• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カクシカおじさんの"カクシカくん" [ダイハツ ムーヴコンテカスタム]

エンジンマウント交換 その⑦  ムービングコントロールロッド交換 取り外し編

カテゴリ : 足廻り > 駆動系 > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2018年01月26日
1
コンテの場合、床下のマウントに相当するムービングコントロールロッド、これを取り換えるにはクロスメンバーの上から突き刺さっている大きな長いボルト (90041-20221 ¥530) と、それを締めているナット (90041-78069 ¥210) を取り外すか途中まで抜く必要があります。


さて前項でも簡単に触れましたが、コンテ整備書A巻によると、クロスメンバーを車体から降ろして交換作業をせよ ……

と書かれているものの、このやり方でやればタイロッドエンドやらロアアームのポールジョイントまでも脱着しなければならす、最悪アライメント調整まで考慮するとかなりおおごとになるので現実的でなく (整備書ではさらにステアリングナックルも外せと書いています)、わずか3千円の部品一つを交換するのにもっと現実的な方法がないかと考えてみました。


要はクロスメンバーを貫通している 90041-20221 の長いボルトさえ取り外せれば作業ができるので、作業開始の何日か前に前輪をスロープに載せて、床下後部からクロスメンバー上部にメガネレンチを差し込みボルトが緩められるか検証したところ、なんとか出来そうだとの感触を得たので、クロスメンバーは外さずに作業をすることに決定。

ただその検証時に分かったのは、この写真に写っていますRS車特有のスタビライザーが、取り外す予定の長いボルトの頭上に覆いかぶさっており、そのままでは工具がボルトに装着できないので、スタビライザー棒をいったんフリー状態にしなければならないことが判明。

コンテNA車はスタビライザーが元々からないのでこれは考慮しなくてもよいのですが。
2
ということで今回の作業は、以前にリヤースプリング交換のために買った、リキマエダの馬2個と、大きなマサダのガレージジャッキを久しぶりに引っ張りだしてきて、車体前部を馬に掛けます。

手持ちの2トン用のマサダのガレージシャッキでは、そのままでは長さが足らず、フロントのジャッキアップポイント (まさにボルトを抜こうとしている場所) まで届かないので、前輪をスロープにいったん載せて床下スペースを確保してからジャッキを挿入して、ジャッキアップし馬を掛けるという、非常に面倒なやり方で作業開始しました。


やはりピットなど無いサンデーメカニックの限界ですが、なんとか手持ちの工具で工夫して馬を掛け、作業に邪魔な前輪を外し、スタビライザーリンク棒を取り外してフリー状態にしてから、こちらの写真のように左右にあるスタビライザーブッシュを取り付け金具ごと取り外しました。

スタビライザーが無ければスロープだけでも作業ができたことでしょう。
3
その取り外した左右のスタビライザーブッシュと固体用金具とその固定用ボルトです。

こちらの部品は過去に当パーツレビューにアップしていますが、2016年 12月か、翌年の2017年 1月 に新品交換しているので、まだ1年チョットしか経ていませんが、ゴムが消雪剤の残骸と思われる白色の物体で覆われていました。

当然綺麗に除去し、クレのシリコンスプレーを塗っておきました。
4
さて準備ができたところでいよいよ取り外しにかかりますが、取り外す前に写真を1枚撮影しておきました。


すでにご紹介した左右マウントとは違って、このムービングロッドのゴム部分は、ジャッキポイントにもなっているクロスメンバーの突起の枠の中に隠れており、ゴムの劣化状態を目視することはできないようになっています。

手前へ突き出ているバーの、CVTミッション側を固定しているところのゴムはもう劣化しているように見えますが。
5
まず初めに、このフロントのジャッキアップポイントになっているところの、この大きなナットを外しにかかりますが、このナット、7年半にして初めて緩めるのですが、それが固着して普通のレンチでは全く緩みませんでした。


ちなみに作業時の撮影は失念したので、こちらの写真はここにアップするために先日撮影したもので、すでに交換終了後の状態となっています。
6
そこで発電機・クランクシャフトプーリー交換した時に活躍した例の12.7角の超ロングスピンナーハンドルの出番となりました。


もちろんこの手の工具はトルクレンチ機能は全くないので、原則緩めるためだけに使いますが、作業時には過大なトルクがかかるので、新品のボルトとナットを持ってきて、絶対に緩める方向を間違いなく確認してから作業をしました。

もし反対方向に回してしまうと、超過大なトルクで締め付けられてしまうので、この手の工具を使うときには必ず緩める側の向き! を確認することが大切です。
7
こちらの写真もここにアップするために先日撮影。

よってムービングロッドもマウンティングブラケットも、その締結ボルトもすでにピカピカ状態のものになりますが、このムービングロッドを取り外すには、ドライブシャフト直下のブラケットに締結されている大きなボルトを緩めます。

私の場合は今回、ムービングロッドをCVTミッションケースに留めるためのブラケットも、固定用のボルトも合わせて新調したので、ブラケット上部の2ヶ所のボルトも取り外して、ブラケット自体も取り外しました。
8
そして下側の 90041-78069 のナットを無事外せたので、クロスメンバーの後方から 90041-20221 のボルトにメガネレンチを掛けて緩めていきます。

何とかボルトが抜けないかと頑張ってみたけれど、クロスメンバー上部の隙間があと1cmほど足らなくて、とうとうボルトは抜くことができず、この写真のように途中まで持ち上げてロッド自体は取り外せたものの、このボルトのみ再利用することに。


せっかくボルト1本に600円も出して新調したけれど今回は無駄に。それにしてももう1cmほど上部にスペースがあったらボルトが抜けたのに、設計の配慮が足らないというのか、だいたいクロスメンバーを取り外してロッド交換作業をするその設計思想自体に配慮が無さすぎでしょう。

これでは大掛かりな作業となり、まるでショック交換と変わらないほどの内容で、私は今回自分でやりましたが、これでは工賃がかなりかかってしまいますね。

ともあれ無事に古いムービングコントロールロッドはとり外せました。

                次につづく

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

排気系統のオーバーホール その➉  組み立て編 4

難易度: ★★

オーディオシステムリニューアル①

難易度:

スタッドレスに交換

難易度:

iPhoneリユース計画。要はiPod化ってことですが。

難易度:

タイヤ交換

難易度:

内装のリフレッシュ その⑫  三角窓・可動窓のゴムパッキン交換 三角窓取付け編

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

2018/04/22 16:54:32
はじめまして

義父のODO11万キロコンテのエンジンマウント整備の際に拝見させて頂きました。
大変参考になり、感謝しております。

90041-78069の下部ナット 私は9.5のスピンナハンドルに1.5Mの鉄パイプを使用したのですが、見事に2本も破壊されました。
最初から12.7mmでしていれば...と後悔しております。

90041-20221のボルトですが、途中まで抜けたところで、下からマイナスドライバーをハンマーで押してやって抜きました。

コントロールロッドも取り付けてみるとAT側のボルト位置がずれていて、てこの原理でいろいろしまして何とか入りました。

このロッドだけでトータル3日 計3時間とスピンナ2本の破壊と
Dラーの大変さがわかりました。

大変お疲れ様です

コメントへの返答
2018/04/22 19:46:58
コメントありがとうございます。交換作業、無事に終えられたようでなによりです。


ところで90041-78069の下部ナットですが、もしかすると製造時にオーバートルクで締め付けられている可能性が高いです。クランクプーリーのボルトは予想に反しすんなりと緩みましたので。当方のコンテではすでに7年半経過してますが、ボルト・ナット部に腐食はなかったのでナットは締めすぎでしょう。

同じような事例に、ラジエターのプラ製のサブタンクを固定しているボルトも固着し、ボルトを取り外そうとしたところファンシュラウド側が破損してしまいました。

ところで90041-20221の大きなボルトですが、下からたたいて抜けたのですね。私はそこまではしなかったのですが、購入したボルトはまだそのままなので、今度何かの整備をする時に試してみます。情報ありがとうございます。


当方のマウント交換作業ではコントロールロッドは割合苦労なしに交換できましたが、すでに詳しく記載しましたが先に作業をしたL側のマウントの交換にかなり悪戦苦闘しました。

これは作業手順を十分に理解してなくて、必要な工具を用意してなかった私自身のミスですが、1月の真冬にこの作業をしたので、かかった時間よりもとにかく寒さに参りました。

DIYでこういう大掛かりな作業をするには、可能ならばやはり気候のいい時期を選んだほうが良さそうです。


あとは未だ未交換の燃料ポンプの全交換と、弱ってきているエアコンの修理をどの程度までするのか、ダッシュボードまで完全分解して、本格的にやって一度だけで済むようにするのか、あるいは費用を節約して最低限の補修をするのかいろいろと検討中です

プロフィール

「あの方、元お官僚で上級国民と比喩され褒章も受賞したので、忖度されているのでしょうね。 自身のフェイスブックのサイトは事故と同時に即座に閉鎖したそうな。 内部留保には課税せず、消費税上げれば最悪の経済政策なのに平気で増税しようとしている政府、この事故の忖度といいもう末期症状だよね。」
何シテル?   05/11 00:43
カクシカおじさんです。 ニックネームの由来は、我が愛馬コンテカスタムRSの別称、ダイハツの『カクカクシカジカ』と現在の年齢がおじさんになっているところから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

車の修理屋 たけしくん 
カテゴリ:車整備ほか
2017/11/01 15:41:26
 
自動車屋のかどで立ち話 Part2 
カテゴリ:車・パソコンほか
2017/11/01 15:40:00
 
名護ホンダ(バイク)ブログ 
カテゴリ:バイク関係
2017/11/01 15:38:19
 

愛車一覧

ダイハツ ムーヴコンテカスタム カクシカくん (ダイハツ ムーヴコンテカスタム)
  ダイハツ ムーヴコンテカスタムRS(ターボ)・2WDの寒冷地仕様車に乗っています。 ...
ホンダ CD250U U君 (ホンダ CD250U)
  2008年 5月に中古車として我が家にやって来ました。    1988(昭和63)年 ...
ホンダ Dio (ディオ) ディオ君 (ホンダ Dio (ディオ))
  今はなき、バイク全盛期の頃の2st 50cc原チャリです。 これは親戚からのもらい ...
その他 その他 その他 その他
  車・バイク以外の記事向けページです。 イベント等で撮影した鉄道車両の解説やら、自作 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.