• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月06日

佐山芳恵再び、・・(^。^)y-.。o○(26)




まず洗面所で経口薬を呑むと今度はトイレで座薬を入れた。洋式便器をまたぐと丁度いい格好になるのでそのままさっさと押し込んだ。それにしてもこの感覚はどうも好きになれない。ベッドに戻ると今度は本気で寝るつもりで体を伸ばして仰向けに横になった。鎮痛剤のせいなのか痛みは少し治まったようだった。

 
「おやすみ」


僕は二人に声をかけると目を閉じた。翌朝は普通に目を覚まして出勤する支度を始めた。社長は休めと言ったし、女土方も無理をしないように言うけどこんな怪我で休んでいては株主様にも社員の皆様にも申し訳がない。痛くないと言ったらうそになるが、動けないというほどではないので何時も通りに電車で出勤した。会社に入ると女子社員が僕を拍手で出迎えた。『佐山主任、格好いい』とか『戦う主任素敵、万歳』などと叫ぶ者もいる。景気がいいんだかバカにされているんだかよく分からない。男子社員も拍手や喝采こそしないものの好奇とある種の畏敬の目で僕を見ていた。女に好かれるのもややこしいことになりそうだが、男に絡まれるのは僕にとって死活問題なのでさっさと部屋に入った。そうしたらすぐに社長からお呼びがかかった。社長室に入るとそこには社長と北の政所様が待っていた。


「やっぱり出勤したか。」


社長が諦め顔でそう言った。


「話を聞いて驚いたわ。あまり無茶はしないでね、あなたを必要としている人がたくさんいるんだから。でも話を聞いていて私って恐ろしい人と戦ったんだなって思ったわ。」


北の政所様はいたずらっぽく片眼を瞑って見せた。社員旅行で沖縄に行った時に尻をひん剥いて叩き飛ばしてやったことを言っているんだろう。別に僕も男のころから喧嘩ばかりしていたわけではないが、格闘戦に関しては女よりも長けているだろう。

 
「警察や検察からまた呼び出しがあるだろうと弁護士から連絡が入っている。その時は優先で対応してやって欲しいと。公務ということで構わないのでそっちを優先で対応してくれ。それと医者にもきちんと通うように。傷跡が残らないと良いんだけど。」


社長は随分いろいろと気にかけてくれているようだった。

 
「足の方は傷が残るだろうと医者に言われていますけど、もう返品商品のようなものですから。それにむき出しでいるわけでもないので少しくらい傷が残っても大丈夫です。」


女の場合ふくらはぎはほとんど露出しているのが通常なのだが、僕は大方ズボンを穿いているので少しばかりの傷跡はあまり関係ないだろう。たまにやむを得ずにスカートを穿かなくてはいけないことがあるがその時は濃いめのストッキングでも使えばいいだろう。

 
「もしも傷跡が残るようなことがあれば会社で負担するので整形でもすればいいんじゃないか。」
社長はあくまで傷に拘るようだが僕にしてみれば着られるのは一度で沢山だ。もう一度同じところを切られるくらいなら傷が残っていても構わない。

 
「いえ、大丈夫です。どうもあまり他人に体をいじられるのは好きではないので。たとえそれが医者でも。だからご心配には及びません。気にしていませんから。」


今度何かあった時にはむき出しの足を机に乗せて傷をひけらかせて啖呵でも切ってやろうか。それも一興かもしれない。


「まあ何か困ることでもあったら遠慮しないで言ってくれ。僕らにも力になれることがあるかもしれない。」


「はい、ありがとうございます。その時は遠慮なく甘えさせていただきます。」


僕はそう答えて社長室を下がると自分の部屋に戻った。部屋に戻ると入れ替わり立ち代わり人が出入りしては事件のことを聞きたがった。中には僕が弄ばれたなんて話もあるようだ。四十女では弄ばれても大した話題にもならないだろうが、どうせ聞くならうわさ話は面白おかしい方がいいのだろう。そう言えば奴も気が強くて頭のいい女を弄ぶのは刺激的だとかなんとかぬかしていやがった。頭がいいかどうかはまた別の問題だが、気が強いことは間違いないだろう。僕も男だからそういう気持ちは分からないでもないが、相手を選ばないととんでもないことになるのは見ての通りだ。入れ代わり立ち代わり人が来て午前中はそんなこんなで終わってしまった。もっとも僕も興味本位でやって来る御仁には適当に相手をしていただけなのでそれほど真面目に応対してたわけでもないが。


午後になると大分落ち着いてきて面白半分に訪ねてくる人の数も大分減った。やっと落ち着いて仕事に手を付け始めたが、何となく部屋の雰囲気がおかしかった。午前中はざわざわして気が付かなかったが、何となく部屋の雰囲気が沈んでいた。どうもその原因はテキストエディターのお姉さんが落ち込んでいるからのようだった。この女はクレヨンほどではないが、かなり底抜けに明るい方でこれまであまり沈み込むようなことはなかったのだが、どうしたことだろう。聞いてみようかとも思ったが、最近付き合っているという彼と喧嘩でもしたのかと思った程度で、その時はさほど気にもしなかった。まさかそれが新たなトラブルの始まりになるなどとは夢にも思わなかった。


ブログ一覧 | 小説3 | 日記
Posted at 2018/02/06 17:16:26

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

残念なスーパーカー乗り
セラフィム2501さん

朝一 エリプレ&ゼスト君 洗車(* ...
エリプレKさん

レクサス「LFA」のメンテナンスは ...
creative311さん

5年落ち 9万キロのプリウスG’s ...
エイジングさん

FMMに参加して帰りはプチツーへ~ ...
RA272さん

ヤフオクで落札額の20%ポイント当 ...
marveric740さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「大型二輪に乗ろう(中高年はどうしてバイクに惹かれるのか、‥(^。^)y-.。o○) http://cvw.jp/b/110820/41754997/
何シテル?   07/23 13:12
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗ってとうとう5年目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりました、。。(^。^...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
68 人のお友達がいます
ScottlieScottlie * ☆もぐたん☆もぐたん *
せんどらせんどら * YOURSYOURSみんカラ公認
TADASHI 287TADASHI 287 メタルジャンキーメタルジャンキー

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) 一四式スーパーボルドール (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
何ともきれいな風格のある大型バイクで、一目ぼれで買ってしまった。乗り味は極めて素直でとて ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ホンダ 400X ホンダ 400X
パワーもそれなりにあるし、手ごろで扱い易いバイクです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.