• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Nジャン(N-JUNKIE)のブログ一覧

2018年11月09日 イイね!

何か今ひとつ足りないモノ

何か今ひとつ足りないモノ社用車は新車。
実は前ログで書いた通り、乗せてもらったクルマ。
5ドアハッチバック、5ナンバーの乗用車だ。
良くできたクルマで、内装デザインも良く居住性も悪くない。
ハイブリッドで燃費も良くて静かでソフトな乗り心地。

本当ならば喜ばしく思うモノ。
なのに、なぜかトキメキが無く…

我が家のセレナもモコも同じように思った。
決して悪くはない。
なのに何故かどこか足りないモノがある。

ユーズドとはいえ、サンニィのスカイラインGT-Rを初めてドライブした時のような全身が震えるような感動があるワケじゃない。
初の新車購入、サンニィのスカイラインGTS-t TypeMの時のような納車直後のような感激があるワケじゃない。

スカイラインだから?
そうかもしれないけれど、現行スカイラインでも、あの時ほどでもないだろう。
例え現行GT-Rでもそうかもしれない。
アリエナイことくらいわかっちゃいるけどサw

ハテ…
何がモノ足りないンだろうか…


※All effects - Photofunia(http://photofunia.com/)




Posted at 2018/11/09 21:56:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | カーライフ | 日記
2018年08月19日 イイね!

久しぶりに談義の花が咲いた

久しぶりに談義の花が咲いた※画像はcarviewさんよりお借りしました。

前ログでも書いた通り、昨夜は宴だった。
オイラの周りは自然とクルマの話になってしまったのはウケた。

事の発端は、あの〇田さんの愛車の件。
実は、遂にBHE型スバル・レガシィGT30が力尽きたのだ。
今は存在しない3リッター水平対向6気筒のレガシィ・ツーリングワゴンはもう16年、15万km以上も走っていた。
本人は物凄く気に入っていて手放すことをずっとためらっていたのだが…

新たに彼のもとにやってきたのは、スバル・レヴォーグ 1.6 STIスポーツ。

「BHEにあったあのフィーリングは諦めた。でもコレはコレでねぇ。」
「まぁ、ターボで加給しているとはいえ、数字でいえば殆ど半分の1.6ってのが違和感だけどサ。」
「それにどうしたの?ボンネットのダクト、好みに合わなかったんじゃなかったっけ?」
「妥協するしかないじゃん。」

オイラなら真っ先に2.0を視野に入れるのだが…
彼は彼好みのオプションを盛ってしまいそれなりのお値段になってしまったという(なんとBHEのお値段を上回ってしまった)。
ま、個人の好みだからネ…

…にしても、「スバルに拘っているワケじゃない」とか言いつつも結局スバルだし。
あの人、絶対スバリストだぞ。
しかも元はノーマルモデルで満足してたのに今度はSTIだってか!?



他に、周りに居たのは3名のジムニー乗り。
最近出た新型に興味はあれど、今のところ乗り換えの予定は無いのだという。
「乗り替えるほど困っていない」と異口同音。

客観的に見る、ユーザーではないオイラ。
新型ジムニーのシンプルさを言ってみた。
「結局な、アレコレ付けるから高くなるんだよ。」というご回答。
「〇田さんじゃん(笑)。」
「違うの。 〇亀製〇。」
「なるほどー。」

 

「Nジャンはどうなんだよ?」
「いや、まだ娘の件もあるし、今慌てて乗り換えるような状況に無いナァ。ただ、着目してるのはあるよ。」
「何?」
「ノート e-POWER C-ギア。クロスオーバーちっくなノート。」
「何でノート?」
「その頃はもうミニバンじゃなくていいだろうし、娘達も自分で運転するだろうし。」



「それにまだ、アイツの目を覚ます気でいるし。戯言と笑ってくれや(笑)。」



久しぶりに談義の花が咲いた。
楽しい時間だった。
Posted at 2018/08/19 13:20:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | カーライフ | 日記
2018年07月25日 イイね!

旧くとも大事にしよう

旧くとも大事にしよう※タイトル画像はcarviewさんよりお借りしました。

最近、例の「〇〇に乗って」を書くこともあって周囲に気になるシーンは無いかと。
そんな中、1台のメルセデスに遭遇した。
チョット古いEクラスだと思う。
丸目4灯のタイプ。
今時でいうヤングタイマーとかいうヤツかな?

駐車してあったクルマだけれど、ヘッドライトは樹脂レンズの傾向にもれず黄ばみはあって、車体も相応に小傷等で傷んでいた。
ゴム類もそんな感じだけどシャンとしている。
カーポートガレージとみた(勘だけどね)。

日本の自家用車の一年平均走行距離は一般的に10,000km。
このクルマもそうだと想定して、10年以上も前のクルマだから100,000kmを超えている筈。

そうなんだよね。
向こうの国のクルマは状態によって異なるにせよ、100,000km超えてもメンテナンスさえキチっとしていればヘーキなんだよね。

我が国の国産車は、5年100,000kmがひとつの目安らしい。
しかし10年以上は乗れるけれど100,000km以上は難しい。
当然メンテナンスが重要になるけれど、作りが全く違うワケだからリペアパーツを充実すべきだと思う。

そしてあのワケのわからん増税制度は撤廃すべきだ。

13年以上継続して乗り続けているオーナーさんって、事情あるオーナーさんか、かなりの愛着沸いたオーナーさんか、旧車ファンでもない限りそんなに沢山いないような気がする。

関係ないけど、タミヤさ~ん!
C部品まだ~!?



日産応援団青組の山下く~ん、山下く~ん。



呼んだだけです。

N九郎よりw
Posted at 2018/07/25 11:39:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | カーライフ | 日記
2018年07月24日 イイね!

ガレージも夢の続き

ガレージも夢の続きまぁ、何をするにもコストとの格闘。
アタリマエといえばアタリマエだけれども。
本当はビルトインガレージなんてのを夢見ていたけれど現実はそう甘くなかったワケで。
現在のガレージがやっと。

スカGの方は物置メーカーのスチールガレージで隣の物置と兼用。
コレはコレで良しとしている。

今アタマにあるのはカーポートの方。
本当は土間コンクリート打ち+カーポートが理想で、今現在も変わっていない。
けれど、現実はカーポートは設置できてもそこから先は予算が追い付かなかった。
暫定ながらリサイクルアスファルトの砕石を敷いているに留まる。
そ、「スチールガレージ+物置」が無ければ可能だっただけの事。

ま、今更なのでこれまでの経緯というオハナシはココで終わり。
とはいえ、未だにカーポートの舗装系はアタマの中。

現実は何が不満かというと、靴に細かい砕石が付着し車内は砂利だらけ。
大雨が降れば降るほど微妙ながら流れ出しているし。
タイヤ溝に石が挟まるってイイものじゃないでしょ。



実行はまだ遠い所にあるけれど、これまた些細な夢。
手に届きそうで届かない土間コンクリート打ち。
やり方を理解しDIYでやろうと当然考えるけれど、こればっかりは「安物の銭失い」になりかねず、「こういうのはプロに任せた方が」ということになる。

DIYでレンガ敷こうとも思ったけれど、これまた予算がコンクリート打ちとお値段変わらず。
コンクリートタイルという手も同じこと。
コンクリート打ちの面積を少なくしてコストを下げるテもあるけれど、結局他のスペースに何らかの手を入れなければカッコ悪いし、これまた別の予算が絡んで結局変わらない。

土間コンクリート打ちを夢見るNジャンさん。

いや…
というよりも
我が家のエクステリアがまだ中途半端なままなんだな。
Posted at 2018/07/24 09:19:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | カーライフ | 日記
2018年05月27日 イイね!

とことん Ⅱ

とことん Ⅱ正直、自分もそうだったけれど、新しいモノが好きだった。
TV-CM見たものなら、もう…ネ。

先日、こちらのローカル番組で、あるドキュメントを放送していた。
「町の電器店さん」の密着取材。
家電におけるアレコレお世話をする店長の姿を捉えていた。

お客さんの中にはカレコレ二十数年も現役でいくつかの電化製品を使用しているお年寄り。
例えばエアコン。
木目調で、シグナルランプはLEDではなくパイロットランプ。
洗濯機は、長年使ってきたけれど、最近力尽きて買い替えたという。
本当にダメになるまで買い替えはしないらしい。

ラジオの情報番組に耳を傾ければ最近、有名洋服販売会社では高級ブランドとコラボ。
少々割高だけど、「こまめに買い替えていく」という考え方から「長く使用できる」という方向に転換するという。
それならば多少コストが上がれど、長い目で見れば大した問題ではないだろう。



で、最近の自分。
生活に追われノンキな考え方が出来なくなった。
だけど、おかげで長く使用している事の楽しさを知る。
手に馴染むというと職人さんの道具のような表現になっちゃうけれど、何というか使い慣れた野球のグラブの方がソフトで使いやすいというか。
一度手にしたらとことん使ってやろうという気になっている。



「そんなのまだ使ってるの?」という言葉。
「使ってるよ。最新だったら銭出せば誰だって手に入れられるだろ?」と無意識に答えてしまった。

ところがクルマとなるとそうはいかない。
相変わらず「税金」「税金」また「税金」。
屁理屈のような重量税。
税が含まれる燃料費に消費税がかかる事にグチひとつ言いたくなる。
トドメは新車登録から13年経った古いガソリン車は自動車税、割り増し。

我が愛機、スカイラインGT-Rはご存知の通りガレージの中。
33ナンバーだけは継続したくて自動車税だけは納税している。
しかもその割り増しで。
不動車の納税免除は、グレイゾーンだけど基本的に「ナンバー返却(廃車手続き)」しなければならない
※地域によって違うようです。静岡県は原則ナンバー返却だそうです。



「何とかしてほしい」とか言ったところで所詮は「少数意見」。
「お上」は耳を傾けないだろうナァ。
逆に「納税免除の場合は原則ナンバープレート返却」と押してくるだろう。
判断はココに拘っている ¨ オイラ次第 ¨ くらいわかっているけどさ。





一般道走れぬ愛機の話はこれくらいにしておいて、今現在の我が家の2台。
両車、必需品である。
本当はもっと大きく立派なモデルも存在するけれど、できるだけ購入コスト、ランニングコストを抑えた結果(チト色気だしちゃったけどサ)。
節約するなら、車両自体という事。

おかげで最近はコンパクトカーに興味がある。
それも誰も見向きもしなくなった古いヤツだ。
例えば中古車販売店の隅に追いやられた安価なタイプ。

決して出来やしないけれど、想像するのも楽しい。
奇麗に整備して適度なカスタマイズさえすればオイラ好みになる。
そしてソイツの最後のユーザーがオイラになるというオマケつき。


◇画像:All effects - Photofunia(http://photofunia.com/)

とことん使う。
オイラの機材も昭和モノがメインだよ。



そしてあの時代も大好きなまま。



☆Back number

・とことん
https://minkara.carview.co.jp/userid/116827/blog/40946914/
Posted at 2018/05/27 21:48:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | カーライフ | 日記

プロフィール

「2019シーズンは笑顔で終われますように。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000008-msportcom-moto
何シテル?   12/15 22:31
「治療不可能な日産中毒患者」、「N-JUNKIE」を略して『Nジャン』と申します。 少年時代、スカイラインに魅了された事にはじまり日産ファンに。 1...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

【日産応援団 Nジャン】2018 NISMO FESTIVAL #6 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/15 07:01:15
【日産応援団 Nジャン】2018 NISMO FESTIVAL ~あとがき~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/15 06:57:24
【BNR32】寒い中を走るのが好きだった思い出話を 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/15 06:54:43

お友達

楽しく行きましょう!

メーカー車種問いません!
194 人のお友達がいます
モモトトモモトト * セフィローセフィロー *
鉄仮面鉄仮面 * 森野熊三森野熊三 *
柑* 虎猫飯店.jp虎猫飯店.jp *

ファン

67 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナハイブリッド 日産 セレナハイブリッド
Nジャン家のエースカー。 女房殿のクルマです。
日産 モコ 日産 モコ
ノクターンブルーのモコ。 チョイノリ仕様です。
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
スカG中毒常習犯。
日産 リバティ 日産 リバティ
永い間、本当にありがとうございました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.