• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

田舎の人。のブログ一覧

2016年11月30日 イイね!

CB400SF/SB 試乗インプレッション。

CB400SF/SB 試乗インプレッション。乗せていただいたのはだいぶ前になりますが・・・。

いつものヤマにてCB400SF/SBの試乗をさせていただきました。

今更紹介するほどのバイクではないと思いますが・・・僕なりに紹介してみましょう。


ホンダのロングセラーロードスポーツ、CB400スーパーフォア。

PROJECT BIG-1のコンセプトのもと生み出されました。
スチール素材のダブルクレードルフレーム、ツインショックというオーソドックスな構成の車体にHYPER-VTECが採用された直列4気筒エンジンが搭載されています。

スーパーボルドールはこのスーパーフォアにハーフカウルがついたモデル。



走らせてみるとなんとまぁ乗りやすい。

今まで乗っていたかのように走り出すことができました。
試乗の場となったワインディングでは軽快かつ粘りのあるハンドリングと伸びやかなエンジンフィール。
そして久しぶりの400ccでしたがこれもちょうどいいパワーですよね。
リッターオーバー・・・いや、昨今のパワフルなミドルクラスのように怯えることなく積極的にエンジンを回すことが楽しめる。
ハジけるような高回転サウンドもその気にさせてくれます。
コーナリングの素質もよくしなやかでコンパクトな車体はとてもよく曲がる!
ワインディングではスーパースポーツに負けず劣らずと言っても過言ではないハンドリングをみせる。

この走りに関してひとつ言わせていただくのであればリアショックにコシが欲しいかな。
トラクションをかけたとき少し落ち着かないところがあり減衰をかけたいところですが調整できるのはプリロードのみ。
もし減衰の調整ができればさらに高いレベルでバランスを取れると思います。
と言っても普通に乗るうえで気になるレベルではないのですけどね。


スーパーフォアとスーパーボルドールの違いにも触れておきましょう。
ざっくり言えばハーフカウルの有無の違いです。
走らせてみると大きくハンドリングが異なり、スーパーフォアのほうが軽快に感じます。
ボルドールに重さを感じるわけではないのですがスーパーフォアはよりスポーティ。
しかしツーリングとなるとボルドールの風防効果は大きく、そしてカウルに備わる小物入れが重宝します。
それに対しその風を切る感覚も純粋なネイキッド、スーパーフォアならでは。
一般的な速度粋でこれを苦痛に思うことは少ないと思います。

今回ワインディングのみの試乗となりましたがぜひ1日ツーリングしてみたい。
街中から高速道路、ワインディングとまんべんなく。


ステージを選ばず軽快かつパワフルに走るこのバイク。
このバイクを言葉で表すならば数あるロードスポーツモデルの中心的存在、ではないでしょうか。
それこそミニバイクからビッグバイク、クルーザー(アメリカン)からスーパースポーツといろんな排気量、ジャンルを含めた中で。
それはもちろんCB400Kとして普通自動二輪の教習車に採用されているという背景はありますが・・・。

この幅の広さや懐の深さは初心者からベテランまで。
ここから始めることもこれからを共することもかなう一台です。
Posted at 2016/11/30 19:50:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | バイクの話 | 日記
2016年11月29日 イイね!

スーパーRAPのセンターCAP。

スーパーRAPのセンターCAP。これを言いたかっただけww

外していますが実は持ってたりします。

銀RAP買ったときについてきました。
某オクで検索してみるとこれだけで1万円という値段がつけられていたり。(売れるかどうかは知りませんが)

コレクションとして大事にしようかな。
ちなみに日産純正のセンターキャップでもつけてみようかな~と思っていたこともあります。
借りて組んでみたことがありますがサスガ似合いますよw


今日は名残惜しくも夏RAPから冬RAPに。

あまり降らない地域ですがタッp・・・凍結はするので。
RAP自体今いい値段がつけられているんですね。
僕が買ったときのことを思うとびっくり。

軽さのおかげかあまり減らず。

久しぶりにK11で広域農道でも行こうかな~と思っていましたら来シーズンですね。
まぁ首都高楽しんだしヨシとしよう。

ついでに健康診断。

いい感じに焼けてますね~。
でも磨耗してるので交換時期でもある。
・・・ソコじゃないとこに問題ありそうなので交換時期ではありますねww
いい感じらしいイリジウムを考えていましたが標準タイプでもいいから交換しようかなぁ。
こういうのってすぐ悪くなるものではないからついつい先送りにしてしまう。

わかっていたショック抜けやオイルにじみだなんだはともかく・・・。
音は出ていなかったのですがベルトが少々緩かったので調整。
K11はスペースが狭くやりにくい^^;
ダイナモのベルト、普通は右に回すと締まる(張る)はずが緩まるんですねコレw
あとは今度リザーブタンク分だけでもパワステオイル交換しようかな。

タイヤですがサイズの違いで1cm弱車高が変わる(上がる)のですがたったこれだけでも慣れた車、違いがわかるものですね。
感覚的に5cmくらい上がった気がしてしまいますw
思えばドラムのバチも同じ感覚に陥るんですよねコレが。

今年は降るのかな~ってもう降ったか・・・。




Posted at 2016/11/29 21:21:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | K11 | 日記
2016年11月24日 イイね!

県道ツーリング。~後編~

県道ツーリング。~後編~続きです。

県道から県道へ。


天気はいいのですが。

風が強くてとても寒い・・・。

道を進みます。

再び県ざk・・・ry


この道は東西を結ぶ鉄道を何度も跨ぎますw


でも走っているところを見たことがないんですよねぇ。

興味はありますが実際乗るとダルいと聞いたことがww


せっかくなので寄り道してみましょう。


そうだそうだ、ここも楽しい区間でした♪


あえて白バイのようなフォーム、リーンインで走れないか試してみたり。
結構難しいんですよね。
ハングオフのほうがよほど楽です。

10kmほど走り鬼のお城へ・・・。


久しぶりだなぁ。
田んぼの人と来て以来というかこの日ホーネットだったなぁw

ここにはちょっとした思い出もあったり。



また風車のところから景色でも・・・。今回は回っていました(笑)


ってアレぇ!?

バリケードが・・・。
利点を活かしすっトボけようかと思いきや危なかった(戒め)


歩いて行こうかと思いましたが面倒ですしここからでもじゅうぶんですね。


高いな~。

周りにここより高い山が見当たりません。

いい眺め、少しぼんやり。
しかし坂道でこのデカくてクソ重たい車体をUターンさせるのは恐怖でしたww
下手に乗ると危ないので押し引き・・・我ながらよーやるわなんて。


再び楽しい道を戻りもとの道へ。


適当にカメラを向けながら。


うーん、やっぱり葉が散ってしまってますね。


この辺りの紅葉を見たことがないのですがいつが見ごろなのでしょう。

バイクを走らせようとしたらバイクじゃない何かの音。

なんだなんだ??と思いきや電車が!!
すげーココを走る電車は初めて見たww
どのくらいの間隔なのでしょうか・・・。


紅葉があれば鮮やかなんだろうなぁ。





それでもところどころで。

わー綺麗。

日が当たるとより映えるなぁ。


標高が下がるにつれ。



写真でピックアップしてるのでそれらしく見えますがホントところどころ。
それでも綺麗ですね~。
やっぱり標高や環境で異なるようです。





またも寄り道を。


ココの眺めもいいよなぁ。



お友達が作るウワサの隠れ家に初めて遊びに行ってみました。


550ccでこの荷物の重さはかなりキツかったらしく^^;

この日も理想へ向けてコツコツと。

コダワリの隠れ家、お友達と作業されていたんですね~。
気遣ってくれて暖かい車内から見学させていただきました、すみません・・・。
とても助かりました。

また遊びに行きますね。



そんなこんなののんびりとした県道ツーリングでした。

たいした距離を走っていませんが普段と違う道を走るのは新鮮ですね。

乗り始めてちょうど2万キロに。

先日で3年が経ちました。
ちなみに2台合わせると年間1万キロほど。

ここまで乗るならもっと状態のいいタマでもよかったなぁとは^^;
あっち直しこっち直し・・・それはそれで愛着ありますけどね。
冬の間にステムベアリング交換を考えていますが・・・どうだか(オイ
Posted at 2016/11/25 22:16:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | CB1300SB | 日記
2016年11月24日 イイね!

久しぶりに叩いてみて。

久しぶりに叩いてみて。話の途中ですが^^;


今日は寒かったですね~。

「どうせ降らねぇべ」なんて思いきや・・・。


イチョウと雪て!
あまり雪が降る地域ではないのですが(汗)
これまで11月に降ったという記憶が無い。
幸い平野部(という表現ではいいのかな)に積雪はなく。

朝にふと目が覚め窓の外を眺めたときには降ってなかったんですけどね・・・。
と確認した瞬間また地震が(ノД`)
正直怖いにゃ怖い。

そんな朝から始まった本日、運よくお休みでした^^;


久しぶりにドラムでも叩いてみようかとスタジオへ。
去年の2月以来なので思ったより月日が経っていた。

備え付けのセットに自分のペダルに置き換えチャイナを加えただけ。

組み直すのが面倒でしたし1タムでもいいやと。

なんかカッコいいし。

スネアも持ってきましたが備え付けのものを叩きました。

ふーん。

自分のセットを叩いていたころ少なからず割れていましたがそんな頻繁なモノではなかったですけどねぇ。
いざ叩き始めるとまさかのライドが割れていたww


以前叩いてた曲とか適当に。
久しぶりだと以前のように手足が動かないですね・・・。

それまでウマかったわけではありませんがそれでもそれなりに叩けてはいたんだな。

しかし少し違和感はありますが1タムでも普通に叩けますね。
ハイスピードナンバーとかだと厳しいですが・・・いやタムがあっても僕には厳しいですけどねww
ANGRAのAcid Rainでも少し工夫すれば全然。

いや曲自体叩けるわけではありませんがww


カメラを回し適当に鳴らしてみましたがこんなモンなので恥ずかしいなぁ・・・。

この程度ながらドラムやってますというご紹介と思いましたが多分消しますww
自分でもちゃんと見ていませんw
まー例えるならばヒトカラみたいな感覚ですかね。
あ・・・みんなで歌えばみんカr(ry


そんな感じで2時間ほど。
もう少し叩いてもいいかなと思いましたが腹八分目で。
最後に叩いたのはだいぶ前でしたがその日叩いてみても手足が動かないというか気が乗らず。
飽きたというか冷めたというか、そんな感覚ではツマラナイのでしばらく離れてました。
と言ってもドラム自体は好きなので聞いたり(ドラムの音を)歌ったりはしてましたけどね。


僕程度の人間が語るのもアレですが・・・。

楽器全般そうだと思いますがドラムは極端な例を除いて体力ではなく頭を使う楽器だと思います。
こちら元Dream Theaterのマイク・ポートノイ。

新しいドラムセットの試演奏かな。
ドラムソロというか遊んでいる感覚かと思います。

こういうのってどれだけ音やリズムを知っているか、そしてその瞬間瞬間でそれらを引き出し組み合わせ表現するものだと思うんですね。
もちろん努力次第でもありますが例えばこのレベルだと変態というか頭がキレるようなレベルなのでしょうねw
音やリズムを知っていても引き出せなければ表現できなければダメですし逆も然り。

しかし何よりも大切なのは楽しむことでしょうね~。

ポートノイの顔見ていても思います。
まぁこの人はいわゆる「顔で叩くドラマー」なので尚更ですがww

3:50から始まるLTEのAcid Rain!アツいですね♪
細かいアレンジがニクすぎる。
ポートノイ自身もそうですがメンバー同士アイコンタクト取り合ったりとても楽しそう。
アキレスはノるときはノってますが割と冷静だもんなぁ。


僕の場合どーも楽しむことすらできなくなっていたのでここしばらく離れていました^^;
久しぶりに叩いてみて楽しかったですね。
「それなりに」と付け加えてはあれですが・・・。
前のように、前より叩けるようになりたいなという気持ちはありますがイマイチ目標がないもんな~。
ANGRAとか憧れますが基礎から始めないと辿りつけないレベルだと思いますし。

こないだの2バス踏んでいる動画の人。
練習するにしてもたまに2、3時間だけ叩いてもうまくはなりませんしね。
電子ドラムは高いし壊れるし場所取るし。
譜面読めるよう勉強でもしてみる?

家でもできるギターとか興味はありますが楽器がどういうものか知ってるから逆に手を出しづらいところであります・・・。


アレコレ語ってみると楽器もバイク(乗り物)と置き換えることができるくらい同じものなんですよね。

楽しむことはもちろんそれが演奏技術か運転技術か。
その瞬間瞬間の判断や引き出しもそうですし積み重ねていくのも同じです。
誰かとツーリングへ行くのだって誰かと演奏するのと同じようなものだと思います。
そしてどちらも難しい。
バイクの場合とりあえずどこかへ行ける(走る)ことができて楽器はコケないくらい?w



久しぶりにちょろっとドラムを叩きに行っただけの記事のつもりでしたが・・・まぁ僕のブログのスタンスというのでしょうか^^;
何より自分のつたない演奏をぼかそry
まとめると「久しぶりに叩いた、そこそこ楽しかった、そのうちまた」ってだけなんですけどね・・・ww


最後にひとつ。
こちらの鍋のフタ・・・。


もといチャイニーズシンバル、通称チャイナ。

こっちが表なんですよ、知ってました?
Posted at 2016/11/24 18:27:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドラムの話 | 日記
2016年11月23日 イイね!

県道ツーリング。~前編~

県道ツーリング。~前編~本日起きると寒い寒い・・・。
しかし明日は真冬並みに冷え込むどころか雪が降るかもしれない。
乗れるうち乗っておこう!ということでCBを走らせました。

先日から県道をつなぐちょっとしたルートを考えていたのでそれを走ることにしました。

今期初ネックウォーマーを身につけ^^;





とりあえず一度ヤマのほうへ。


おぉ、なんだかんだ言って色づくところは色づくようです。


とか写真撮りつつもお手々が冷たいのでこちらも今期初となるウインターグローブを・・・。

仕方ないのですが手元の感覚がかなり変わるため違和感が(汗)


今回はヤマへ上がらず裏のほうへ。



目的のひとつの県道へ。


おー。


思ったより色づいていた。



道を進む前に。

たまに通りがかるときに気になっていたラーメン屋に寄ってみました。
開店前だったので寒い中しばらく待つようでしたが(ノД`)
開店準備をする店員に「もう間もなくだからね」と哀れみの言葉がww

ちなみに道の気温計は8℃でした(-_-;)
日は出てきましたが風が強くて寒い寒い・・・。

やっと店内に。
「初めての方はゼヒ味噌ラーメンを」とのことでしたが醤油ラーメンをww

こがし醤油ラーメン、限定15食だとか。
美味しかったというのと好みの味で安心しました。
また来よう。

ちなみに限定15食でしたが。

誰もいないww

ってまぁ開店直後でしたしね。



さてあちらの道へ進みます。

春先に逆にここへ出るルートを走りました。
その時は知らずに走っていたのですが改めて今度はこちらから走ってみようと。


田舎道をのんびり・・・。





お。

おなじみの高速道路(笑)

上を走っていても思いますが高いですね~。




へー。

裏側こうなってるんだ。


ところどころ狭くなったり。


一応ハイビームで・・・。



おや、雪雲?(汗)

よく見ると木々の葉が散ってしまっていますね・・・。

県境。いちいち地域名を伏せたりしていますが個人的なモノでご了承をば・・・。

ウソです。
ただ毎度思うけど距離があるから県境感が・・・。

ここにいると通りがかるドライバーに凝視されますww



あ、上から見かけるお家はここか。


高速道路フェチというのではなくよくその高速道路を走るので逆に下から見上げるのが新鮮なのと「あ、上から見ていたのはここだったのか」という発見が面白いんですよね。




そんなこんなでこの県道の終点へ。


思えばラーメン屋過ぎてから信号がひとつも無かったなぁw



突き当りを右折して次の県道へ。



後編へ続く。
Posted at 2016/11/23 23:53:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | CB1300SB | 日記

プロフィール

「冬タイヤに交換。純正アルミのローダウンってダセぇ~むしろ鉄チンが欲しい。」
何シテル?   12/13 22:02
いんさいど まい かーらいふ。 田舎の人。です。 4輪&2輪に乗る生活、いわゆるドライダーしています。 走ることは生きること、そして戦うことだ!なんち...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/11 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

事故発生!その時ドラレコは!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/24 20:12:11
ちょっと寂しい現実 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/05 10:19:48
絡む気無いなら切ってくれ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/25 20:18:17

お友達

お友達登録は募集していません、ごめんなさい。
しかし!チラ見立ち読み大歓迎。
コメントお待ちしてます♪

※わかる人はわかると思いますがなるべく地名等伏せさせていただいてます・・・ご理解ください。
僕の知人だという人もそっとしておいてください・・・ナイショで。



ファン

84 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナハイブリッド 日産 セレナハイブリッド
アソビを広げるマテリアル。 日頃のアシに、トランポに。
ヤマハ MT-07 ヤマハ MT-07
エンジョイ、ライディング! 身軽で気軽なバイクです。
ホンダ CBR1000RR ホンダ CBR1000RR
憧れのSS、憧れのRR。 ロードゴーイング・レーサー。 非日常を味わわせてくれるバイクで ...
その他 バイク用品等 その他 バイク用品等
バイク用品関係です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.