• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Nジャン(N-JUNKIE)のブログ一覧

2012年11月30日 イイね!

駆け引き

駆け引き親父が愛車のスカイラインをディーラーで点検を受けた時、若いサービスマンの対応が気に入らなかったらしい。
残念ながらオイラとはディーラーが違うのでその彼とは面識も無い。

「親父さぁ、オレ、そういうヤツをやっつけるの大好きだぞ(笑)。一度ハッてみたいな。」

でもそのサービスマン、もしかしたらかつてオイラが仕留めたサービスマンかもしれない。

以前こんな事があった。

リバティを購入したばかりの頃、「部品が無い」だの何だの適当な事言ってたサービスマンが居た。
オイラはメラメラ状態。
彼の度重なる言動に「ファミリーカー、リバティのユーザーだからと言ってナメんじゃねぇ。」と怒り心頭。

料金の支払いにオイラはワザワザ我がNジャン号で行った。
そのサービスマンは領収書を書くにあたりこう言った。
「GT-Rに乗っているんですか?」と。
「そうだよ。コレはオレの。リバティは女房のクルマだよ。」とオイラは答えた。

それを知ってなのか、書類を書くにあたり終始無言。
いつもなら能書きばかり言っていたのに。

そして店を後にした時、「してやったり!」と思った。



今日は帰りがけにディーラーに寄った。
見積書、リバティが下取られたりしたら、また金額が変化することになる。
そうなるとオプションパーツもグレードアップ可能とかいう検討もできるようになる。
要は、オイラが電卓叩けるよう、キチッとした数字の書面が欲しかったワケで。
その旨を伝える。

営業サン(以下 営)「今まで何度も数字出しているじゃない。」

おっと…Nジャンさんに火をつけましたね(笑)。

Nジャン(以下 N) 「リバティ下取り査定ってハナシどこにあった? 頭金、変わってきちゃうでしょ?」

営 「Nジャンさんの前回の見積もり、本当は11月登録という条件で出したんですよ。」

さぁ、Nジャンにターボが掛かった。

N 「だったらいいよ。試乗車の販売待ってるから。別に新車でなくていいし使用感が出ているなら気を使わないしねぇ。」

営 「ボクは新車の担当なので…」

N 「へぇ… 店内に『中古車は私が担当します』ってディスプレイされてんじゃん。」

N 「そういえば某買取店でウチのリバティ買取見積もり価格を上乗せしてくれたという電話があったよ(実話です)。」

困った顔の営業サン。

N 「『買取屋サンに聞いて』って言ってたのアナタですよね。」

N 「銀行さんに書類出すよ。本審査待ちだね。『契約はその後にお願いします』だって。ところで、その間、在庫車が無くなったらどうするの?」

営 「納車待ちになると思います。」

N 「だったらいいよ、試乗車で。結局その頃販売されるンでしょ? 試乗車にしようよ。すべてが丸く納まるでしょ?」

ところが中古車より新車を販売した方が営業サンの都合がイイのはミエミエ。
アレコレ言っては新車を薦める営業サン。

N 「ご希望の11月に登録できなかったのは何でだろうね? ウチら、先々月から検討しているじゃない。ま、知ったこっちゃないけれど。だから試乗車にしようよ、待ってるからサ。」

営 「何だかウチが不利になってきちゃったナァ…」

不利にさせたのはアナタです。

最初の商談段階で強気の発言と適当な対応。
ウチらのハナシは全く聞いておらず、そんなだから積極的な営業努力も感じられなかった。

営業サンが留守のときは別の営業サンが対応してくれたのだが、気持ちイイ商談ができた。
受付のお嬢サンもカウンターの受付サンも対応がいつもイイし、腕の立つサービス君もいる立派なディーラーさんなのにねぇ…

ところが今度は立場が逆転。
ジワリジワリと真綿でなんとやら。

ユーザーをナメるととんでもない事になりますぜ。

そんなオイラも気楽なままではいられない。
しっぺ返しってのはお互いにあるモンだからね。
Posted at 2012/11/30 21:53:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2012年11月29日 イイね!

【日産応援団 Nジャン】 2012 FUJI SPRINT CUP 2012 ~あとがき~

【日産応援団 Nジャン】 2012 FUJI SPRINT CUP 2012 ~あとがき~※メイン画像提供:フォトヤマさん

あっという間に2012年シーズン終了。
今年も悲喜交々あった。
楽しい時間ってのは本当に過ぎ去るのは早いネ。

今回のレポートを書くにあたり本当に考えた。
全く表現が思いつかなかったからね。

オイラも来年から現場に運べる事は更に減るだろうと思う。
そういう時期ってのはあるモンだし。

Nジャンに代わり、レポート書いてくれる方大募集です(笑)。

「Nジャンさんみたいに書ける人っていないよ。」ってまた言われるかもな。
嬉しいような、なんというか…



2012.11.29 今シーズンのレポート書き終えて。

日産応援団 Nジャン

Posted at 2012/11/29 22:03:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産応援団 Nジャン | 日記
2012年11月29日 イイね!

【日産応援団 Nジャン】 2012 FUJI SPRINT CUP 2012 #14

【日産応援団 Nジャン】 2012 FUJI SPRINT CUP 2012 #14~フィナーレ~

※ドライバー名は演出により敬称略にて失礼致します。

太陽が沈む。
この時期になると肌寒さを増す富士スピードウェイ。

メインステージがコース上に設営された。
フィナーレイベントの開催となった。

↓おすすめBGM


関係者サンのご挨拶。
表彰式とプログラムが進んだ。

東西対抗戦は西軍の初勝利。
本山哲、脇阪寿一の巧みなトークが微笑ましい。

最後の締めのフレーズをいうドライバーを選び出すのだが…
「部長~!!」と某応援団のメンバー数名からリクエスト。

寿一、空気を読む(笑)。

ご指名は期待通り、「部長」山本尚貴。
これが愉快で笑いを誘う。
天然だよ、彼(爆)。

「We Love Motorsports!」と締めの言葉になった。

2012年シーズンがこれにて終了。
既に来シーズンのストーブリーグ、マシン開発は行われているだろう。
2013年シーズンも楽しみだね。

日産応援団、片付けとジャンケンゲーム。

それぞれがそれぞれの思いで会話をしている。

片付けが終わってグランドスタンド裏。
オイラに握手を求めてくれた方々。

「また来年」。
そう、今年はニスモフェスティバルが開催されないのである。

だが、不思議と複雑な思いのオイラ。
日産応援団の今シーズン終了はわかっているのだけれど、何だかもう一度どこかで会えそうな気がして…
でも今シーズンは終了なんだよナァ。

解散したあと駐車場に向かった。

「来シーズンは来れるかわからないぞ。」
「わかってるよ。」



我が家のリバティで行く富士スピードウェイは最後かもしれないな。

~END~
Posted at 2012/11/29 21:51:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産応援団 Nジャン | 日記
2012年11月28日 イイね!

【日産応援団 Nジャン】 2012 FUJI SPRINT CUP 2012 #13

 【日産応援団 Nジャン】 2012 FUJI SPRINT CUP 2012 #13~見つめるもの~

太陽が傾く。
次第にオレンジ色の風景になって行く。

マシンのエキゾースト。
照らすヘッドランプ。

風に舞う応援旗。

ファイナルレースもまもなくゴールとなる。



↓おすすめBGM


応援団。
「勝利」を求め同じ方向へ向かう。
そうだな。
存在していなかったらお互い赤の他人同士だったかもしれないね。

ライバル応援団も仲間だという事に気付いた時はいつだったかな?
谷やん、ぱこぱこさん、秋葉っち、ぐっさん。





どれだけ旗を振ってきたのだろう。
オイラの回数なんかより遥かに上回るメンバーは多いだろう。





フォトヤマさんは何回シャッター押してきたのだろう。
団長は何回挑戦してきたのだろう。
イケメン君は何回足を運んだんだろう。
オイラもオイラで何回レポート書いてきたのだろう。



ファイナルラップ、最終コーナーを先頭の#38と#36が見えてきた。
続いて#100。

今回はLEXUSの勝ちだ。
HONDAが続いた。

チェッカーフラッグが振られた。

¨おめでとう¨と素直に祝福したくなった。

~つづく~
Posted at 2012/11/28 21:59:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産応援団 Nジャン | 日記
2012年11月28日 イイね!

【日産応援団 Nジャン】 2012 FUJI SPRINT CUP 2012 #12

【日産応援団 Nジャン】 2012 FUJI SPRINT CUP 2012 #12~SuperGT GT500~

※ドライバー名は演出により敬称略にて失礼致します。

プログラムは最後のレース、SuperGT GT500。

各車一斉にコースイン。
スタート前のマシン整列。
いよいよ今年最後の大一番が始まる。

グリーンフラッグが振られシグナル点灯。

シグナル消灯!
レース、スタート!!

↓おすすめBGM

[ご報告] 
上記BGM(You Tube)を再生しますと、ご自身もウルトラヒートアップ致します。恐れ入りますが、お気持ちはご自身でのコントロールをお願います。


#38 ZENT CERUMO SC430の立川祐路。
#12 カルソニックIMPUL GT-Rの松田次生が続いた。

だが…#12が優勢と思ったが、段々と後退。
GT-Rがイマイチなのか?
いや、SC430の方が速いとういう見方の方がイイかもしれない。

更に#12、松田選手はスタートが違反と判定。
ドライビングスルーペナルティを受けてしまう。

先頭集団、LEXUS SC430勢が形成する。
レース序盤、優勢のLEXUS勢に食らいついていったのはHONDAだった。

#36 PETRONAS TOM'S SC430の中嶋一貴がトップに立った。
先行を許した同じLEXUSの#38 ZENT CERUMO SC430の立川祐路がガッチリとマーク。

対するNISSAN勢。
#24 D'station ADVAN GT-Rのビヨン・ビルドハイムが少しずつペースが落ちていく。
逆にペースが上がっているのは遂には#23 MOTUL AUTECH GT-Rの本山哲。

気温の変化がタイヤチョイスの選択を左右する。
どうやら#23の履いているタイヤの方が路面とのマッチングが良さそうだ。


※画像提供:フォトヤマさん

レースも終盤に差しかかろうとしたとき、#36と#38のLEXUS同士のバトル勃発。
遂には#36を#38がオーバーテイク。
先頭は#38に変わった。

#100 RAYBRIG HSV-010の伊沢拓也が#36に襲いかかる。
じわりじわりとタイムを縮めている#23。

今シーズン、LEXUSチームもNISSANチームも先頭を走ることがあれど、エース格のチームが優勝していない。
今年のSuperGTの大事件か…

太陽が雲に隠れ気温が下降。

「本当にタイヤチョイスがレースを左右しそうだな。」と思った。

~つづく~

Posted at 2012/11/28 21:20:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日産応援団 Nジャン | 日記

プロフィール

「2019シーズンは笑顔で終われますように。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000008-msportcom-moto
何シテル?   12/15 22:31
「治療不可能な日産中毒患者」、「N-JUNKIE」を略して『Nジャン』と申します。 少年時代、スカイラインに魅了された事にはじまり日産ファンに。 1...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

【日産応援団 Nジャン】2018 NISMO FESTIVAL #6 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/15 07:01:15
【日産応援団 Nジャン】2018 NISMO FESTIVAL ~あとがき~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/15 06:57:24
【BNR32】寒い中を走るのが好きだった思い出話を 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/15 06:54:43

お友達

楽しく行きましょう!

メーカー車種問いません!
194 人のお友達がいます
柑* 虎猫飯店.jp虎猫飯店.jp *
datsunP510GLdatsunP510GL * 森野熊三森野熊三 *
bnr32hrobnr32hro * you2you2 *

ファン

67 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナハイブリッド 日産 セレナハイブリッド
Nジャン家のエースカー。 女房殿のクルマです。
日産 モコ 日産 モコ
ノクターンブルーのモコ。 チョイノリ仕様です。
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
スカG中毒常習犯。
日産 リバティ 日産 リバティ
永い間、本当にありがとうございました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.