• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ntkd29のブログ一覧

2015年06月30日 イイね!

大型二輪に乗ろう(リコールだそうだが、・・・。)




ホンダのリコールだが、昨日ドリームで聞いたが、全く準備が出来ていないという。部本は入っていないし、対象車両もいまだはっきりしない状態でどうしてこんな状態で広報してしまったのかと店員さんも嘆いていた。







普通は方法すると同時に対応が始まるのだろうが、どうも今回は違うようだ。数が多い(バイクとしては、だが、・・。)からだろうか。不具合の場所もやばいと言えばやばいが、特に危険と言うほどの場所でもない。準備してから広報しても良いとは思うのだが、・・。







警視庁の白バイが燃えたというので警視庁辺りから強くおしかりを受けたのだろうか。「お前の方で広報しないとこっちでやるぞ」とか、・・・。まあそんなこともないだろうけど、・・。







これからツーリングの時期に入り遠出する機会も増えるのだから早く対応して欲しいのだが、・・。前回400Xの時はすぐに対応してくれたように思うが、今回は広報だけでその後がいけない。







もっとも年間1千台、2千台のバイク生産では3万台のリコールなどなかなか手が回らないのかもしれない。





Posted at 2015/06/30 23:47:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2015年06月30日 イイね!

戦闘機開発関連株で儲けよう。




◆純国産の戦闘機は戦後初!
 

とかく防衛といえば、世間の関心は「集団的自衛権の行使容認」というテーマに向けられがち。だが、実はその陰で、巨額のマネーが動くビッグプロジェクトが密かに進行中だ。カブドットコム証券チーフストラテジストの河合達憲氏は次のように指摘する。



「政府は国産ステルス戦闘機・F3の開発に乗り出す方針です。純国産は戦後初で、防衛省はそのための予算として5000億~8000億円を見込んでいます。しかし、それはあくまで当初に投じるお金で、かなりのレバレッジ(テコの力)が効いた経済効果が期待されているのです」





最先端技術を結集した次世代戦闘機であるだけに、開発・製造にも相応の資金を要するが、さらにそれから先にもコストがかさむものだ。メンテナンスや改良、そして耐用年数に達した後の廃棄まで踏まえると、膨大な予算が求められることになる。現在の主力戦闘機・F2のケースで試算すると、こうした総費用は100機当たり3兆3523億円に達するという(’09 年に防衛省が実施した試算結果)。



「航空機産業の裾野は広い。100機のF3が生産された場合、このプロジェクトには1100社以上が参画し、その結果として24万人の雇用機会が創出され、8兆3000億円もの経済効果が得られます」





【三菱重工業】東証1部・7011
総合重機の最大手で、ガスタービンをはじめとする電力施設向け機器から産業機械、航空・宇宙、防衛関連まで守備範囲が極めて広く、各分野で高い実績を残す。「国産旅客機MRJが今秋にも初飛行を予定しており、飛行機作りはお手の物。国産戦闘機の開発でも中心的な役割を果たすのは必至」(河合氏)’16年3月期の経常利益も2期連続で過去最高を更新する見通し。戦闘機開発本格化でさらなる躍進も!

現在株価:789円

単元株数:1000株

最低購入価格:78万9000円

目標株価:1050円

買いメド/損切りメド:790円/ナシ

PER:20.37倍

PBR:1.49倍




【川崎重工業】東証1部・7012
総合重機の大手で、一般的には大型バイクで知られるが、新幹線をはじめとする鉄道車両や航空機でも豊富な実績を残している。最新鋭旅客機B787前部胴体などの製造を担う一方、すでに自衛隊の航空機や潜水艦も手掛けている。

現在株価:628円

単元株数:1000株

最低購入価格:62万8000円

目標株価:860円

買いメド/損切りメド:650円/590円

PER:15.21倍

PBR:2.43倍





【ナブテスコ】東証1部・6268
防衛分野では、航空機の油圧機器やエンジン・燃料機器、操縦系統システム、電源システムなどの製造・修理を手掛ける。同社製の高電圧配電装置がB787に採用される一方、防衛省とも太いパイプを持ち、豊富な納入実績を誇る。

現在株価:3210円

単元株数:100株

最低購入価格:32万1000円

目標株価:3650円

買いメド/損切りメド:3100円/2800円

PER:―倍

PBR:2.71倍







株を買って儲かるかどうかは別にしてもF3の開発はぜひやるべきだろう。開発の成否を握るのは高出力エンジンの開発で少なくとも推力15トン以上のものが必要と言う。ATD-Xに装備されているのは出力重量比が高いとはいえ、推力5トンの小型エンジンでこんなものでは戦闘機など夢のまた夢になってしまう。中国がJ20だのJ31だのと言っているが、あのエンジンの排気口を見ただけでこれはダメだと言うのが分かる。あんな排気口は2世代くらい前のエンジン排気口だ。推力偏向パドルのついたF22やATD-Xとは雲泥の差だろう。中国はロシア製エンジンを勝手にコピーしているが、まともな性能が出ないようだ。機体は何とか似せて作れても高出力エンジンの開発はかくも難しい。防衛省とIHIは開発可能と言うが、日本も戦争中の高性能エンジンの開発で痛い目を見ている。こうした高性能戦闘機など航空機の開発は極めてすそ野が広く技術移転の範囲も極めて広い。軍事的な効果はもちろん、経済効果も極めて大きい。機体とエンジンの開発費に1兆円、2兆円をかけても安いものだと思う。震災で傷ついたF2の再生をきわめてゆっくりとしたペースで進めているのもF3開発へつなげるためとも言う。ぜひF3戦闘機の開発を推進して欲しい。





Posted at 2015/06/30 23:45:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 軍事 | 日記
2015年06月29日 イイね!

大型二輪に乗ろう(タイヤを取り換えた)

大型二輪に乗ろう(タイヤを取り換えた)




今日はホンダドリーム世田谷にタイヤの交換に行って来た。全然減らないと言っていた新車装着時のBT022と言うタイヤ、このタイヤは欧州仕様のタイヤのようで数が少ないので国内用もヨーロッパ用も一緒なんだろうが、何だかあっという間に減り始め、結局、前はそろそろ限界、後ろはあと2千キロほどと言う状態になった。







それでこの際前後共にと言うことでブリジストンバトラックスT30EVOに交換することにした。BT023だと組み付け費用も合わせて4万4千円、お買い得だというが、最新のタイヤが良い。T30EVOだと6万ほど、まあ仕方がない。この際だから奮発しよう。







と言うわけでT30EVOに交換したが、窒素を入れてくれて5万9千円だった。タイヤがなじむまであまり無理をしないでくれと言われて帰りの高速はのたくらのたくら走ってきた。まだ慣らし中なのでこれと言って感想はないが、「硬いんじゃないの」というのが印象と言えば印象だろうか。もう少し馴染んで来たら何か違いが出るかもしれない。







でも元のタイヤも悪いタイヤではなかったと思う。まあそんなに極端に変わるというものでもないだろう。それにしてもバイクのタイヤと言うのは1万キロほどで寿命のようだ。僕のCB1300スーパーボルドールも走りが優しすぎてタイヤが減らないのかと思ったが、そうでもなかったようだ。ところでホンダドリーム世田谷、営業スタッフが総入れ替えになったそうで、どうも以前のようにツーカーと来ない。次のバイクは自宅に近いところで買おうか。
Posted at 2015/06/29 21:57:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2015年06月28日 イイね!

マスコミファシズムに正面から喧嘩を売った永遠のゼロ






作家の百田尚樹氏は27日、福岡市中央区のホテルニューオータニ博多で講演した。自民党若手議員の勉強会をめぐる騒動に関した主な発言は次の通り。

 




自民党の若手の議員の勉強会に呼ばれ、30分講演し、30分は質疑応答だった。最初報道陣がいて、その後、報道陣は退出し、一般には公開されない内輪の席での会話です。ただ、声が大きいので(外に)丸聞こえだった。

 




講演で話したのは、集団的自衛権のこと。この大変な時期に国会議員は責任をもってやってもらわないと困る。行き先を間違うと、20、30年後に大変なことになると。その後いろいろ質問され、マスメディアの話、沖縄の新聞の話が出た。

 




沖縄の新聞は大嫌いなんです。これは本音。沖縄の2つの新聞にさんざん悪口を書かれているので、個人的な恨みもありますが、それを越えて、沖縄の新聞はだめだと思っている。笑いながら、『あの新聞やっかいや、つぶれてもらわんとな』と。それで話は終わり。その一言を書かれたんです。

 




その前に重要な話をしている。ある議員から、『偏向報道する新聞社に対して、広告主、スポンサーに圧力をかけ、資金を絶ってこらしめるのはどうか』と聞かれた。私は『それはだめです』と。そんなことしたらだめですと答えた。それは書いてもらえない。おかしいでしょ。百田尚樹言論弾圧と。違うって。そんなことしたらだめやと言っているのは書いてもらえない。ひどいでしょ。

 




沖縄の2つの新聞が(26日)共同で抗議声明文を出した。朝日新聞が喜んで載せて、人にいわせて書くというきたない新聞なんです。また書かれるかもしれませんね。

 




テレビとかラジオで不特定多数の人に向けて言うたら、軽口であろうと、冗談であろうと言い訳が通用しないところがある。ところが、内輪の会、私的な会合です。なおかつ、取材はシャットアウトでしゃべってる。飲み屋の席でしゃべっているようなもんです。

 




さらにひどいのは、普天間基地の話をしたが、今日の沖縄の2つの新聞に、普天間の住民たちを金目当ての住民やと(百田氏が言った、と)書かれている。そんなこと言ってない。

 




先日、沖縄地裁で判決がでた。住民が騒音がうるさい、精神的に苦痛を被っていると国に補償を求め、お金を払えという判決がでた。すごい騒音で、その苦しみ、精神的苦痛は想像できる。それを理解した上で、私は違和感が残ると。おかしいとはいっていない。

 




普天間基地というのは街の中に基地がある。でも、もともと街のど真ん中ではない。1970年の写真をみてますと、基地のまわりは全部田んぼ。周辺にほとんど家はない。現在は(周辺に)家が建っている。貧しい経済事業などもあり、米軍基地のそばに行けば仕事があるんじゃないか、生活の術があるんじゃないかと、集まった。米軍に物を売りたいとか。人間は人が集まると、新たなビジネスが生まれる。

 




そうやって、40年間に家が建った。もともと静かな暮らしの中で、いきなり米軍基地が、という状況とは少し違う、違和感が残ると申し上げた。(九州総局 高瀬真由子)百田氏は報道陣に対し、集団的自衛権についても、以下のように語った。

 




集団的自衛権について、憲法には自衛権があるとは一言も書いていない。交戦権は保持しない。他国にやられた場合には、交戦権がないので、本当は抵抗はできない。自国を守ることはできないと書かれている憲法。その憲法を是とするなら、自衛隊も集団的自衛権もだめ。なんも抵抗はできない。それでええのかと。

 




憲法の解釈がどうこうというより、国民の命と国土を守るためには、どういう憲法が正しいのかというのが大事なのであって、そういうことは誰も書かない。産経新聞は書くかもしれないが。朝日新聞や毎日新聞は絶対書かない。

 




憲法は、その国の持つ、文化、歴史観、死生観、宗教観など、国家の民族の持つ、最も基本のもので、自国民がつくるべきもの。

 




他国が別の国を侵略して、主権を奪い、憲法を押しつけられた国は、歴史上2つしかない。ドイツと日本。ドイツは、戦後70年近くの間に、59回憲法を改正し、自国の憲法にしている。日本は一度たりとも改正していない。

 




自国だけの兵力では強大な他国には立ち向かえない国は、集団的自衛権を持っている。典型的なのがNATO(北大西洋条約機構)。ドイツは、ポーランドが仮にロシアに攻め込まれたら、ポーランド防衛のために、自国民の命を犠牲にして戦わないといけない。ドイツが攻められたら、NATO加盟国はドイツ防衛のために戦う。

 




ある国が、NATO加盟国の一国を侵略する場合は、NATO加盟国全部を的にまわさないといけない。これは大きな戦争抑止力。そのために世界中の国が集団的自衛権を有している。

 




もちろん、リスクはありますよ。ドイツは、ポーランドが攻められたときには、自国の軍隊を犠牲にして他国を守らないといけない。

 




日本はそんなリスクは負いたくない、日本はやられた場合はアメリカに助けてもらいたい、けど、アメリカがやられても、アメリカを助けるのは、堪忍してもらいたいと。それでもお願いしますというのが日本の野党なんです。

 世界では通用しない。

 




集団的自衛権はだめ、認めないと言ったら、日本は自国だけで、強大な帝国に対抗できるだけの軍事力が必要。だから、今の軍備をもっと大きくしないといけないし、核(兵器)をもつ必要もあるかもしれない。でも、それはだめだと、野党の人たちは言うてる。意味が分からない。







この百田と言うおっさんはあまり好きではないが、まあ言っていることは間違ってはいないと思う。このマスコミファシズムの日本でマスコミを正面から批判して喧嘩を売ることが利口なことかどうかは別の話だが、・・。日本の左翼と言うのは政治と宗教を混同していて憲法を奉じていれば日本は平和だと思っているようで言っていることに言語はあって意味がない。何をどうするのか分からないで平和、反戦、憲法擁護などの抽象的な言語で終わってしまう。沖縄も誰が何のために反対してどうしようと言うのか全く分からない。政治と言うのは手段方法が明確で国家と国民のために利益のあることでなければ意味がない。国がなくなって福祉も平和も何もない。


Posted at 2015/06/28 22:57:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治 | 日記
2015年06月27日 イイね!

大型二輪に乗ろう(バイクって売れないんだなあ、・・・。)





バイクって売れていないんだなあ。一番売れているCB400系でも年間2,700台程度、CB1300系は1500台程度、NC750系は2,500台程度、NM4が1,000台弱、CB1100系が1,200台程度、これで一体どうやって飯を食って行くんだろうか。










川崎重工の二輪の売り上げは全体の16%と言うが、川崎重工ってそんなに規模の小さい会社だったのか。省燃費エンジンを作る予算がなくてフィット開発陣に頼み込んで知恵を借りたと言うが、まあほとんど図面をコピーしたのだろう。







バイクってどこで儲けているんだろうか。ほとんどは台湾、インドネシア、ベトナム、タイ、マレーシアなどのアジア圏とイタリア、スイス、スペイン、チェコ、オーストリアなどヨーロッパがちょこちょこ、そんなものだろう。あとは軽二輪と原付で稼いでいるのだろうか。










軽二輪に上のバイクではホンダが4万5千台、2014年はヤマハが大きくシェアを伸ばしたが、この程度だったらちょっと売れた四輪1台分にも及ばない。生産もあれこれ車種を増やしてはいられないだろう。できるだけ部品やエンジンを共用してコストを下げないと儲けも出ないだろう。フィットの図面を借りるのも分かる気がする。










CB1300も20年と言うが、そんなに簡単にモデルチェンジもできないだろう。もっともSSなどは2年に1回フルモデルするそうだが、・・。SSは各メーカーの顔だから売れる売れないはあまり関係ないのかもしれない。










まあでも大型バイクは原則1人乗り、荷物は積めない、天候に大いに左右される、そして危険というイメージが付きまとって値段はCカー並みと言うのでは一般家庭ではそれはそれは買うのは大変だろう。こんな家内工業のような生産では、CB1300がフルモデルチェンジをするのは何時のことだろう。でもあのバイク、あまりに完成され過ぎていてもういじるところがないのかもしれない。










二輪と言うと何となく悪役のイメージがあるが、きちんと乗れば四輪と安全性は変わらない。メーカーさんもいろいろと苦しいところはあるだろうが良いバイクを世に出して欲しい。そして言い二輪文化を作って欲しい。





Posted at 2015/06/27 23:56:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記

プロフィール

「国交断絶にまっしぐらの韓国、・・(^。^)y-.。o○。 http://cvw.jp/b/110820/42192862/
何シテル?   11/17 12:36
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗って5年、スーパーボルドールも2代目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
67 人のお友達がいます
ジムニー魂ジムニー魂 * 素 うどん素 うどん *
YOURSYOURSみんカラ公認 ひろじまひろじま
ぐる&#215;ぐるぐる×ぐる ニョーピンニョーピン

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) CB1300スーパーボルドールM2018 (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
外観 もうこれは美しいという以外にはない端正なバイクではある。ホンダは「威風なる血統」 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ホンダ 400X ホンダ 400X
パワーもそれなりにあるし、手ごろで扱い易いバイクです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.