• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ntkd29のブログ一覧

2017年11月18日 イイね!

あり得ないことが、・・(取り敢えず最終章)




男として生きていくことと女として生きていくこととどっちが良いかと聞かれたらちょっと困ってしまうかも知れない。

 
勿論生き慣れた男として生きる方が楽に決まっているが、今のような特殊環境でならば女として生きるのも悪くはないし、結構世俗の好奇心も満たされる。

 
ただし僕の場合良い方に条件が整っていたからそれなりに悪戦苦闘しながらも何とか生きられたのだが、ずっと前にも話したとおり、換わった相手が極めて仲睦まじい新婚家庭の奥様だったとか妊娠中だったとかあるいは舅姑に夫や子供に加えて挙句の果てには小姑付きなんて家庭だったらその日のうちに逃げ出す以外にはなかったかも知れない。

 
そうするとその日から生活の手段がなくなるので本当にのっぴきならない事態へと追い込まれていたかも知れない。

 
でもそんなことはどのように生きていても天国と地獄は紙一重なので必然的にこうなったのかも知れない。これもどんなに考えても分かるはずもないことなので考えるだけ無駄だろう。そして元の自分や佐山芳恵のことも。

 
女土方は元佐山芳恵に何かしら劇的な変化が起こって今のニュー佐山芳恵が誕生したとは思っているようだが、さすがに佐山芳恵の中身が男に入れ替わったとまでは客観的には信じられない様子だ。

 
でもそれも仕方がないだろう。逆に自分の身の回りで同じ事が起こったとしても人間の中身が入れ替わるなんてそんなことを信じるバカもいないだろうし、事実を突き詰めてあくまで真実を探ろうという極めて冷静客観的な人間もいないだろう。

 
結局、女土方の結論は自分にとって都合よく変わってくれたのだからそれでよしとしてそれ以上深くは考えないようにしようということらしい。

 
僕もそんなことを深く詮索されても答えることも出来ないし、事実を言っても心情的にはとにかく実際には誰も信じないだろうから詮索しないで済ませてくれることはありがたい。何と言っても僕は女土方を生涯の同志として信じ切っているのだから。

 
僕は最近こんなことを思うんだ。科学技術が発達し、高速交通手段やデジタルネットワークなどというついこの間までは思いもつかなかった通信網が張り巡らされ物理的に世界は狭くなった。どこにでも好きなところに行けるし金さえあれば何でも好きなものが買える。

 
それでも人の生き方というのは基本的に太古の昔からさほど変わっていないのではないかと思う。世の中のしきたりに従って人生の王道とまでは行かなくても枠の中で人に付かず離れずに生きていくことが求められるし、それが個人にとっても一番生き易いのかも知れない。

 
それでも中にはそんな枠など歯牙にもかけず蹴飛ばして自由に生きる者もいれば流れに逆らって生きようとする者、岸に這い上がって流れていく者を見ている者など大勢とは異なった動きをするものがいないでもない。

 
そんな彼らを変わり者だの頑固者だのと非難することは容易い。でもそんな彼らにもやはり止むに止まれぬ理由があってそうしているのだろうと思う。だからそんな人たちを見かけても集団の和を乱し他人に迷惑を掛けない限りそっとしておいてやって欲しいと思う。

 
そしてもしもそういう人間達が援助を申し出て来た時はそっと手を差し伸べてやれるような優しさを持ち続けることが出来れば良いと思っている。

 
僕のこの取り止めのない話もずい分長くなった。そしてこの他愛もない話に付き合っていただいたことを本当に心からお礼申し上げたい。

 
僕も女土方もクレヨンもテキストエディターのお姉さんも、そして紳士だけれどちょっと大人気ないところもある社長や男勝りだけれど意外に優しい北の政所様もきっとまた皆さんに出会うことを楽しみにしていると思う。

 
だからまたきっとどこかで皆さんにお目にかかる機会があると思うが、その時はきっと暖かく声をかけてもらえればとてもうれしい。僕たちもきっと皆さんのことを何時までも覚えているだろうから。そして笑顔であの時はありがとうとお礼を言いたいから。


Posted at 2017/11/18 10:41:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小説 | 日記
2017年11月11日 イイね!

あり得ないことが、(148)




そして僕たちの周りを見回してみると何と言ってもクレヨンだが、このサルはこの春めでたく大学を卒業することが出来た。


サルの進路についてはいろいろ意見があったが、僕は当面の仕事よりもまず後一年で卒業出来るという大学卒業を優先させることを強行に主張した。


高等普通教育をしっかりと受けておくことがこれから先サルの人生にきっと大きな力になるであろうことを思ってのことだった。そしてその僕の意見は採用され、サルは大学卒業までは仕事よりも通学を優先させることになった。

 
しかしいくら高等普通教育がサルの将来に力になるとは言っても卒業も出来ないようでは話にならないのだが、まあ普通の人間が普通に卒業しようと思えばできる程度の日本の大学を卒業出来ないということになるとこれはもう社会的不適格者と言われても仕方がないのかもしれない。

 
クレヨンも本能的に不吉な予感を感じたのか、卒業前の半年はかなり神経質になっていたので僕たちもかなりレポートや卒業課題の作成を手伝ってやった。

 
それがなければクレヨンは大学も卒業できなかったかもしれないのでやはり知的能力では未だ進化の途上にあって通常のレベルには達していないのかも知れない。

 
それでも勝てば官軍でクレヨンは晴れて僕たちと机を並べて仕事が出来る立場になっている。ただし実際に仕事が出来るわけではなく立場がそうだということだけだが。態度もずい分と大きくなったようだが僕との関係に関しては昔のまま僕の絶対優勢下にある。

 
クレヨンをこの世に誕生させた原動力となったのであろう社長と北の政所様は相変わらず極めて近接した距離で親密な交際を続けている。

 
ただし最後の一線だけはこの二人もさすがに簡単に越えることは出来ない様子で親密ながらも周囲にはそれなりに配慮したお付き合いを心がけているようだ。

 
でも僕や女土方の前ではあからさまに愛し合う男女を実践して見せる時もあるからこちらとしてはそんなことは十分に分かっていてもどぎまぎさせられることがある。それでもこの二人にはどろどろした陰鬱さも陰に紛れるような暗さもないのでそれを傍から見ていてもかなり救われる気がする。

 
それからクレヨン家住み込みの件だが、クレヨンは当然母親のところに行く機会が多くなったので僕等のお役目はかなり軽減されることになって以前よりは自由な自分の時間を取り返しつつある。

 
そんな状況だから余った時間はもちろんのこと女土方と過ごすために有効に活用させてもらっている。そう、そのとおり僕たちは世間がどう言おうとどう思おうとお互いに固い絆で結ばれたパートナーとして存在し続けている。

 
そして僕と女土方の関係が続いているということは僕が相変わらず佐山芳恵のままということになる。女の体で生活することについては最近僕にはあまり不都合は感じられなくなった。

 
周囲もすっかり元祖佐山芳恵のことは忘れてしまって佐山芳恵と言えば僕が演じている新生佐山芳恵のことだと思うようになっている。そんなわけで僕は自分の好きなように佐山芳恵の人格を形成していくことが出来るようになった。


Posted at 2017/11/11 11:24:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小説 | 日記
2017年11月07日 イイね!

あり得ないことが、(147)




そんなことをしながらあっという間に時が流れた。室の仕事はそれなりに順調と言っても良い程度には進んでいるが、未だ巨額の利益を生み出し、会社の経営や株主の皆様に貢献するには至っていない。

 
それでも大規模デジタル通信網を活用した語学講習にしても目的別短期留学構想にしてもそれぞれカウンターパートが見つかって事業化に向けた展開を検討中だ。

 
生涯語学講習という構想はこの時節結構魅力的でインパクトもある企画らしいが、それを具体的な形にしていくとなるとかなりの困難を伴うことになるようだ。

 
例えば幼児に対する教え方と熟年世代に対する教え方では自ずとその内容から方法まで全く異なってくる。しかも個々の能力に応じた対応となるとこれまた大変な選択肢になってしまう。

 
しかし、これもオプションを多めに設定して活用することで切り抜けようと考えている。つまり各言語の各分野で達成目標別に基本になるコースをいくつか決めておいて後は個人の好みに応じてそれぞれオプションの選択でまかなうという考え方だ。

 
まあこれもあれこれオプションを考えるのが面倒だが、商売だから仕方ないだろう。でも一つのコースに一揃えのオプションを考えてしまえば後はどれも基本的には同じだからそんなに苦労はない。

 
それに人間というものは勢いがついて前に進んでいる時はどいつもこいつも何もしなくても次から次へとアイデアを出してくるものだ。却ってそれを具体的な形にする方が手間や金がかかってしまうくらいだ。

 
目的別短期留学コースもテーマを選んで試験的に何回か実施してみたが、実際にやってみると細かなトラブルは生じたものの総じて好評だった。行って見なければ分からない、やって見てこそ心が通じるというのは趣味には共通の真理なんだろう。

 
しかしこれも留学の期間が短期間で参加者もそこそこの人数であればどうにでもなりそうだったが、多人数である程度長い期間となると受け入れ体制に問題があることが分かった。

 
それからコースによって人気不人気があるので商売としては希望者の多い人気のあるコースを出来るだけ短めに期間を切って回転を早くして売り出すのが良いという結論に至った。

 
これも語学能力の向上を目的としたものではなく実際には趣味を目的とした観光旅行が半分、残りの半分は語学学習に対する動機付けや言葉の完成度チェックという意味合いが強いものになるんだろう。その点については参加後に誤解が生じても困るので実施前の講習で参加者には懇切丁寧に伝達を行うことにした。

 
こうして語学、旅行業、インターネット情報サービス業のコラボが成立したが、こんなに速いテンポで体制の整備が出来たのはやはり金融翁のお力に負うところが大であったと思われる。うちの会社だけではこんなに早期に強力な体制は作れなかっただろう。

 
それにしても金融翁はどうしてこの事業にここまで入れ込んだのだろう。勿論自分のバカ娘が世話になっているからなんて甘っちょろい人情の世界ではなく金になりそうなものには何でも投資してしっかりと回収するという企業家理論ゆえなんだろう。

 
でもそんなことは企業家が考えることで我々には出来るだけ目的にかなった良いシステムを作り上げることが仕事だった。要するに魅力的な商品を一つでも多く作り出すことだと心得て仕事に励んでいる。



Posted at 2017/11/07 16:32:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小説 | 日記
2017年10月30日 イイね!

あり得ないことが、(146)




クレヨンと北の政所様との面談は僕と女土方の和解後ほどなく都内某ホテルで行われた。僕は女土方とクレヨンを連れてホテルに向かった。クレヨンが何時になく無口で緊張しているのがやや印象的だった。僕はこんなサルでもやはり緊張するものなんだと思いながら様子を窺っていた。女土方もそんなクレヨンの気持ちを察したのかやや緊張の面持ちだった。

 
ホテルに着くとクレヨンが「やっぱり会いたくない。」とぐずり出した。この野郎、こんなところまで来てつべこべ抜かすと切り刻んでお堀の鯉やナマズの餌にするぞ。


「もうここまで来たらあなたには会うだの会わないだのという選択権はないの。いやだというなら簀巻きににして担いでも連れて行くからね。いいわね。」

 
僕はクレヨンを思い切り脅かしておいた。こいつは母親に会いたくて仕方がないのだが、誰かに甘えて自分が楽に立ち回ろうとしているんだ。


「またあ、分からない言葉を使って。簀巻きってそれ何よ、全く。」


クレヨンはまた口を尖らせて文句を言ったがその眼にはすがり付くような甘えが見て取れた。


「あなたのことなんだから自分で行くのよ。もしも本当にいやだったらそう言いなさい。私が行って断ってくるから。」

 
クレヨンは僕の言うことに不安そうな顔をした。何だかんだ言ってもこいつも会いたいんだから素直になればいいのに。


「ちょっとおいで。」


僕は手招きしてクレヨンを呼ぶと近寄ってきたクレヨンを懐に引っ張り込んで抱き締めてやった。


「いいわね、余計なことを言うんじゃないのよ。分かったわね。」


「分かった。」


クレヨンは小さな声でそう言った。


「分かったらさあ行きなさい。部屋番号は知っているわね。」

 
クレヨンは黙って頷くとエレベーターの前に進んだ。そして僕たちを振り返ると黙って小さく手を振ってからエレベーターの中に消えて行った。

 
それから小一時間、僕たちはラウンジでクレヨンが戻るのを待った。僕はあまり気にしてはいなかったが、女土方はずい分気を揉んでいたようだった。そのため僕よりも先にエレベーターを降りてこちらに向かってゆっくり歩いてくるクレヨンを見つけた。


「あ、戻って来たわ。」

 
女土方が立ち上がってクレヨンの方へ歩み寄った。そんな女土方がクレヨンの母親のように見えた。
僕たちの前に立ったクレヨンは目が少し潤んでいた。


「会って良かったでしょう。」

 
僕がそう言うとクレヨンは黙って僕に抱きついて来た。僕はクレヨンを抱き止めて軽く背中を叩いてやるとそっとクレヨンを押し戻すようにして体を離した。僕から離れたクレヨンは次に女土方に抱きついた。


「よかったわね。」


女土方が少しかすれた涙声で言うとクレヨンは何回も大きく肯いた。早く帰って金融翁に話したいと言うクレヨンの希望を汲んでラウンジのお茶代を清算してホテルを出ようとしたところ僕たちは丁度エレベーターを降りて来た北の政所様と社長に出会ってしまった。

 
クレヨンは恥かしかったのか一歩引いてしまって女土方の後ろに隠れてしまった。向こうも近づいて来なかったので僕たちは数メートルを隔てて見つめ合うことになってしまいお互いの間が何となく間の抜けた白けた雰囲気になり始めた。仕方がないので僕が二人の方に歩いて行った。

 
北の政所様は僕が歩み寄るのを待っていたように僕の手を取ると「ありがとう」と一言言った。北の政所様の目はやはり赤かった。もしかしたら彼女はそれを気づかれたくなくて近寄らなかったのかも知れない。北の政所様が僕の手を離してさがると今度は社長が前に出て来た。


「佐山さん、あなたにはまた借りを作ってしまった。本当に公私に渡って世話になりっぱなしで御礼の言い様もない。出来ることならあなたに役員になってもらって会社の経営に参画してもらいたいくらいだが、そう言ってもきっとあなたは断るだろう。でも僕はあなたにはそれなりの負担をして欲しいと思っている。待遇その他についてはそれなりに考えるのでよろしくお願いしたい。

 
それからこれからも彼女のことをよろしく頼む。あの子にとってあなたほど信頼出来る他人はいないようだから是非これからも出来るだけそばにいてやって欲しい。勿論あなたの個人の事情が許す限りの話だけど。」


社長は僕を見詰めてそう言った。


「あの子は社長の子供なんですか。それともMJB頭取の、」


僕は周りに聞こえないように声を落として聞いてみた。


「僕は自分の子供だと思っている。」

 
社長は声を落として、でもはっきりと言った。僕はそれにゆっくりと肯いた。社長は僕に向かって微笑んだ。いろいろ複雑な事情があるんだろうが、この時の社長の笑顔はとても明るかった。



Posted at 2017/10/30 20:25:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小説 | 日記
2017年10月23日 イイね!

ありえないことが、(145)



「軽い食事で良いわね。」


女土方に一言断ると食事の支度を始めた。食事と言ってもフルーツをさいの目に切ってヨーグルトとブルーベリーソースをかけたデザート、ピザトースト風にアレンジしたフランスパンのトースト、野菜とソーセージの炒め物、それに手を加えていないハムだった。


「本当にあなたって手際良くこういうものを作るわね。感心しちゃうわ。」

 
手際良く作れないという女土方がずい分感心したように誉めてくれたが、僕にしてみれば生活して行くのには飯を作ることくらいごく当たり前のことで特に感心するほどのこともないことだった。そうしてお昼を食べながら僕は女土方にクレヨンと北の政所様のことを話した。


「へえ、彼女、北の政所様と会うのを承知したの。よく説得したわね。でも会ってうまく話が進むのかしらね。彼女も彼女だけど北の政所様もなかなか兵だから。」


「でもね、やはり実の親子でしょう。強気なことを言ってもあの子も気持ちは揺れ動いているみたいよ。思いの他うまくいくんじゃないの。『案ずるより産むが安し』って言うじゃない。」


「あなたが同伴するなら大丈夫かもね。北の政所様もあなたには一目も二目も置いているみたいだから。」


「何か変なことをしでかしてまたお尻を剥かれて叩かれてはたまらないって。」


「そうね、そのとおりかも知れない。」

 
僕たちはそんな他愛もないことを言って笑い合った。ただ冗談ごとでなく北の政所様とクレヨンとの関係はこれを機会に好転してくれれば良いと思ってはいた。

 
食事をした後は特に何をするでもなく二人でそれぞれ自由な時間を過ごした。僕は主にパソコンを、そして女土方はテレビショッピングを見ていた。テレビショッピングにしても通販カタログにしても買う気もないものを見て何が楽しいのかと思うが、女にはそれが無性に楽しいらしい。

 
そんなことを女土方に言うと「あなたはそういうところが男の人のようだ」と言われてしまった。そりゃそうだろう、僕は男なんだから。

 
午後の三時近くにクレヨンから「何時頃帰って来るのか。」と督促の電話が入った。その電話に「夕食までには帰るから大人しく待っていろ。」とだけ答えて切ってしまった。そうしたらすぐにまた電話が入って「どうでもいいから必ず帰って来て」と言われてしまった。


『人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて死んでしまえ。』

 
古の人はかく言うが本当にそのとおりだと思う。僕の平穏をかき乱すクレヨンなんか馬に蹴られて死んでしまえ。僕が煩そうに「分かったわよ。」と答えて電話を切ると女土方が笑っていた。


「ずい分気に入られてしまったのね、あの子に。」


「私だけじゃなくてあなたもでしょう。」


「そうかな、私じゃなくてあなただけだと思うけど。あのね、あなたって何だか不思議な魅力があると思うわ。私にとってもあの子にとってもあなたには違和感があると思うの。異質なのよ、あなたは。

 
あの子にはあなたが女と言う決定的な違和感があるだろうし、私みたいな女にもあなたは普通の女とは相当中身が違っていると言う点では違和感があるわ。

 
でもね、そういう違和感を差し引いても余りあるくらいあなたには人を惹きつける魅力があるのよ。例えばね、何時も淡々として私達には手も足も出ないような問題が起こっても本当にそんなことしちゃっていいのって言うようなそれこそ大胆不敵な方法でばっさばっさと切ってしまうでしょう。ああいうことが出来る人ってあまりいないわ。

 
あの北の政所問題でも私は本当に困ったと思っていたのよ。出来ることなら社員旅行なんて欠席してしまおうかなって思ったくらいよ。でもあなたは平然としていて『相手が何もして来なければ自分から手を出すことはないけど、もしも相手が何かしてくるのなら自存自衛のために実力行使に出るかも知れない。』なんて平然と言って除けてその結果があれでしょう。その後社長も手なずけて最後には北の政所様も懐柔してしまうし。あれには私も呆れたわ。

 
そうして恐ろしいくらいに冷静で合理的なところがあるかと思えばむやみやたらと優しいでしょう。でも何でもかんでも言うことを聞いてくれてこっちが思うことは何でもしてくれるような優しさじゃなくてここという時にさっと必要な分だけ優しさを投げかけてくれるような本当に切れのいい優しさを持っているでしょう。そういうところが女としては何とも言えないのよね。

 
あなたは自分では冗談めかして男だと言っているけど私ももしかしたらそうじゃないかと思う。佐山芳恵に何が起こったのか知らないし、きっと私には永遠に分からないと思うけど、あなたは以前の佐山芳恵じゃない。彼女は今のあなたのような人じゃなかったわ。彼女とは全く違う人格だわ。

 
私ね、あなたに抱かれていてそう思うの。あなたのはビアンのそれじゃないわ、全く男が女を扱うようなそんな抱き方だわ。私はね、最初のうちはいろいろと考えたわ。一体この女はどうしたんだろうって。だって姿かたちは彼女なんだから。でも実際はそうじゃないでしょう。何から何まで元の佐山とはみんな違うんだから。


だからあなたにのめりこんで行けば行くほど何だか怖くなったわ。何だか得体の知れない人にどんどん引き込まれていく自分が。

 
あなたにはあなたなりの人の接し方があるんでしょうけど私から見れば何だか八方美人的というか八方破れと言うか誰でもオーケーみたいなところがあるでしょう。女って自分だけを見ていてって気持ちが強いけどあなたにはそんなところは全く感じられない。

 
惹き付けられるだけ惹き付けられて挙句にこの人を失ったらどうしようってね。だから自分が立ち行かなくなってしまう前にあなたから離れてしまおうかってそんなことを考えたの。

 
丁度あのフリーの翻訳さんが来てあなたがそっちを向きそうな気配だったから自分を納得させるにはいいのかなと思ってね。でも私も自分に素直になるわ。あなたが一緒にいてくれるなら私もその間はあなたに添って生きるわ。そしてあなたが私から離れていかないように精一杯努力するわ。

 
あの子も同じだと思うわ。反発するたびにあなたに投げつけられたり押さえ込まれて。でもね、あの子もあなたと一緒にいてあなたの優しさに触れて徐々にあなたに惹かれるようになったんだと思う。あなたは自分の領域に入って来る人には本当に優しいからね。」


「そんなこと言ったらあなたも一緒じゃないの。」


「私はあなたみたいに優しくはないわ。それに私はあの子には女の色が濃すぎるんだと思う。それに普通の女じゃないしね。私に比べればあなたは女の色が薄いから彼女にとってもある意味接近し易いんじゃない。」


「ある意味って恋愛のためってこと。」


「そうね、そういう意味に取って差し支えないと思うわ。」


「現実問題として私が何者であろうと社会的には佐山芳恵というれっきとした女なんだから、あの子が何と思っていようと私があの子の恋人になるのは絶対に無理よ。

 
それはあの子も分かっているでしょうけどね。でもあなたも私もはみ出し者、だからはみ出し者同士あなたの恋人にはなれるわ、そうでしょう。」


「はみ出し者なの、私達。」


「そう、間違いなくはみ出し者よ、あなたも私も。」


「そうなんだ、うん、そうか。はみ出し者か。」


女土方は納得したように何度もはみ出し者と口に出した。


「ねえ、そろそろ行かないとまたあの子から催促の電話が入るかな。」


「そうね、でも夕食までにはまだ時間があるわ。私のやり方が男流と言うならあなたのビアン流をもう一度見せて欲しいわね。」


女土方は笑顔で「いいわよ」と言うと立ち上がった。僕もその後に続いて階段を上がって行った。



Posted at 2017/10/23 23:13:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小説 | 日記

プロフィール

「辺野古土砂投入を前に防衛大臣と沖縄県知事が面談へ、・・(^。^)y-.。o○。 http://cvw.jp/b/110820/42288533/
何シテル?   12/12 17:02
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗って5年、スーパーボルドールも2代目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
67 人のお友達がいます
YOURSYOURS *みんカラ公認 ひろじまひろじま
素 うどん素 うどん メタルジャンキーメタルジャンキー
ぐる&#215;ぐるぐる×ぐる ☆もぐたん☆もぐたん

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) CB1300スーパーボルドールM2018 (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
外観 もうこれは美しいという以外にはない端正なバイクではある。ホンダは「威風なる血統」 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ホンダ 400X ホンダ 400X
パワーもそれなりにあるし、手ごろで扱い易いバイクです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.