• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年09月21日

シトロエン クサラ

シトロエン クサラ 9/21日…関東では秋ヶ瀬の80's&90'sヨッコイオフが開催されていましたが,東海地方のお知り合いはほとんどが新舞子に行かれるとの事前情報で,9月から本来の会場に復帰した新舞子サンデーに行って来ました.

前日,LEONISさんから謎の外車レンタカーで参上するとの予告メールをもらっており,10時過ぎに会場について見ましたら,すぐ後ろから,たまらなくテイスティ。シトロエン・クサラで,LEONISさんのご登場でした.
このクサラ,会場に着くなり,いきなりこの個体の前オーナー様にお声掛けいただき,飛び石傷跡や劣化部分の説明など,多分現オーナーのレンタル屋さんもご存じないほどの様々なご説明をいただけました.いや〜新舞子サンデーってすごい集まりですね…たまたまレンタルした車の前オーナー様が参加していて,しかもすぐに見つけてもらえるなんて…

で,会場はチョイチョイ見学しつつ,早速LEONISさんと,クサラの詳細観察が始まりました.

・概要
この車両は,初代C5風に純正魔改造された後期型.
寸法では,4190mm×1710mm×1405と,当時のCセグでは,セダンとハッチバックの平均値を取ったような値.比較対象にカローラを挙げると,同時期の120カローラハッチバック(ランクス)が4175×1695×1460,同時期のゴルフⅣが4155×1735×1455なので,これら実用性を取った車種より,ちょっと長くてちょっと低いプロポーションになっている.寸法には現れないが,クサラはこれらの同クラス他車よりもリヤハッチを後席頭上からリヤハッチを伸ばし,大きく寝かせているため,数値の差以上に伸びやかな印象を受ける.その分,リヤ席後方上部は積載スペースにならないので,高さのある箱を荷室に積むには適さない.高さがある荷物の場合は,後述のリヤ席折り畳みで対応できます.

このクラスで実用性ばかりを前面に出すと,カローラやゴルフと真っ向勝負することになり,おしゃれ泥棒たるおフランス人気質(余談:イギリス=腹黒紳士には許せなかったようで,ソコソコの実用性とスタイリッシュなハッチバックを身にまとってみた…という感じでしょうか.これも前期型ではXantia風味のシックなデザインで統一されていたのですが,マイナーチェンジは東洋の神秘の如き魔改造によ(ry
とにかく,強敵との真っ向勝負を避け,独自の存在価値を探したシトロエン
クサラ.現実的なライバルは,初代メガーヌやアルメーラあたりなのかもしれません.3ナンバーとはいえ,わずか10mmのオーバーなので実質的なサイズは5ナンバーと同じ.まだ全幅インフレに陥る前の貴重なフランスCセグですので,日本の細い道での実用性を考えると,限界ギリギリで通れるサイズのなかなか美味しいフランス車なんですよね.

・フロントビュー

この顔が時代を表す(純正魔改造)

前期のすっきりした小型Xantiaっぽい顔の方が好みですが,この時代はこういう顔にこういう色が流行っていたのも事実.2代目インプレッサと近い雰囲気はありますが,顔だけ直した純正魔改造状態

・リヤビュー

スーパーリッド装備
パッと見はトランクの短いセダンに見えますが,当然のごとくシトロエンの大好きなスーパーリッド=5ドアセダン=一部に大ウケ.(一般にはウケない)
ナンバー上のガーニッシュとバンパーモールが黒いと,ワンポイントが効いてオシャレに見えるんですが…

・サイドビュー

モチーフはボブスレーかも?
(アスティナ+アプローズ÷シトロエン)

リヤオーバーハングはかなり短いながらも,Cピラーを太く寝かせてAピラー・Bピラー・Cピラーの前のラインとリヤガラスのラインの延長線が,1点に集中するようなデザインになっています.フロントタイヤとリヤタイヤは,それぞれAピラーとCピラーで6の字状に,ホイールハウスに各ラインの延長線が正接するデザインですね.リヤドアはこのデザインを成立させ,さらに開口部をリヤフェンダーの前側を全て覆うようにしてあるので,ドアの開口面積の割に,張り出しの大きなリヤドアになっています.開閉時は胸や腹を打たないように注意が必要.

・エンジン&ミッション

フルカバードのエンジンルーム
(ただしほとんど乗ってるだけ…爪割れてるから)

エンジンは1.6LのNA,DOHCで,108ps/5800rpm・15.0kgm/4000rpm.性能は実用エンジンそのものですが,その割りに日本では税金が2Lと同じになってしまうのが辛いところ.向こうでは1.4と1.6でクラスが変わるので,日本では1.5を用意できないと大衆車としては土俵に上がれませんが,そもそもそういう勝負を挑んでないということが,1.6Lと2.0Lに現れていそうです.この時代にしては時代を先取りした電子制御スロットルが特徴ですが,これは多分オートクルーズを設定した影響と思われます.他は特に変わったエンジンでもなさそうです.組み合わされるミッションは,3モードを切替できる電子制御付きの4ATで,シフトレバーはゲート式.

・室内
室内は普通の布シート仕様で,プラスチック+布のフルトリム.インパネも普通のパキパキのプラッチックですが,割れたりベトついたり縮んで隙間ができたりしないので,これはこれで潔くて好印象.もちろん,ライバル他車に比べれば見劣りはしますが,シトロエンを選ぶ人はそういう視点で選ばないでしょうし…ここでケチった分は,その分丸ごとシートにお金をかけているようです.

シートですが,形状は特に変わったもの…でして,フロントシートバックはリヤ席の膝前スペースを拡大するために,思いっきり背面をえぐってあります.その割りに,乗り心地は薄っぺらくなくて,座面はソフトなのに底付き感なくしっかり体をホールドしてくれ,シートバックは背中に吸い付くようにフィットする感じが独特で気持ちが良いのです.

リヤシートもフロント同様の座り心地を実現しており,シートバックは6:4分割可倒,ただしそのまま倒すと荷室床面との段差がついてしまい,大きなものを積む場合は,左右一体の座面を起こしてシートバック両方を倒せば,荷室からフラットな空間が作れます.積載性もスーパーリッドのおかげで,大物であれば後方から入れるのが便利.雨の日でもスーパーリッドがある程度は屋根になるので,荷室がズブ濡れになることはなさそうですし,ヒンジが前方にあるので,スーパーリッドを開閉した際に,車両後方への張り出しが小さいのは,ゴルフに対する数少ないメリットでしょうね.


うねったコンソールデザインがフランス的

運転席周りは,高級感と言うのとは対極にあるイメージ.どちらかと言うと軽トラのような実用性を優先したつくりになっていますが,全体がラウンドした形状になっていて,90年代後半~2000年代の雰囲気で,水平・垂直の直線で構成していないのがフレンチの雰囲気でしょうか…オーディオは他にも色々な機能がついたコンピュータと一体になっているのですが,フランス語なので何を言っているのかワカランテーム.せめて英語ならわかるかもしれないですが,操作方法も良くわからないので,こいつと仲良くなるためには,最低限のフランス語(言語設定をするために必要な単語)を勉強する必要があるのかもしれません.あと,ルーバーがリンクでつながっていて,角度を変えても見た目がすっきりしているのとかは,こだわりなんでしょうね.


メーターはすっきりとした4眼式

スピードメーターとタコメーターが同じ大きさで並んでいるのも,この頃にはよく見られた配置.タコメーターの数字が2桁とか,水温計が(精度は別にして)温度表記があるのが日本車と違うところでしょうか…非常にすっきりとしていて見やすいメーターです.

スイッチ類は,右ハンドルでも左がライト・ウインカースイッチ,右がワイパースイッチです.ウインカーを出そうとして,日本車の感覚でワイパーを動かしてしまうのはお約束ですね.

あと,クルコンがついているので斜め下側左右にスイッチがついていますが,こちらは試していませんので操作性は不明.

・操作系
ステアリングは標準的なφ370mmぐらいのウレタン製.マイチェン後なので『へへ』のエンブレムがメッキ風のペイントがされたものになっています.パワステは油圧式で,日本車に比べるとアシスト量は少なめですが,電動パワステのような,わざと作っている重さではないので,不自然さはありません.アクセルは欧州車ですが吊下式の一般的なタイプ.ペダルの表面にはゴムが張られていませんでしたが,これが標準なのか,はがれたままなのかは不明.滑り止めの凹凸もないので,どちらかわかりませんでした.このアクセルペダルは,電スロのため,ワイヤーを引っ張っているわけではないのに結構重く,そのフィーリングもザラザラした感じがあります.ブレーキペダルも特に変わったことはありませんが,同時期の国産車に比べると少し重めでした.シフトレバーは前述のゲート式で,メーター内にゲート形状を模したインジケーターがあるので,初めてでもレンジ変更は手探りでOK.4ATでD,D3,2…というホンダ式というか,O/Dスイッチが別体になっていないタイプです.

・走行インプレ
新舞子マリンパークの駐車場を出発して,例のうどん屋まで,自動車専用道路と市街地を走りました.

まずは,自動車専用道路ですが,60km/h以上の巡航がこの車のハイライトであることがよくわかります.重めのステアリングフィールも,アクセルペダルも,巡航時の頻繁ではない操作のときに,落ち着くセッティングです.エンジンはSPEC以上に低回転向きに振ってあるようでしたが,実のところは電スロのセッティングが,2/3ぐらいで全開になるセッティングのようです.のこりの1/3はキックダウンスイッチとしての機能ですが,そもそも奥まで踏むのにはかなりの踏力を意識してかけないと踏み込めないので,踏みすぎて暴走…みたいなことにはならないと思います.

ATは,ロックアップをしたら開放しない制御で,アクセルだけで速度調整がしやすいので,私が気に入っているヴィッツ系やNCVカローラ以降のトヨタ・ダイハツの4ATや,SKYACTIV-DRIVEに近い巡航状態です.ただし,シフトショックは結構大きく,国産の優秀なATに慣れていると,雑に感じます.そもそも頻繁なシフトをしない走り方を狙っているので,変速の機会が少ないのでしょうかね.

足回りは結構固めでフロアは路面の凹凸に合わせて振動していますが,シートが優秀なので,座っている体にはきつい振動は来ません.やはりシートの出来が最高といわれるフランス車.特に普通の車のシートでは,思想の違いを感じることが出来ます.

自動車専用道路を降りて,市街地走行になると重いステアリングやアクセルペダルが,ちょっと重すぎると感じました.国産車が得意としているフィールドですが,シトロエンはもう明らかに苦手ゾーン.劣化した路面の凹凸はゴトゴト拾うし,交差点を曲がるときにはハンドルを回す力が要求されます.乗り心地については,優秀なシートがカバーしてくれますが,狭い路地を右・左とフルステアを切って曲がるのは疲れますし,アクセルの重さも,頻繁に踏み込むのには,しんどいなと感じます.1~2クラス上のディーゼル車で取り回しに気を使って運転している感覚に近いです.

また,電スロ特有の発進~低速域における応答遅れがもたつきを感じさせますので,発進停止の多い市街地は苦手な車でした.しかし,トヨタの初期電スロ車のような,動き始めに過剰にスロットルが開かず,飛出は抑えられているので,ゆっくりと発進できるのは,初期の電スロ車にしては,マシな制御だと思います.

・総評
総じて,シンプル・シックでスタイリッシュなのがこの車の魅力.そして,お金を掛けるところ(シート)にはシッカリとかけ,かけないところ(インパネなど)は割り切った潔さが,さすがの車…車格に囚われない,シトロエンの独自性は,たとえハイドロでなくても生きていることがわかりました.

また,走りについても同様に,選択と集中をしてしまっているのが,潔くて心地良い…こいつは最初から万人ウケは狙っていない,シトロエンとしての存在を,静かにアピールするのがフレンチの粋なんでしょうね.

余談ですが,きっとダイハツはアプローズで,こういう車を作りたかったんだろうな〜という感じがしますが,フレンチの粋ではなく,大阪の粉モンソース味になってしまったのが,残念なところですね.


このような面白いレンタカーがあること,それを体感させてもらえたLEONISさん,ありがとうございました.
ブログ一覧 | 試乗 | クルマ
Posted at 2014/09/22 01:54:27

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

ながいお休みの過ごし方かなです ( ...
あきの空さん

浜田〜広島 グルメ旅
ぢ~ぢさん

ホンダ シビック用ドライカーボンス ...
axispartsさん

クイックデリバリー ラッピング
CAR-CLINICさん

移動式オービスに気をつけろ! プロ ...
セキュリティーのプロテクタさん

「CAPスタイル・スマホホルダーモ ...
ともぞ~@SB5244Wさん

この記事へのコメント

2014/09/23 01:29:24
こんばんは。
こちらこそ、最後までありがとうございました。すごく助かりました。
また素晴らしい場所に連れていって頂きありがとうございました。あの緩さ加減は最高でした。いろんな意味で溶けそうでした(笑)
クサラの詳細レポートありがとうございます。高速クルージングの快適さがあのクルマの魅力でしょうね♪
あ、ネーミングは同じ感想です、日本向けの車名があっても良かったかな、と(笑)
また面白いクルマに乗りましょう♪
コメントへの返答
2014/09/23 01:46:05
本日も遅くまでお疲れ様です.昨日も遅くまでお付き合いいただきましてありがとうございました.アソコは,これから寒くなる季節,第2のイベント会場になればなと思っております.

クサラのレンタカー,本当にいい経験でした.XantiaやC5のハイドロ,Saxo,DS3のスポーツ系のバネサスは経験あれども,シトロエンのコンフォート系バネサス車は初めてでしたが,今まで乗った中ではシートが一番良かったかも…Xantiaがハイドロで出している感じを,固めの足とシートで作り込んでいる感じはフレンチ熟女の膝枕とでも言いましょうか…

本当に貴重な経験が出来ました.ありがとうございました.

またレンタカー遊びに誘ってくださいw
2014/09/23 21:32:00
こんばんは。

元オーナーの現行C4乗りのミッコグッチャンと
申します。

当日は本当に驚きまして、生きていたことに感動しました。

詳しい分析、解説ありがとうございます。
不明点をお答えしたいと思います。

アクセルペダルは、最初からアレです。
雨の日は滑ります。

クルコンは、一時停止スイッチで一時解除も出来る優れものです。
エンジンパワーの限界までクルコンは使えます。

オートマのAL4は、最後の方は私でも苦労するほど劣化していましたので、オートマフルードは未交換のままなんだと思います。

町乗りよりも、都市間移動に適した性格だと思います。

ブログアップありがとうございました。(⌒‐⌒)
コメントへの返答
2014/09/23 23:03:03
こんばんは,コメントありがとうございます.また,当日は色々詳細を教えていただきありがとうございました.

アクセルペダル,純正でツルツルなんですね.確かに,雨の日は滑りそうです.晴れの状態なら,適度な滑りが運転しやすくもありました.
クルコンは,ちょっと操作が難しそうで躊躇してしまったのが残念…日本車と違って,上限速度がないのはいいですよね.
AT劣化前は,今ほどシフトショックは大きくなかったんだとすれば,よくロックアップして,エンジンのトルクで走らせる良いATだと思います.

シトロエン沼は,一度ハマると抜け出せない魅力があるのがわかります.

愛車遍歴も拝見しましたが,NXクーペやマティスなど,ソソラれるクルマを乗り継いでいらっしゃるのが羨ましいです.
2014/09/27 15:28:48
個人的に後席のアジャスタブルアンカーに驚愕でした。
なんちゅう部分にコストをかけるんや!。。。。と。

乗って見てシートの良さが気に入りました。
コメントへの返答
2014/09/27 15:44:08
シートのよさは、今まで乗ったことあるクルマのなかではXantiaと並んでトップの感じ。シトロエンのシートへのこだわりはすごいです。そのためになら他の部分の割りきりも潔く感じるし。
リヤ席は頭上空間の狭さが気になったぐらい、シートベルトアンカーやシートバックにバックルつけれるアレとか、金のかけ方の違いがよくわかる車でした。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「先ほど帰宅しました。子供らはゲラゲラ笑いすぎたおかげで、二人ともぐっすり寝ながらの高速夜行ワゴンでした。皆さんありがとうございました~」
何シテル?   05/12 00:16
『白い変人』にしようとしたら,先に取られていました. 褐色の変人とか,お口の変人とかも考えましたが,断念. ※みんカラ規約では、ユーザーはサイト利用にお...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

第26回80's&90'sミーティング in彩湖・道満グリーンパーク 開催要項決定のお知らせ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/15 08:14:41
第20回 80's&90'sミーティングin秋ヶ瀬公園 開催要項決定のお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/21 04:32:59
第18回 80's&90'sミーティングin秋ヶ瀬公園 開催要項決定のお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/06 00:16:51

愛車一覧

マツダ ユーノス100 ユ100 (マツダ ユーノス100)
※名前が長いので,ユ100もしくはユ百と略します.郵便車ではありません. 2013年夏 ...
スズキ アドレスV125G 悪の枢軸2号 (スズキ アドレスV125G)
引越しにより,幹線国道が通勤経路になってしまったので,廃では性能不足になってしまうのと, ...
日産 サニーカリフォルニア サニカリさん (日産 サニーカリフォルニア)
骨までしゃぶりつくすのが我が家の家訓 現在、エンジンのピストンリング、メインベアリング ...
日産 ラシーン ポリバケツ (日産 ラシーン)
エスカルゴが医療ミス(民間療法)により異物を埋めこまれて天に召されたので,代わりになる車 ...

過去のブログ

2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.