• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ntkd29のブログ一覧

2016年10月31日 イイね!

あり得ないことが、(116)




「私ね、学校を卒業したての頃、職場の上司に『あなたは自分の身は自分で守ろうという意識がとても強い人だ。全身を鎧で被って、その鎧が破られればもっと厚い鎧を着込んで自分を守ろうとする。それは悪いことではないけれどそれでは何時かその鎧の重さに耐えられなくなる時が来るよ』ってね。

 
確かのその人の言うとおり、それからずい分弾が当たったわ。鎧を貫いて傷を負わされたことのずい分あったわ。その度にもっと厚い鎧に取り替えたけど、本当に重さに耐えかねそうだったわ。それである時ね、うまいことを思いついたの。破られて困るところは絶対に破られない厚さの鎧を着けて破られてもいいところは何もしないことにしたわ。だからそういうところに当たった弾はそのまま通り抜けていくから痛くも何ともないわ。その代わり破られたら困るところは絶対に破られないわ。」

 
これは僕が若い頃に言われたことで佐山芳恵のことは知らないが、まさかこんなこと言われたことはないだろう。


「それも面白い考え方だなあ。でもそういうものの考え方って極めて男性的だよね。女性はあまりそういうことは考えないだろう。佐山さんは本当に男っぽいなあ。」


「ええ、そのとおりです。考え方ばかりじゃなくて他のこともいろいろと。この人もしかしたら男かも。」

 
僕はトイレに立つ振りをしてクレヨンの後ろに回りこむと首根っこを掴んで押さえつけてやった。こいつも性懲りもない女だ。だからサルだと言われるんだ。僕はそのままトイレに行って戻ってくると皆がニヤニヤ笑っている。

 
どうも様子がおかしいと思ったらテキストエディターのお姉さんが「佐山主任、澤田さんに裸を見せたことがあるんですか。佐山主任、言うことややることは男以上だけれど、とてもきれいなかわいい体をしているって。ずい分躊躇った挙句に耳まで真っ赤にして見せたって。澤本さんがそう言ってましたよ。」と言い出した。その一言でいきなり逃げ出そうとしたクレヨンの耳を掴んで引き寄せた。


「あんた、そんなことまで話したの。この耳引きちぎるわよ。」


「佐山主任、顔を真っ赤にして表も裏も澤田さんに見せたんだって。何だか可愛いわね、佐山主任て。」

 
言葉屋も黙ってはいたが僕を見てニヤニヤ笑っていた。このサル、余計なことばかり言いやがって。お前だって見せたじゃないか。


「佐山さんってとても頭脳明晰で強い女性のようだけど反面意外にお茶目だったり恥かしがり屋だったりするところがあるんだね。きっと内面は尚更可愛い女なんだろうね。」

 
まあいくらほめてもらっても男になびくことはあり得ないからそれは何と言ってみても無駄なことだ。
こんなことをしながら時間が過ぎてお開きとなった。代金は誘った言葉屋が持つと言って聞かないので一言礼を言って好意に甘えることにした。支払いが済んで店を出るとクレヨンとテキストエディターのお姉さんは数メートル先を二人で歩き、僕は言葉屋とさっき駅まで女土方と歩いた道を並んで歩いた。


「今日はいろいろとありがとうございました。」


特に礼を言う立場でもなかったが、僕は一応言葉屋に感謝の意を表しておいた。


「ああ、いえ、こちらこそ。いろいろと興味深い話を聞いて楽しかった。特に佐山さんのことは。」


「そうですか、別に珍しくもないどこにでもいるような×1の中年女でしょう。」


「いや、なかなか味と深みのある珍しい女性だと思います。とても魅力的な素敵な人です。出来れば今後のお付き合いなどぜひお願いしたいがいかがでしょうか。」


「お付き合いって、私と。」


「そうです。他に誰がいるんですか。」


「私には今は伊藤さんがいます。他のことはちょっと考えられません。ですからせっかくそう言っていただいてもそれにお答えすることが出来ません。」


「いや、そんな愛だの恋だのというお付き合いじゃなくて話し相手でもなんでも良いんです。あなたの考え方には少なからず共鳴する部分がありましてね。いろいろなことをゆっくり話したら面白いんじゃないかと思って。」


「そうですか、そういうことなら別に敢えてお付き合いと言う形を取らなくても出来ますよね。」


「それは確かにそうだ。でもやはり僕にしてみればあなたとその他大勢とは少し違った関係を持ちたいというのが本音かな。まあ急ぐわけでもないし、ちょっと考えてみて欲しい。」

 
僕は何も答えなかった。元々中年独身男英語屋の僕が何で同じ境遇の中年とお付き合いしなくてはいけないんだ。そんなことを考えていたらかかとを歩道の継ぎ目に引っかけてバランスを崩してこけそうになった。あっと思ったその時僕は言葉屋の両腕の中に抱きかかえられていた。


「大丈夫ですか。」


僕の顔のすぐ上に言葉屋の顔があった。僕はすぐに体を起こすと言葉屋の腕から逃れた。


「失礼しました。ごめんなさい。」


「大丈夫ですか。足を捻ったりしていないですか。」


「ええ、大丈夫です。すみません。じゃあ、ここで失礼します。」

 
僕は頭を下げると先を歩いているクレヨンとテキストエディターの方に向かって走り出した。駅はもう目の前だった。走るとひっかけた足がちょっと痛んだが構わずに走り続けてクレヨン達を捕まえると駅でテキストエディターのお姉さんと別れてそのまま家へと急いだ。


Posted at 2016/10/31 20:24:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小説 | 日記
2016年10月31日 イイね!

大型二輪に乗ろう(事故ったバイクに出会ったが、・・。)




今日はコペンで箱根を走りに行った。今週末に今年最後のロングツーリングに行こうかと思っているので今週はせっかく買ったんだからちょっと車に乗ろうかと出かけてみた。


最近は日曜でなくても結構人出がある。箱根も大盛況だった。まあ、そんなことはいいんだけどライダーさんも結構出ていて僕の前を走るのはNC750に乗ったライダーだった。


対向で箱根から降りてくるライダーも多い。中にはCBR900RRなど見たことがあるレーサーレプリカもあればどこのバイクなのか見たこともないようなバイクも走ってくる。今日はライダーさんではないし、まだ、慣らし中の車なのであまり加速などせずに60キロ程度でのんびりと走っていた。


大体、箱根新道は無料になってからは産業道路なのでほとんどの場合トラック渋滞に捕まってしまう。七曲の少し手前の右カーブまで来た時、バイクが1台止まっていた。「おや、どうしたのかな」と思って見ると路面に部品が散乱している。HDか何かのアメリカンに乗った年配のライダーさんだった。


バイクは起きていたし、止まろうかなと思ったが、車を止める場所もなく、特に大きなけがもなさそうだったのでそのまま行き過ぎた。路面にはメッキパーツなどがかなり転がっていた。特に急カーブというわけではなく60キロくらいで余裕でクリアできる場所だったが、状況から見れば速度を出し過ぎて曲がり切れずに側壁に接触したのだろう。


ガードがあるので体のけがもなく転倒もしなかったんだろうけど側壁に接触してパーツが散乱したんだろう。バイクというのはコーナリング性能は四輪とは比較にならないほど低い。しっかり減速しないと危ないだろう。特にアメリカンは車体に傾斜をかけられないからなおさらなんだろう。


駐車帯が見つかったときはもう現場から1キロほども離れていたのでそのまま来てしまった。お困りのところ何もできず申し訳ありませんでした。

Posted at 2016/10/31 20:17:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2016年10月31日 イイね!

コペンで箱根を走ってみた。

コペンで箱根を走ってみた。


今日は風邪をひいて調子が悪かったが、午前中、近所の医者に行って薬をもらってそれからちょいと車のほこりを払って箱根に出かけてみた。体調があまりよろしくないのであまり遠回りをせずに箱根新道を上がって箱根旧街道を降りてきた。


まだまだやっと100キロ程度でどうもあまり特徴がつかめないが、足は非常に硬い。七曲でもほとんどロールしないでくるくる回る。相当に固めてあるようだ。ステアリングの切れもいい。切った分だけすっと頭を振る。山坂道に何の不安もない。


1、2、3速ではそれなりの加速をする。うまく作曲した排気音と相まってなんだかそれなりの車に乗っているように思えてしまう。4、5速では、「あ、やっぱり軽だ」となってしまうが、箱根の山坂道で4、5速は使わずに低いギアで引っ張ればいいと思う。それなら加速は悪くない。視界の狭さは徐々に慣れてきた。


後退は最悪だが、ミラーと目視で安全確認、後はヤマ勘で下がる以外にはない様だ。基本オープンと言うならそれが正解かもしれない。車が小さいので狭い道でのすれ違いも楽勝、クラッチも段々ミートポイントが分かってきた。ちょっと吹かし気味にした方が滑らかに発進できるようだ。トルクの問題だろうか。


まあそれなりに面白そうな車ではある。今日はホンダのS660には出会ったが、コペンには全く出会わなかった。箱根は平日でも人出が多い。
Posted at 2016/10/31 15:19:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車 | 日記
2016年10月31日 イイね!

老いと車の運転はどう対処すればいいのだろうか。




横浜市港南区で軽トラックが集団登校していた児童の列に突っ込み、小学1年の男児が死亡し7人が負傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕された無職、合田政市容疑者(87)が減速することなく停車中の車に追突し、事故を起こしていたことが、捜査関係者への取材で分かった。防犯カメラの映像などから、時速約40~50キロで走行していた可能性があり、神奈川県警港南署が詳しい状況を調べている。

 
同署は30日、合田容疑者を同容疑で横浜地検に送検し、横浜市磯子区の自宅を家宅捜索した。調べに対し「大変なことをしてしまった」と容疑を認め、「けがをした子供たちに申し訳なく、早く回復してほしい」などと話したという。ただ、事故原因に関する供述は、内容が二転三転しているといい、認知症かどうかも含め、検査して調べる方針。

 
捜査関係者によると、事故の瞬間が撮影された防犯カメラの映像などから、合田容疑者の軽トラックは時速40~50キロで走行、減速することなく蛇行し、事故を起こした可能性がある。ブレーキ痕はなかった。現場は幅約5.2メートルの一方通行の市道で、最高速度は時速60キロだが、両脇に幅1メートル弱の路側帯があり、車道幅は約3.5メートルと狭い。




老いの問題、これは誰もがすべて通らないといけない道だからなあ。車の運転もある一定の年齢になったら2人乗り、時速60キロ程度のミニカー免許に変えるとかそんなのもいいんじゃないか。75から80歳くらいになれば車で遠出することもなくなるだろうし、せいぜい近所のお買い物程度のお出かけだろう。それなら小排気量あるいは電動ミニカーでも十分じゃないだろうか。既得権を取り上げると言うのは難しいと言うけどあまりこんなことが続くようだと考えるべきじゃないか。生きとし生けるものはすべて通る道なんだからなあ。
Posted at 2016/10/31 15:17:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車 | 日記
2016年10月30日 イイね!

バイク業界再編へスズキの選択は、・・。




国内二輪車メーカーが事業再編を加速している。ホンダなど大手4社は世界でも存在感が大きいが、おひざ元の国内市場が大幅に縮小。その結果、ホンダと、ライバルのヤマハ発動機は、排気量50cc以下の「原付一種」で業務提携を検討する。二輪車事業の赤字が続くスズキの動向が次の焦点になっている。

■最高峰レースを席巻

10月16日、栃木県茂木町のサーキット「ツインリンクもてぎ」。爽やかな秋晴れが広がり、最高気温が25度と季節外れの「夏日」を記録する中、世界最高峰の二輪車レース「MotoGP」第15戦の決勝が開かれた。

 
詰めかけた5万2216人のファンが見つめる中、4周目にトップに立ったホンダのマルク・マルケス選手が独走。ライバルのヤマハ発を駆るバレンティーノ・ロッシ選手が7周目に転倒し、24周のレースを制したマルケス選手が残り3戦を残して年間王者を決めた。マルケス選手は、「ホンダは一生懸命がんばってくれた。最高の年になった」と感謝の気持ちをコメントした。

 
ヤマハ発のロッシ選手らの脱落で2位に伊ドゥカティの選手がつけたが、3位にはスズキのマーベリック・ビニャーレス選手が入り、日本メーカーの底力を見せつけている。

 
■世界生産の44%

最高峰レースでの活躍が示すように、二輪車市場で日本勢の存在感は大きい。日本自動車工業会(自工会)によると、2015年の世界の二輪車生産5598万台のうち、日本メーカーのシェアは44%を占める。近年は印ヒーローグループなど新興国メーカーが台数を伸ばしているが、日本は依然としてほぼ半分を維持する二輪車大国だ。

 
だが、国内市場の状況は厳しい。15(平成27)年の国内販売は約37万台となり、ピークの1982(昭和57)年に記録した約328万台から9割近く減少した。その結果、各社は主要拠点を置く国内事業の再編を迫られている。

 
代表例は、ホンダとヤマハ発が10月5日に電撃発表した業務提携だ。両社は国内独自規格の原付一種の維持を目指し、共同開発などで投資を抑制。海外で人気の高い排気量125ccクラスなどに経営資源を振り向け、収益性の改善につなげる方針だ。

■HY戦争

これに対し、業界関係者は「あの2社が組むとは」と驚きを隠さない。両社は80(昭和55年)年前後の数年間にわたり、泥沼の争いを演じた。主要製品のスクーターを中心に定価の半額など値下げ競争が起き、両社の関係は悪化した。マスコミは両社の頭文字から「HY戦争」と書き立て、犬猿の仲とされた。

 
業務提携の記者会見で、ホンダの青山真二取締役は「熾烈(しれつ)な販売競争があったのは過去の事実だが、しこりはない」と話した。ヤマハ発の渡部克明取締役は「入社がHY戦争に敗れた年で、すぐに減俸になった」と振り返ったが、「原付一種を何とか残したいと思い、提携を選んだ」。市場縮小への危機感が、かつての敵同士の手を結ばせた格好だ。

 
より深刻なのは国内3位のスズキだ。二輪車事業は販売不振が続き、2016(平成28)年3月期は営業損失が約102億円と2期連続で赤字を記録した。

 
国内4位のカワサキが原付一種を扱わず、得意の大型車を中心とした専門店の拡大に乗り出す一方、スズキはホンダなどと並び原付一種から1000cc級の大型までそろえるフルラインアップメーカー。かつて「カタナ」などの名車を生んだが、15年度の世界販売台数はホンダの1705万台に対し、スズキは149万6000台と10分の1以下にとどまり、開発投資などの負担が相対的に重い。

 
スズキも手をこまねいているわけではない。二輪車事業を「経営課題の一丁目一番地」(幹部)と位置付け、今年5月にマレーシアの生産工場を閉鎖した。国内でも分散する生産機能の浜松工場への集約を決定し、「車種も絞り込んでいく」(同)とする。

 
スズキが昨年6月に発表した20(平成32)年までの中期経営計画は、二輪車事業の「選択と集中による赤字体質の脱却」を掲げた。今後は「スポーツ」「150cc以上」という特徴を明確にした製品開発をするとしており、原付一種などの扱いに注目が集まる。生き残りに向けて提携先を探すのか、または一部車種の撤退も視野に入れるのか。スズキの次の一手が二輪車業界の未来を占う。




バイク業界も厳しいよなあ。世界的に見ればそこそこなんだろうけど国内は超不振、年々バイクの販売台数は落ち込むばかり、それで全車種展開と言うのは厳しいだろう。ホンダが販売車種を大幅に整理したのもその辺が理由だろうか。ホンダとヤマハは原付のOEMで合意した。国内専用のガラパゴス車種は生きていけないのだろう。今後は国内二輪メーカー4社が看板車種は置くとしてそれ以外は開発製造を分担し合うような構図も生まれてくるかもしれない。バイクは各社が食い合いをしている時代じゃなくなったようだ。ところで国内専用のガラパゴス車種と言えばCB1300もそうじゃないか。一部、欧米に輸出はしているようだが、・・。まあ、CB1300は今のままで十分格好いいのでそのままトラッドとして販売を続けてほしい。おっと、スズキはどうするんだろうか。カワサキも大変だなあ。もっとも川崎は川崎重工だから大丈夫か。うーん、免許はずい分取りに来るんだけど買うとなるとなかなかねえ。買えないんですよ。だから大型二輪に乗れる期間は長い人生の中でもそうそうないんだって、・・。ほんのわずかしか、・・。
Posted at 2016/10/30 21:18:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記

プロフィール

「メーカーの良心はどこに行ったんだ、・・(^。^)y-.。o○。 http://cvw.jp/b/110820/42073456/
何シテル?   10/17 15:47
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗って5年、スーパーボルドールも2代目になりました。CB1300スーパーボルドール、もう手放せない相棒になりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

縁があったらよろしくお願いします。
67 人のお友達がいます
YOURSYOURS *みんカラ公認 まーたまーた *
素 うどん素 うどん * ひろじまひろじま *
ジムニー魂ジムニー魂 TADASHI 287TADASHI 287

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) CB1300スーパーボルドールM2018 (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
外観 もうこれは美しいという以外にはないきれいなバイクではある。ホンダは「威風なる血統 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
外観 これはもう好きか嫌いか個人の好みだろう。ローブとエクスプレイの顔つきは品よく言え ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
ホンダ 400X ホンダ 400X
パワーもそれなりにあるし、手ごろで扱い易いバイクです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.