• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カクシカおじさんの"カクシカくん" [ダイハツ ムーヴコンテカスタム]

ダイハツ(純正) ベンチレーションバルブ(PCVバルブ)・同ホースほか 12204-B2010 

イイね!
評価 : ★★★★★ 他の商品のレビュー
2020年01月13日
カテゴリ : 吸気系 > その他
ダイハツ(純正) ベンチレーションバルブ(PCVバルブ)・同ホースほか  12204-B2010
       【再レビュー】 (2020/01/13)

今回取り上げるのは写真に掲載しております5点の純正部品

          12204-B2010  ベンチレーションバルブASSY (PCVバルブ)
          90044-80652  グロメット
          12261-B2051  ベンチレーションホース
          96137-41901  インマニ側のホースクリップ
          90044-67314  PCVバルブ側のホースクリップ



ベンチレーションバルブ(PCVバルブ=Positive Crankcase Ventilation System) とは、クランクケースに噴き出したブローバイガス(主に未燃焼ガス) をインマニに戻してやる構造のバルブです。バルブの内部はスプリングと弁が組み込まれておりまして、もちろん逆止構造となっておりインマニからクランクケースへは行かないようになっています。要はクランクケースに侵入した燃焼ガスを負圧状態のインマニに戻すための物です。

もしこのバルブ内部の弁がオイルのスラッジ等で詰まったり不具合で開かなくなると、内圧が上昇したクランク内から負圧状態のインマニへガスが抜けなくなり、クランクケースの内圧が上がり過ぎてオイル漏れを起こしたり、オイルシールが抜けたりするようです。

逆に不具合で開きぱなしになりますと、特にターボ車だとインマニの正圧がクランクケース内へと逆流し、こちらも不具合を起こす元となります。よってこのバルブASSY、部品単価自体は安いもののけっこう重要な使命を担っているバルブ(特にターボ車)でございます。



また写真でもなんとなく分かるかもしれませんが、バルブ本体をヘッド内へと固定する方法が、ゴムのグロメット内へPCVバルブを差し込む形をとっている欠陥! ともいえる構造で、これが熱とオイルとガソリンなどで経年劣化しカチコチに硬化してしまい、バルブとゴムグロメットを取り外すのが大変でした(前回の交換時)。

また逆に経年が浅く締まりが緩いとすぐ抜けてしまう欠点も。今回ベンチレーション機構を根本的に修理するため、インマニを取り外そうとPCVバルブのところを持つと、いとも簡単にバッフルプレートに取り付けているゴムグロメットからPCVバルブが抜け落ちてしまいました。これでは気密性が全く保たれていないのではないかと不安になります。



どちらにしてもこのヘンテコな構造、どうやら製造時の作業の楽さとコストのことばかりを考えているようで、交換時のことを考えていないこの構造には正直腹が立ちました。本来なら接続部分はボルトとナット留めにするべきところです。

ここのゴム部品はただでさえ劣化しやすいところなのに、なんと思慮のない設計かと思い、これを設計した奴の頭を殴ってやりたいぐらいです。



今回はベンチレーションバッフルプレートの内部に塗られていた液体ガスケットの封が経年劣化したため、エンジンオイルミストが漏れていた、という結末でしたので一から修理しましたが、せっかく脱着が面倒なインマニを取り外すことから、こちらのPCVバルブやら異径接続ホースと固定用ホースバンドも、前回の交換から2年ほどしか経てないものの取り寄せ交換しておきました。これで恐らく廃車までもう触らなくても済むことでしょう。
  
  • 2年前にゴムグロメットのみ交換したベンチレーションバッフルプレート。融雪剤によりボルト類もボロボロ。
  • この通り28万kmの走行で液体ガスケットがボロボロ。バッフル内部もカレー色に変色。
  • 劣化ガスケットを除去してから内部も極力清掃。対角線上のスタットボルト2本を新品に交換。
  • デイトナの耐熱用液体ガスケット。個人で使うには量多すぎ。すでに中で固まっていて冬で硬く塗布しにくい。
  • 2年前の物でさらに真冬で非常に塗りにくかったパーマネント社の耐熱ガスケット。塗り過ぎですが手で調整。
  • 液体ガスケットを塗布後すぐにプレートを貼り付けスタットボルトのナットを締め、残り4個のボルトを締結。
  • 完全に修理を終えたベンチレーションバッフル部分。その後中古品のセルモーターを装着し動作確認。
  • 次に2年ほど前に買った代替品番のインマニを取り付けていきます。今回はもちろん徹底的に清掃し再利用。
  • インマニをエンジンに取り付ける前に、このベンチレーションバルブや異径接続ホースをインマニに取り付け。
  • 2年前の新品購入時に撮影したインマニ写真。内部から突き出ている口にベンチレーションホースを挿し込み。
  • 廃車まで触らなくても済むようにガスケット、前回1本が未交換だったスタットボルト、固定用ナットも新調。
  • エンジン側から突き出ているスタットボルト2本を先に新品交換し、ナット2個・ボルト2本も新調して交換。
  • 3本のインジェクターと吸気センサーを取り付け。あとスロットルボディを取り付ければ組み立てはほぼ終了。
購入価格1,930 円
入手ルート ※(5品目合算の税抜き価格 / 部品単価のみ)
レビュー履歴1 回目 (2018/03/08)のレビューを見る
関連する記事

ベンチレーションバルブ(PCVバルブ)・同ホースほか  12204-B2010 のレビュー

イイね!0件




タグ

おすすめアイテム

 
 

類似商品と比較する

DENSO / 吸気上流システム

平均評価 :  ★★★★★5.00
レビュー:1件

FUJITA ENGINEERING / ハイレスポンスパイピングキット(FD3S)

平均評価 :  ★★★★★5.00
レビュー:2件

PROVA / コールドフローボックス

平均評価 :  ★★★★4.69
レビュー:132件

HALF WAY / エアクリーナーAir Stream&スポーツECUセット

平均評価 :  ★★★★★5.00
レビュー:1件

MUGEN / 無限 / フィルターメンテナンスキット

平均評価 :  ★★★★4.17
レビュー:18件

Pleasure Racing Service / ターボパイピングキットD2

平均評価 :  ★★★★4.18
レビュー:34件

関連レビューピックアップ

Cyberplugs ドライブレコーダー ステッカー

評価: ★★★★★

ダイハツ(純正) オーディオパネル/ピアノブラック

評価: ★★★★★

KENWOOD ETC-N7000

評価: ★★★★★

エスコ (メキシケムジャパン) , カーエアコン用冷媒 HFC-134a 30 ...

評価: ★★★★★

ダイハツ(純正)  83800-B2822 コンビネーションメーターASSY

評価: ★★★★★

REIZ TRADING T10 LED 480lm CSP 5チップ

評価: ★★★★★

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「今日290000km達成! 30万kmの大台まであと残り1万kmなり。今までなんのトラブルも無かったのだが、さすがにこの走行距離だとエンジンオイルをお漏らしをするように。とりあえずオイルパンの液体ガスケットを塗り直して組み付け現在調査中です。」
何シテル?   03/19 18:01
カクシカおじさんです。 ニックネームの由来は、我が愛馬コンテカスタムRSの別称、ダイハツの『カクカクシカジカ』と現在の年齢がおじさんになっているところから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

2カメラドライブレコーダー新製品 【CS-91FH】発表 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/31 10:30:49
車の修理屋 たけしくん 
カテゴリ:車整備ほか
2017/11/01 15:41:26
 
自動車屋のかどで立ち話 Part2 
カテゴリ:車・パソコンほか
2017/11/01 15:40:00
 

愛車一覧

ダイハツ ムーヴコンテカスタム カクシカくん (ダイハツ ムーヴコンテカスタム)
  ダイハツ ムーヴコンテカスタムRS(ターボ)・2WDの寒冷地仕様車に乗っています。 ...
ホンダ CD250U U君 (ホンダ CD250U)
  2008年 5月に中古車として我が家にやって来ました。    1988(昭和63)年 ...
ホンダ Dio (ディオ) ディオ君 (ホンダ Dio (ディオ))
  今はなき、バイク全盛期の頃の2st 50cc原チャリです。 これは親戚からのもらい ...
その他 その他 その他 その他
  車・バイク以外の記事向けページです。 イベント等で撮影した鉄道車両の解説やら、自作 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.