• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
カクシカおじさんの"カクシカくん" [ダイハツ ムーヴコンテカスタム]
ラジエターファンASSY交換 と 床下コーティング作業 その①(2015.5.17 追記)
3
こちらの写真は古いラジエターファンASSY、ファンシュラウド(枠)ごと取り外しにかかっているところです。<br />
<br />
やはりラジエターのアッパーホースと、タービンへ向かう冷却水ホースを取り外さなければ、ラジエターファンASSYは取り外せませんでした。<br />
<br />
<br />
それから冷却水ホースを元通り接続してLLCを補充。エアー抜き! を必ず行って、最終的にLLCの濃度テスターで-40℃前後に濃度がなっているのか確認してから、この作業は終了しました。ここの部分は当然自己責任となります。<br />
<br />
またその作業中に床下にサビが出ているのを発見。こちらも年が変わる前後に処理をしました。<br />
<br />
<br />
ちなみにLLCの凍結温度をあらかじめ-40℃弱になるよう濃度設定をしておけば、測定器の公表誤差&#177;2%が、たとえ&#177;5%だったとしても、-35℃仕様となり、さらに完全凍結まで-5℃のマージンを見込んでも、確実に-30℃まではLLCが凍結し始めることもないであろうとのことです。<br />
<br />
まず行かないとは思いますが、真冬の北海道の奥地や長野県の志賀高原とかまで含めて、これで日本全国どこへ行ってもLLCが凍りつくことは無さそうです。
こちらの写真は古いラジエターファンASSY、ファンシュラウド(枠)ごと取り外しにかかっているところです。

やはりラジエターのアッパーホースと、タービンへ向かう冷却水ホースを取り外さなければ、ラジエターファンASSYは取り外せませんでした。


それから冷却水ホースを元通り接続してLLCを補充。エアー抜き! を必ず行って、最終的にLLCの濃度テスターで-40℃前後に濃度がなっているのか確認してから、この作業は終了しました。ここの部分は当然自己責任となります。

またその作業中に床下にサビが出ているのを発見。こちらも年が変わる前後に処理をしました。


ちなみにLLCの凍結温度をあらかじめ-40℃弱になるよう濃度設定をしておけば、測定器の公表誤差±2%が、たとえ±5%だったとしても、-35℃仕様となり、さらに完全凍結まで-5℃のマージンを見込んでも、確実に-30℃まではLLCが凍結し始めることもないであろうとのことです。

まず行かないとは思いますが、真冬の北海道の奥地や長野県の志賀高原とかまで含めて、これで日本全国どこへ行ってもLLCが凍りつくことは無さそうです。
カテゴリ : エンジン廻り > 冷却系 > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間12時間以上
作業日 : 2015年01月13日
 

入札多数の人気商品!

 

プロフィール

「足利義政の作った銀閣寺(東山慈照寺) & 雪景色の銀閣・金閣(2018.10.10 加筆) http://cvw.jp/b/1144014/25024433/
何シテル?   10/10 04:11
カクシカおじさんです。 ニックネームの由来は、我が愛馬コンテカスタムRSの別称、ダイハツの『カクカクシカジカ』と現在の年齢がおじさんになっているところから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

車の修理屋 たけしくん 
カテゴリ:車整備ほか
2017/11/01 15:41:26
 
自動車屋のかどで立ち話 Part2 
カテゴリ:車・パソコンほか
2017/11/01 15:40:00
 
名護ホンダ(バイク)ブログ 
カテゴリ:バイク関係
2017/11/01 15:38:19
 

お友達

当コンテカスタムは全くのドノーマル車のままですが、その代わり実用記事は多い?です。
 
旅行記は豊富にアップしております。
 
現在非常に多忙につき更新は滞りがちですが、それでもよろしければ。
45 人のお友達がいます
★あらまん★★あらまん★ * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
セルスター工業セルスター工業 *みんカラ公認 kakatokakato
katamari22katamari22 わっくん.わっくん.

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ ムーヴコンテカスタム カクシカくん (ダイハツ ムーヴコンテカスタム)
  ダイハツ ムーヴコンテカスタムRS(ターボ)・2WDの寒冷地仕様車に乗っています。 ...
ホンダ CD250U U君 (ホンダ CD250U)
  2008年 5月に中古車として我が家にやって来ました。    1988(昭和63)年 ...
ホンダ Dio (ディオ) ディオ君 (ホンダ Dio (ディオ))
  今はなき、バイク全盛期の頃の2st 50cc原チャリです。 これは親戚からのもらい ...
その他 その他 その他 その他
  車・バイク以外の記事向けページです。 イベント等で撮影した鉄道車両の解説やら、自作 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.