• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CatDogのブログ一覧

2012年06月27日 イイね!

買えば官軍?ー工具は眺めているだけで・・。

買えば官軍?ー工具は眺めているだけで・・。週末は事情があり、外出できず。
体調以外の理由は、珍しいが仕方ない。

ドライブも出来ず、写真も撮れずストレスが溜まる。
そこで外出できずに浮いたお金で、パチリじゃあなく
ポチリました。

商品が昨晩届きました。

下記の写真が買い物一覧。

欲しかったものはキャンドルのように見えるLED非常灯、針金、防犯ステッカー
、T型スライドハンドル、ピックアップツールです。

あとは価格調整用カークリーム(大)、マイクロファイバータオル、セパレート
ボックス(中)。これでも送料無料の3150円に達しない。
台所三角コーナー水切りネットまで入れてやっと送料無料達成!
あとは代引き手数料315円。カード払いだとこの315円が浮くが、ここは送信
が暗号化されていないので、カード払いはしない事にしている。




1.LED非常灯はGood!だ。電池交換で、ずっと使える。 

消費期限がある発炎筒を数年で、使わずに捨てるのはもったいない。
(これのみパーツレビューにUPしました。)

2.スライド式 T型ハンドルも値段の割りにはガッチリした造りだ。
  (さすがモノPB)仕上げも、梨地で手に馴染む。
  可動式でL型(スピンナハンドル)にも出来る。

(トルクレンチを買った時から、スピンナハンドルも欲しかったのだ。)

*ソケットを付けてL型にして、エスクで写真撮り。
 これで気分はメカニック ?




昔は中華製の激安工具をよく買った。
しかし安物は、すぐ舐めたり折れたりしてダメです。

ボルトを掴み、力をいれたらバキンと折れたプライヤー。
六角ボルトが丸くなったメガネレンチ。

サイズは合っているはずなのに、ボルトにかけても空回るコンビスパナ。
みな捨ててしまった。

品質はやはりある程度、価格で決まる。
以後、激安工具は買わないようにしている。


高級でなくても品質感ある工具は、持って眺めているだけで嬉しい。



最下段のソケット&ラチェットレンチは、激安品がまだ残ります。
Posted at 2012/06/27 15:25:59 | コメント(10) | トラックバック(0) | 車弄り・用品購入 | 日記
2012年06月25日 イイね!

日本三大峠 雁坂峠 (前編 悲願の道)

日本三大峠 雁坂峠 (前編 悲願の道)埼玉県は南は東京都、北は群馬県と殆どの境を
接する。また東京都の隣にある山梨県ともかなりの境
を共有している。

あまり知られていないが、長野県とも僅かだが接する。
両県を結ぶ唯一の車道が、あの中津川林道である。
(川上村から野辺山高原近辺に出る。)



山梨県とは境は続いていても、県境には秩父・多摩・甲斐国立公園の急峻な
山々があり、車道は近年まで開通していなかった。


車道開設は長い間、両県の悲願であったのだ。



雁坂峠の下にトンネルを貫通させ、山梨県の塩山市(現甲州市)と結ぶべく
埼玉県奥秩父・川又地区から、国道140号線の延伸工事計画が作られたのは
、昭和30年代の遠い昔であった。

それまでの道は、同じ国道140号線の名はありながら、車は通れない登山道
であったのだ。


それから40年以上・・長い長い歳月が流れ巨費を投じて、
標高2000mを越える雁坂峠を貫く、雁坂トンネルが開通した。


1998年4月23日の事である。まだ10年と、少ししか経っていない。



峠の麓の埼玉県側は栃本、川又集落まで車道はあったが、林道のような
狭い道だった。
それが上記のループ橋まである近代的な国道となった。
(奥は滝沢ダム-2008竣工)

車道開通までは、この地域から車で山梨県に行くには、秩父から一旦東京都
まで出て、八王子ICから中央高速に乗るか、奥多摩を抜ける国道411号線で
行くしかなかった。


迂回距離は、実に150Kmにも達する。

雁坂峠を挟んで、山梨県は塩山市と、埼玉県は秩父市に姉弟がいた。
元々の家はどこだったかは定かではないが、弟思いの姉はいつも弟に会いたい
と息子に話していた。140号線が雁坂峠を貫通すれば、1時間で再会できると
姉弟は、開通を楽しみにしていた。

しかし待てど中々工事は終わらず遂に開通の前年姉は亡くなり再会は果たせなかった。

雁坂トンネルの開通の日、母の位牌を助手席に置いた息子の姿がそこにあった。

雁坂トンネルは全長6625m。国道のトンネルとしては日本最長だがそれでも
10分前後でトンネルを抜ける事が出来る。

こうして山梨県の自宅から僅か1時間で、姉の位牌は秩父に住む弟との再会を
ようやく果たしたのだった。


開通までの時間は、余りにも長すぎた。


上記ループ橋近くの風景。峠の麓の奥秩父大滝地区初秋。

こんな新聞投書を読んで、当時まだ新車のエスクードで雁坂トンネルを越えた
思い出がある。

私もまたこの道の開通が楽しみで、毎年のように奥秩父に出かけては、道路の
延伸部分を走ったものだった。
真っ赤な豆焼橋が、深い谷を越えて架けられた時は感動した。

トンネル貫通の、まだ大分前の話だ。


道は車で人や物資を運ぶばかりでなく、人の思いや魂までも運んだ。

前編 終わり 

日本3大峠 
北アルプス 針の木峠 標高 2,541m  南アルプス  三伏峠 2,580m
奥秩父 雁坂峠 2,082m   *三伏峠でなく清水峠説もある。
2012年06月20日 イイね!

旅の宿ー夢で会いましょう 送別のコメントが

旅の宿ー夢で会いましょう 送別のコメントが親友が急逝して10年位経つだろうか。

会社の元同僚で、先輩の彼には色々世話にもなった。
彼の話は、とても1回で終わらないので簡単に記そう。



豪放磊落(らいらく)・天衣無縫がピタリの彼だった。


親から受け継いだ、億の遺産を驚く事に、みなギャンブルで使ってしまった
のだ。(主に競艇だと本人から後で聞いた。)


だが当れば寿司屋、割烹料理店などで、何でも食べろと奢って
くれた。260万の当り券(競艇)を、見せてもらった事もあった。


しかし娘さんの話では亡くなった時、貸家にしていた家の権利証、有価証券、
ゴルフ会員権等なにも残っていなかったらしい。(自宅だけは残った。)

まさに放蕩三昧の生涯だった。

以前も書いたが多少アクと言うか、毒があるほうが車でも人間でも魅力的で
面白い。要はそのアクや毒が、自分に合うかどうかだろう。

しかし一方で子供の事は、ちゃんと考えていて一般的サラリーマンがもらう
退職金の数倍の生命保険金を子供に残した。
当時、彼はグループ企業の保険会社に出向していたのが幸いだったのだ。

私の麻雀仲間(自分は競輪・競馬等はやりません。)でもあった。
随分、いろんな所にも連れていってもらった。

特に亡くなる最後の5年位は、夏休みの旅行はいつも一緒だった。
当時、彼は奥さんを亡くしたばかりで、寂しかったせいもあっただろう。

夏休みと言っても一週間に満たず、最後は休養に当てるとなると、正味は
3-5日の旅行となった。

飛行機、新幹線などの公共交通を使ったのは、伊豆大島に行った1回だけで
あとは車旅だった。

正味数日で、ここもあそこもと欲張ると、1日300Km前後の強行軍となった。
大体、秘境が好きな2人だったので一般道が多いこの距離は、結構疲れた。
しかも、友人は運転が好きではなく、ハンドルは常に自分が握った。

結局、宿に着くとクタクタに疲れ近隣の名所・旧跡なども観ずに温泉に入り、
酒を飲み、マッサージを受けて寝るだけだった。




今になると、誠にもったない限りであった。
山梨県身延町から山奥に入った早川町、そこの廃校を利用した町営宿舎の
そばに、有名な滝があったのだが、当時は疲れて観る気も起きなかった。

ここから、秘境の奈良田宿に出て広河原、夜叉神峠を越えて芦安村に至る
南アルプスの天空の林道群を走った。

高地の何もない秘境林道に、突如出現する奈良田温泉街に驚いた。
遥か遠い、奈良時代の女帝・孝謙天皇が、湯治した温泉と伝えられる。
その歴史にビックリだ。

野呂川林道、電源道路、現在は一般車両が通行出来ない「南アルプス林道」を、
少しだけだが走れた事は最高の思い出である。

富士に次ぐ標高の北岳、南アルプス鳳凰三山を観ながら走る素晴らしい景色の
林道だった。殆どがオフロードであり、かなりの起伏があったが友人のクラウンで
なんとか走りきった。
素彫りのトンネルがいくつもあり、中の凄い水溜りでスタックしないかと冷や汗ものだった。


その他、信州ビーナスライン、コスモス街道、群馬に抜けるロマンチック街道
等等、山梨・信州方面は、毎年のように旅した記憶がある。
安曇野、松本にも何回も泊まった。松本城そばの喫茶店に行く度、入った。
コーヒーが美味しかった。

昼になるとランチには眼もくれずに、高いものばかり頼むのには閉口した。(笑)
また、実際食べるのは注文したほんの一部だ。
まさに見栄っ張りの江戸っ子の典型だった。
しかし、彼は遊びの天才であり、一緒にいてこんなに楽しい人もいなかった。

お金は、多少なりとも使えたサラリーマン時代は、自由な時間が少なかった。
現在は「時間はあるが、お金がない。」と、中々両方は揃わない。

そして生前の彼と最後に泊まったのが、現在も泊まり続ける八ヶ岳中央高原の
宿(スマホカメラ)だった。
設備は今一ながら温泉(特に内湯・上記写真)と、八ヶ岳周遊道路沿いの自然は
ピカ一だ。





宿に着く少し前の道から望む八ヶ岳。この道の先に、上記の一軒宿がある



親友ともう行く事はなくなった旅は、あちこちセコセコから、家族一緒の
一箇所の宿をベースにの滞在型に変わった。

キャンピングカーでもあれば、あちこち行きたいが、現在はこの滞在型の旅に
満足している。


あれから10年、やっと自分のほうが年上になりました。

もう夢の中でしか会えない彼に、早くおいでと言われる時もあるが
もう少し、いさせてくれと頼む自分である。(笑)


写真はサラリーマン時代の最後の写真。
会社の保養所があった山中湖畔より富士を望む。
お友達はご覧の方も多いでしょう。親友含め、会社の友人達と随分行った。
自宅から100分だ。



*タイトル写真は国道20号沿いの山梨県「台が原宿」の造り酒屋「七賢」
 明治天皇ご宿泊。
 ビーナスライン等は、おすすめスポット、フォトギャラリーにUPしています。
 

 このブログと頂いたコメントを、亡くなった親友のKさんに捧げます。 

2012年06月16日 イイね!

梅雨の女王 MINI  エスクでGo!

梅雨の女王 MINI  エスクでGo!梅雨の花の代表と言えば、前回の紫陽花(あじさい)と菖蒲(しょうぶ)だろう。

本日はまた駐車場を開ける為、強制外出日である。

予定では群馬の御荷鉾(みかぼ)林道で、日帰り温泉
でも入ろうとしたが、この雨・・。早々に中止とした。


今日は久々にエスク出動だ。
錆の出ているマフラー太鼓の前後面をシャーシブラックで塗装した為、少しずつ
走行しては、塗料が燃えないかをチェックしていたのだ。

まずは、ときがわ町の菖蒲園。
町が力を入れているようで、年々出店が多くなっている。
今年はバンド演奏もやっていた。
また浴衣姿の多分ミス菖蒲?のような女性もいた。
昨年も来た時も、やはり雨だったような気がする。

菖蒲の株購入の寄付をしようとしたら箱に100円玉が入らず、コロコロと川に
転がり落ちたのを思い出した。
なにをやっても、うまく行かない年だった。


さほど広くもないが、先日の紫陽花より多い。雨にけぶる菖蒲の花。梅雨時の、憂鬱さを和ませてくれる貴重な花だ。


菖蒲園を出て東秩父村に向かう。
やがて雨あがる。
好きな瞬間だ。水蒸気立ち昇る、東秩父の山村風景。



さてどこへ行こうか、緑の絨毯(じゅうたん)で思案中のエスクDog。  
太鼓が燃えてないか、お尻を覗くが大丈夫なようだ。




雨上がりの山道は落石・土砂崩れで大変危険だ。
林道には行かず、日帰り温泉へ。
マフラー太鼓に塗った塗料も大丈夫のようだ。
次はきちんと耐熱塗料を使おう。
万一に備え、消火器も積んで行ったのです。
塗料の耐熱テストは合格だ。


こうして、あっと言う間の半日が過ぎた。あらら、また雨だよ。
2012年06月14日 イイね!

昼食ドライブ あじさい山公園へ

昼食ドライブ あじさい山公園へ入梅で、毎日憂鬱な天気が続きます。

今日は雨も降らないので、越生町にあじさいの開花の
様子を見に行って、そこで昼食とする事に。

越生町は、梅林、つつじ、山吹など花の園が多い街だ。
あじさい山公園もそのひとつだ。


一山を伐採して、紫陽花(あじさい)を山一面に植え、あじさい山公園として開園させたものだ。
開園したのはさほど昔ではない。

そして平成21年に、その事件は起こったのだ。

珍しい緑の花のあじさいを見つけてきた公園関係者が、そのあじさいをこの山に植えたのだった。

ところが葉化病と言う、あじさいの病気のために、それは緑だったのだ。(NHKで放映された。)
この葉化病の感染力は強く、全山のあじさいは僅かの間に、枯れる事となった。

しかし当時はまだこの病気は知られておらず、専門家の調査を受けて判明したのだ。
*あじさい山公園入り口。山一帯があじさい公園となっている。勾配はきつい。








タイトル写真(広報写真を借用)の位置(階段横)に咲くあじさいは現在、微塵もない。
それでも、この上のほうに全盛期の半分ほどは、花が咲くようになったようだ。

一度、生態系が破壊されると元へ戻すのはいかに大変かがわかる。

全山のあじさいの球根を植え替えながら、再生を進めている最中だ。

あじさい街道を走る。沿道に所々あじさいが植えられていて、こちらは無事だったようだ。
右手はホタルが棲む麦原川が流れる。この先に日本観光100選の「黒山三滝」がある。

日本の里山風景がここにある。あじさい山の、早い復活を祈ります。


皆さんのそばにも、緑の花のあじさいがありませんか?
(但し、稀に病気ではない緑のあじさいも存在すると言うから厄介だ。)


結局お昼は今年初、吉野家のうな丼。100円の値上げで650円也。よく100円の値上げに
とどめられたものだ。しかし、昨年より一層小振りになった気もするし、少し硬くなったようでもあった。

価格高騰は乱獲のつけが回ってきたのだろう。何事も共生が大切な事だ。

紫陽花は見られず、張り込んだ?昼食も今一の感じで残念無念!
結局、今日の梅雨空のような冴えない、いつもの1日となりました。


*5年前なら専門店の鰻を食べていたのにー。 おしまい。
  お友達以外の方は、お友達・自己紹介欄もお読み下さい。

プロフィール

2ストSJ-30からTA-01W,TA-51Wと乗り継いで います。オフロードも絶滅寸前。 力を発揮する場所も段々なくなる一方で、歳を取りMT疲れ。 エス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

戦後自動車史 夢叶わず 埋もれた美しい国産初のATスポーツ・ミカサ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/27 07:42:33
天国で永遠に 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/26 07:27:52
さらばゼロ戦 ! 自動車産業の礎にー ポルシェを破る快挙 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/14 19:01:46

お友達

眼悪く、色背景の文字。小文字は、読めません。
病気なので食・酒ログはスルーします。
メンテ可能な友人数の方、興味広い方希望。
*フォトギャラ 整備 等
最近、登録直後から訪問の途絶える事が連続してます。
無理にイイね 付けると後が続きません。





32 人のお友達がいます
Demio_7513Demio_7513 * minnjiminnji *
cocoichicocoichi * 野良猫モッチー野良猫モッチー *
miracle_civicmiracle_civic * 奈良の小仏奈良の小仏 *

ファン

78 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード Escu Dog (スズキ エスクード)
初代TA51Wの最終生産分(97.10)で、新車から乗り続けています。 軽にも間違えられ ...
スズキ スイフト Swift Cat (スズキ スイフト)
2007.5購入のZC11の最終製造分。(1300cc)スィフト最後のAT車だ。 既にC ...
ホンダ トゥデイ Wild Cat (ホンダ トゥデイ)
我が家、唯一のホンダ車。 買い物、街中のブラリ散歩用に購入した。 2003年、13年前の ...
スズキ セルボ スズキ セルボ
自分のメモ用としてフォトギャラを使用。 初めてのスズキ車にして初の新車。 写真は借り物 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.