• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

白い変入のブログ一覧

2012年07月30日 イイね!

初プール

初プール今週末はよく晴れていました.
まずは朝から近所の廃車…ならぬお口の整備工場(歯医者)へ
すると隣のコンビニにはR32 GT-R Vspecが.朝からイイ物見れました.

早起きするといい物見れますね〜

今回は,水研ぎ&フッ素コーティング施工という,非常にお手間のかかる作業を実施いただきました.で,最後に,工場長のチェックにより,先日取り外した錆パーツの相方も,錆が進みつつあるので外したほうがいいねとなって,次週取り外し作業をすることになりました.


で,帰宅後,息子を連れてプールに行ってきました.
一昨年,住んでる市内の屋内プールに行きましたが,
人と人の間に水がある状態(C)野比のび太
でしたので,今回はパス.適度なドライブを兼ねて,豊橋のシーパレスのプールに行ってきました.ここは,一時は毎年仕事できていたのですが,今の仕事についてから来るのは初めてです.

久々にラシーンでのお出かけでしたが,走り始めると何やらエンジン回転数に同期したヒューンというような笛を吹くような異音がエンジンルームから聞こえ,途中点検してみると,オルタネータあたりから発生している様子.
もしくはその下のコンプレッサのプーリか?どちらにしても,
軸受が原因っぽい
異音であることは職業柄わかるところなので,即走れなくなる原因にもならないことは安心材料の一つと考えましょうか…エンジン補機の軸受から聞こえる異音の特徴は
 ・エンジン回転速度にあわせて高低が変化して聞こえる.
 ・エンジンがかかっている間は大なり小なり聞こえる.
 ・ベルトテンションを調整すると変化する.
 ・異音がしていても,即補機が壊れる現象には結びつかない.
 ・でも音は目立つので,入庫されることが多い.
 ・機能に影響はなくても,異音はクレーム扱い.
 ・軸受メーカーは車両メーカーに怒られる.
と言ったところでしょうか?今回はオルタっぽいので,逆に言えば,ちゃんと発電機が回っている証とでも考えるのが良さそうです.発電できなくなるのは,オルタの中でも電気回路の部分ですから,軸受がちょっとやそっと異音を出したりしたところで,発電不良になる心配はありません.ウチのラシーンでは,日産グリーンパーツのステッカーがあるので,1度はオルタは交換済のようですから,ブラシの摩耗でイカれるという状態ではないと思われますし…
と,自分を騙しつつ,ドライブは続きます.

道中,豊橋の前芝で苦行を行なっているゴルフカブリオレを発見.

ドライバーはほっかむりしてますw
こんな日車の強い日は,屋根閉めたほうが涼しいと思うんですけどね…

このあたりから電波が入るようになるので,84.3MHzにラジオをセット.プリプリやサザンが流れる12時台の選曲は多分あのスタッフが選んでいるんだろうな〜なんて思っていると,時刻は1時に…いつもの『ざばーん…ざばーん…』オープニングに合わせての番組名コール!
なんじゃすザバーン!!
なんと,今週は特番でした.イオンになっても番組名は相変わらずなんじゃすなんですねぇ…そちらも何度となくお仕事でお伺いしましたが,その時は新館なんてなかったのに…午後5時までということで,多分特番中に行く事はできないだろうなと思いつつ,番組を30分ほど聞いていると,シーパレスに到着.
駐車場は完全満車ではなく,なんとかラシーンを停められました.

このプール,混み具合は,毎年シーズンの最初に無料解放される日の状況しか知りませんでしたので,混みまくっている可能性もありましたが,実際は,寂しすぎず,いっぱい過ぎず,いい感じでした.息子は,3時間はしゃぎっぱなしでしたが,2・3度プール内で転けて大量に水を飲んでしまったものの,ケロッとした様子.水嫌いにならなくてよかったし,これからもプール遊びができそうです.
途中休憩もしつつ,3時間ほどプールで遊びました.
これはプールサイドで見かけた気になるもの.

電話線巻いた奴…これってもはや常設?

帰りがけのラジオでは,なんじゃすザバーンもほぼ終わりかけ.
近くのコンビニでアイスを買って,ラジオを聞きつつアイスをいただきましたが…

すごいお口ですよw

このあと,蒲郡から吉良を抜けて,のんびり夕方のドライブ.
三河湾がキレイでした.

写真は大塚〜三谷にある草ヒロのアルトかフロンテ.
大学時代,この近所に住んでいた時から,ずっとここにあります.

帰りがけに,揚げ物が食いたいとの嫁リクエストで,西三河ではソコソコ有名なカツ定食のファミレス『楽一楽座』へ.体力使った後は揚げ物みたいなハイカロリーのご飯と,食べ放題のキャベツが幸せでした.キャベツは3回分おかわりしてしまいました.

この後帰宅して,風呂に入ったら,あっという間に夢の中.

日曜は昼ごはん頃まで寝てしまいした.
昼間は暑いので,またまた昼寝して,夕方から,サニカリさんのフロント窓に車検対応の透過性高いフィルムを貼り貼り…しかし,風も強く,イラチなのでうまく貼れず,空気抜きでは表面に擦り傷も入ってしまい…やっぱりフロント3面だけでもプロに頼むかなぁ〜と思った週末でした.
Posted at 2012/07/30 01:15:50 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2012年07月22日 イイね!

テレビの修理ついでに…

テレビの修理ついでに…我が家のテレビは,今流行りの薄型テレビではなく,正真正銘の
厚型テレビ
シャープ 25C-ES70です.96年製のシールが貼ってあり,16年目に突入しています.厚型だけでなく,球面仕上げです.トリニトロン管の円筒面にすら及ばぬ,当時でも堂々の安テレビですね.14インチのカドが丸い奴に比べればマシといったレベル.確か,シャープの総合カタログでも下から2番めに載っていたと記憶しています.

とはいえ,可もなく不可もなく,機嫌よくチラツキのある画像を描いてくれていました…が,先々週の木曜日,突然電源が切れて『オンタイマー』のランプがチカチカ.これはクルマで言うところのエンジンチェックランプ点灯状態.即ち,ECU=制御基板がエラーを検出して止まってしまったという事です.
フツーならここでウチも薄型テレビに…となるのかもしれませんが,骨までしゃぶり尽くすのが家訓の当家では,ネジの1本も外さないで出ていく機械はありません.だいたい,ブラウン管のテレビなんて,これまで10台近くバラしてきて,
3度ほど感電した

こともあるので,修理のコツはおよそ心得ているつもり.こういうのは8割方,基板に積もったホコリで基板上の導通してはいけないところが電気的につながった状態で,エラー検出していることが多いです.残り1割が基板のはんだのクラックですが,これはソニーと松下に多いパターン.そして最後の1割が,本当に原因不明なやつです.いや,マジメに解析すれば,どこのICがいかれてるかとかまで追えるんですけど,そこまでするつもりもないというか,結局部品交換するなら,
丸ごと程度のイイ中古にしてしまえ
となるわけでして.

で,今回の異常も,本体の背面を開くとブラウン管の下に入っているメイン基板が見えないほどのホコリの絨毯…

コンプレッサフル稼働でエアを吹きまくり,基板上の部品が全部見えるまで掃除して,電源ONしてみると
あっさり復活しました.

さて,コレだけでは芸がないのと,画面がレベル低いのはともかくとして,音があまりにもカサカサなのが納得いかなかった&なんで画面の下にスピーカがあるんやというところを改善するべく,外付けスピーカー化を実施しました.

↑ナメた純正スピーカー.直径8cm.裏側は筐体内にフル開放.
定格2Wというから,普段の音量でほぼフルドライブに近い状態のはず.
でも部品はきっちりシャープ内製.ブラウン管も同様↓


手っ取り早くやるなら,ヘッドホン端子からパソコン用とかのアンプ付きスピーカーとかにするのが楽なんですが,当然そんなつもりはなく,テレビのスピーカーにいく線を外部に引き出して,外付けスピーカーをつけることにしました.

この方法にした理由は,チューナのリモコン(テレビの電源と音量だけ操作可能)だけで操作したいという,使用条件上の制約によります.

そうなると,テレビ本体のアンプまではそのまま利用する必要があり,スピーカーのインピーダンスを一応合わせておくためにも,安物のミニコンポのスピーカーはちょっと使いにくくなります.また,音質的にも,繊細な音やフラットな再生は期待できるわけもなく,
お下品ドンシャリ
しかできないと思われます.お下品ドンシャリであっても,アンプが出してくれている音をきっちりと再生出来るだけのユニットと箱があるスピーカーに変えてやれば,多少はマシになるだろうという魂胆です.

で,インピーダンス8Ωで防磁仕様のスピーカを探して,ハードオフ行脚をしてきましたが,結局一番近所のハードオフにあった,ペア3150円のパイオニアS-ST05にしました.

こいつは2WAYのコンパクトブックシェルフ型ですが,箱が結構高密度な樹脂でできており,
101風のパチモンシリーズ
の一つとして見れると思います.まぁ101も,そんな大したスピーカーではありませんが,定位とメリハリある音に焦点を絞って,ワイドレンジ再生はなんですかそれ?状態という潔さがあるのですよね.それに対して,今回買ったスピーカーは,2WAYになってしまって定位を捨てて,レンジを広げたという物のようです.少なくとも,箱はしっかりとしており,片方で約3kgもあるので,元のラジカセスピーカーよりは良さそうです.

パイオニア S-ST05 ロゴが懐かしの音叉Ω

スピーカーの増設は,本体の横面にL字金具を2個取り付け,耳のように取り付けました.配線は,一応,テレビ本体から出てくる部分にはフォンのメスコネクタを取り付け,スピーカーはフォンプラグ経由でつないであります.

それが完成した姿が冒頭の写真.

実際に,再生してみると,今までに比べると,随分と音に広がりと奥行きが出ました.相変わらず,低音がブーストしすぎな感じがありますが,ウーファーの能率が悪い,古いタイプのスピーカーを持ってくれば,きっとこのテレビ内蔵アンプではよう鳴らせないでしょうから,仕方ないかと思います.
『渡辺篤史の建もの探訪』では砂利の上を歩いたり,扉を開ける音が,リアルになりました.これは,今まで聞こえていなかった音がちゃんと出るようになったおかげと思います.
音楽番組は録画してあった『SONGS aiko』を見ましたが,ライブのシーンはボーカル以外の音とのバランスが良くなりました.あと,音量をあげても疲れない.これもバランスが良くなった結果ですね.他には,豊南市場のシーンや阪急電車の車庫のシーンでの,周囲の音…周りの人の話し声や電車の走行音がかなりリアルになりました.やはり,画面のしたにある状態に比べれば音像画面中央に近づき,定位が良くなったことと,今まで聞こえていなかった音が出るようになった結果だと思います.

これで,このテレビもあとどれぐらい頑張ってくれるんでしょうかね?とりあえず,不満点は解消できました.

え,画質?いや〜正直映像なんてなんとなく映っていればいいほうで,トーク番組とかは画面なくてもいいぐらいなので,高画質とか興味無いですし.だいたい高画質を活かせる番組が無いですからね…
Posted at 2012/07/22 02:01:19 | コメント(6) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2012年07月15日 イイね!

80年代のまちかどMTG 2日目

80年代のまちかどMTG 2日目結局宴には参加できぬまま,意識を失ってしまい,気づくと既に朝…皆さん活動開始されているようでした.午前10時ぐらいには,宿泊施設を出発することで活動開始.
クルマに荷物を積み込みに行くと,やたらと汚れている…森の中なので色々落ちてきてるんですよね.何やら樹液的なものとか,何やら幼虫的なものやら

…で,みんなクルマに水かけて簡単に洗車
完了した先頭のクルマから出発.
サニカリさんとジエッタは一番最後となりました.(昨日一番乗りだったから)

 

イカ氏はバックもお好き♪
朝イチのN兄Σはスピード感を感じさせる白煙の演出付き.

小淵沢から豊科まで,高速ツーリングです.

昨日の不調はどこへやら?やっぱり走ってる姿が様になる大虎セブン


ガリューさんのジェッタ,猛烈な加速でおしりが沈んでます…?


やはりシグマはおしりがステキ.


お杉さんのブルは赤が映えます

で,豊科で高速を降りて,集合場所に向かう途中,なんと国道沿いにエスカルゴの看板娘や,こんなトラップが!

普通に走っているなんて!(軒先のヒーローは富士市で見ましたが)

そんなこんなにイチイチ反応していると,ヨメにノイ氏から入電.
『もう爆発しそうだ!』何がでしょうか?ご想像にお任せします.

そんなこんなで,道の駅松川につくと,もう,とにかく目立つ一団が.

帽子をかぶったハイゼットジャンボS66.
ほぼフルオプション状態です.


元S65乗りには懐かしい室内.


こちらもAB型エンジン.ハイゼットとあわせても4気筒8バルブで,
サニカリさんとトントン,排気量はシャレードよりちょっと大きいぐらい.


ステアリングのデザインはハイゼットと同じですが,色が違います.
うちのS65はこっちの色だったと記憶…
S100アトレーのウレタン4本スポークに交換してしまいましたが.

ここで今回の主催者からのご挨拶.

え〜略して『イカ』です〜.
できるオトコの挨拶はステキですw

今回の集いの趣旨説明があった後,早速大町の商店街へ移動して,できるオトコが手配してくれていた,郷土料理店へ.どんな料理かは,他の人のブログに譲るとして…豚もおざんざもうまかったです!(冒頭の写真)

そして,この商店街の雰囲気がまたいいんです.

タイガー魔法瓶の看板とか


リコーのコピーとか,UCカードとかDCカードとか
この商店街,写真の通りをはさんで,西側は男水,東側は女水と言われる湧水が引かれていて,まちかどに蛇口があって飲み比べができるようになっていました.男水はミネラル豊富な硬水,女水は,口当たりの柔らかい湧き水とのこと.どちらもそう言われればそんな気がしましたが,ラジエターの補充水にはミネラル多いと使えねぇなぁ.(アホ

お昼を堪能した後は,仁科三湖のひとつ,木崎湖へのツーリング.木崎湖をちょっと過ぎたところにある除雪基地横のスペースで,中古車センター開店です.

のぼりはスギレン社長が用意してきたかとおもったら,
WAGON/GLさんはそののぼりを立てる台を用意している周到さw
なお,これらの車両はすべて現状販売…

中にはマフラーが勇ましい音になっている車両もございます.
手前の灰色の落とし物は,マフラーの中身の一部.落とし主は…

そして,めいめい試乗や撮影会となりました.
私は,まずはサイクロン63さんのギャランに試乗させていただき(喜び過ぎで写真撮ってなかった…),No.19さんのK10に乗ってノイ氏と撮影会.

いなお駅近くのガード下.1.7mの幅なんて余裕.

ちょうど駅に電車が来たら,乗客にめちゃくちゃ見られていました.
シルバーの車体とカクカクボディに類似性(でも電車の方がかなり新しい)

この後,WAGON/GLさんのU11ブルにも乗らせていただきましたが,ドアを閉めた瞬間から静か…やっぱりサニカリさんとはクラスが違うことを感じました.で,試乗に出かけると,向かいから見慣れたクイントインテグラが!
T君遅まきながら到着で,みんなで並べて撮影会となりました.

このあと,後ろを奇跡のジャスティが通過するが,誰一人撮影できず.

ここで,16日は仕事があるため,白変一家は皆様とお別れして,のんびりと帰路につきました.
恵那峡SAを過ぎた当たりで,黄色いヘッドライトのクルマが迫ってきたと思ったら,みんなと晩飯を食べてからダッシュで帰ってきていたノイ氏でした.

この後,東海環状道で愛知へ向かい,帰宅したのはちょうど日付が変わった頃でした.
結構くたびれましたが,楽しすぎて,なかなか寝付けなかった日曜日の夜でした.

一緒に遊んでいただきました皆様,本当にありがとうございました.
そして,ステキなイベントを企画・運営を一手に引き受けてくれたイカさん,お疲れ様&ありがとうございました.
Posted at 2012/07/19 00:48:53 | コメント(7) | トラックバック(0) | サニカリさん | 日記
2012年07月15日 イイね!

80年代のまちかどMTG 1日目

80年代のまちかどMTG 1日目待ちに待ったこのイベント,去年,知多半島でやったイベントの第2段として,関東と中部の中間地点で,リゾートで名高い信州・山梨へ1泊2日のタイムトラベルに行って来ました.
うちは朝7時に自宅を出発,近所から校則に乗っても良かったんですが,せっかくの旅行なので道中を楽しむべく,まずは足助から明智の方へ奥三河を抜けるドライブで中津川方面へ.そう,まずは大正村で大正時代を体感してから行こうと思ったんですよ.


大正村の近所の昭和のニオイのする商店街でサニカリさんを撮影しました.結局大正村はスルー

ここからは明知鉄道沿いに恵那へ向かうんですが,阿木高校の前ですごいタイタンを発見.

これは幸先がよろしい.

中津川からは中央道に乗って,塩尻北へ向かいます.途中,クーラーの効きがどんどん悪くなり,何度かPAに寄ってコンデンサーに水ぶっかけ…するとサイトグラスに冷媒が流れてくるのが見えました.しかし,泡はタップリと流れており,なかなか十分な冷えは得られません.これは,134aガスがR12用のホースのまま使っているので,ちょっとずつリークしているのかもしれません.まぁ,今度オイルとガス足しましょうか.

目標の12時からはちょっと遅れましたが,待合せ場所の南松本のジャスコに到着.

既にみなさん揃いだしていました.

あれ?大虎先生は?と聞いてみると,諏訪湖SAでネタの仕込みをしているとのことで,我々はイカ氏おすすめの変わったラーメンをいただきに行きました.ちょっと入ったところにあるラーメン屋で『俺らラーメン ちょもらんま』どうツッコんでいいのか迷います.
ここのラーメン,なんとダシが鯵.初めて食べる鯵わいでしたが,すごく美味しかったです.ただ,息子が食べ残したのを冷えた状態で食べたら,ちょっときつかったwやっぱアツいうちに食べなきゃいかんね.

お昼を済ませ,ジャスコに戻って翌日の朝食手配です.パンやお菓子や飲み物やミスドを調達して,トイレを済ませ,あとは大虎先生を待ちますが,なかなか来ません…そんな中,駐車場内にあるガソスタの洗車機の高さ案内のイラストが妙に精巧だったりするとこに,興味津々のイカ氏w

そんなことで盛り上がっている間に,大虎先生がご到着.ここから,本日のツーリングのメインイベントで,ビーナスライン〜霧ヶ峰経由で宿泊するロッジへ向かいます.


途中のワイナリーの駐車場にて.ここのぶどうソフト,おいしかったです.


ビーナスラインに向かう途中のアザレアライン
天ダムに向かうR25に似た雰囲気の道です.


大虎セブンが後ろから迫る!
こっちは大人2名,乳児1名で,転けそうなロールに耐えつつハンドル切っているので,なかなかにきついです.


80年代のやまみち.先頭を行くイカ氏シャレードがとにかく早い.
後続はついていくのが精一杯のなか,どんどん上がる水温に,ラジエターファンはまわりっぱなしでした.

アザレアラインを登り切ると,ビーナスラインとの交差点が扉峠です.ここには,なんとも面白い展望レストラン&土産物屋があり,これまたイイ感じの雰囲気でした.コニカカラーのベンチとかね.


ビーナスラインに入ると,急に蜘蛛の中状態になってしまいましたが,ここでもヘッドライトやフォグランプが霧に作る光線が美しく,まるでCMの映像のようでした.
そんなビーナスラインも,霧ヶ峰に近づくにつれ,だんだんと晴れてきて…


ついに霧ヶ峰到着.ムーブアイ.

気持ちのいい高原です.雲で周りの山はあまり見えませんでしたが,これがもし晴れていたら,それはすごい景色なんでしょうねぇ〜

そこのドライブインには,こんどはコダックフィルムの看板が.ソフトクリームはもうお腹いっぱいです.


しかし,ここまで登ってくる間に,1台大ダメージを受けたのが,スギレン社長のカリーナST.後ろ走ってるとやたら臭くて,なにやら合成樹脂が焦げるニオイがずっとしてたんですが,カリーナのマフラーは実は大穴空いていたのを補修していたのが,タイコの下に向かって「こんにちわー」と口が開いてしまいました.

このあと,どんどん勇ましい音になるw

そんなこんなで霧ヶ峰を満喫し,さて,そろそろ下って行きましょうか…となった時,今度は大虎先生の仕込みネタが登場!セブンがエンジンかからんのです.エンジンがかからない=ちゃんと爆発しない原因は,良い圧縮,良い火花,良い混合気のどれかが欠けている場合.ということで,とりあえずプラグを外してみることに.プラグを外すと,レシプロエンジンの常識ではちょっと黒くくすぶり過ぎな感じのプラグ.ちょっと熱価が高すぎる感じもありますが,ロータリエンジンの常識がないので,どうにもよくわからんのです.とりあえず,プラグ外したままクランキングして,ガス臭がすることと,圧縮があることを確認,火花もプラグチェックでは火花が飛んでいるので,とりあえず,付着しているススをワイヤブラシで磨いて見ましたが,後ロータを掃除しただけではまだかからない.前ロータは,プラグ周辺にハーネスがいて,外しにくいのが難点です.結局L側プラグしか確認できませんでしたが,こちらも結構くすぶっている感じでした.
他に,インジェクタのリレーを抜いてクランキングして掃気してみるとか,いろいろやってみると,やっとこさエンジン再始動.いやいや,工具類は積んでおくもんですねw

ここからは下りが主体とはいえ,エンストしてしまうと再起動できない可能性があるので,慎重かつ大胆にビーナスラインを下っていきますが,結構遅い時間になってしまい,チェックインや晩飯に間に合わせるため,一路小淵沢を目指しました.


小淵沢からr11を登って,途中右折して激坂を下ると,本日の宿泊施設に到着.まずは,晩御飯をいただき,我々一家はコテージのお風呂を借りて一服.ところが,息子がなかなか場所慣れしてくれず,あやしている間に疲れきってしまい,気づくと眠りに落ちていたのは私の方でした.
そんな中,ノイマイヤー氏も合流して宴は午前4時ごろまで繰り広げられたとのこと…酸化したかったですが,またの楽しみにとって置きます.

ということで一日目はあっという間に終了でした.
Posted at 2012/07/17 00:29:16 | コメント(8) | トラックバック(0) | サニカリさん | クルマ
2012年07月02日 イイね!

三社めぐり(失敗)

三社めぐり(失敗)三社めぐりと言えばどこでしょうかね?私の地元なら,石上神宮・春日大社・大神神社あたり.多分各地にそれぞれの三社があると思いますが,今回選んだ三社は『ホンダ・ヤマハ・スズキ』のバイクメーカー三社.
これ,実はみんなルーツが浜松近辺にあって(ついでに言えばトヨタとテレビもね),それぞれの企業博物館もこの近辺にあるんですよ.


今日,雨で若干ヒマだったので,ドライブがてら行ってみようかと,お昼前に自宅出発し,下道でトコトコ浜名湖の方へ.こういう目的地をしっかり決めず,何となく行くドライブっていうのは楽しいもんです.時間にも縛られず,その道中を楽しむ…本坂トンネルを抜け,みかん畑の中を走り,時折見える浜名湖にキャッキャ言いつつ,これぞ旅行ではなく旅,そんな感じです.BGMはさすらい/奥田民生のつもりで,道中ずっとaikoでしたけど.

途中,フラワーパークの近所でこんなのを発見.
いい感じのハイエース.登録は最近の3桁ナンバーですが,未再生のサビサビボデーがいい味わい出してますね.



さて,そんなこんなで1件目に到着.

1つ目は『本田宗一郎ものづくり伝承館

先日の昭和のホンダ車MTGの前に,ぽしぇすけさんが行ってきてよかったと言われていましたので,気になっていました.
建物は,二俣町の役場だった建物で,キレイに手直しされていましたが,古い町の役場だけあって…旧市街の奥のところにあるから,周囲の道が狭くて駐車場も狭い.前の駐車場は長時間駐車禁止と書かれている有様なのですが,まぁ,空きが多いのでいいでしょうと1時間以内なら長時間じゃないよね,大雨だし子連れだしと,自分に都合のいいことを言って,前に停めました.
建物に入ると,1階にはバイクとCVCCエンジンのカットモデルがありました.
バイクは,モンキー・ポートカブ・カブF型・CD125・CB50・スーパーカブ初期型と,何型か忘れたけどフロントブレーキがママチャリのリヤブレーキ流用のやつでした.まぁ,この規模の展示館なので,これ以上の容量は収まらないし,宗一郎さんがメインなので,その製品はオマケみたいなもんですわな.原付はナンバー付きで展示されているのがいい感じですが,自賠責のステッカー,期限切れでございますw
びっくりしたのは,カブF型にはフロントブレーキがなかったという事実.いくら1PSとはいえ,リヤブレーキだけで操縦するのは結構難しいんじゃと思いつつ,この乗り物が走り回っていた時代はほとんど舗装されておらず,ましてや『原動機付』自転車なんて,車が走る道には出ない乗り物だったんでしょうね.だから,フロントブレーキなんて,握りゴケの原因にはなれども,なくても実用上は問題なかったんでしょうね.その設計思想が引き継がれたスーパーカブは,C50になってもフロントブレーキがあえて握りにくい下の方についていて,むしろ踏みやすいリヤブレーキを多用させる思想になっています.
二階は本田宗一郎のなまめかしい油絵の肖像画が飾られていて,立体感がちょっと不気味でした.夜中にこの建物の2階を覗くと…キャーみたいなことになりかねない感じです.その横には,本田宗一郎直筆の日本画が飾られていて,これはこれで,知らない一面を見れた感じでいい展示です.
息子も間近で見れるバイクに結構喜んでいましたが,触ろうとするのを止めているうちに不満が溜まってビエーン.30分近く見て回って,正直十分な感じだったので,退散することにしました.

なお,二俣町内の様子で気になったのは,本田宗一郎の出身地でありながら,ホンダ車が少なかったこと.近くのモータースもスズキの看板でしたし.まぁ,今やホンダは遠くの会社になってしまい,地元企業はスズキなのかもしれませんね.

2社目は『ヤマハ発動機 コミュニケーションプラザ
行ってみてわかったんですが,休館日でした.失敗.

3社目は『スズキ歴史館
ここは要予約で,予約取ってなかったので,行く予定はなし.

で,この時点で午後3時すぎ…まだ普通に帰るのは早いよなぁ…と東名磐田ICへ…ETCゲートをくぐり名古屋方面へ…のはずが,車はあろうことか東京方面へ!東名高速東京方面に乗ってしまったので,どこかで迂回しなくてはなりません.次のインターで降りて引き返す方法や,静岡インターのUターン路を使う方法もありますが…そのまま車は清水JCTで新東名に〜そう,新東名軽油でも名古屋方面に行く事にしました.
しかし,東名はガランガラン.きっと新東名に多くの車が流れているからでしょうけど,おかげで東名の殺伐とした雰囲気はなく,走行車線はきちんと80km/hで走行できました.以前なら,雨でもガンガン煽られまくっていた記憶があります.

新清水JCTで新東名の名古屋方面に合流した直後,あからさまに古い形をした車が2台連なって来ましたので,早速追尾開始!雨が激しく,露天では何かわかりませんでしたが,近づいてみると初代ランサーでした.

写真は画面を見ないで撮影しています.
フェンダーミラーとかぶった…


写真は画面を見ないで撮影しています.

この2台は近隣の地名だったので,近所の方の可能性が高そうです.
当方は静岡SAに立ち寄るため,ランプウェイへ,すると,ランサーがちょうど横に来たので,これまた画面を見ないで何となくシャッターを切ると,白い方はアリオンが手前にかぶってしまいましたが,もう1台はキレイに流し撮りできました.

画面は見ないで撮影しています.
画像はトリミングしています.

静岡SA下り線は,なんか地下街みたいな感じ…


ガンダムの店ってここだったのね.


いい匂いがしていたパン屋さん『アンデルセン』でちょっとブレイク.


30分ほど休憩して,次の浜松SAを目指しました.

浜松SAまでは特に変わった車もなく,快適な設計速度140km/hの道を走っていましたが,周りの車のペースが早くてしんどいですね.

浜松SAでは,駐車場にすごい高さの赤帽が…


中に入ってみましたが,フードコートの天井が高くて開放感があります.
この天井,しばらくして気づきましたが,色が変わるんですね.


このギミックは,多分道路財源で作られています.

また,楽器の町 浜松らしく,ローランドの楽器が触れる施設がありました.

これはローランドがテナントとして入居している様子.
で,なければヤマハやカワイを取り上げないわけにはいかないでしょうし.

あと,子供が遊べるコーナーがあって,ここで息子は30分ぐらい遊びまくっていました.

これらの遊具には,多分,皆様の道路財源が使われています.

息子はもっと遊びたそうでしたが,あんまり遅くなってもしんどいので,浜松SAはこれでおしまい.
このあとちょっと走ると,新東名は終了で三ヶ日JCTから豊橋方面へ東名に合流…すると,またもや合流直後にピアッツァがきたではありませんか!

写真は画面を見ないで撮影しています.

このピアッツァ,なかなかのペースで宇利トンネルを抜け,音羽蒲郡まで引っ張ってもらって,ぐるっとツアーは終了.期せず新東名に乗る機会を得てしまいました.

この後,いつもの岡崎ジャスコ向かいの王将で晩御飯を食べ,M自工近くのコンビニで明日の朝食を購入し帰宅.ルートをググってみると,352km.色々と楽しめたツーリングでした.
Posted at 2012/07/02 01:37:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | サニカリさん | 日記

プロフィール

「[整備] #ユーノス100 エアコンコンプレッサ 電磁クラッチ分解とDWデミオ用流用検討 https://minkara.carview.co.jp/userid/1139255/car/1946225/5363062/note.aspx
何シテル?   06/17 01:00
『白い変人』にしようとしたら,先に取られていました. 褐色の変人とか,お口の変人とかも考えましたが,断念. ※みんカラ規約では、ユーザーはサイト利用にお...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

第26回80's&90'sミーティング in彩湖・道満グリーンパーク 開催要項決定のお知らせ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/15 08:14:41
第20回 80's&90'sミーティングin秋ヶ瀬公園 開催要項決定のお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/21 04:32:59
第18回 80's&90'sミーティングin秋ヶ瀬公園 開催要項決定のお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/06 00:16:51

愛車一覧

マツダ ユーノス100 ユ100 (マツダ ユーノス100)
※名前が長いので,ユ100もしくはユ百と略します.郵便車ではありません. 2013年夏 ...
スズキ アドレスV125G 悪の枢軸2号 (スズキ アドレスV125G)
引越しにより,幹線国道が通勤経路になってしまったので,廃では性能不足になってしまうのと, ...
日産 サニーカリフォルニア サニカリさん (日産 サニーカリフォルニア)
骨までしゃぶりつくすのが我が家の家訓 現在、エンジンのピストンリング、メインベアリング ...
日産 ラシーン ポリバケツ (日産 ラシーン)
エスカルゴが医療ミス(民間療法)により異物を埋めこまれて天に召されたので,代わりになる車 ...

過去のブログ

2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.