• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Nジャン(N-JUNKIE)のブログ一覧

2018年05月16日 イイね!

【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race ~あとがき~

 【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race ~あとがき~※タイトル画像:All effects - Photofunia(http://photofunia.com/) 

さて、今週末は早くも第三戦鈴鹿。
2018シーズンはご存じのとおりで、未だにオイラは戸惑っている。
豊田私設応援団代表の谷やんはこの5月の参加は今週末の鈴鹿に計画した為、GWの富士は欠席だった。
逆にオイラは同様な理由(と思われる)で鈴鹿参加を諦めた。

ウチの母親の友人がオイラに言った。
「あんたは、今、子育てで一番大変な頃。それくらいわかるよ。」

そういう事なんだな。

NISMOさんが配っていたClib Le Mans(現在のClub NISMO)ご案内のチラ紙。
ルマンで展開している日産応援団の記事。
今思うと、オイラの疾走の始まり。
走り出したら止まらない、曲がらない。
信念一路。
親はそこからとって、ワザワザ字を変えて名前にしたという。
軽いノリだけじゃこんなに続かない気がする。

日産応援団参加者にメッセージがあるとすれば…

あんまり自分が日産応援団だとか、本当に必要な時以外は自負しない方がイイぜ。
日産応援団がスゲーって思ってくれる人間ばかりじゃないからさ。


2018.5.16

¨ 【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race ¨ を書き終えて

日産応援団 Nジャン











※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《 豊田私設応援団「秋葉」さんとのBlogバトル企画における参考PV表記 》

・【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #7
42件

5月15日、PV(観覧数)。
(書き上げた翌日の観覧数表記とする)

カウント・ログ数7 PV小計452件+42件で494件 ◇ブログアップ継続中。

豊田私設応援団秋葉さんの3日間のログ数7、PV合計528件。 ◇レポートブログ、アップ終了。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

PS…PV対象ログはまだ終わっちゃいませんぜ。あの企画、秋葉っちからご依頼。やれば数字は更に伸びてしまうまw
Posted at 2018/05/16 20:57:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産応援団 Nジャン | 日記
2018年05月15日 イイね!

【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #8

【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #8NONSTOP DANCER

応援席に着いて片づけ開始。
少々の驚きを隠せないオイラ。

いつもなら、レース終了の和気あいあいの風景。
決して悪い事じゃないけれど、話に夢中。
しかし、片づけをダラダラやってるのが気に入らなかった。

今回はテキパキと片づけをやっていた面々。
その変化が大きすぎて戸惑いを隠せない自分。
この数か月の間に一体何があったというのだろうか。

団長の拡声器を片手でお手伝い。
階段を昇れば団長が少し驚き顔というか戸惑い顔というか、そんな感じ。
「そっか… そういう事だったのね。」
口にしたワケではないし、確認したワケじゃないけれどそんなふうに感じ取った。

団長はオイラに話してくれた。
応援旗、使用後の適当過ぎるしまい方が相変わらずらしい。
後で面倒な事になる事必至。
決起集会でその旨を話したらしい。
う〜ん…
一人適当な事やれば、その後からの人間はそれに続いてしまう。
日産応援団の面々も老若男女、十人十色。
子供から大人まで参加者はいる。

日産応援旗のしまい方講習でも提案しようか?
いや、オレ達はそんなレベル?

「お疲れさまでした」と、日産応援団は片づけを終えると解散。
駐車場に戻れば隣の豊田私設応援団副団長、秋葉っち家のヴォクシィが無い。

・・・・・・。
逃げ足の速いヤツだ(笑)。

日産応援団仕様から単なる日産ファン仕様に着替え。

実は昨年、帰路の道中で立ち寄ったコーヒーショップでの事。
応援魂のシャツにアタマに巻いたタオル。
顔にはタトゥーシールのまんま。

一般のお客さん、周囲はドン引き。
妙に警戒されている気がした。

そんな事もあって日産応援団らしき姿を消そうとするオイラであった。

 



~ おわり ~

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《 豊田私設応援団「秋葉」さんとのBlogバトル企画における参考PV表記 》

・【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #6
56件

5月14日、PV(観覧数)。
(書き上げた翌日の観覧数表記とする)

カウント・ログ数7 PV小計396件+56件で452件 ◇ブログアップ継続中。

豊田私設応援団秋葉さんの3日間のログ数7、PV合計528件。 ◇レポートブログ、アップ終了。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

PS…PV対象ログはまだ終わっちゃいませんぜ。レポートブログは終えたとはいえ、まだあの企画が残っています。
Posted at 2018/05/15 22:00:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産応援団 Nジャン | 日記
2018年05月14日 イイね!

【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #7

【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #7WINNER!

※選手名は演出の為、敬称略にて失礼致します。

ライバルチーム同士のバトル。
そのバトルは実に見事で本当に安心して見ていられる。
特に#39 DENSO KOBELCO SARD LC500のヘイキ・コバライネン、#1 KeePer TOM'S LC500のニック・キャシディのバトルは鳥肌モノ。

日産勢?
GT500の#23 MOTUL AUTECH GT-Rはトップを狙える位置にいる。
とはいえ目に見えるバトルが展開される様子が無い。

#23、松田次生が果敢にアタックしているくらいわかる。
目立っていないだけでパフォーマンスは見事だ。
そういう職人技、かつての長谷見昌弘氏を思い出す。

ルーティーン、最後のピット。
#23 ロニー・クインタレッリに全てを託す。
ピットアウトすれば、トップを奪い再び大逆転。

GT300、作戦勝ちというべきか#11 GAINER TANAX GT-Rが3位浮上。

大盛り上がりの日産応援席。
あと20周…

「まだそんなにあるの?」と田上副団長。

大丈夫。
日産チームならやってくれる筈だ。

NISMO専属のカメラマンさんが動画撮影に。
「Nジャンさん、映るチャンスですよ。」
しかし、結局映っていない。

昔からそういう性分なんだよね。
♪写真~には 写らない ってネ。

黒澤団長と田上副団長。
オイラはもうとっくに気付いている。
誰もそこに加われないという事。

オイラは自分で気が付いた。
リーダーシップの中のリーダーシップに自分は加われない。
彼らには叶わない。
それでイイと納得している。
オイラはもう(日産応援団への)アプローチが全く違う方向にある。

 

自分もそうだったから正直に書くけれど、リーダー気取りだけじゃ滑稽なだけだよ。
そろそろそういうのに気付いたらどうだ?
ま、大きなお世話か。

完全に陽が陰って気温低下。
肌寒さを感じずにはいられない。

黒澤団長は言った。
「残り2周で日産コール行くよ!!」

あと2周。
日産コール開始。

GO! GO! NISSAN!
GO! GO! NISSAN!


オイラは苦笑い。
「生きてるね、オイラのもうひとつのアイデア。黒澤団長、皆さん、ありがとうね。」

オイラはあえて黒澤団長と田上副団長の中に入っていった。
応援旗を片手に、お客さんを盛り上げようとしていた。
そんな自分も珍しい。

同時に18歳の頃の自分に帰っていた。
ロックバンドやっていた頃のように。
ライブハウスのお客さんと一緒に盛り上がっていた頃のように。
「懐かしい。何もかもが。」

そして…





大歓声、歓喜の日産応援席。
喜びを通り越して呆然だった自分。
気付けば辺りから握手を求められていた。

暫定表彰式へ。
移動途中、ホンダ応援団のぱこぱこさんにお会いした。
ご挨拶と軽いコミュニケーションを。
「みんな驚いていたよ。NSX速え~!って」
満面の笑みのぱこぱこさん。
開幕戦1-2フィニッシュのGT500ホンダ勢の展開あっての事だと思う。
自信満々というか、そんな彼を見たのも久々だった。

奥様も気さくな方。
彼女もまた印象的な笑顔だった。

暫定表彰式。
レクサス応援席近辺での声援。
豊田私設応援団副団長秋葉一家の皆さんにもご挨拶。

倅のケータに「ケータ君。Nジャンおじさんの肩をマッサージしたまえ」とイジるNジャンさん。





暫定表彰式終了。
散々レース前に大口叩いていた豊田私設応援団副団長秋葉氏に対してオイラが言った。

「秋葉くん。肩が凝ったよ。頼むよ。」

すると…
オイラの肩にエルボーが入ったとサ。

~ つづく ~

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《 豊田私設応援団「秋葉」さんとのBlogバトル企画における参考PV表記 》

カウント・ログ数6 PV小計396件 ◇レポートブログ、アップ継続中。

豊田私設応援団秋葉さんの3日間のログ数7、PV合計528件。 ◇レポートブログ、アップ終了。

Posted at 2018/05/14 22:07:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産応援団 Nジャン | 日記
2018年05月13日 イイね!

【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #6

【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #6Kickstart My Heart

※選手名は演出の為、敬称略にて失礼致します。

レーススタート直後、予選3番手スタートの#23 MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリが先頭#38 ZENT CERUMO LC500の立川祐路を追い立てる。
そしてオーバーテイク。
♯38、タイヤのウォームアップに苦戦しているようだ。
盛り上がる日産応援席。

だが23週目、ものすごい勢いで#39 DENSO SARD LC500のヘイキ・コバライネンが追いつき遂にトップ。
#23、逆転を許してしまう。

落胆するオイラの隣の少年。
彼にオイラは言った。
「おいおい。もう終わりか? レースはまだ23/110周だぜ。」

旗を掲げるにも掲げられないオイラ。
強風がオイラのモチベーション低下を誘ってくる。

揚げるべきか、自粛すべきか。
腕は張り、風は容赦ない。

安全を思い旗を揚げるのは風の様子を見ながらと自分の答えを出す。

田上副団長とオイラとのやり取り。
田上副団長が珍しくタメグチだ。
それは心開いている証拠。

過去に地元のイベントで年上の先輩から「Nジャン、年上に対してそのタメ口何とかならないか?」と言われた事がある。
あの時、オイラはこんな事を言った。
「貴方は真面目過ぎるね。あるンだよ、親しみを込めたタメ口ってのがよ。」

先頭をライバルに譲るも田上副団長とオイラのクチが同調していた。
「慌てる必要は全くない。何か(展開が)ある筈だ。」



時折雲が太陽を隠す。
この時期の富士スピードウェイ、日が差せば気温上昇で半袖になりたくなる。
陽が陰れば一気に気温が下がる。

トイレに行くオイラ。
その間、応援旗は田上副団長に任せた。

戻ってきて「寒くなってきた。」と言いながら厚手のNISMOの黒パーカーを着込む。
近藤隊長とオイラは談笑。

「ったくよぉ、青になるカメレオンやるとアレコレとクレームつけられるのに、黒だと誰も何も言わないし。」

日産チーム、ルーティーンのピット作業が始まる。
その作業の間、日産コールが続く。

相変わらず風が強い。
以前だったら負けん気で振りまくっていたけれど、歳を重ねると体力低下は勿論の事、落ち着いた冷静な判断となった今のオイラでもある。

「Nジャンさん、GTです。一緒にやりませんか!」
受話器の向こうの団長の言葉は今でも耳に残っている。
あれから18年。

そうだね。
旗を置いてもいいかもね。
今のオイラはもう控えでも補欠でも構わなくなっている。
この強い風がそれを教える気がした。

¨ もういいかな? ¨

¨ わかりません ¨

そんな会話が想像に難しくない。
アタリマエだけど決めるのは自分次第だし。
それに何も旗手だけが応援団じゃないし。

応援団参加19年。
今でも毎回、内容は違えど常に葛藤というヤツがオイラの中で駆け巡っている。

繰り返すが、この日、自分の立ち位置の無かった事がアタマを過る。
なんて書くと、「言ってくれれば空けておきましたよ。」という言葉があるかもしれない。
でもさ、そういう事じゃないんだよナァ…

~ つづく ~

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《 豊田私設応援団「秋葉」さんとのBlogバトル企画における参考PV表記 》

・【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #4

53件

・【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #5

61件

5月10・11日、PV(観覧数)(書き上げた翌日の観覧数表記とする)

カウント・ログ数6 PV小計172件+53件+61件で396件 ◇レポートブログ、アップ継続中。

豊田私設応援団秋葉さんの3日間のログ数7、PV合計528件。 ◇レポートブログ、アップ終了。
Posted at 2018/05/13 23:08:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産応援団 Nジャン | 日記
2018年05月11日 イイね!

【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #5

【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #5Bad Boys

※選手名は演出の為、敬称略にて失礼致します。

前日の予選の日。
日産応援団黒澤団長とトイレでバッタリ会った。
GWのビッグイベント、トイレも大混雑。
この時、扉開きを待っている氏曰く「息をつくと催しちゃうんです。」と。
扉なし希望だったオイラは「オレもそうですよ。」と。

決勝のこの日。
今度はオイラが扉待ちの長蛇の列。
人間の生理現象、避けて通れない。

用を済ませて日産応援席へ戻ると本ミーティング終盤。
トイレとはいえ、またもミーティングに間に合わないオイラ。
遅刻したオイラはこっそり行ったつもりが団長に見つかる。

「遅れてきたNジャンさん(この時は本名で)、何か一言。」

「・・・・・・・。」
↑心の叫び 「おめーわよー!!」

「遅れて、すみませんでした!!」
2017 ニスモフェスティバルの某監督状態だし…

「Nジャン、活舌悪いぞ!」
「何で今日は赤着てんだよ?」

イジられまくりのNジャンさん。
「人気者は辛いぜ。」とポジティブな勘違いを気取ってみた。

で。

日産応援団メンバーの注目を浴びるNジャンさん。
中には「あんた誰?」光線があったのは気のせいか。
逆にオイラも「あんた誰?」みたいなw
クチには出さないけれど、「日産応援団Nジャンを知らないとはエエ根性しとるな。」と強がってみた。
とはいえ、本当のところ、日産応援団Nジャンの知名度、実はそんなでもないことくらいわかっているサ。

レーシングコース、プログラムはSuperGTウォームアップ走行に突入。
団長の音頭で日産コール。
もうお馴染みと言ってもいい掛け声だ。

応援旗を掲げる日産応援団の旗手隊。
だが、思いもよらぬ大敵が富士スピードウェイに現れていた。



強烈な横風。
旗を揚げるか揚げないか迷うところ。
「これ以上、強い風が吹いたら危険だ。いや、このままでも結構キツい。」
安全最優先を考慮すべきなのはアタリマエ。
少しでもヤバいと思ったら揚げないと自分で決めた。

センターポジション?
あの状況からしてそういうのはどうでもいい。
そんなワケでオイラは少しホッとしたが、左手がパンパン。

旗振りとしての自分の立ち位置はやっとの事で見つけた。
団長も副団長も旗手の腕もあるけれど、今現在は事実上、フォロワー。
隊長もそんな感じ。
「オイラもそろそろ線引きの頃かもしれないな…」
強風の中とはいえ、もはや周囲の面々とは気合もキレも違っている。

コース上、グリッドウォーク。
セカンドローにチームルマンのゼッケン6、WAKOR'S 4CR LC500。
日産応援団の目の前だ。
ご存じのとおり名エンジニアの山田健二氏が数日前に急逝。
そのショックは関係者のみならず、モータースポーツファンも驚きを隠せない。
TV中継ではチームルマンをカメラが捉えるといつも山田氏のカメラ目線の笑顔が映っていた。

豊田私設応援団がチームルマンの声援に登場。
もちろん日産応援団はスペースを提供。
豊田私設応援団と日産応援団も一緒に山田コールを。
故人のご冥福を祈った。



 

豊田私設応援団は日産応援団と日産応援席にお礼のご挨拶。
拍手喝采。
お互いの健闘を誓いLEXUS応援席へ戻った。

日産応援団整列、脱帽。
応援席の皆さんにご挨拶。
お客さんに気合入れ!
ミニメガホンの配布。
そして日産応援団、円陣の気合入れ。

何気なく、気合入れるアイデアを団長に言ったのいつだっけ?
お客さんの方から「ボクらもやりたいですよ」という声もあって展開をするまでになっていた。
今でも生きているNジャンさんのアイデア。
小さいアイデアがココまでになっているとは…
当初は言い出しっぺのオイラが気合入れていたけれど、団長がやるとやっぱり締まる。





スタート進行、サーキットアナウンサーのピエール北川氏の名物「Are you ready?」が始まった。
ピエール北川氏のサービス精神旺盛。
「各応援団、気合入っているか!」
急遽応援合戦となった。

国家吹奏、脱帽。
大会開会宣言。
日産応援団、日産コール開始。

スタート1分前。
各社一斉にエンジンに火が入る。

いやが上にもテンションがあがる。
さぁ、始まるぞ。
まだ誰も知らない500kmの向こう側。

パレードラップ開始。
静岡県警の白バイ、パトカーが先頭。
交通安全祈願という意味でのパレードなのだが、「全車スピード違反だって」というジョークが何度言ってもウケがいい。

パレードラップ終了、フォーメーションラップへ。
サーキットビジョンで先導のセーフティーカーの回転灯消灯確認。

「あれ?もう一周?」
「いや、スタートだ。」

田上副団長のチアホンがリズムを刻む。
コイ!コイ!コイ!コイ!コイ!…

マシンの姿が最終コーナー側から近づいてくる。
サウンドがだんだん大きくなってくる。

来るぞ来るぞ来るぞ!
来た~!

シグナルがグリーンに、ポールポジションのゼッケン38、ZENTCERUMO LC500の立川祐路はスローでのアプローチから一気にフル加速。

2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race が遂に…

スタート!!


~ つづく ~

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《 豊田私設応援団「秋葉」さんとのBlogバトル企画における参考PV表記 》

・【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #3

5月9日、PV(観覧数) 49件(書き上げた翌日の観覧数表記とする)

カウント・ログ数4 PV小計123件+49件で172件 ◇レポートブログ、アップ継続中。

豊田私設応援団秋葉さんの3日間のログ数7、PV合計528件。 ◇レポートブログ、アップ終了。
Posted at 2018/05/11 22:06:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産応援団 Nジャン | 日記

プロフィール

「ジェットサウンドが響く http://cvw.jp/b/116827/41506296/
何シテル?   05/20 21:13
「治療不可能な日産中毒患者」、「N-JUNKIE」を略して『Nジャン』と申します。 少年時代、スカイラインに魅了された事にはじまり日産ファンに。 1...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

YAKAI #4 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/19 11:48:00
【日産応援団 Nジャン】 2018 SuperGT Round2 FUJI GT 500km Race #1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/08 05:38:39
「あ…ココへ出るのか」という偶然 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/15 06:59:37

お友達

楽しく行きましょう!

メーカー車種問いません!
193 人のお友達がいます
覆面える覆面える * 虎猫飯店.jp虎猫飯店.jp *
辺境伯辺境伯 * ひろQひろQ *
鉄仮面鉄仮面 * CZ32のOSSANCZ32のOSSAN *

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナハイブリッド 日産 セレナハイブリッド
Nジャン家のエースカー。 女房殿のクルマです。
日産 モコ 日産 モコ
ノクターンブルーのモコ。 チョイノリ仕様です。
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
スカG中毒常習犯。
日産 リバティ 日産 リバティ
永い間、本当にありがとうございました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.