• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カクシカおじさんの"カクシカくん" [ダイハツ ムーヴコンテカスタム]

排気系統のオーバーホール その⑪  組み立て編 5

カテゴリ : エンジン廻り > マフラー > エキマニ交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間12時間以内
作業日 : 2019年01月29日
1
この写真は作業完了後から幾日か過ぎた2019年 2月 1日の日中に、ここに掲載するためにO2センサーとアルミカバーまで取り外して改めて撮影した写真で、すでに排熱でステンレスコート剤も固まっていて十分固着した状態となっています。

それどころかステンレスコートが焼けてきれいなゴールド色になっていまして、ステンレスコート剤を塗っているとは思えないようになっています。


重ね塗りしたためにムラなっているマニバータのはらわた部分のコート剤は、どうせこの上にアルミカバーをして普段は見えないこともあり気にしないことに。
2
この作業を始めるきっかけとなった、普段はエアコンコンプレッサーの奥に隠れているオイルパイプ用のユニオンボルトも、その脇にある冷却水ホース連結用のシリンダーブロックユニオンも、もちろんステンレスコートを厳重に塗布し、特に融雪剤の塩分からのサビと腐食からしっかりと守るようにいたしました。

新車時からこのような処置をしておけばガスケットとゴムホースの交換ぐらいで済んだのでしょうね。

腐食の激しかったアウトレットオイルパイプは亜鉛メッキはすでにされているものの万全ではないので、こちらもメッキの上からステンレスコートをくまなく塗布して、こちら写真のようになっています。
3
そして一番危険な部分と懸念され、一酸化炭素CO漏れの危険性が高かった、このメインマフラー連結部のフランジ部分。

整備前のこの写真のように、すでに手の打ちようがない状態でした。ひょっとすると溶接がうまくできれば治せるのかもしれませんが。
4
マフラー連結ボルトは、バネを挟んでねじ込むので塗装が剥がれたりしてすでに錆びていたので、再度取り寄せて今度はステンコート剤を塗布。

しかしこのボルトも特殊な材質と加工が難しいせいなのか、税込み1本600円ほどもします。2本買えば1200円ほどにも。

スプリング2個は今までの耐熱塗料をパーツクリーナーで剥がして、ステンレスコートで塗装しなおして再利用しました。
5
やっと完全に修理された我が車のマニバータ付近。当然もう二度と融雪剤の塩分にやられないように、特に写真に写っているフランジ周辺は厳重に塗装しておきました。当然マフラーも新品のガスケットを介してしっかりとマニバータに接続されています。

今年の冬ははかなり雪国へと行きましたが、融雪剤には全くやられずに済みました。このステンレスコート被膜が何年持つのか、廃車まで詳しくチェックしていきます。

その結果良好であれば次期購入車には購入直後から、車体溶接部にいたるまで車体全部にくまなくコート剤の塗り込みの処置をいたしましょう。
6
ちなみにこちら写真は上から撮影したタービンから排気マニホールド付近の様子です。

こちらも厳重にコーティングされ、インタクーラー風の取り入れ口から多量に浸入してくる融雪剤の塩分付着にもビクともしませんでした。こちら塗膜も経年劣化の具合を観察していきます。

ボルト・ナット類は全くの純正品使用のままだし、ステンレス材とはいっても表面にコーティングしただけなので電蝕の問題はないと思いますが、これは年単位で慎重に観察していきます。
7
そしてこの作業を行った時のおおよその走行距離をここに掲載しておきます。

   257000km なり

まああと4~5年ほど乗るのなら、もう手を入れなくてもいいほどに今回はサビの無い部品を用意して徹底的にやりました。

廃車になった時にマニバータも含むこれらの部品、取り外して困っている方に外販できそうなくらいですが、そのころにはもう世間にコンテターボ車もそう多く走っていないのでしょうね。恐らくは同時期製造のムーヴやタントターボ車にも流用は出来そうですが。
8
次は番外編として、これらマニホールド更新の事前準備作業中に、僅かに手が当たっただけで熱による経年劣化により折れてしまった、このボンネットを開けるためのケーブルを交換したお話しを取り上げます

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連コンテンツ( 排気マニホールド の関連コンテンツ )

関連整備ピックアップ

CVTF交換

難易度:

なんちゃってイニシャルエンブレム

難易度:

CUSCO ストラットタワーバー取付

難易度:

排気系統のオーバーホール その①  背景編

難易度: ★★

ステンレススカッフプレート取り付け

難易度:

バックドアサビ取り

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「あの方、元お官僚で上級国民と比喩され褒章も受賞したので、忖度されているのでしょうね。 自身のフェイスブックのサイトは事故と同時に即座に閉鎖したそうな。 内部留保には課税せず、消費税上げれば最悪の経済政策なのに平気で増税しようとしている政府、この事故の忖度といいもう末期症状だよね。」
何シテル?   05/11 00:43
カクシカおじさんです。 ニックネームの由来は、我が愛馬コンテカスタムRSの別称、ダイハツの『カクカクシカジカ』と現在の年齢がおじさんになっているところから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

車の修理屋 たけしくん 
カテゴリ:車整備ほか
2017/11/01 15:41:26
 
自動車屋のかどで立ち話 Part2 
カテゴリ:車・パソコンほか
2017/11/01 15:40:00
 
名護ホンダ(バイク)ブログ 
カテゴリ:バイク関係
2017/11/01 15:38:19
 

愛車一覧

ダイハツ ムーヴコンテカスタム カクシカくん (ダイハツ ムーヴコンテカスタム)
  ダイハツ ムーヴコンテカスタムRS(ターボ)・2WDの寒冷地仕様車に乗っています。 ...
ホンダ CD250U U君 (ホンダ CD250U)
  2008年 5月に中古車として我が家にやって来ました。    1988(昭和63)年 ...
ホンダ Dio (ディオ) ディオ君 (ホンダ Dio (ディオ))
  今はなき、バイク全盛期の頃の2st 50cc原チャリです。 これは親戚からのもらい ...
その他 その他 その他 その他
  車・バイク以外の記事向けページです。 イベント等で撮影した鉄道車両の解説やら、自作 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.