• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年01月21日

還暦爺さんの鈴鹿タイムアタック(1)

還暦爺さんの鈴鹿タイムアタック(1) 何シテルでも呟きましたが、今年初めてのサーキット走行で、上手くタイムアップが計れました。

車のセッティング、タイヤはまったく同じで、年末年始にサーキット動画(Youtube)いろいろ参考にして、ショップさんのシミュレーター(想定:鈴鹿フル M235レーシング AT車)で試し、気を付けるポイントだけに重点を置いた結果、3秒短縮出来たのは驚きでした。



それでも、動画を見返したら、なかなか実践出来ていないのは確かです。
でも結果だけの話ですが、面白いことにシミュレーターのタイムとM2実車のタイムが同じという事もあり、ブログにしてみました。

以下、いつも長々の話です。ご興味あれば見て下さい。

今回はコーナリングの重点ポイントを整理しておきます。
まあ、所詮素人爺さんの考えも入っておりますので、参考にはならないかもしれませんのでご留意くださいませ。

(全体の重点ポイント)
・コーナー立ち上がりで車の向きをきっちり直線方向に向ける。

→今までは、各コーナーの頂点をクリッピングポイントとして旋回すればいいと思ってましたが、クリッピングポイントをコーナー出口のもっと奥にあるものとして、車の姿勢変化に気を付けて(車を真っ直ぐにして)加速するようにしました。
基本中の基本ですが、当然、加速時のリアの流れが抑制出来て、コーナー立ち上がりのスピードアップにつながった気がします。


→私のスマホのGPSアプリ(Race Chrono)の今回セッションでは、鈴鹿フルを4つのセクションに分けてタイムが計測されますが、どのセクションでもタイムアップ(7ラップ目、青反転部分)が計れましたので、この考え方は間違いないものと思われました。

以下、鈴鹿各コーナー別の考慮事項です。

(タイムアタックに入る前のシケイン立ち上がり)

→タイムアタックに入る前のシケイン立ち上がりからホームストレートへの進入ですが、Rを大き目にしました。これはホームストレート上にあるスタート/ゴールポイントから第一コーナーまで最速で通過するためです。

(第一コーナー)

→ホームストレートからのブレーキングポイントは100m看板を目安にしています。純正ディスクと純正キャリパー、おまけにGTウイングが付いていないときはフルブレーキングで姿勢変化してしまい怖かったのですが、ブレーキシステムの強化とGTウイングで安定して怖さもなくなり、スピードをきっちり落すことも出来また第一コーナーの飛び込み速度も上がってきたように思います。

(第一コーナーから第二コーナーへのつながり)

→私の難所の1つです。第一コーナーと第二コーナーは一つのコーナーと思えとよく言われていますので、第一コーナーが上手くいけば、第二コーナーも問題なく旋回できるのは事実です。今回は第二コーナーもクリッピングポイントを奥に持っていってS字に入る前まで上手く加速するようにしました。

(S字カーブ)

→S字カーブはリズム良く駆け抜けろとよく言われますが、確かに最初のS字カーブ進入が失敗すると、だいたいタイムは伸びないことが多そうです。またS字カーブを失敗すると逆バンク、ダンロップまでリズムが狂って、そのラップはもうダメダメになります。今回、S字カーブ進入前はあまり大きく回り込まない(右から左に大きく切り込まない)ようにして、クリッピングポイントはしっかり踏み(まだ動画では踏めていない)、コーナー間はコースの真ん中を走るイメージでコーナリングで膨らみ過ぎないようにしました。

(逆バンク)

→バンク角がついていないので、目の錯覚でカーブ外側に傾いているように見えるコーナーですね。ここはクリッピングポイントを奥に置く(コーナー旋回中は我慢する)ことによってタイムアップに貢献したように思います。また逆バンクからダンロップまでは上り勾配がキツイので、しっかり加速して行きたいポイントです。

(ダンロップ)

→ダンロップは先のデグナー手前まで上りになっているので、コーナー出口が見えない、コーナーの曲がり具合が見た目と違うので、アクセルがどうしても緩みがちのコーナーです。M2では逆バンク立ち上がりから4速に入れるのですが、コーナーの対処と変速のタイミングを同時に気にしないといけない事あります。
逆バンクからデグナー手前まで、スピードに乗りながら上手く左によって、デグナー進入に備えたいですね。

(デグナー)

→デグナー1と2で、コーナーが異なる複合コーナーです。
最初の頃はデグナー1の飛び込みが上手くいかず、スピードを殺し過ぎが多かったように思いますが、ダンロップから4速に入れたまま、軽くブレーキングで速度を少しだけ落として、リズムよく回れば次のデグナー2も上手く回れます。


→デグナー2の手前です。3速に落とし、きっちりスピードを落として、立ち上がりはコーナー縁石に上手く乗せて加速重視で回りました。

(ヘアピン)

→デグナー2立ち上がりから3速、4速全速力でヘアピンへ向かいます。この時、手前右側に、こぶのように立ちはだかる200Rをかすめるようにヘアピンカーブに進入します。そうすると車がまっすぐにヘアピンに入れますので、コーナーが安定します。

(まっちゃん)

→高速カーブでもある「まっちゃんカーブ」はヘアピン立ち上がりから、2速、3速、4速と変速して・・・でもその先の見通しが悪く、ここもアクセルが緩んでしまうポイントでした。これはYoutubeにヒントがあったのですが、バイク用シケイン入口の緑のクリッピングポイントを踏んで加速してやれば上手く5速までいれてスプーンまで駆け抜けることが出来るようになりました。

(スプーン1)

→もっとも苦手なコーナーです。スプーンの入り口での減速ポイントに目印がなく、ブレーキポイントが決まらないため、いつもあたふたしています。1つヒントになったのが、右側芝生の切れ目のようなところがあるので、見えたらブレーキというやり方で4速に落として旋回しています。

(スプーン2)

→苦手なコーナーの2つ目です。原因はバックストレートを最速で駆け抜けたいといつも焦る気持ちが悪さしてるのだと思います。ここからは上りになりますので、スプーン1を通過したら3速に落として、左クリッピングポイントを奥に定めて、小さくして我慢のコーナリングを心掛け、車がバックストレートの方向を向いたらフルアクセルです。荷重が右側に掛かっていますので右に膨らみますが、右側エスケープゾーンも広いのであとは勇気だけです。

(130R)

→超高速コーナーですね。私のスマホアプリ計測でも160Km/hで通過しています。バックストレートはGPS計測でも220Km/h超出ていますので、100m看板で軽くブレーキング、4速へシフトダウン(シフトダウンすべきかはいつも迷う)、そのタイミングとハンドルの蛇をあてるタイミング(どうしても遅れ気味)、そして左縁石にうまくクリッピング出来れば、エスケープゾーンも広く、楽しめるコーナーです。それでも心臓バクバクします。

(シケイン)

→十分減速して、小回りが原則です。なおタイムアタック中のラップはホームストレートに向け、最短でアクセスするようにRを小さめにしています。


私の考え方は、今のところ、こんな感じです。

M2は古典的なFR、でも少しパワーがあるで、電子デバイスに助けてもらいながら走っています。
軽量FRで、電子デバイスOFFで、もっと練習した方が良いかもしれません。なかなか難しい世界です。

RRやFF、4WDなら、また全然走り方は違うのでしょうね。

齢60になって、タイムやスコアの上げられるものって、少ないですよね。(^^♪

サーキットを走られる諸先輩に皆様、いろいろご意見あると思いますが、何かお気づきがあれば、今後ともご指導よろしくお願いします。



(今回のサーキット走行動画)
ブログ一覧 | M2 | クルマ
Posted at 2021/01/21 21:51:00

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

鈴鹿サーキットの写真(転用自由)
kenicabaさん

【サーキット】【ビート】鈴鹿フル ...
mistbahnさん

ダメダメなリハビリ会
むーさんJrさん

鈴鹿ベスト更新の為の次なる課題【9 ...
#62 Kumaさん

もう少し
ぎんとさん

TC2000の動画を見ながら色々振 ...
KULOBiさん

この記事へのコメント

2021年1月21日 22:14
こんばんは。
ベストラップ更新おめでとう🎊御座います。👍
解説参考になります。
35GTRもどのようにクルマの向きを変えていかに早くアクセル全開にするかが速く走るコツのようです。
なかなか難しいですが私も頑張ります。😅

PS:私も爺さんなんでご安心ください。(笑)

コメントへの返答
2021年1月21日 23:07
こんばんは。

セカンドハウス先輩もFSWのタイムが着実に上がってますので、いつも凄いと思ってます。

くるまの向きを整えるのは、ほんと難しいですね。

PS
車の若者離れもありますが、サーキット走行者の平均年齢の高さも、かなり上がってますね。(^-^;
2021年1月21日 22:35
こんばんは。

ベスト更新おめでとうございます~!
3秒アップは凄いですね。 しっかり事前にイメトレしてそれを実践できたのは凄いです。
思った通りに走る事ってとても難しいですよね…。 ハイパワー車は立ち上がり重視でしっかり減速するべき…、とわかってはいても突っ込んでしまったり…(=ワタクシです(笑))!

すぐにまた復習してコースに出て…、を繰り返すことが出来ると身体に染み込ませることが出来そうですね。
また楽しみながら走りに行かれてください~~!
コメントへの返答
2021年1月21日 23:11
こんばんは。

サーキット走行は漠然の走ってもタイムが上がらないのが、今回よくわかりました。

写真もそうですが、描くイメージを事前に整理して、実践に挑む、すべての道に繋がる話ですね。

復習、もうちょっと近ければ、回数も増やせるのですが。

60歳の手習い、今のところ、楽しく走ってますが、どこかでまた頭打ちになるのでしょうね。

またいろいろ教えて下さい。
2021年1月22日 6:47
kenicabaさん、おはようございます♪

詳細に分析されてアッパレ!
ほぼレッスンと同じようなこと
仰っていますね。流石
クリッピングポイントを
奥にとるのは大事ですね、
なかなかそれを忘れて曲がっています。

車体がというかハンドルを
戻し切れていない状態で
曲がるのはタイムロスです。
最初に図解されているように進む方向に
まっすぐ車体がむいてないといけませんね。
再確認しながら読ませていただきました!

kenicabaさんとシフトレンジやタイミングは
やや違いますがそれはMTとDCTの違いもあると
思いますがとても為になりました、
ありがとうございました😄

お聞きしたいことがあります。
タイヤですがps4sからcup2に
変えられていかがですか?
グリップとか乗り心地とか変化は
顕著でしょうか?
春にタイヤ交換予定ですが
ps4sに再度しようと思っていましたが
コーチ陣や周りからもcup2推奨されています。
ハイグリップは長持ちしないので
チャレクラ10周くらいしか出来ないらしいのですが
差を感じるならcup2を体験したいと思っています。
コメントへの返答
2021年1月22日 9:55
おはようございます。
コメントありがとうございます。

理論ではわかっていても、なかなかサーキット走行中に実践できないのが常ですね。やってみて初めてわかるヤツです。

プロの走行動画やバリバリの改造車の動画ばっかり見てると、カウンター当てたり、タイム重視で基本操作ではないことも多いです。
その点、失礼ながら車も同じ、腕前?は専門家集団の指導を受けておられるtamara.さんの動画はいつも拝見して、「見習うべきとこ」「ここはこうすべき」みたいなことが色々発見できて、参考になっています。私のタイムアップにまさに貢献していますよ。いつもありがとうございます。

因みに、まっちゃんカーブの攻め方は谷川選手の動画を盗みました。^_^

私のタイヤですが・・・、
サーキット用=純正ホイールとCup2、普段用=BBSホイールとPS4S、とで分けています。
普段用(PS4S)でサーキットを走ったことはありませんので、比較はできませんが、純正ホイールとコンチネンタル3で走っていましたので、Cup2に変えた時の安心感は流石でした。Cup2でタイムアップするのは確かだと思います。なお昨年春に鈴鹿で初めてお会いした時がコンチネンタル3の最終使用でしたので、まだ40秒切れませんでした。

一方、Cup2の普段使用ですが、走行音は少しうるさいですが、突き上げ感も優しく、柔らかい乗り心地なんで、意外といけるとは思います。
ただ、排水性は弱く雨の日は怖いと聞いていますし、減りも早い、何せお値段が高い、などなど勿体ない感じですね。
なので面倒な話ですが、シーンに分けた使い分けをお勧めします。
履き替えが面倒だと思うなら、Cup2とPS4Sのタイム差を我慢するしかないですね。

なお、Cup2で「チャレクラ10周しか出来ない」ことはなく、「10枠(回)」の誤りでしょうね。(^ ^)
私のサーキット頻度であれば、2シーズぐらいか、十分だと思います。

またいろいろ教えてください。
2021年1月22日 9:45
ベスト更新おめでとうございます!!!
走りを分析した上で実践し、その結果でタイムが出ると最高ですよね。本当素晴らしいです。
これからも、安全第一、楽しさ第二、タイムはその次でベスト更新を目指して下さい!!!   って・・・これ今の私の目標です(笑)


コメントへの返答
2021年1月22日 10:03
おはようございます。
コメントありがとうございます。

55歳鈴鹿デビューを考えたら、頑張ってる方ですかね。動画の威力、自己分析や事前準備は、これまでの社会経験が役に立っているのでしょうか?

でも、いざサーキット走りだすと、非日常のアドレナリンが出てきて「煩悩という名のタイムアップ」を求めるんですよね。

基本に立ち返り、安全に、楽しくサーキット走行するようにします。
クータンロイさんも頑張ってくださいね。
2021年1月22日 14:42
kenicabaさん、こんにちは♪
連コメ訂正です~😂

チャレクラ10周じゃなくて
10本です~( ̄▽ ̄;)アハハ…

10周だったら1枠で終了ですわw

タイヤの使用分けてるんですね

タイヤのこと時間がありますから
もう少し考えます😅😅
アドバイスありがとうございます。

あ、動画、役に立ったのでしたら
UPした甲斐があります💪
コメントへの返答
2021年1月22日 14:55
こんにちは。
訂正コメントありがとうございます。(^_-)-☆

タイヤ使い分けは絶対お勧めします。

スタッドレスタイヤで、シーズンオンオフで保管と脱着をしてくれるサービスがありますが、サーキット用でも同じサービスしてくれないですかね?
2021年1月23日 7:37
おはようございます。
参考になりました、ありがとうございますw

講習のみで、本コースは一度も走行出来ていないので、初走行はとても緊張するでしょうね(๑˃̵ᴗ˂̵)
でも、そんなドキドキ感も楽しみです(^.^)
ちなみに南コースを走行された成果もありましたか?
来月の初走行には、ご一緒させてもらいますので、色々とご教授のほど、よろしくお願いします(^-^)
コメントへの返答
2021年1月23日 9:24
おはようございます。
コメントありがとうございます。

鈴鹿の講習を受けておられれば、基本を忠実にレクチャーされていると思いますので、安全に速く走れるのではないかと思います。

その点、昭和の爺さんは「我流」ですので危ないですね。(^^)

でもこの歳になって、緊張の瞬間を色々体験出来ることを、楽しく思っております。

南コースの走行経験で、クリッピングポイントの重要性に気付いたのだと思います。
また速度域が低いので、コーナーリング中で強めにアクセルonしてリア滑らしたり、車の姿勢変化でのアクセルワーク、車の暴れ方、軽めのブレーキングでフロント荷重を掛けてS字の切り返しの感覚を試したり、これらのことがフルコースのベストラップに貢献したかもかもしれませんね。

2月もですが、3月もチャレンジクラブのスケジュール見ると行けそうな日もありますので、是非お越し下さい。
2021年1月24日 0:23
こんばんは。
このブログを読んでちょっとびっくりしました。
ゆっくりコメントを入れさせてもらおうと遅くなりました。ごめんなさい。

実はこのブログを読む少し前、1/16に富士でノルドリンクさんの走行会がありまして鈴木利男さんに近似的なことを言われました。

その走行会に居合わせたR35オーナーの速い人たちは皆さんその言葉を知っていたり体現出来ていると思います。

少し違う角度からの言葉で伝えてもらってさらに腑に落ちました。

いろいろアドバイスをいただくレーサーの方達がいらっしゃいますが、言葉が違ったり、タイミングが悪いと自分の中に入ってきません。

聞く側が体現して一定の場所に到達しないと理解できない言葉や言い回しがイメージできなくてスルーしたりしますね。

このコーナーの処理の仕方に一つの方向性が見いだせた、気づけたことを凄く嬉しく思います。今からしばらくこのことを頭に刻んで走ろうと思います。

NISMOに乗り換えてタイムが変わらなきゃ乗り換えた意味が見いだせません!笑
コメントへの返答
2021年1月24日 9:57
おはようございます。
コメントありがとうございます。

らっさん(AMR2012)さんのようなサーキット走行常連者の方に評価して頂き光栄です。何か1つでも掴んで頂いたなら、嬉しいです。

サーキット走行にかからわらず、昭和真っ只中な私は、親方の背中みて仕事覚えろ世代ですので、今時のマニュアルや講師のレクチャーだけではなかなか腑に落ちない、いや耳に入ってこない、聞いてないことが多いですね。

昔からなんでも飲み込みは早いとは言われてましたが、中身が伴っていないことは人生の反省点です。

サーキット走行、ある程度は慣れれば速く走れるものと勝手に思っておりましたが、なかなかそう簡単なものではなく、実践と理論の繰り返しでないと無理だとよくわかりました。

速いマシンは、速いマシンの走り方があるのかな?慣れれば速くなるのかな?
NISMOのタイム、期待しちゃいますね。
(プレッシャー与えてすいません。)^_^

おすすめアイテム

プロフィール

「@カシュウ さん、私の手元にあるM2C出たてのカタログも1855mmになってますね。15mm、ひょっとしてリアフェンダーのアーチが反映したとか?^ ^」
何シテル?   03/02 23:24
kenicabaです。 車、バイク、鉄道大好きな大阪のおっさんです。 よろしくお願いします。 【撮影機材】 ・SONY DSC-RX1 ・SO...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/3 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

BMW Service Reset 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/09/14 17:43:03
ダイアグノーシスによる油温と水温の確認方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/01 21:38:24
BimmerFile Technical Report: The BMW M2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/29 00:07:21

愛車一覧

BMW M2 クーペ BMW M2 クーペ
今回はいろいろ悩みましたがこれにしました。 まさにFun to driveの実践。 久々 ...
BMW S1000RR BMW S1000RR
S1000RからS1000RRに乗り換えました。 異次元の走りと、乗り易さを両立してく ...
BMW S1000R BMW S1000R
バイク復活しました。 契約日:2018年08月27日 納車日:2018年09月10日 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
カローラから乗換。 家族の車にしては過激かな。 契約:2016年7月26日 納車:20 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.