• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ntkd29のブログ一覧

2018年07月17日 イイね!

MRJ、英国の航空ショーで飛行展示を実施、・・(^。^)y-.。o○。




イギリスで行われている世界最大級の航空ショーで、国産初のジェット旅客機「MRJ」が初めてデモンストレーション飛行を行いました。

 
イギリス南部で開催中のファンボロー国際航空ショーで、三菱航空機のMRJがデモンストレーション飛行を行いました。離陸後、急上昇して滑走路上空を急旋回するなど約10分間、その性能をアピールしました。
 

三菱重工・宮永俊一社長:「皆様に見て頂いて、飛行機が順調に開発できているということをご理解頂けたと信じています」
 

MRJが参入する小型機市場の業界再編が進むなか、どこまで世界にアピールできるかが今回のデモ飛行の焦点です。MRJの納入はこれまで5度も延期され、当初から7年遅れの2020年半ばになる見込みです。




動画を見ると非常に軽快に飛行しておりこの機体の素性の良さがうかがえる。せめてあと3年早く2017年から納入が始まっていればけっこう売れたかもしれないけどなあ。状況はあまりよろしくはないが、とにかくやるしかないだろう、・・(^。^)y-.。o○。
Posted at 2018/07/17 16:27:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 経済 | 日記
2018年07月17日 イイね!

F2後継機、国際共同開発は予算オーバーとか、・・(^。^)y-.。o○。




航空自衛隊のF2戦闘機の後継機を巡り、日本主導の国際共同開発を模索してきた防衛省の路線が揺らいでいる。大本命と目される米ロッキード・マーチン社の開発提案が想定より高額で、費用対効果の観点で疑問視する声が上がり始めたためだ。


◆予測は150億円

現在約90機が配備されているF2は2030年頃から退役が始まる。戦闘機開発には10年程度を要するため、防衛省は、年末に策定する次期中期防衛力整備計画(中期防、19~23年度)に具体的な開発方針を明記したい考えだ。


後継候補は、〈1〉米空軍のF22戦闘機の機体をベースに、F35の電子機器を搭載した高性能ステルス機とするロッキード案〈2〉空自の主力戦闘機F15の技術を活用した米ボーイング社案〈3〉英空軍の主力戦闘機「タイフーン」の技術を活用する英BAEシステムズ社案――の3案が浮上している。いずれも日本との共同開発が前提だ。


3案では、ステルス性や飛行性能などでロッキード案が抜きんでており、防衛省は情報収集段階から本命視してきた。だが、13日にロッキードが示した正式な提案では、1機あたりの価格が200億円超で、150億円とみていた防衛省の予測や空自が導入したF35の価格(約131億円)を大きく上回る結果となった。防衛省幹部は「高額すぎだ。このままでは受け入れられない」と嘆く。



防衛省は新規に開発を希望する際、既存兵器の改修やら外国からの輸入やら様々な情報を入手して、「こうした方法では要求性能を充足できない」と言うネガティブキャンペーンを実施して財務省に新規開発を認めさせるという。日本主導の共同開発と言うがこれらの案では日本が主体になりようがない。またこうした情報を要求しながら機体やエンジン、エレクトロニクスの開発を行うなどしているが、本気で外国から買う気なら国内での開発など無駄だろう。でも今後の新規技術の開発や取得、それらの技術の民間への転嫁拡散などを考えれば5兆、6兆など安いとは言わないが価値がある投資だろう。違うかな、・・(^。^)y-.。o○。
Posted at 2018/07/17 16:24:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 経済 | 日記
2018年07月15日 イイね!

ボーイングとエアバス、小型機販売部門を強化、危うし、MRJ、・・(^。^)y-.。o○。




■16日から英で初の展示飛行も

国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の針路に暗雲が漂っている。航空機メーカー2強の米ボーイングと欧州エアバスが、小型機部門の強化に乗り出したためだ。三菱航空機は、英国で16日始まる世界的な航空見本市でMRJの展示飛行を初披露するが、開発にてこずる間に競争の構図が激変し、今後の受注に苦戦する恐れが強まってきた。


ボーイングは今月5日、ブラジル航空機大手エンブラエルの民間機部門を傘下に収めると発表した。エアバスは一足早く、カナダ航空機大手ボンバルディアの小型機部門を1日に買収完了しており、これに対抗するのがボーイングの狙いとみられる。


150席以下の小型機市場では、エンブラエルとボンバルディアが計8割のシェアを握るが、格安航空会社(LCC)の広がりや新興国の経済成長から、市場規模の拡大が見込まれる。


日本航空機開発協会の予測では、ジェット旅客機の運航機数は2017年からの20年間で8割増の約3万9900機に伸び、新規納入の半分以上を169席以下の機種が占める見通し。この需要を取り込むのが三菱航空機のもくろみだ。


しかし、航空機2強の覇権争いが小型機分野まで飛び火したことで、「MRJが埋没する」(証券アナリスト)懸念が深まった。


三菱航空機の水谷久和社長は「ボーイングが(MRJの狙う)100席以下の市場に本腰を入れるとは思えない」とみる。親会社の三菱重工業がボーイングの機体製造などを担ってきた経緯から、ボーイングはMRJの顧客サポートを支援する契約を結んでおり、「両社の協力関係は今後も変わらない」(同)という。


ただ、エアバスの出方によっては、ボーイングが態度を変える可能性も否定できない。航空会社への部品供給をはじめとした顧客サポート体制を、三菱航空機が自前で整えるべきだとの指摘もある。


設計変更を繰り返したMRJは、初号機納入が20年半ばと当初計画から7年遅れている。これ以上遅れれば、競争環境がさらに厳しくなるのは必至だ。(山沢義徳)





開発に手間取っている間に市場の模様がすっかり変わってしまったようだが、ここまで来たらもうやるしかないだろう。MRJでは様々なノウハウを得ただろうから次に向けた企画を早期に実施して、それと同時に少しでも早くMRJを市場に出すこと、それしかないだろう。良いものを作って世に出せば売れる。とにかく商品が出てこないことには話にならない、・・(^。^)y-.。o○。
Posted at 2018/07/15 11:09:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 経済 | 日記
2018年07月10日 イイね!

MRJ、2019年春にも生産再開へ、・・(^。^)y-.。o○。




座席数77「70」が主流に。21年後半から22年前半に投入

三菱航空機(愛知県豊山町、水谷久和社長)は国産小型ジェット旅客機「MRJ」の生産を2019年春にも再開する。協力会社に通達した。17年に公表した5度目の納入延期で中断していた組み立て工程を再開し、20年半ばの初号機納入以降の量産体制を整える。具体的な生産計画は示していないが、人員確保が難航しており、生産レート(単位時間当たり生産量)引き上げが課題になる。


同社は協力会社を集める月例会合を復活し、生産再開時期を伝えた。ただ協力会社は生産中断で人員を削減しており、生産レートは中断前の月産1機に満たない状況での再開となる模様。最大生産機数は月産10機としているが、実現には時間を要しそうだ。


一方、部品加工の再開についても一部の協力会社に通達した。今のところ協力会社が生産中断前に納めた部品の在庫があるが、今後の組み立てのペースをみつつ順次、各社に再開を依頼していくとみられる。


同社はMRJの就航に必要な航空当局の型式証明取得のため、米国で飛行試験を実施中。納入延期の原因となった設計変更を反映した機体の生産を始め、20年半ば以降に備える。


MRJには座席数88の「90」と同76の「70」があり、70が生産の主流になるとみられる。三菱航空機は70を21年後半から22年前半に投入する計画を示している。


受注の8割を占める米国では航空会社とパイロット組合の労使協定の緩和交渉が進まず、90が運航できない可能性が高い。




やっと生産再開か。長い道のりだったねえ。でもそれなりに様々なノウハウを蓄積できたんじゃないだろうか。航空機などの先端技術を用いた開発計画ではそれが宝だからなあ。ボーイングとエンブラエル、エアバスとボンバルディアが組んで旅客機の販売を強化するなど状況は予断を許さないが、ボーイングとエンブラエルは70席クラスの旅客機はラインナップに持っていないそうだからその辺ですみわけができるかも、・・。まあ、良いものは売れる、・・かどうか分からんけど、そう信じて、がんばれ、三菱重工、・・(^。^)y-.。o○。

Posted at 2018/07/10 17:26:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 経済 | 日記
2018年07月10日 イイね!

ボーイング、エンブラエルと新会社設立へ、・・(^。^)y-.。o○。




ボーイングとエンブラエルは現地時間7月5日、航空宇宙分野での戦略的提携を確立するための覚書(MoU)に署名したと発表した。覚書には、エンブラエルの民間機事業を母体とする合弁会社の設立も含まれており、2019年末までに発足させる。


◆ボーイングが8割出資
 
今回の暫定合意では、エンブラエルの民間機事業で時価総額47億5000万ドル(約5257億円)と評価。合弁会社の持ち株比率はボーイングが80%、エンブラエルが20%で、今後数カ月で最終合意に達する見通し。

 
エンブラエルは、地域間路線を中心に投入する「リージョナルジェット機」の世界最大手。合弁会社の本社は引き続きブラジルに置き、民間機の設計や製造、サポートをボーイングのサプライチェーンに組み込んで展開していく。

 
ボーイングとエンブラエルは、20年以上にわたり提携関係にある。合弁会社が発足すると、ボーイングはエンブラエルの次世代リージョナルジェット機「E2シリーズ」など70席クラスの機体から450席クラスの747-8までの旅客機と、777Fなどの貨物機を加えた民間機市場全体をカバーできるようになる。また、エンブラエルの空中給油・輸送機KC-390についても、合弁会社の設立を予定している。

 
エンブラエルは、次世代リージョナルジェット機「E2シリーズ」を開発。現行のエンブラエル170(E170)とE175、E190、E195で構成する「Eジェット」の後継機で、E175-E2とE190-E2、E195-E2の3機種で構成する。

 
座席数は、今年4月から納入を始めたE190-E2が1クラス106席、2クラス97席。2019年前半から顧客への引き渡しを計画しているE195-E2が1クラス146席、2クラス120席、2020年に引き渡しを始めるE175-E2は1クラス88席、2クラス80席となる。

 
E2のエンジンは、三菱航空機が開発を進めているリージョナルジェット機「MRJ」と同じく、低燃費と低騒音を特徴とする米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製GTFエンジンを採用。E175-E2は、1クラス92席の「MRJ90」と競合する。一方、エンブラエルには1クラス78席の「MRJ70」にあたる次世代機が存在しない。

 
三菱航空機は2011年6月に、ボーイングとカスタマーサポートに関する支援契約を締結している。しかし、今回の合弁会社設立で、エンブラエル機がボーイングのラインナップに取り込まれることから、販売面でこれまで以上に苦戦する可能性がある。


◆エアバスはボンバルディアと
 
一方、ボーイングと民間機市場を二分するエアバスは、カナダのボンバルディアと関係を深めている。ボンバルディアが開発した小型旅客機「Cシリーズ」の事業会社「CSALP」を、今年7月に買収。エアバスのアラバマ工場でも、Cシリーズを製造していく。

 
CシリーズはCS100(108-135席)とCS300(130-160席)の2機種で構成。2機種の部品は99%共通化しており、パイロットは同じライセンスで操縦できる。Cシリーズは、E2シリーズと比べて機体サイズがやや大きいが、座席数で比較すると、3機種の中でもっとも胴体が長いE195-E2が同程度となる。

 
今回のボーイングとエンブラエルの提携で、民間機市場はボーイングとエアバスの2強体制がこれまで以上に強固なものになった。




世界の民間航空機産業はボーイングとエアバスに統合されそうだな。そうすると日本の弱小メーカーの三菱重工の旅客機など吹き飛ばされてしまう恐れも大いにある。でもいいものを作れば必ず売れる、・・かもしれない、・・そうでもないかも、・・。状況は厳しいが、がんばれ、三菱重工、・・(^。^)y-.。o○。

Posted at 2018/07/10 17:24:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 経済 | 日記

プロフィール

「前方不注意の四輪が車線をはみ出してバイクと衝突、・・(^。^)y-.。o○。 http://cvw.jp/b/110820/41733653/
何シテル?   07/17 16:29
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗ってとうとう5年目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりました、。。(^。^...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
68 人のお友達がいます
YOURSYOURS *みんカラ公認 メタルジャンキーメタルジャンキー *
せんどらせんどら * ひさ@埼玉ひさ@埼玉
ぐる&#215;ぐるぐる×ぐる 圭。。圭。。

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) 一四式スーパーボルドール (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
何ともきれいな風格のある大型バイクで、一目ぼれで買ってしまった。乗り味は極めて素直でとて ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ホンダ 400X ホンダ 400X
パワーもそれなりにあるし、手ごろで扱い易いバイクです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.