• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月14日

佐山芳恵再び、・・(^。^)y-.。o○(28)




女土方とテキストエディターのお姉さんはなかなか戻ってこなかった。クレヨンは落ち着かないようだったが、どうせ色恋沙汰だろうと思っていた僕はあれこれ片付けないといけない雑用に没頭していた。そこに女土方が戻って来た。女土方の顔には何だか難しい困惑したような色が浮かんでいた。


「ねえ、ちょっと一緒に来てくれない。」


女土方は僕のところに来るとそう言って僕を促した。


「どうしたの、彼女のことなの。」


僕がそう聞き返すと女土方は黙って肯いた。色恋沙汰なのにどうして僕を呼ぶのかちょっと不思議に思ったが、面倒だから嫌だとも言えないので黙って立ち上がった。ミーティングルームに入るとテキエディのお姉さんがしゃくり上げて泣いていた。それと女土方の複雑な表情を見て何だかとても嫌な気がした。できることなら関わりたくはなかったがここから逃げ出すことは不可能だった。


「どうしたのよ、すすり泣いたり深刻な顔をして。」


僕は女土方を振り返った。


「結構深刻なよの、この子の場合は。」


この子というか、もう30過ぎだろうが。甘やかすから自立できないんだろう。大体こっちはこの間の盗撮問題さえ片付いていないというのに。


「それで一体どうしたって言うの。あのね、こんなこと言ったら失礼かもしれないけど何だかとても嫌な予感がするの。不吉な感じっていうの、恐ろしく厄介なことになりそうな、多分、もうなっているんでしょうけど。」


僕がそう言うとテキエディのお姉さんはわっと泣き出した。女土方は、「あーあ」とでも言いたそうな顔をして僕を見た。


「分かったわよ、話を聞くわ。それで一体何があったの。どうせ色恋話だろうけど。何時までも泣いていないで早く話しなさい。聞いてあげるから。」


また、テキエディのお姉さんはまた泣き出した。どうもこれはだめなようだ。僕は女土方を振り返った。女土方も覚悟を決めたように話し始めた。その話というのは僕が予想していたよりもずっと複雑なようだった。そして女土方の話が終わった時には呆れ返ってあいた口が塞がらないと言った状況になってしまった。簡単に言えばこういうことだ。付き合っていた妻子持ちの男と別れざるを得なくなったが、男の方が納得しなかった。すったもんだの挙句に男は非常手段に出た。付き合っている間に撮ったテキエディのお姉さんの裸の写真をネットでアップロードした。まあ、何と言うのか、かわいさ余って憎さ百倍ということだろうか。男と女の間には他人には理解できないような複雑怪奇な事情があるんだろう。それは僕も分からないでもないが。


「一体どんな写真なの、その相手の男がアップロードしている写真て。」


テキエディのお姉さんは僕がそう言うとまた声を上げて泣き出した。


「どんな写真なのよ、その写真て言うのは。」


テキエディを相手にしていても始まらないので僕は女土方を振り返った。


「あなたも見たんでしょう、その写真というのを。」


女土方は黙ってうなずくとテキエディの方を見た。

「彼女にも見せるわよ、あのブログ。良いわね。」


テキエディはすすり泣くばかりで何も言わなかったが、女土方はテーブルの上に置いてあったパソコンを立ち上げるとネットに接続して何やら操作をしていたが、「ほら、これ。」と僕を振り返った。ややこしいことに足を踏み入れたくはなかったが、どうせ事ここに至っては足抜きなどできるはずもなく、また、本来の男の興味も手伝って画面をのぞき込んだ。そこには大方予想通りというか、予想を超えたというか、その手の画像が並んでいた。


『あーあ、やっぱりこれか。』


アジの開きじゃあるまいし、どうしてこんなに開きまくって写真を撮らせるのだろうか。ジャンクメールに時々混じっている『毛穴まで見えるアダルトDVD』なんていう下品なキャッチを思い出してしまった。大体、どうしてこんな写真を撮らせるのだろう。男と女なんていつまでも永遠に良好な関係が続くなんて言う保証もないし、関係が険悪になった時に自分の不利益になるようなこんな写真を撮らせるなんて危機管理の概念の欠片もないというか、能天気というか、あきれてしまう。撮らせたものなんだからそれをどうしようと良いじゃないかと思うが、やはり女の立場で言えば信じてそうさせてあげたのにそれを裏切ってとんでもないということなんだろう。


それにしてもモデル代でもくれるわけじゃないのにこんな写真を撮らせるなよ。僕はそんなことを思いながらもサイトに張り付けてあるテキエディのお姉さんの写真をじっくりと観察してしまった。テキエディの裸はもう何度も見ているし、酔っ払って正体をなくした時にあちこち触りまくったこともあるが、さすがにこんなアジの開き状態を見たことはなかった。だから本来男の僕としてこのアジの開きに興味を持たないわけもなかった。つい、興味深くてページを繰ったり拡大したりしていると女土方が僕を急かした。


「どうなの、何かいい知恵はないかしら。このままじゃあこの子がかわいそうだわ。」


その声で我に返った僕はまだすすり泣いているテキエディの方を見た。そんなに泣くなら初めからこんな写真を撮らせなければいいのに。


「ほら、泣いてないできちんとしなさいよ。何でこんな写真を撮らせたのよ。ものには程度ってものがあるでしょう。」


僕はテキエディにちょっときつい調子で言ったら思った通り声を上げて泣き出した。しかし、僕にはどう考えてもこんな姿を写真に撮らせるなんてそんな気持ちが理解できない。



ブログ一覧 | 小説3 | 日記
Posted at 2018/02/14 16:10:31

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

平成30年度 第1回大洗オフ!
なちゅらるGTさん

ホハレ攻略すっ‼️
3kさん

今回のコンチネンタルGTの詳細
ぽけさんさん

MT車に乗ることをビビっている
せまるしかさん

今日は、逆パターンなので(´・Д・ ...
toyomaruさん

みんカラ『PARTS OF THE ...
FJ CRAFTさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「佐山芳恵再び、・・(^。^)y-.。o○(52) http://cvw.jp/b/110820/41629316/
何シテル?   06/20 17:39
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗ってとうとう5年目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりました、。。(^。^...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
68 人のお友達がいます
☆もぐたん☆もぐたん * YOURSYOURS *みんカラ公認
せんどらせんどら ニョーピンニョーピン
なお@2NZ-FEなお@2NZ-FE ぐる&#215;ぐるぐる×ぐる

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) 一四式スーパーボルドール (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
何ともきれいな風格のある大型バイクで、一目ぼれで買ってしまった。乗り味は極めて素直でとて ...
ホンダ クロスカブ CC110 ホンダ クロスカブ CC110
超アップライトな乗車姿勢でCB1300が疾風怒涛ならそよ風のように、でも粘り強くトコトコ ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.