mタッチ (ドライブシャフトブーツ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/28 19:00:54
玉島 武田屋 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/05 07:53:45
ボンネットバルジクリップ サンポールメッキ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/07 07:50:03

お友達

外車は初めてで、あまりお金もかけれませんが、諸先輩方のアドバイスを宜しくお願いします。
55 人のお友達がいます
グゥマッハグゥマッハ * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
tamaptamap * ごろん☆ごろん☆ *
波乗り整備士波乗り整備士 YBT340YBT340

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

フォード クーガ フォード クーガ
初めてのガイシャです。フォードディーラーは整備費用が国産ディーラー並とのことで、ガイシャ ...
ホンダ CB400_SS ホンダ CB400_SS
自動二輪に再び乗ることになりました。 CB400SS、バイクとは…がシンプルに理解できる ...
ホンダ リトルカブ ホンダ リトルカブ
2007年にインジェクション化されたのを契機に家内、息子も乗ることを考慮して、新たに購入 ...
マツダ プロシードレバンテ マツダ プロシードレバンテ
趣味の渓流釣りの心強い相棒でした。 ラダーフレームなのでロードノイズは意外に静かで快適な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.