• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

R.ブラウンのブログ一覧

2013年07月19日 イイね!

ララァ「あなたには仕事がありすぎるのよ!」

先週、今週と、忙しすぎます。


仕事が多方から重なって…

以下、自分のなかの2人の葛藤です。


ララァ(自分A)
「あなたには仕事があり過ぎるのよ、すべての仕事を片付けなければ 休みが死ぬ!」
アムロ(自分B)
「休み?!それは!」
ララァ
「あなたの抱えている仕事が多すぎたのよ」
アムロ
「多すぎた?」


既にパンク状態のところに、急ぎの依頼が相次ぎ…。

ララァ
「なぜなの?なぜあなたはそんなに多くの仕事も受注したの?あなたはこんなに仕事があるじゃない!あなたには頼るべき人も頼るべき外注先もないというのに」
アムロ
「何だと!」
ララァ
「私には見える。あなたには従業員もなければ手伝ってくれる家族もないわ 人を雇ってもいない」
アムロ
「だから…だからって、どうだって言うんだよ!」

かと言ってよそに頼めるものでもなく…。


アムロ
「頼るべきものがなくて受注してはいけないのか」
ララァ
「それは不自然なのよ」
アムロ
「では、ララァはなんだ?」
ララァ
「私は仕事をくれた人のために、私は働いているわ」
アムロ
「たった…それだけのために!」
ララァ
「それは…自営業で生きる為の真理よ」
アムロ
「では、この僕の忙しさは何なんだ?」
ララァ
「ああっー!」





ララァ
「なぜなの?なぜこれほど仕事が重なったのかしら」
アムロ
「運命だとしたら ひどいもんだよな 残酷だよな」
ララァ
「一人で受けたからって、どうなるの?どうにもならないわ どうにも…」
アムロ
「しかし、これは事実だ 認めなくちゃいけないんだ。」
ララァ
「認めてどうなるの?頑張ったからって どうにもならない仕事量なのよ」


とにかく、頑張るしかないですね…。

ララァ
「よく考えれば分かることなのに…なぜ こういう風にしか受注できないのかしら、あなたは暇なときは仕事が少なすぎて」
アムロ
「僕にとって、今回は仕事は多すぎた…仕事って こんなものなんだよな」



でも、さすがにちょっと受けすぎたかも…

ララァ
「大佐!できません!」
シャア
「何!?受けすぎたか!」
アムロ
「シャア、残業覚悟!」

ララァ
「大佐!ああーっ!」






ララァ
「仕事は溜まってゆくわ…先週と同じように…」
アムロ
「そうだよ…ララァの言う通りだ…」
ララァ
「アムロは本当に仕事を片付けられて?」
アムロ
「片付けるさ、先週の仕事もこうして片付けたんだ。人はいつか休日さえ仕事することになるさ」
ララァ
「ああ、アムロ…過労が見える…」

なんせ、子供たちも明日から夏休みですが、
片付けないことには休みもなくなってしまうので…

アムロ
「僕は、取り返しのつかないことをしてしまった…ああ…僕は休みを殺してしまった…」



そうならないよう、頑張ります。

シャア
「今の私には…仕事は片付かん!ララァ、私を導いてくれ…。」



そうもならないようにします…
Posted at 2013/07/19 18:25:33 | コメント(9) | トラックバック(0) | 仕事 | 日記
2013年07月09日 イイね!

アムロ「ごめんよ、僕には帰れるところがあるんだ…」

でも
「こんなにだるい出勤はない…わかってくれるよね、仕事はいつでもできるから…」

という事で、帰宅まもなく出勤で、だるさが半端ない状態です…


今回、仕事で福島に急遽行くことになったのですが、当初の予定では日帰りでした。
なので、特に大変ということもなく、かと言って観光の時間もなさそうで、せめて帰りはのんびりと…ぐらいに思っていました。

ところが、依頼者さんの勘違い?により大幅に予定が…

どういうことかというと、その人は高速バスで福島に向かう予定だったのですが、11時のバスで横浜を出て6時に郡山に着くという予定だと思っていたようです。
ところが10時頃、まもなく出発ですよ、という時に、正しくは”夜の”11時発、”翌朝”6時に着という

シャア
「冗談ではない!」

とガチで言いたい勘違いをしていて…
じゃあ一緒に乗っていきますか?という選択肢もあったのですが、どうも上からの指示でそれはダメという…

結局、自分の車にはその為の積荷はすでに積まれており、休みにも関わらず、

シャア
「自由時間とは、言葉で言うほど自由ではないのでな」

という状態に…

結局、仕事を控えた状態で待機となり

シャア
「え~い、この私にプレッシャーをかけるとは!」

と落ち着かず、仕方なくテキトーに自宅で時間を潰して、

ブライト
「我々に、お泊りになれと?」

妻に宿を手配してもらい、夕方出発という…


夜中に出発でも良かったんですが、いまさら早く寝て、夜中に起きるというのは

シャア
「このタイミングで布団に入るのは古今例がない」

と寝付けないのは目に見えており

ギレン
「止むを得んだろう、タイミングずれの時間調整がなんになる」

となるのは必至で、かといって寝ずに深夜~早朝にかけて走り続けるのは

セイラ
「無理です!アムロはシャアと戦うので精一杯です」

というぐらい、ちょっと危険なので泊まることにしました。




道中は、

ジオン兵
「大尉!連邦軍の新兵器です!」

と雷がすごく、驟雨のせいか渋滞(事故も)があったりでしたが、まあ順調に…

ただ、それでも到着は夜10時過ぎですので
こうなったら明日の帰りは、みん友のきょんさんよろしく、ぶらり旅でもしながら~なんてちょっと発想していました。

が、向かう途中で別件の仕事の依頼が入り、どうしても直ぐに(≒早く戻って)やってほしいと…

ぶらり旅も消えました…
帰路に着く前に、磐梯吾妻スカイライン(≒kouki☆さんのブログで知ったww)行こうかと思ったのに…(´Д⊂グスン

22時ぐらいに郡山市内に入ったのですが、明日の仕事や、その後の仕事のことを考えると落ち着きもせず…

グレました(^_^;)

グレたらどうするかというと、やはり不良はゲームセンターでしょうヽ(・∀・)ノ

長男には内緒(のちにバレるけど)で戦場の絆に参戦しました…って、何もここで一人でやることもないのですが(^_^;)

”グレてやったぜ( ̄▽ ̄)”

って気分です(^_^;)

でも疲れてもいるので、結局、すぐ宿に戻ってビール飲んで…。

寝落ち…



と思いきや!朝4時に携帯が((((;゚Д゚))))

依頼者さん
「もうバス、郡山駅についたんだけど…」





だから何?
(;一_一)




カイ
「ヘイヘイ、人使いが荒いんだから…ったく!」

と思いつつも、

まぁ、

シャア
「仕事とは常に2手3手先を考えて行うものだ」

と、次の仕事を考えると前倒しのほうがいいことはいいので、急いで準備してチェックアウト。
駅前で待ち合わせ、車に乗ってもらい(この時点でやっぱり同行でよかったんじゃ?と思いつつ…)…現場へ。

目的地に着くと、その人が

依頼者さん
「現地の人が(時間が早いから)来てなかったら話にならないね」

と…(-д-メ)

シャア
「そういう冗談はやめにしてくれないか?」

と内心思ったのですが、運良く?現地の人とともすぐに合流できたので、30分ほどの仕事をこなし、帰路につきました(^_^;)

ここで時刻を見ると、まだ6時前…
思ったより早く終わったので、
ちょっと足を伸ばしてドライブ(≒磐梯吾妻スカイライン)でも・・・なんて考えたのですが…

アムロ
「このまま高速に乗ればETC早朝割引に間に合うかもしれない、行けるぞ」

なんて思ってしまい…。

シャア
「そう思えるのも依頼者が早く起こしたからかもしれなのだ、ありがたく思うのだな」

と真面目に高速へ(^_^;)

お土産を何も買っていないことに気がつき、
ここで家族へのお土産を買い…


(写真これしか撮ってなかった(^_^;))

ところが料金所で金額を確認すると

シャア
「ばかな?半額のはずだ?」

条件を勘違いしていました、何のために慌てて一番近いIC(≒全線フル活用)したんだろう…(ToT)

結局、腹いせってわけじゃないですが

アムロ
「のってやる!のってやるぞ!横羽線がなんだ!」

と最寄りまで(首都高神奈川線は距離別でお得になったんですね…?)高速をひたすら走り…


帰宅し、お土産だけ渡してそそくさと次の仕事の道具を積んで、次の現場へ…


寝不足、腰痛、披露、胃腸衰弱の最高のコンディションの中、炎天下の下でやり遂げ…



ヘロヘロです(´Д` )


で、通常の職場へ戻るべく、



フェラーリの自転車に乗ろうとすると



いつもの場所にない((((;゚Д゚))))

どこかに乗っていったかと我を疑いましたがエスティマとこの自転車は表裏一体、必ず自宅で乗り換えるので無い訳がない…



おそらく昨夜、盗まれました…(((((*ノДノ)



その瞬間、疲れがピークに達しましたが…

とりあえず、おとなりさんがメルセデスGP(ただのシルバーのママチャリですが)を貸してくれたので、それで職場へ…





でもお陰様で”ゆずりあい宇宙”を励行しつつ、無事に帰ってきましたヽ(・∀・)ノ



追記:今回、ハイドラ初挑戦?しました…が、よく解りませんでした…

追記2:いろんなネタがあったはずなのに思い浮かびません…(ノД`)
Posted at 2013/07/09 17:09:26 | コメント(9) | トラックバック(0) | 仕事 | 日記
2013年07月06日 イイね!

ハマーン「暑い…ここに後何年…」

そう思ったら、早めに水分補給ですね…

今年一番の暑さでしょうか、本日は…
そんな中、早朝に仕事の依頼が有り、



アムロ
「もう怖いの嫌なんだよ!」

と言いたくなるような状況でして…

シャア
「しかし十字勲章ものであることは保証するよ」

とのことで、意を決して作業開始…
ちょっと重量のある道具もあるのですが、それを設置するだけで汗だくでした(^_^;)

で、なんとか作業も終え、片付け始めていると、車を退かして欲しいとの連絡…
駅周辺で駐車場がなく、重量のある道具の積み下ろしもあったのでやむなく近隣工事現場の前に、そこの警備員さん了解の元、9時の工事開始前までを条件に停めさせていただいていたのですね…

ところが、工事関係者が予定より早く来たとのことで
その警備員さんがこのビルの屋上入口まで来て移動して欲しいと。

”じゃあ、すぐどかします(`・ω・´)ゞ”

と言ったはいいものの、屋上の更に上の建家?の上にいたものですから、登るのが大変なら降りるのも大変…



こんな坂?をヘリにつかまりながら登ったので、降りるのも慎重です。

それでも、いそいそと降りていると


び==========!!!!!!

とクラクションが…
ムカ!っときたのですが、心の中の怒りをそのまま書くと愚痴ブログですのでいつもの二人に…

アムロ
「慎重に屋上から降りればすぐに車を動かせるかもしれない、行けるぞ」
シャア
「そう思える力を与えてくれたのは警備員さんかもしれんのだ、ありがたく思うのだな」
アムロ
「貴様がクラクションを鳴らした!」
シャア
「それが許せんというのなら間違いだ、アムロくん」
アムロ
「なに?」
シャア
「警備員さんが認めなければ、君の駐車場所はなかった」
アムロ
「それは理屈だ」
シャア
「正しいものの見方だ」
アムロ
「それ以上慌てさせるとキレるぞ」
シャア
「君は素直に警備員さんの親切を受け入れすぎた」
アムロ
「だから、どうだっていうんだ?」
シャア
「車は車庫に入れればいい…だから私はクラクションを鳴らす!」


せめてね、


”ぷっぷー♪”


ぐらいにしてくれれば”イラッ”ともしないんですが…


シャア
「わかるか!クラクションを鳴らす訳を!」
アムロ
「ニュータイプでもクラクションを鳴らされれば焦ると思ったからだ!」
シャア
「邪魔な車をどかすには、ニュータイプといえども焦らせなければ」
アムロ
「そんな理屈!」


もう警備員さんが知らせに来ている以上、
焦らせたところで、どうしようもないと思いますが…。

アムロ
「今、警備員さんが言った、駐車場所を少しずらしてくれればいいって」
シャア
「今という時では、駐車場所は選べん。警備員は叱られる運命だったのだ」
アムロ
「貴様だって、路上駐車だろうに!」

多分、あの感じじゃ警備員さんも文句言われてそうだな…(´・_・`)
結局、互いに

ギレン
「止むを得んだろう」

と、路駐なんだから、もう少し融通きかせてもいいと思いますけどね…


え?もちろん実際にはこんな喧嘩はしてませんよ。

帰り際も
「どうも~!ご迷惑をおかけしました~( ´ ▽ ` )ノ」

とにこやかに立ち去ってきました…逆ギレしたところで、なんの生産性もないですし(^_^;)


ただでさえ暑い日が続くので、涼しげに過ごしたいものです…
Posted at 2013/07/06 18:47:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | 仕事 | 日記
2013年06月17日 イイね!

ララァ「蒸し暑いのが好きな人がいて?それがエアコンがなくて辛い思いをしているのは悲しいことじゃなくて?」

蒸し暑い日が続きますね。

フラウ
「後で私の部屋のエアコン直してくれるって言ったじゃない」

と言われたわけではありませんが、
エアコンの取り付けが立て続けに頼まれています…

特にご年配の方など、熱中症の危険もあるので、依頼を受けた以上できるだけ早く対応するようにしていますが、

アムロ
「梅雨入りしてからこっち、じっくり遊んだことなんてありゃしない、そのくせ休みだってのに仕事になるしさ」

明日は休みのはずですが…仕事です(^_^;)

まぁ、自分みたいな小規模な自営業者だと、忙しい時は

シャア
「体力がもたん時が来ているのだ!」

って叫びたいほど忙しくもなりますし、かといって暇になると

アムロ
「稼がなきゃ死んでも死にきれるもんじゃない…」

と覚悟をせざるを得ないこともあるわけで…


たまに忙しいからと愚痴っていたのでは

アムロ
「エゴだよ!それは!」

と言われかねません。

というわけで

ブライト
「自営業者の自由をあてにしすぎる、仕事はもっと有効に行うべきだ」

アムロ
「な、何?」

ブライト
「甘ったれるな!仕事を任されたからには貴様は責任者なのだ。この仕事を終える義務がある」

アムロ
「いったな」


フラウ
「ブライトさん」

アムロ
「やれるとは言えない。け、けど、やるしかないんだ。僕にはあなたが」

ブライト
「憎んでくれていいよ…休日出勤もしておけ、人を使ってはいけない。アムロ、君が一人になってな」


あすの休みも休日出勤(半ドンですが)、頑張ります(`・ω・´)ゞ


久しぶりに…
今日のことわざ

「心頭滅却すればソーラーレイもまた涼し」

原文
「心頭滅却すれば火もまた涼し」


追記

ソーラーレイは無理と言われたので…

「心頭耐熱フィルムすれば大気圏突入もまた涼し」

でどうすか?w
Posted at 2013/06/17 00:27:02 | コメント(7) | トラックバック(0) | 仕事 | 日記
2013年06月07日 イイね!

アムロ 「運命だとしたら ひどいもんだよな 残酷だよな」

星回りが悪いのではと気がついてから既に1週間、地球の周りには・・・じゃなく相変わらずの日々を送っています…

できれば、明るいネタでブログを書きたいものですが、

シャア
「私もよくよく運のない男だな」

ってぐらいツイていないので、せっかくなのでガンダムネタでおもしろくしてみます


で、今日は具体的に何があったかというと

以前より注文を受けていた、かなり大きめの品、出荷の準備が出来たので

ブライト
「アムロ、発送して事業所内を広げろ、できるな?」


とその旨電話したら

お客様
「ごめ~ん、今日から入院することになっちゃってさ…1ヶ月ぐらい預かっておいて」

と…。
しかも1日早ければ受け取れたとのことで、そのデカブツをしばらく預かるハメに(ノД`)

シャア
「このタイミングで入院することになったという事実は古今例がない」

と思いつつも、仕方なく倉庫を整理…
すると別件の今日お渡し予定の預かり品の連絡が来て、こちらも

「現場の都合で1週間預かっておいて」

と…

アムロ
「もう預からないからな、誰が倉庫の整理なんかしてやるものか!」

といったところで、収めなくて困るのはほかでもなく自分…

アムロ
「片付くとは言えない、けど片付けるしかないんだ。僕にはあなたが…」

憎んだところでどうにもならないので、

アムロ
「今 片付けなければならない敵は仕事じゃない あの中にいれるんだ!」

となんとか押し込みました(^_^;)



さらに!ここ1週間の悪運をダイジェストで振り返ると、

シャア
「ばかな!?新品のはずだ!?」

と、買って1年ちょいの32インチのREGZAがお亡くなりになったり…

出張現場で

シロッコ
「なぜ動かん?」

と、マキタのペンインパクトドライバーがお亡くなりになって、止むなく手回し作業になったり…


さらにはクレームの電話が入り、丁寧に受け答えするがどうも話が噛み合わず聞くと104で番号を調べたと…。同業他社と勘違いしており、

シャア
「私はお前の知っているキャスバルではない、シャア・アズナブルだ」

と、事実を伝えると、途中で間違いに気づき、そのあとわざわざ事業所までお詫びに来て、おかげで仕事がまるで進まなくなり…(^_^;)
過剰に恐縮していただくのも困ったものです。


そして、今朝!
職場の脇に手押しの台車を置いてあったのですが、

シャア
「え~い、情けない、台車を見失うとは!」

盗まれました…

マチルダ
「入り口脇に置いておけると思うブラウンがうかつなのだよ」

確かにその通りですが…(^_^;)

また、以前、うちで収めた品が不具合を起こしているとのお叱りの連絡もあり、平謝りの上、ほかの予定を押しずらして、先ほど様子を伺いに行ったのですが、なぜか電線が一本切れており…


ガルマ
「こんな状態では接触不良を起こして当たり前だろう。技師長、懲罰の覚悟をしておけ!」

と叱られるかと思いつつ、直しながら周囲を確認するとねずみの糞が((((;゚Д゚))))

聞くと、どうやらねずみの親子が近辺を出没するらしく、どうも配線を噛み切っていった模様です。

その旨をお伝えすると納得されたのですが、
かといって自分へのお叱りに対しては気に止める様子もなく…
ねずみ被害に同情を求めるような感じでしたので、

シャア
「フフフ、穴に逃げ込んだネズミを燻りだすのは絨毯爆撃に限るな」

と教えてあげたかったです。

ほかにもハンマードリルが壊れたり、仕事のキャンセルがあったり、こうして文字にしていくと、本当に素敵な1週間だったと、つくづく実感します…


アムロ
「運命だとしたら ひどいもんだよな 残酷だよな」
ララァ
「ブログにアップしたからって、どうなるの?どうにもならないわ どうにも…」
アムロ
「しかし、これは事実だ 認めなくちゃいけないんだ。」
ララァ
「認めてどうなるの?ブログにしたからって どうにもならない記事なのよ」

いや、それはわかりますけどね…



ララァ
「星回りは変わってゆくわ…私達と同じように…」
アムロ
「そうだよ…ララァの言う通りだ…」
ララァ
「アムロは本当に信じて?」
アムロ
「信じるさ、君ともこうしてわかり合えたんだ。人はいつか星回りさえ支配することができるさ」
ララァ
「ああ、アムロ…時が見える…」


明日はいい星回りであるよう、願って寝ます…



Posted at 2013/06/07 21:00:38 | コメント(13) | トラックバック(0) | 仕事 | 日記

プロフィール

「@ザクとは違う さん、親子でオフ?みたいなw」
何シテル?   01/29 12:37
いつまでも貫禄の出せないおやじです。 ランバ・ラルのようになることは諦めました(笑)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

ガイア「おーう、なるほど、旧キットのザクもまんざら悪くないなぁ♪」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/06 18:55:24
アルベルト「あれはシナンジュだ!赤い彗星だ!勝てるわけがない!」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/24 14:40:03
ブリッジ要員「ドルフィン1!所属不明モビルアーマーと交戦中!」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/12 16:00:59

愛車一覧

トヨタ エスティマ ジオニックGP-03号機 (トヨタ エスティマ)
トヨタ tcrエスティマに魅せられて現在3代目です。最初は長男誕生がきっかけで、平成3年 ...
カワサキ GPX250R バンシィ (カワサキ GPX250R)
バイクに乗りたいと思い続けていたら、転がり込んできました。 しかも、当時欲しかったGPX ...
GM ポンティアック・トランザム GM ポンティアック・トランザム
子供の頃にトランザム7000に憧れ、免許取ってまもなくバイトして買った車です。 よく壊 ...
カワサキ ZZR1100 バンシィノルン (カワサキ ZZR1100)
ZZ-R1100C型です。 当時、最高速を誇ったマシンがまさかの低走行で縁があり… も ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.