• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

正岡貞雄のブログ一覧

2018年02月27日 イイね!

この坂なくば すでに我が命…

この坂なくば すでに我が命…
〜「66歳」で突然、人生の幕を下ろした大杉漣さんの無念を想う〜



 まるまる、一ヶ月以上のご無沙汰を、どうぞ、お許しあれ。

 つい先ごろ、2が3つ並んだその日、プロ野球がまだオフシーズンとあって、このところ、あまり目を通していなかったスポーツ新聞を買いに、近くのコンビニへ。当然、この日の第1面は平昌オリンピックで、金メダルを獲得した『追い抜き娘』の快挙を謳っていた。

alt

alt

 しかし、わたしが求めたのは66歳で突然に旅立った、大杉漣さんの哀しい報道の詳細であった。
 TVのニュースなどによると、大杉さんは20日、放送中の連続ドラマ「バイプレーヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラ無人島生活したら〜」(水曜、後9・54)の撮影を千葉県内で午後9時ごろまで行ったのち、共演者らと食事に向かった。午後11時にホテルに戻り、その後、腹痛を訴えたという。共演していた松重豊(55)が付き添い、タクシーで病院に向かったが、そのまま、21日午前3時53分、急性心不全のため亡くなった。(デイリースポーツ)

 コンビニのすぐ東寄りの小さな公園のベンチに腰を落とし、スポーツ新聞を読み終える。冬枯れのハナミズキの枝が、かすかに揺れている。春の気配はまだ遠かった。


alt
 真っ先に、大杉さんの無念を想った。改めて略歴を読む。本名、大杉孝。1951年生まれ。徳島県小松島市出身。1980年の映画デビュー後、93年の『ソナチネ』で人気を博す。特に北野映画では欠かせない存在。幅広い演技力で「300の顔を持つ男」と称され、遅咲きの名脇役として知られる。最近は北野たけしの影響もあってバラエティにも進出、“コワモテ”な風貌とは真逆の、実直で朴訥なキャラで新境地を開拓中であった。そして突然、彼の舞台は幕が下りてしまったのだ。

 急性心不全……やっぱりそうだったのか。これは病名ではなく、病状じゃないか。血液を循環させるポンプ機能が落ちたため、心臓本体が急速にその機能を失って停止したということだ。
 それならば、間違いなくこうなる前に、心臓が大杉さんにSOSを求めていたはずである。それを、残念ながら彼は見逃してしまったのか。あるいはサインは受け取ったが仕事が一段落してから病院へ行こう、と考えたのだろうか。

 ともかく、何かに異常を感じたら、すぐに医師の元へ駆けつけて欲しかった。そうはっきり言えるのも、わたし自身が2013年1月、まったく同じ状況に直面したからである。

alt

alt


 ちょうど黒澤元治さんが、わたしのプロデュースで、かつてまとめ上げた『ドライビング・メカニズム』(2000年・勁草書房刊)に、新しい視点を加えた新刊を、今度は「主婦と生活社」から出版することになって、その作業がピークを迎えていた。表紙のデザインも出来上がった。新しいセンスが気に入った。その動きに歩調を合わせて、ガンさんはLEONレーシングチームを本格的に率いることになった。それならば、決勝レースの終わった翌日、中山サーキットで、かねてから開催を願っていた「ドライビング・アカデミー」をやらないか、と持ちかけた。もちろん、即座にOK。やがてそのプロジェクトが発展して「ベストモータリング同窓会」へと発展して行く……。

 それについては、すでに当『つれづれなるままに…』BLOGで2度にわたって触れている。思い起こすだけでも背筋が冷たくなる。もしもあの時……医師の検査を受け、手当てを受けなかったなら、間違いなく、いまはなかった。

 若い「みんカラ」仲間だって決して無縁ではない。まして「還暦」を超えた世代には、特に注意を喚起したいので、あえてここにその辺りのリアルな状況を、再録したい。

alt

*この坂なくば 我が命すでに ここにあらじ……その主題となる50歩ほどの名もなき坂

alt

名もなき『いのち坂』を今日も往く

あれから1年後の『ベスモ同窓会』と必勝祈願


 ここに担当医から2013年5月13日、手術を受ける患者に、と渡された「冠動脈カテーテル治療(PCI)」説明書を、わたしは保存していた。

alt

*検査の結果は『労作性狭心症』。心臓に連結する3本の冠動脈にプラークという塊りができ、むかって左側の1本は100%、右側の1本は90%、最後の1本が75%も詰まっていながら、辛うじて機能を果たしていた。よく生きていましたね、即座に手術しましょう、という診断だった。

alt

*左がステントを2本挿入し、それを広げることで、100%詰まったままだった冠動脈をよみがえらせようというのだが、これは術後のまだ未開通状態。右が開通後。たくましく血液が流動しているのがわかる。

「心筋梗塞や狭心症などのいわゆる虚血性心臓病は、心臓を栄養する血管である冠状動脈の生じる動脈硬化によって血管壁が厚くなったり、冠動脈の攣縮(一時的に動脈が縮まり細くなること)などが原因で、血管が細くなることによって起こります。75%以上狭くなると、心筋の血流不足(虚血)を生じ、胸部圧迫感や胸痛などの狭心症になったり、さらに詰まると心筋梗塞となります。冠動脈がつまってしまうと、心筋は約6時間で死滅します。一度障害された心筋細胞は再生されないため、心筋障害を生じる前に治療することが大切です」

 そして、あなたの冠動脈狭窄部位は下記の部位です、と添え書きのある心臓部を渡された。今、それをとり出してみると、ゾッとする以上に深く感じるものがある。

 この稿は、ここで一服したい。昨年の暮れ、大杉さんの同じ年齢の直木賞作家が、やはり突然に鬼籍の人なった。葉室麟。「蜩ノ記」を皮切りに、近年、著作を通してもっとも親しい想いを抱いていた作家のことにも、どうしても触れておきたいからである。
Posted at 2018/02/27 14:27:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | 還暦+青春の22歳 | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「3連休中日、富士フレッシュマンレースで青春を燃やした中・老年男の同窓会をFBで速報。今を支えるエネルギー源を確認。そのせいか翌24日のみんカラPVレポート欄の第1位は【還ってきた愛しのEXA】。FBレポート末尾でリンクした8年前のみんカラブログに未読の仲間が訪問してくれたわけか。」
何シテル?   02/25 09:59
1959年、講談社入社。週刊現代創刊メンバーのひとり。1974年、総合誌「月刊現代」編集長就任。1977年、当時の講談社の方針によりジョイント・ベンチャー開...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

祝・みんカラ歴6年! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/06 10:51:53
"トヨタ プログレ"の愛車アルバム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/18 15:20:39
魚菜センター(青森)のっけ丼 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/03 21:31:43

愛車一覧

トヨタ プログレ トヨタ プログレ
「NC」とは、ニュー・コンパクトカーの略と記憶している。(その後、NEO CATEGOR ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.