• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ntkd29のブログ一覧

2013年06月30日 イイね!

胸がときめいたトヨタの車たち

車に関心を持つようになってときめいた車と言うと、初代のソアラ、これが一番だろう。当時は2Lターボで145馬力、DOHCで120馬力程度の時代に、2.8LのDOHCで170馬力、しかも車体は優美で先進的なクーペタイプ、当時先進のエレクトロニクス満載で夢のような車だった。こんな車が日本で出来るのかとさえ思ったくらいだった。



そしてもう1台は初代のヴィッツ、これも何ともかわいらしくおしゃれな車で日本の車作りも変わるのではないかという予感がした。もっともその頃この車はヨーロッパで販売することを目的としていたのでヤリスと言っていたが、・・。それにしてもコンパクトで内装もなかなかおしゃれで面白い車だと思った。



さらにこの頃、この車のプラットホームを使っていろいろな車を世に送り出していた。ファンカーゴ、Bb、イスト、ポルテ、そしてWILLシリーズとわがサイファ、何ともトヨタらしくないデザインも面白かった。この時期、トヨタには何ともトヨタらしくない遊び心があったように思う。これらの後継車種はどれも当たり前も車になってしまったが、・・・。ただ、これらの車もやはりまじめなトヨタらしく実用性がそこここに顔を出していた。特にサイファなどはあんなへんてこな車を作ったのだからもっと割り切った遊び心があっても良かったように思うが、・・・。



流面形セリカもなかなか面白そうな車だった。特にGT4は、「これ、乗ってみたいな」と触手が動いた車だった。雪道を豪快に走りまわるCMもなかなか面白かった。



プリウスも印象深い車だったが、これはデザインや走行性能と言うよりもとんでもない技術を世に出したことで印象深かった。本来、コンセプトカーだったものを21世紀までに世に出すと言う方針で突貫工事のように開発したらしい。車が数センチでも動けば拍手喝さいだったと言う。



最後は何と言ってもLF-A、これもかなりときめいてどんな車になるかとずい分と雑誌やネットで追いかけたものだった。LF-Aはリーマンショックなどで計画がしぼんでしまったが、それでもあの手の車を世に出したことは称賛に値する。



トヨタと言えば昔から80点主義などと悪口を言われ、実際に乗っていると、「この車は少数の車好きよりも車を生活の道具と考える大多数の人たちのために作った車」という印象が強いものが多かった。今迄に乗った車の中で一男尖っていたのはビスタ5ドアハッチバックVS Twincamで何ともじゃじゃ馬で扱い難かったが、アクセルを踏み込めば胸のすくような加速だった(あくまでも当時としてはの話だが、・・。)。最も安定していたのはビスタαx4WDでこれは雨でも雪道でも砂地でもどこでも安定して良く走った。



車作り優等生のトヨタだが、どうも今一つ面白味にかける車が多い。今は車は何よりも実用性と言うことでデザインや走行性能はそっちのけで燃費性能や走るプレハブ物置のような車が多いが、遊び心のある楽しい車もあって良いと思う。これからもぜひ頑張って楽しい遊び心のある車を世に出して欲しい。

Posted at 2013/06/30 22:49:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年06月30日 イイね!

しなやかに強かに、日本も外交を学ぶべきだろう。

30日午前6時22分頃、沖縄県石垣市の尖閣諸島・久場島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、バハマ船籍の海洋調査船「DISCOVERER2」がワイヤのようなものを垂らして航行しているのを海上保安庁の航空機が発見した。





第11管区海上保安本部(那覇市)によると、同日午後7時52分頃にEEZから出た。この調査船は6月17~18日と23日にも同諸島沖のEEZ内に入り、巡視船の警告に「中国政府の許可を得ている」などと回答していた。





一方、中国の海洋監視船「海監」3隻も午後7時現在、同諸島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)内で航行を続けている。







何とも執念深いことだが、外交にはこの執念深さが最も重要なことだ。日本人はその点淡泊過ぎるか、あるいは逆上して先に手を出してしまうか、いずれにしても外交的にはよろしいことではない。中国は政府公船を派遣して実績作りをするとともに何かの拍子に日本が手を出すのを狙っているのだろう。日本も強かにしなやかに対抗していくべきだろう。
Posted at 2013/06/30 22:47:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年06月30日 イイね!

高性能「US2」は海外に翼を伸ばせるか。

ニュースキャスター辛坊治郎さんら2人が太平洋上で救出された際、海上自衛隊の救難飛行艇US2が荒れた海面でも離着水できる強みを発揮した。2007年に運用開始した純国産機で、離島の急患輸送でも活用されている。海外からも「世界最高水準の性能」と評価されているといい、防衛省はインドへの輸出を検討している。



ヨットで太平洋上を横断中だった辛坊さんが救助要請した21日、2人が乗った救命いかだが浮かぶ宮城県沖約1200キロの海面は荒れていた。US2はこの日、第2管区海上保安本部から災害派遣要請を受け、厚木基地(神奈川県)から2機が離陸。1機目は波が高く着水できなかったが、2機目が日没間際に着水して2人を機内に収容した。



4発のプロペラエンジンを備えたUS2の航続距離は約4500キロで、波高3メートルの荒れた海でも離着水できる性能は世界の飛行艇の中でも群を抜くという。



US1の後継機として1996年に開発が始まり、07年に部隊配備された。現在、5機が運用されている。US1も含めると76年以降、約940人を救助・搬送。うち3分の2を小笠原諸島など離島の急患輸送が占める。



高性能飛行艇と言うが、やはり特殊なジャンルの航空機で使用も限られるだろう。武器とは言ってもたんに自衛隊が開発して使用している航空機と言うだけで武器としての能力は限りなく低いので買いたい国があればどんどん輸出すべきだろう。二式大艇も高性能と言うが、離水はポーポイズ運動と言う癖があってなかなか難しかったようだ。しかしこの機体外国に売る前にどうして海保が装備しないのだろう。もっとも装備すべきは海保のように思うのだが、・・・。
Posted at 2013/06/30 01:31:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年06月29日 イイね!

中国様、日本が先制攻撃と煽り立てるが、・・。

香港誌・亜洲週刊(30日発売号)は「日本の軍事転向は釣魚島への進攻を免れない」と題した記事で、日本が初めて軍事力を用いて中国公船に対して「武力で駆逐」する意向を明確にしたと報じた。27日付で環球網が伝えた。以下はその概要。


これは疑いなく、釣魚島(日本名:尖閣諸島)紛争において日本が中国に発した「戦線布告」だといえる。日本がついに「先制攻撃」という軍事戦略を打ち出したことは、中国やアジアの軍事戦略情勢に重大な影響を及ぼすことになるだろう。


日本メディアによると、自民党は11日、釣魚島(尖閣諸島)の警備強化を目的とした「領海警備保全法」の骨子案をまとめた。中国公船が日本側の警告を無視した場合、自衛隊と海上保安庁が首相の発令を受け、「武器を使用」して強制的に退去させるというもの。


骨子案が今国会で可決されれば、自衛隊と海上保安庁は連携して12カイリ領海内に進入した中国公船に対して「武力で駆逐」することができるようになる。日本の対中強硬派は米国の後ろ盾を得て、中国と「一戦交える」ことも辞さない構え。これは疑いなく中国に向けた「宣戦布告」だろう。


現在、見直し作業が進められている「防衛計画の大綱」でも、「強靱な機動的防衛力」が提唱されている。自民党の安全保障調査会と国防部会がまとめた新たな「防衛計画の大綱」策定に向けた提言では、「敵基地を先制攻撃する能力を保持すべき」だとした。つまり、日本は「専守防衛」という国防政策の放棄をさらに明確に示したことになる。


中国中央テレビのニュースサイトは13日、日本が釣魚島(尖閣諸島)問題で「中国と一戦を交える準備」をしていることについて、中国の著名な軍事専門家、尹卓氏の見解として、「中国はこれに応戦する準備をしなければならない。中国は決して先制はしないが、日本の先制攻撃にどう対応するのか、準備を万端にしておく必要がある」と報じた。


日本が先制して武力を行使することはあり得ないだろう。敵基地攻撃能力と言っても相手が日本にミサ入り攻撃を仕掛けることが確実な場合座して死を待つよりも敵を攻撃することで生存を図ろうということでぎりぎり土壇場の選択だろう。尖閣にしても警告を無視して島に上陸しようとした場合など緊急の場合に限られるだろう。中国はこうして日本の防衛政策を逆手にとって煽り立てるが、日本が危険だという国はないのだから中国経済にも陰りが見えてきたことだし何かしらの焦りがあるのだろうか。

Posted at 2013/06/29 00:26:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年06月27日 イイね!

鳩、国益を足蹴に中国様に寄り添う。

鳩山由紀夫元首相は27日、北京市内で開かれた清華大学主催のフォーラムに出席し、沖縄県・尖閣諸島について「ポツダム宣言の中で日本が守ることを約束したカイロ宣言は『盗んだものは返さなければならない』としており、中国側が(返還すべき領土の中に尖閣諸島が)入ると考えるのも当然だ」と述べた。




鳩山氏は訪中前、香港のフェニックステレビのインタビューで同様の発言をし、菅義偉官房長官が25日に「絶句した。開いた口がふさがらない」と批判。この日の発言は、講演後の質疑応答の中で、傅瑩・全国人民代表大会外事委員会主任委員(前外務次官)と同席した公開の場で飛び出した。中国でも日本政府と異なる見解を改めて強調したことで、波紋が広がる可能性が高い。




1943年のカイロ宣言は「満州、台湾、澎湖諸島のように日本が清国から窃取した一切の地域を中華民国に返還する」としており、中国はその中に尖閣諸島が含まれると主張。鳩山氏は「カイロ宣言の中には(返還されるべき領土として)台湾、澎湖諸島以外の島もあると中国側が考えるのは当然だ」と指摘。




さらに「(日清戦争終了直後の1895年の)下関条約ができる3カ月ほど前に(尖閣諸島は)日本領として閣議決定した事実がある。中国側として中華民国に返せという中に当然入るのではないかという理解は成り立ち、それを否定するものではない」と語った。




鳩山氏はフォーラム出席後、記者団に対し、尖閣諸島は日中が国交正常化した「約40年前に棚上げしようと決めた」と述べ、日本政府が否定する領有権の棚上げがあったとの認識を示した。





性懲りもなく中国様にリップサービスを繰り返す鳩だが、どうせハイパーぼんだからちやほやされて良い気になって中国寄りの意見を吹きまくっているのだろう。総理と言えばまずは国益第一にものを考えるべきなのだろうが、この鳩は国益どころかすべてを放り出して自分の利益のためだけにものを言っているようだ。よくもこんな鳩を総理にしたものだと今さらながら恐ろしい。
Posted at 2013/06/27 23:06:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「「Destiny、鎌倉物語」、‥(^。^)y-.。o○。 http://cvw.jp/b/110820/42282292/
何シテル?   12/10 16:48
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗って5年、スーパーボルドールも2代目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
67 人のお友達がいます
☆もぐたん☆もぐたん * YOURSYOURS *みんカラ公認
ニョーピンニョーピン TADASHI 287TADASHI 287
素 うどん素 うどん ひろじまひろじま

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) CB1300スーパーボルドールM2018 (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
外観 もうこれは美しいという以外にはない端正なバイクではある。ホンダは「威風なる血統」 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ホンダ 400X ホンダ 400X
パワーもそれなりにあるし、手ごろで扱い易いバイクです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.