• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ntkd29のブログ一覧

2014年01月29日 イイね!

空自、領空侵犯対処のマニュアルを規定とか。

航空自衛隊が外国航空機に領空侵犯された際の対応マニュアルの策定に着手したことが28日、分かった。マニュアルの策定は初めて。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の上空で領空侵犯や領空接近を繰り返す中国の戦闘機や情報収集機を念頭に置いている。マニュアルは強制着陸の実効性を高めることに重点を置いており、武器使用権限の見直しも喫緊の課題になる。



一昨年12月、中国国家海洋局のプロペラ機が尖閣周辺の上空で領空侵犯したことを受け、空自はマニュアルの策定作業に入った。



領海侵入には海上保安庁が対処するが、領空侵犯に対処するのは空自戦闘機だ。しかし、パイロットの権限は警告射撃と強制着陸命令に限定される。空自は昭和62年、ソ連軍機に警告射撃を行ったことはあるが、強制着陸をさせた事例はない。



マニュアルでは、侵犯機を国内に強制着陸させる方法や手順を規定。中国軍機の領空侵犯をにらみ、尖閣に近い石垣空港(同市)と宮古空港(同県宮古島市)に着陸させることをモデルケースとする。



着陸させる際、空自戦闘機2機が相手機を挟み込む形で誘導する。領空の外側に設けられた防空識別圏に接近することの多い中国戦闘機J10の搭載燃料で石垣や宮古島まで飛行させられるか見積もりを立てる。



J10とともに領空に接近してきている中国情報収集機Y8は速度が遅い。空自のF15戦闘機が横並びでY8と長時間飛行することは難しく、多数のF15でY8を追い越しては後方に戻ることを繰り返すような誘導計画を作成。中国機のパイロットが操縦席から脱出した場合の対応策も定める。着陸後はパイロットを沖縄県警に引き渡し、警備態勢の強化も要請する。



ただ、強制着陸を実行するには、相手機と同じ方向に横並びで飛行しながら前方に曳光(えいこう)弾を発射する警告射撃だけでは不十分との声が多い。空自OBは「相手に撃墜の危機感を与えることが不可欠だ。機体すれすれを狙う威嚇射撃を行えるよう武器使用権限を見直す必要がある」と指摘する。





こちらが決めた通りに相手が従ってくれれば問題はないだろうが、中国軍機となればまず従いそうもない。まして戦闘機となればその場で交戦状態になるだろう。そうするとこんなマニュアルを定めてもほとんど無意味と言うことになる。それよりもいざという時の交戦規定でもしっかり定めるべきだろう。

Posted at 2014/01/29 22:58:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年01月28日 イイね!

三菱重工、F35の後部胴体をBAEに納入とか。

三菱重工業が、新型戦闘機F35の機体の一部生産に向け、英BAEシステムズと交渉していることが明らかになった。

複数の関係者によると、F35の開発に参画しているBAEから、後部胴体の生産を請け負う方向で調整している。BAEは各国が購入するF35にこの後部胴体を供給する方針で、日本企業が国際的な兵器プロジェクトにかかわる最初のケースとなる。

しかし、生産設備の投資には数百億円かかる見込み。三菱重工は採算性を慎重に見極めた上で、生産に乗り出すかどうかを最終決定する。

F35はレーダーに捕捉されにくいステルス機で、米ロッキード・マーチン<LMT.N>を中心に英国やイタリアなど9カ国の政府や企業が共同開発している。

日本政府は開発に参画していないが、防衛産業の維持・育成のため、国内企業が部品などの生産に加われるよう、防衛装備品の輸出を禁じた武器輸出三原則の例外扱いにした。

これまでにIHIがエンジン部品を、三菱電機がレーダー部品を製造することが決定している。三菱重工も機体の最終組み立てを請け負うことが決まっているが、関係者によると、さらに後部胴体を製造し、BAEに納めることで両社は詰めの協議をしている。

「機体全体のどのぐらいの割合を三菱重工が手掛けるのかや、必要な技術移転の内容については、ほぼ決まった」と、関係者の1人は話す。

BAEは三菱重工が生産する胴体を、各国が購入するF35向けに供給する方針。IHIと三菱電機が手掛ける部品は、まずは自衛隊が配備するF35向け、三菱重工が組み立てる機体も国内向けだ。

三菱重工とBAEの協議が最終決定すれば、日本の防衛企業が国際的な兵器開発プロジェクトの部品供給網に初めて関わることになる。

問題は採算性。新たな生産設備の設置には数百億円かかる見込み。三菱重工が試算している製造コストが、BAEの提示する納入価格を上回っているという。三菱重工は政府からの資金支援の可能性を探っているが、限られた防衛予算の中、最終決定までには時間がかかる可能性がある。

BAEの広報担当者はロイターの取材に対し、交渉の事実は認めたものの、詳細は明らかにしなかった。三菱重工と防衛省はコメントを控えた。

F35は航空自衛隊の次期主力戦闘機で、防衛省は老朽化が進むF4戦闘機の後継機として42機を調達する計画にしている。世界では数千機が生産される見通し。



戦闘機生産技術継承のためだが、こうした共同生産を通じて日本は好むと好まざるとにかかわらず集団自衛権の圏内に組み込まれて行く。武器を共同生産して同盟国に売ると言うことは間接的な集団自衛権の行使だろう。まあこれまでのように何でもかんでも一国で開発生産するのは兵器の発達に従ってコスト的に無理になって来ているのでこれもやむを得ないだろう。ただ、戦闘機を作れればいいと言うのではなくコスト管理はきちんとやってほしい。次はFXXをBAEと共同開発するようになれば良いのだが、・・・。
Posted at 2014/01/28 23:12:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年01月27日 イイね!

大型二輪に乗ろう(こけ方もいろいろだが、・・・。)

販売店から6カ月点検の連絡が来た。何だかんだで、もう400Xと半年付き合って来たんだなと思う。最初はまさかあのバイクに乗りことになるとは思わなかったが、乗ってみればなかなか良いバイクだ。





今日も職場往復ツーリングだったが、自動車道に合流する際にちょっと気合を入れて加速したらあっという間に100キロになった。おそらく4,5秒程度だろう。400と言ってもそれほどの能力があるのは驚きだ。これがリッターバイクだったらどうなるのだろう。『バイクだけが先に飛んでいくようだ』という感覚ももうなづける気がする。





ただその速度を維持して走行するのはちょっとどうかなとも思う。まあ高速を維持するのは四つ輪の方が都合が良いだろう。第一、そんなに飛ばしていたら警察様のお世話になってしまう。でも最近は100キロと言ってもあまり驚かなくなった。乗り始めの頃は80キロでもおっかなびっくりだったのだが、・・・。慣れとは恐ろしいものだ。





ところでホンダウィングの方でも未だにCB1300が何時出るのか分からないそうだ。2月発表、3月販売開始だろうか。ところでブレーキレバーを頼んだら、「え、またですか」と言いやがった。自宅の駐車場所から出す時に倒したと言ったら、「ああ、・・。」と言っていた。立ちゴケしたと思っているのだろう。





立ちゴケもなにも乗ってもいないのだが、まあ似たようなものか。最近は乗っていてコケそうと思ったことはない。あまり無茶もしないがそれだけバイクに慣れたのだろう。Youtubeでこけるシーンを見たが、こけるのはワインディングで膝を擦るような走りをしていて限界を超えてこける場合ともう一つはいわゆる立ちゴケと言う低速でバランスを崩してこける場合がほとんどだろう。





ワインディングでこけるシーンはこんなこけ方をしていて大丈夫だろうかと言うのもあるし、また、低速の場合は、「あ、危ない、こけるぞ、・・・。あーあ、やっちゃったよ」というシーンもある。他人がこけるのは見ていて面白いが、自分となるとそうは行かない。まあ、これまでは命にかかわるようなこけ方は一回だけだが、・・・。慣れた時が危ないというが、注意して安全運転を心がけよう。



Posted at 2014/01/27 00:23:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年01月26日 イイね!

大型二輪に乗ろう(乗り易いバイクとは、・・。)

最近バイク雑誌を見ていると、「もう今のバイクに飽きたのか」と言われる。今の400Xは扱いやすい良いバイクでそれなりに力もあり乗り易いバイクだ。特に飽きたと言うことはない。ずっと乗っていてもいいと思う。





しかし、せっかく大型免許を取ったのだから一度くらいビッグマシンを操ってみたいと思う。もう若くはないのでビッグマシンに乗れるのもそう長いことではないだろう。だからこの際ビッグマシンを所有して乗り回してみたい。それが正直なところだ。





実際二輪車に1リッターを超えるエンジンは必要ないと思う。今の400㏄でも必要にして十分だと思う。ただ9500回転で最高馬力と言うのはちょっと実用的ではない。一度低いギアで7000回転を超える程度まで回したことがあるが、エンジンの振動がシートを通じてかなり伝わってきた。実質的には6000回転程度が実用域だろうと思う。





それでもそれなりに力はあるので特に不足は感じない。結構力強いバイクと思う。その点ではホンダのNC750Xは完全に実用域重視のバイクでこれに乗ってみたことはないが、最大馬力が6000回転を少し超える程度、最大トルクは5000回転を下回る程度で発揮されるので、きっと乗り易く力強いバイクだろうと思う。





このバイクにも結構感じるものはあるのだが、やはりもっと大きなバイクがあるのなら乗れるうちに乗ってみたいと思うのはバイク乗りになった者としては当然のことだろうと思う。CB1300も1.3リッターというCカー並みのエンジンを載せている割には7000回転で最高馬力の101馬力、5500回転で11.6㎏/mのトルクを発揮するが高回転高出力を狙わずに実用域を重視した設定となっている。多分このバイクも乗り易いバイクだろうと思う。ただ270キロと言う車重にはちょっと不安もあるが、・・・。





大体、今のスーパーサイファの非力な1.5リッターのエンジンでさえ最高馬力を発揮する6000回転まで回したことはない。おそらく6000回転まで回せば180キロ近くまで行くだろうし、そんな速度を出せるところは公道ではどこにもない。バイクも同様で1万回転以上回せるバイクも多いが、そんなに回せる場所などサーキット以外にはないだろう。





膝を擦るようにして高回転でワインディングを駆け抜けるのも良いのだろうが、そんな歳でもないのでのんびりと走ろうと思う。そうするとアメリカンも候補になってしまいそうだが、エンジンはパラレル4発が良い。CBR1000RRの発表があったが、次は何を出してくるだろうか。今年の前半で20車種の新型バイクを投入すると言うホンダだが、そろそろCB1300の発表があっても良い頃だと思うが、・・・。



Posted at 2014/01/26 01:26:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年01月25日 イイね!

防衛省、英国とF35用ミサイル開発へ。

防衛省は英国との間で新型戦闘機F35用のミサイルを共同開発する方向で検討に入った。政府が2011年に武器輸出三原則を緩和したことを受けた措置で、13年6月に合意した化学防護服の開発に次ぐ協力となる。複雑化する安全保障環境をにらみ、米国の同盟国である英国とも一段の関係強化を図るのが狙いだ。




日本は航空自衛隊の次期主力戦闘機に、米英など9カ国が共同開発した新型ステルス機のF35を決定。英国も空軍と海軍にF35の導入を予定している。レーダーに捕捉されにくいF35は機体内にミサイルを格納する構造のため、採用国は新型ミサイルの開発動向に関心を持っている。




英側はF35用の新型空対空ミサイルを他国と共同開発したい考えで、ミサイルに搭載する制御コンピューターの技術に優れる日本に協力を要請。日本も防衛技術の海外展開につながると判断した。





英国は武器の共同開発をするには格好の相手だろう。日栄双方ともそれなりの技術を持っているし、軍事力も似通っている。共同開発をすれば双方とも開発費を軽減することが出来るし一石二鳥だろう。英国は明治以来日本が屁本としてきた国であり英国と友好関係を結んでいた時の日本は比較的穏やかで国際社会の中でそれなりの立場を占めていた。今後、さらに共同開発を進め次のFXも英国と共同開発してみたらどうだろう。機体技術は日本が、エンジンは英国が、そうすればいいものが出来るのではないだろうか。
Posted at 2014/01/25 15:48:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「大型二輪に乗ろう(敢えて雨の中を走りたくはないのだが、・・(^。^)y-.。o○) http://cvw.jp/b/110820/42076534/
何シテル?   10/18 15:17
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗って5年、スーパーボルドールも2代目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
67 人のお友達がいます
YOURSYOURS *みんカラ公認 ひろじまひろじま *
TADASHI 287TADASHI 287 * まーたまーた
素 うどん素 うどん ジムニー魂ジムニー魂

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) CB1300スーパーボルドールM2018 (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
外観 もうこれは美しいという以外にはないきれいなバイクではある。ホンダは「威風なる血統 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ホンダ 400X ホンダ 400X
パワーもそれなりにあるし、手ごろで扱い易いバイクです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.