• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ntkd29のブログ一覧

2015年10月31日 イイね!

大型二輪に乗ろう(トヨタの車とホンダのバイク)




最近陽気のせいか、怠惰のせいか、バイクに乗り出すのが面倒になってきた。通勤にバイクを使おうかと思うが、それなりの服装をしてプロテクターを着けて、バイクのカバーとロックを外して、重量級のCB1300を引っ張り出してメットを被ってグローブを着けて、・・・なんて考えていると、「電車で行った方が楽だ」となってしまう。




遠出でもするなら話は別だが、あの重量級のバイク、ちょっと通勤と言うバイクではないように思う。二種原でも買おうかとずっと考えているが、これも今一つだし、自動車専用道路を走れないと言うのもちょっと考え物だ。FTRなど250クラスでも良いが、そうすると四輪の任意保険、バイク2台の任意保険で年間10万以上もかかってしまう。これもちょっと問題だろう。




四輪なんか必要な時はレンタカーでいいから止めちまおうかとも思うが、ディーラーさんとの長い付き合いもあるのでこれもちょっと難しい。まあ、次の春になったら考えるか。




ところでこれまで四輪はすべてトヨタを乗り継いでいる。頻繁に買い換えるわけではないが、もう5台を購入している。ホンダのバイクはCM125T、400X、CB1300で3台目。ちょっと考えてみるとトヨタの車とホンダのバイクと言うのは共通点があるように思う。基本的にどちらも奇をてらわずに王道を行く作りと言うのだろうか。これぞ車、これぞバイクと言った商品が多いように思う。




スペックに拘らず基本性能を磨き上げ、日常一般の使い易さを追求したものが多い。そういう車やバイクをつまらないと言う向きもあるが、バイクはともかく車と言うのは生活に密着した道具でもあるので普通に乗って使い易いと言うのは大変なことだと思う。カローラとNC750などはその代表だろう。




バイクは極めて趣味性の強い乗り物だが、サーキットを走るわけではない僕にはロングツーリングで乗り易いと言うのは重要なことだ。もっともCB1300でも非日常の世界に行こうと思えばちょっとアクセルをひねるだけで十分なのだが、・・・。




この先、もう何台も車やバイクを買い換えることはないと思う。CB1300は超のつくほどお気に入りだが、もう少し取り回しの楽なものでもいいのかなとも思う。NC750がちょっと過激にマイナーチェンジすると言うのでそれでもいいかななどと考えているが、ここで使っているNC750Lのエンジン音を聞くと、「うーん」となってしまう。今は車をiQの6速マニュアルへ、バイクはCC110を追加と言う線で考えている。300万もあればおつりが来るだろうけど車もバイクも乗っている時間がないからなあ。




Posted at 2015/10/31 18:16:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2015年10月31日 イイね!

南シナ海問題で風当たりが強くなるばかりの中国様




南シナ海の領有権問題をめぐり、オランダ・ハーグの仲裁裁判所が、本格的な審理に入る決定を下したことについて、中国外務省は、「決定は無効で、中国に対し、拘束力はない」と反発した。




また、「中国は、自主的に争いを解決する方法と手順を選ぶ権利がある」として、仲裁手続きに参加しないとの立場を、あらためて示した。




一方、仲裁を申し立てたフィリピンに対しては、「交渉と協議で、争いを解決する、正しい道に戻るよう促す」と述べ、南シナ海問題は、あくまで当事国同士で解決するという、従来の主張を繰り返した。




負けを見越して予防線を張る中国様、米国の示威行動と言い、南シナ海問題を取り巻く中国に対する風当たりは強まるばかりのようだ。
Posted at 2015/10/31 16:19:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 軍事 | 日記
2015年10月31日 イイね!

海上自衛隊と中国海軍はどっちが強いか。




2015年10月27日、環球時報によると、中国海軍の作戦力が日本の海上自衛隊を上回り、アジア最強の海軍力になりつつあると、海外メディアが報じている。海上自衛隊の観艦式がこのほど行われ、「どちらが強いのか」という話題に注目が集まっている。



米サイト「Next Big Future」は、海上自衛隊は4隻のヘリコプター搭載型護衛艦、16隻の潜水艦を含め、138隻の艦艇を保有しているが、中国海軍はミサイル駆逐艦052C型6隻と052D型5隻の計11雙のイージスシステムを搭載する駆逐艦を保有するほか、現在建造中のミサイル駆逐艦などが配備されれば、中国海軍の作戦力は海上自衛隊を上回ることになると指摘した。






また、台湾の中時電子報は中国が建国記念日に合わせた軍事パレードで最新の「東風-21D」対艦ミサイルや「東風-26」中距離弾道ミサイルを公開したのを受け、海上自衛隊は観艦式で最新の「いずも型」護衛艦を含む40隻余りの艦艇を集結させたと報じられたが、中国の軍事専門家は海上自衛隊の艦艇のうち、中国の最新駆逐艦や護衛艦に対抗できるのは24隻しかないと指摘した。






報道の多くは水上艦の数に注目しているが、中国の軍事専門家は「水上艦の数だけ見て比べることにはあまり意味がない」とし、水上艦にもさまざまな種類があり、さらに潜水艦や搭載する航空機などもあると指摘。また、トン数による比較もできないとしている。






中国海軍軍事学術研究所の張軍社(ジャン・ジュンシャー)研究員は、「中国海軍がアジア最強だとしてもおかしくはない。中国は人口や面積、経済力などで日本を大きく引き離しているからだ」と話している。







日本の4,5倍の国防費を使って装備を増強しまくっているのだから海上自衛隊を凌ぐのは当然だろう。後は練度と個艦の性能だろうが、この辺りはまだ日本の方が上だろう。中国にとって有利なのは資金も人も豊富と言うことだが、逆に国土が広大なので部隊を広範囲にばらまかないといけない。





戦ったらどっちが強いかなんという比較は全く意味を持たない。局地的な紛争なら海上自衛隊は一度や二度程度は中国海軍を跳ね返すだろうが、何度も反復して来られると後詰のない海自は不利になる。太平洋戦争前にも、「広大な国土を有する国はそれだけで強大な軍事力を有しているのと同じことだ」と言う対米戦必敗論もあった。また、やるとなれば局地ではなく総力戦を想定して考えないと意味がないという。





中国は南シナ海ではフィリピンやベトナムを相手にやりたい放題好き勝手やっていたが、それなりの軍事力を有している日本が実効支配する尖閣諸島ではかなり自重している。また、人工島の中国が主張する領海に進入して来た米艦には距離を取って警告する程度で手も足も出せなかった。国際社会で自国の存立を確かなものにするにはやはり力がないと出来ない。





日本の場合、何も中国に勝る武力を蓄える必要はない。しかし、「手を出してきたらそっちも痛い目を見るぞ」と言う程度の武力は保持していないと困るだろう。安保法制、集団的自衛権もかなりグレーな部分はあるが、「平和だ、話し合いだ」と言って片が着くことと着かないことがある。理想は理想、現実は現実として分けて考える程度の知恵は必要だろう。


Posted at 2015/10/31 15:10:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 軍事 | 日記
2015年10月31日 イイね!

辺野古移設反対運動を警察が弾圧しているような記事はおかしいんじゃないの。




沖縄県名護市辺野古の新基地建設で31日午前7時すぎ、米軍キャンプ・シュワブゲートから工事関係車両が入った。沖縄防衛局が「本体工事着手」を発表した29日から3日連続で、市民約80人が座り込んで抗議したが、機動隊はそれを上回る100人以上を動員して排除した。
 




市民からは関節を痛めて歩けない、頭を切ったなど、けがの訴えが相次いだ。シュワブ内や海上では午前10時現在、工事の動きはない。





道路に座り込んで円滑な交通を妨げるなど違法な行為はお止めになればいい。違法な行為があるから警察は動かざるを得ない。主義主張があれば適切適法な方法で行なうべきでしょう。警察は反対運動を弾圧しているわけではない。違法な状態を解消して道路の円滑を回復しているだけです。
Posted at 2015/10/31 12:02:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治 | 日記
2015年10月30日 イイね!

追い詰められた中国様はどう出るか。




米国のイージス駆逐艦が南シナ海で中国が軍事基地化を進める人工島周辺12カイリ(約22キロ)内に進入した。中国は「強烈な不満と断固たる反対」を表明し「あらゆる必要な措置をとる」と対抗する構えだ。米中対決の行方はどうなるのか。

 

米国側は進入したものの、姿勢はきわめて抑制的だ。それは駆逐艦が進入したときの映像をいっさい公開していない点に象徴される。進軍ラッパを鳴り響かせて突入したような印象を避けたい意図がにじみ出ている。

 

だからといって、作戦に参加しているのは報じられたように、たった1隻の駆逐艦とP8A哨戒機だけだったのかといえば、そうではないだろう。

 

中国を過度に刺激したくないために公表していないだけで、実はもっと多くの艦船や作戦機、衛星が総動員されているとみて間違いない。原子力潜水艦も周辺海域をパトロールしている可能性が高い。中国の軍事的能力を推し量るうえで、今回の作戦は絶好の機会になる。そんなチャンスをみすみす逃すはずがない。

 

それは日本も同じである。菅義偉官房長官は会見で「米軍の作戦の1つ1つにコメントするのは控える」としながら「(米側と)緊密な情報交換は行っている」と認めた。駆逐艦「ラッセン」が所属するのは米海軍第7艦隊であり、母港は神奈川県の横須賀基地だ。

 

横須賀には海上自衛隊の基地もある。横須賀基地は日米とも緊張しているだろう。

 

これはまぎれもない軍事行動である。相手が対決姿勢を示している以上、米国も日本も自らすすんで手の内をさらけだすわけがない。日本の海上自衛隊も姿は見えないが「緊密な情報交換」を基に事実上、米国と一体となって動いているとみていいのではないか。

 

一方、中国の側も事前の勇ましい言葉とは裏腹に、これまでのところ抑制的な姿勢を保っている。2隻の軍艦が駆逐艦を追尾したものの、それ以上の敵対行動はとらなかった。両国の海軍トップ同士は29日にテレビ会談するとも報じられた。これも偶発的な衝突を避けるために意思疎通を図る狙いである。

 

こうしてみると、緊迫した事態であるのは間違いないが、侵入後も両国は事態をしっかりコントロールしているとみていい。そのうえで、さて今後はどうなるのか。

 

結論を先に言えば、習近平政権はどうやっても米国には勝てないとみる。




中国は強気だが、確実に負ける

 

それには、かつての米ソ冷戦の経験が参考になる。冷戦は1945年の第二次大戦終結直後から始まり、89年のブッシュ・ゴルバチョフ会談で終結するまで半世紀近くにわたって世界各地を舞台に激しく戦われた。

 

スプートニクの打ち上げ成功(57年)など一時はソ連の力が米国を凌ぐと思われた時期もあったが、共産主義体制の非効率性は克服できず結局、体制内改革であったはずの民主化政策が引き金になってソ連が崩壊した。決め手になったのは経済である。東側の経済が西側に大きく遅れをとってしまったのだ。

 

米国の政策立案者たちは今回の人工島進入にあたって当然、かつての冷戦を強く意識したに違いない。カーター国防長官は上院軍事委員会の公聴会で「今後、数週間から数カ月にわたって作戦を継続する」と述べた。しかし、これはまったく控えめだ。

 

米国は数カ月どころか数年間、もしかしたらそれ以上の長期にわたって作戦を継続する覚悟を決めているはずだ。それは当然である。いったん進入した以上、中国が退かなければ、米国側から退く選択肢はありえない。そんなことなら、そもそも進入しない。

 

国防長官が長期にわたって作戦を継続する意思を公に表明しなかったのも、また当然である。そんな覚悟をあからさまにいえば、中国に向かって「米国はこれからずっと中国と対決していく」と宣言したも同然になってしまう。

 

相手にそんな宣言をしてみたところで問題は何も解決しない。それどころか悪化させてしまう。百害あって一利なしである。だからといって、米国に長期戦の覚悟がないという話ではない。分かっているが、おおっぴらに言わないだけだ。

 

冷戦は結局、ソ連崩壊の形で終わった。では中国はどうなるのか。

もしも中国がいま米国に反撃すれば、目下の軍事力は圧倒的に米国優位なので中国は確実に負ける。中国もそれが分かっているから、強気な台詞を吐き続けてきたものの、いざ進入されたら追尾するくらいしかできなかった。

 

だからといって中長期的な持久戦に持ち込んだところで、やはり勝てない。なぜかといえば、軍事力を支える肝心の経済がいまや崩壊寸前であるからだ。躍進した中国経済の秘密はなんだったか。パクリと庶民生活を犠牲にした安価な労働力だ。

 

中国自身が開発した画期的な技術など、ほとんどないに等しい。ブランド品から半導体、冷凍ギョーザに至るまで日本や米国の商品、先進技術をパクってきて真似してきた。軍事力の核心部分もパクリだ。パクリが本家にかなわないのは当然である。



ソ連と同じ運命をたどる

 

安価な労働力はいまやミャンマーなどに追い上げられ、繊維産業はじめ中国から撤退する企業が相次いでいる。不動産も上海株もバブルはとっくに弾けた。経済成長が止まる一方、政治的には権力闘争が熾烈になる一方だ。

 

そんな情勢で軍事力だけが突出して米国を中長期的にしのいでいくのは不可能である。

 

目先の冒険主義に走って軍事衝突を選べば、敗北が政権基盤を揺るがす。といって米国とにらみ合いを続けても、長引けば長引くほど、経済力が基盤になる国力バランスは中国不利になっていく。加えて日本やオーストラリアも中国に対峙する体制を整えていく。

 

中長期的にみれば、中国はソ連と同じような運命を辿るだろう。中国がそんな自滅シナリオを避けようとするなら、いまは自ら軍事基地建設を凍結する以外に選択肢はない。どちらにせよ、中国は米国に勝てないのだ。

 

今回、米国や日本が断固たる態度を示しながらも、けっして抑制を忘れていないのは、最終的には勝つと分かっているからだ。ただし、この対決は短期で終わると楽観しないほうがいい。長く目に見えない神経戦が続く。もしかしたら、何年も。そういう覚悟が必要だ。

 

それにしても、先の安全保障関連法をめぐって「やれ戦争法案だ。徴兵制復活だ」と騒いでいた野党は、この事態をどう受け止めるのだろうか。米国に向かって「戦争反対!」と叫ぶのか。南シナ海は日本の重要なシーレーンではないか。

 

野党のトンチンカンぶりは安保関連法成立からわずか1カ月であらわになってしまった。こんなタイミングで民主党の重鎮、松本剛明衆院議員(元外相)が離党したニュースが民主党の現在を象徴しているようだ。




まあ、確かにこの記事のとおりだろう。中国の経済がこのまま膨張し続けることはない。こけたらこれまで押し隠してきた問題が噴出してその処理には膨大な時間を要するだろう。当然軍事費は大きな重圧となって圧し掛かって来る。米国も磐石ではないが、何だかんだ言ってもそれなりに経済を持たせているから大したものだ。その米国の絶頂期に正面切ってけんかを売った日本は大したものなのだろうか。蛮勇と言うべきか。まあ後者だろう。また日本の戦争反対勢力も夢幻のようなことを言っているが、国際関係というのは力だと言うことが分からんのだろうか。これも分からんだろうな。信仰だから、・・・。そして民主党などと言う政党もその時の風向きによって言うことが変わるからなあ。





Posted at 2015/10/30 21:53:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 軍事 | 日記

プロフィール

「よくもまあ次から次と合意をひっくり返して金を要求してくるものだなあ、・・(^。^)y-.。o○。 http://cvw.jp/b/110820/42082559/
何シテル?   10/20 15:13
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗って5年、スーパーボルドールも2代目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
67 人のお友達がいます
YOURSYOURS *みんカラ公認 TADASHI 287TADASHI 287
ひろじまひろじま まーたまーた
素 うどん素 うどん ジムニー魂ジムニー魂

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) CB1300スーパーボルドールM2018 (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
外観 もうこれは美しいという以外にはないきれいなバイクではある。ホンダは「威風なる血統 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ホンダ 400X ホンダ 400X
パワーもそれなりにあるし、手ごろで扱い易いバイクです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.