• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カクシカおじさんの"カクシカくん" [ダイハツ ムーヴコンテカスタム]

排気系統のオーバーホール その⑨  組み立て編 3

カテゴリ : エンジン廻り > マフラー > エキマニ交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間12時間以内
作業日 : 2019年01月29日
1
初めてタービンまで取り外した我が車。

すでに夜になってしまったので写真撮影には条件が厳しいのですが、せっかくタービンの羽根などがじかに見れるので、フラッシュを使って各部を撮影してみました。

こちらはインテーク側のタービンの羽根。もちろん今のところ軸のガタとかは全くありませんでした。
2
こちらは排気側のタービン羽。

排気バルブと同様にタービンの羽根も真っ白になってしまっています。こちらももちろん軸のガタなどは今のところありませんでした。
3
こちらの長方形の隣接している小さな穴2つは、ターボ冷却水の冷却通路となります。

ここに画像6のウォータパイプの長方形の部分がガスケットを介して合わさり、冷却水が流れます。
4
こちらの正面の丸穴が排気マニホールドにガスケットを介して接続される部分です。スラッジはありませんでしたが、ススで黒くなっています。

右横の小さな楕円形の中心の丸穴は、流体軸受けと冷却を兼ねたエンジンオイルが役目を終えて、ここにガスケットを介して接続されるターボオイル アウトレットパイプを通ってオイルパンへと落下していきます。

なおここのターボオイル アウトレットパイプをつなげるためのスタットボルト2本は腐食が激しくすでに抜き取った状態ですが、この後真新しいスタットボルト2本を挿入してから、ガスケットをはさんで、先に取付済みのオイルアウトレットパイプに装着していきます。


ちなみに手前の大きなスタットボルト2本も当然のごとく抜こうとしたけれど、ビクともしなかったので、幸いなことにあまり錆びておらず今回は無理せずにここの2本のみ再利用しました。

しかしここのマニバータを固定するための太いスタットボルト2本、特殊な耐熱用の鋼を使っているのか1本当たり300円ほどもします。
5
こちらはタービンを冷却するための冷却水通路を確保するための部品一式を集めたものです。

メインは 16027-B2060 ターボウォータパイプSUB-ASSYと、漏れを防ぐためのガスケット 16258-B2020 になります。


ガスケットの劣化も気になっていたのでちょうど替え時だったように思えます。程度にもよりますが、ここからLLC冷却水がわずかでも漏れれば即修理が必要なのはいうまでもありません。
6
こちらはパイプの裏面となる、ガスケットを介してタービンの冷却水通路と接合させるウォータパイプ接続口部分の近撮写真です。

今までのパイプも車検毎にLLC交換をしてきたので内部にサビなどはありませんでしたが、せっかく全部バラしたので、念のため新品交換しておきます。

これでここの部分も廃車まで十分持つことでしょう。
7
ただここで必ず注意しなければならないのが、このガスケットの組み付け向きの確認で、絶対に反対向きに取り付けにないようにしっかりと確認します。


これをやらかすとタービン破損1件となる確率が高いです。こういうところがDIY整備の怖いところで、私があまりDIY整備をすすめない理由の一つとなっております。

もしやるなら整備書そのものか、関係個所のコピーぐらいは用意してから取り掛かるべきでしょう。
8
先ほど装着した新品の排気マニホールドに、タービンをつなぐためのガスケットを忘れないように必ず先に装着しておきます。

マニホールドのスタットボルトは、すでに新品のマニホールドに挿入されてきた状態で部品が送られてきました。


また左下のシリンダーブロック付近に装着する冷却水を取り出すための専用のホースニップル、シリンダブロックユニオンからはわずかにLLCが飛び出してくるので、このように仮に新品の透明ホースを挿しておいてLLCがこぼれて周囲に付着するのを防いでおきます。

無用なホコリやゴミの侵入を防ぐ意味もありますが。またLLCクーラントは車検毎交換をしているので濁りも無くてきれいなピンク色をしています。

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

燃料ポンプ交換 その③  燃料タンク各種部品の取り外し

難易度: ★★

撥水洗車…その後

難易度:

ラゲッジLEDライト自作②

難易度:

排気系統のオーバーホール その⑧  組み立て編 2

難易度: ★★

なんちゃってイニシャルエンブレム

難易度:

カーナビ地図更新

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「あの方、元お官僚で上級国民と比喩され褒章も受賞したので、忖度されているのでしょうね。 自身のフェイスブックのサイトは事故と同時に即座に閉鎖したそうな。 内部留保には課税せず、消費税上げれば最悪の経済政策なのに平気で増税しようとしている政府、この事故の忖度といいもう末期症状だよね。」
何シテル?   05/11 00:43
カクシカおじさんです。 ニックネームの由来は、我が愛馬コンテカスタムRSの別称、ダイハツの『カクカクシカジカ』と現在の年齢がおじさんになっているところから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

車の修理屋 たけしくん 
カテゴリ:車整備ほか
2017/11/01 15:41:26
 
自動車屋のかどで立ち話 Part2 
カテゴリ:車・パソコンほか
2017/11/01 15:40:00
 
名護ホンダ(バイク)ブログ 
カテゴリ:バイク関係
2017/11/01 15:38:19
 

愛車一覧

ダイハツ ムーヴコンテカスタム カクシカくん (ダイハツ ムーヴコンテカスタム)
  ダイハツ ムーヴコンテカスタムRS(ターボ)・2WDの寒冷地仕様車に乗っています。 ...
ホンダ CD250U U君 (ホンダ CD250U)
  2008年 5月に中古車として我が家にやって来ました。    1988(昭和63)年 ...
ホンダ Dio (ディオ) ディオ君 (ホンダ Dio (ディオ))
  今はなき、バイク全盛期の頃の2st 50cc原チャリです。 これは親戚からのもらい ...
その他 その他 その他 その他
  車・バイク以外の記事向けページです。 イベント等で撮影した鉄道車両の解説やら、自作 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.