• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カクシカおじさんの"カクシカくん" [ダイハツ ムーヴコンテカスタム]

燃料ポンプ交換 その③  燃料タンク各種部品の取り外し

カテゴリ : エンジン廻り > 燃料系 > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2018年12月18日
1
いきなり燃料タンクを外した状態からですが、

スロープに後輪を載せてから、荷室下にある燃料ポンプへの配線を切り離してセルを何度か回して燃圧を抜き、燃料ポンプへの配線やら、フューエルサクションチューブやら、カットオフバルブ、燃料パイプ等のチューブ、その他もろもろの物をすべて切り離してから、

フューエルタンクを留めている4本の大きなつば付きのボルトを取り外し、燃料タンクを車体から降ろして車体下から引っ張り出したのが、こちら掲載の写真でございます。


自慢にはなりませんが、8年半25万kmの走行をして、初めて取り外した燃料タンク、上部分は入り込んだ砂泥、融雪剤などでかわいそうなほど汚れていました。
2
燃料ポンプ付近を近撮。砂やら泥でめちゃ汚れています。

なにせここらあたりは手が入らないため、雑巾とかで拭くことも出来ず、汚れるにまかせたままでした。

そしてやはり予測していた通り、8本のネジはしっかりと固着しておりました。
3
そして固着していたネジ8本を緩めるのに使ったのがこれ、ショックドライバー、又は打撃回転ドライバーとか呼ばれていますが(写真)、

ドライバの頭の部分を重いトンカチでたたくと、ネジからドライバーの刃先が浮くことも無く、ネジが緩むという摩訶不思議な工具です。

しかもこの品番のドライバーは、ゴムのツバがあってハンマーから手への直撃ほぼ防げそうですが、その代わりお値段はけっこうするものの、サンデー整備でも役立っていまして、本格的に整備をするなら必需品に近いです。

まあ燃料タンクではドライバーの頭を激しくハンマーでたたくと、タンクのほうが変形しそうなので、そろっと打撃を加えた程度で作業をしました。
4
タンク下にはダンボールを敷いていますが、普段はしないものの今回は貧乏ランプ(燃料警告灯)が点灯するほどガソリン残量を減らしたものの、燃料タンク内にはまだ5L弱ぐらいはガソリンが残っているので注意しながら、まず初めにしたのがクレ工業の水性シャーシブラック塗料で燃料タンク外周を塗装していきました(掲載写真)。

特に燃料ポンプが鎮座するタンク上部には、タンクを降ろした時にしか塗装できないので、泥を落としたあと真っ先に塗装していきます。


こちらの写真はすでに塗装済みの状態を撮影。古い燃料ポンプはまだ問題なく稼働するものの、予備部品になり下がるのでちょっとぐらい黒ペイントが付着してもかまわないからと、気にせずシャーシブラックを塗装。
5
給油口パイプから燃料タンクへと入るところには、太い径の燃料タンクホースが付いていますが、まずそれを取り外して除去しますと、77108-B2010 フューエルタンク フィラーバルブ が顔を覗いてきます。

ガソリンは薄い赤ワイン色に着色されているので、こちらの部品も8年の歳月を経て赤ワイン色と化しています。


また当車の燃料タンクは外も内側も全くサビは無かったのですが、ここのホースを被せるところのホースバンド位置より下部の部分が水分の侵入を許してしまうのか、唯一サビが発生していた場所でした。
6
新旧の77108-B2010 フューエルタンク フィラーバルブ を撮影し拡大したものです。

着色している古いバルブのほうは、黒い斑点が見られますが、これは恐らくクレ工業のシャーシブラックを塗った時の飛び散った塗料の跡だと思われます。

この部品、どうやら車が横転とかしたときにガソリンが流失しないよう、ガソリンの逆流防止弁のような役割をになっているらしい? です。

ほぼ密閉に近いガソリンタンク内ですが、ガソリンを給油口から投入すると、その投入されたガソリンと同体積分の空気を排出する必要があるので、フューエルブリーザーホース(呼吸ホース)から、細い管を通って燃料パイプ(インレットパイプ)のもっとも上部分の、給油口直前の連結されているところまで排出された空気が送られてきて、ここから余分な空気は外部へと排出されるようです。
7
そして燃料ポンプを取り外してタンクの中も確認してみましたが、

  絶えず満タン状態を維持していること、
  毎日通勤で車を使っていること、
  ガソリンがよく入れ替わること、
  極力ガソリン管理の良い店で入れるようにしている、

などなどにより、ガソリンタンク内はサビも全くなく実に綺麗なタンク内でして、残っていたガソリンも透き通っていまして汚濁は全くなかったです。
8
そして取り外した25万km走行 + 休息や暖を取るために長時間のアイドリング稼働した古い燃料ポンプと新品の燃料ポンプを並べて撮影。

燃料フィルターもこれまで全く交換したことなかったので、詰りこそ無かったものの汚れ具合はかなりのものでした。

さてこれから新品の燃料ポンプを燃料タンクへと取り付けていきます。

                次へつづきます

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

7回目のCVTフルード交換 (268672km)

難易度: ★★

ナビリモコン電池交換[備忘録] '18.12

難易度:

排気系統のオーバーホール その➉  組み立て編 4

難易度: ★★

エアコンフィルターの交換

難易度:

ラバースプレーを使って模様替え【ドアミラーカバー】

難易度:

CVTF交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「あの方、元お官僚で上級国民と比喩され褒章も受賞したので、忖度されているのでしょうね。 自身のフェイスブックのサイトは事故と同時に即座に閉鎖したそうな。 内部留保には課税せず、消費税上げれば最悪の経済政策なのに平気で増税しようとしている政府、この事故の忖度といいもう末期症状だよね。」
何シテル?   05/11 00:43
カクシカおじさんです。 ニックネームの由来は、我が愛馬コンテカスタムRSの別称、ダイハツの『カクカクシカジカ』と現在の年齢がおじさんになっているところから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

車の修理屋 たけしくん 
カテゴリ:車整備ほか
2017/11/01 15:41:26
 
自動車屋のかどで立ち話 Part2 
カテゴリ:車・パソコンほか
2017/11/01 15:40:00
 
名護ホンダ(バイク)ブログ 
カテゴリ:バイク関係
2017/11/01 15:38:19
 

愛車一覧

ダイハツ ムーヴコンテカスタム カクシカくん (ダイハツ ムーヴコンテカスタム)
  ダイハツ ムーヴコンテカスタムRS(ターボ)・2WDの寒冷地仕様車に乗っています。 ...
ホンダ CD250U U君 (ホンダ CD250U)
  2008年 5月に中古車として我が家にやって来ました。    1988(昭和63)年 ...
ホンダ Dio (ディオ) ディオ君 (ホンダ Dio (ディオ))
  今はなき、バイク全盛期の頃の2st 50cc原チャリです。 これは親戚からのもらい ...
その他 その他 その他 その他
  車・バイク以外の記事向けページです。 イベント等で撮影した鉄道車両の解説やら、自作 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.