• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

zakiyama @ roadstinのブログ一覧

2021年06月18日 イイね!

父の日を間近にひかえて

父の日を間近にひかえて父の日に縁の無いおじいさんに、どなたか父の日のプレゼントをしてくれませんか。(笑)

そんな奇特な方は、いないでしょうから、言うだけ言ってみるとします。

計量なアルミホイールと、走りに振ったタイヤの組み合わせが良いです。



色は、ダイヤモンドシルバーでいいですよ。



タイヤは、これです。

人生最後のクルマにふさわしいと、思いませんか。(自分で勝手に思っているだけです。笑)

なお、BBSは7月から値上げします。
Posted at 2021/06/18 16:31:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2021年05月27日 イイね!

アライメント調整その後

アライメント調整その後3年前に中古でNCロードスターを購入して走り始めたころは、純正の脚周りでミシュランパイロットスポーツ3のままでした。
路面の小さなギャップや轍などを通過したときにブルブルフワフワ揺れて収まりに時間がかかったり、旋回時の挙動が変化しやすかったですね。
この状況が、ドライバーを中心に良く回る、クルクル回り、コーナリングマシンの印象を強くしていたのかもしれません。

2年前に脚周りのブッシュ類などが劣化していることから、AutoExeのストリートサス貴島スペックを用いてリフレッシュ。
これで、当初のブルフワや予期せぬ挙動変化が収まりました。
走り慣れたところでタイヤをミシュランパイロットスポーツ4に替え、オートテストに参戦。
かなり良い走りをしてくれました。

しかし、タイヤの消耗は早く、今年2月にブリジストンポテンザS007に交換しました。
少し慣らし運転し、アライメントを調整したら直進安定性は抜群に向上し、重厚長大なグランドツーリングカーのように変化。
タイヤのグリップ力が向上したことと相まって、高速道路や郊外へのロングドライブでは、今まで以上に安心感が高まりました。

キャンバーは、フロントが‐1.21度で、リアが‐1.22度。
トー角は、フロントが‐0.02、リアが‐0,05です。
キャスター角は、+5.20度。 

一般的な数値に収まり高齢者マークで最新の安全装置が無いクルマに乗るわけですから、出来るだけ安定した走りをすることに気を使っていただいたのかもしれません。
実際にジムカーナ基礎練習では、講師もドライビングしましたが、安定しているから富士スピードウエイの国際サーキット向きだとか。(笑)

タイヤのグリップ力が向上しているのは感じてますが、「パワーが食われる」現象を引き起こし、立ち上がりの加速やトップスピードが落ちてる可能性があります。

特に、コーナリング中にタイヤが鳴きだすスキール音の発生が減り、グリップ力を使いきれずに余ってるようです。

重厚長大などっしりとした直進安定性と引き換えにステアリングを切ったときの向きの変えやすさ、回頭性に影響が出たのでしょうか。
これまでのクイックに曲がりこむ尻軽な動きが抑えられたとでも言うのでしょうか。

アライメントの調整で、これだけ走りの特性が異なり、別のクルマになってしまいます。
もうしばらくはこのまま走ってみますが、旋回性能を引き出すドライビングを出来るようになるか、再度のアライメント調整に頼るか、どちらが早いでしょうか。(笑)
Posted at 2021/05/27 17:07:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2021年05月10日 イイね!

やっぱり・・・・

やっぱり・・・・あくまで初心者です について書いています。

先日の初心者向けドラテク基礎練習におけるジムカーナ走行のタイムを代表者さまからメールで送っていただきました。
カーナビの走行動画を見ると9回分も走っていましたが、あらためてタイムを知ってそれぞれの走りを見直すことが出来ます。

1回目・44.124秒、(講師のドライビングに同乗)、2回目・42.541秒、3回目・42.521秒、4回目・44.338秒、5回目・42.981秒、6回目・43.376秒、(再度、講師のドライビングに同乗)、7回目・42.501秒、8回目・42.424秒、9回目・42.018秒でした。

7回目から少しまともになり、徐々にタイムアップです。

ディーテクニックの過去ページより。
===============
FF、FR、4WD、MRどれも皆同じで、フロントを軸にリヤを振り出し自在に操れるか!?

外側のリヤタイヤのグリップのみに集中し、五感を研ぎ澄まし、走る!
===============

ノーマルのATであることを勘案しても、タイムと言う結果を見れば、やっぱり初心者であることが証明されました。(^^;)
Posted at 2021/05/10 18:05:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2021年03月20日 イイね!

富士スピードウェイを夜間走行

富士スピードウェイを夜間走行夕方の地震、大きかったですね。被害の無いことをお祈りします。

さて、昨日の夜遊びです。(笑)

現在、国内で24時間レースが開催されるサーキットは、富士スピードウエイだけです。


夜間の照明やコースの表示類など唯一の24時間レースであるスーパー耐久の時に使われています。
普段の走行などでも使うことが出来れば気軽にナイトセッションを楽しめることになるわけで、昨年から夜間走行をテスト的に取り入れて、ライセンス無しでも体験走行できるイベントとして、Night Racing Experienceが開催されるようになりました。



詳細は、ここを見ていただくとして、ようやく日程などが合うので、3月19日に参加してきました。

天候に恵まれ、レーシングコース・ストレート全開走行です。雨天などの時はショートコースを走るプログラムに変更されるみたいです。

どちらもライセンス不要、ヘルメットもグローブもいらず、同乗者有りの走行も出来ます。コースでは追い越し禁止となってます。今回は定数18台のところ、10台参加(その他同乗者もあり)。

ピットビルA棟2階のブリーフィングルーム前で受付、ブリーフィングルームで走行の注意などを聞き、各自に渡されたトランシーバーをチェックします。

車内の飾りなど走行中に落ちやすいものを外したり準備が整ったら、コントロールタワー前の先導車の後ろに整列。

先導車は、AグループがR35GTR(左ハンドル)、Bグループが86で、自分は途中で前後の順番交代するまで先導車の真後ろに付きました。



コーナリングラインをしっかりとトレースしながら走れます。後ろの方になると、車間距離を空けすぎる走り方をして右に左にはみ出す方がいた場合、ラインがバラバラになってしまいます。

まあ、レッスンじゃないと、言ってしまえばそれまでですが・・・(笑)

先ずは、ストレート全開走行から。
パナソニックコーナーの先100メートルのところから中央部のパナソニックブリッジまで全開走行し、ストレートエンドに向かって減速区間になります。

ストレート全開走行の車載ドラレコ動画を見れば分かりやすいと思います。


この日にテストしたスロットルコントローラは、スポーツプラスモードで上限のプラス3まで上げてみました。
回転数の上がり方は素晴らしいのですが、ストレートの半分くらいしか使わないので最高速は160Km/hくらいでした。もう少し手前からスタートして250メートル看板まで走れば180Km/h行くでしょう。

コース途中での撮影もあり、ABグループが走り終わって、グリッドに整列して撮影タイム。すでに日没で暗くなってますからコンデジではなかなか良い写真は撮れません。





撮影タイムの後は、先導者の後ろを一列になってコース走行です。

照明が設置されたとは言っても自分のヘッドライトが頼りの暗闇のコースを走るのは、昼間と違って慎重になります。

3/19Night Racing Experience体験走行


※動画に入っていたFM放送の音楽が著作権関係でミュートされ再生できるまで時間がかかるようなので音声は削除しました。次は、音楽は流しません。(^^;)

ハイドラのログですが、コース外を走ってるのでしょうかね。(笑)


ナイトセッションですから終了するのが7時ごろなので、動画などは翌日処理でした。(^^;)
Posted at 2021/03/20 21:07:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2021年03月10日 イイね!

富士見しながら、もろもろの慣らし運転

富士見しながら、もろもろの慣らし運転タイヤを替え、アライメントを調整したので、緊急事態宣言が延長されてしまいましたが、厳重なコロナ対策をして慣らし運転してきました。
主に空いている一般道を選んで、コーナリング特性の変化を確かめるのがメインです。

道志みちから山中湖に向かいましたが平日でも道志みちにはバイクの群れが多かったです。

タイヤの慣らし程度で、山名湖畔にて休憩。



これだけ晴れていればと、パノラマ台に上がります。何と、展望台駐車場の真ん中には京都ナンバーの観光バスが鎮座。いいんです、ここには停めません。

少し先に行けば富士山と山中湖、南アルプスを一望に出来ます。




その後、自衛隊のクルマが先導する籠坂峠を越えて道の駅すばしりでお土産を購入。富士山も綺麗でした。



ここまで脚周りの変化を試せず、芦ノ湖スカイライン経由で十国峠まで脚を伸ばします。

ここから芦ノ湖スカイライン。



やっとこ、挙動の変化を試せました。



昼過ぎて富士山には雲が出始めてます。



それでも大観山では芦ノ湖と富士山がバッチリ。



ターンパイク経由で小田原に下りて遅い昼食は、金目鯛の煮つけ定食。



下道ですから時間の割に距離は伸びませんでした。
Posted at 2021/03/10 19:01:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ

プロフィール

「十年経ってコロナの世の中で思ったこと http://cvw.jp/b/1176372/45209563/
何シテル?   06/19 19:29
セカンドライフ第2ステージの真っただ中。 2017年5月で、運転歴50年。 そろそろ、終のクルマになるかもしれません(笑) 【車歴】 スズキフロンテ(...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

KONIストリート交換&フルブッシュ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/04/17 00:46:28
RAYS WALTZ FORGED S5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/13 22:08:51
第2弾!怪しいオカルトパーツICE WIREの考察!その⑥検証まとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/02/22 07:28:33

愛車一覧

マツダ ロードスター オイボロドスタ (マツダ ロードスター)
三代目ロードスター、NCEC の前期 VS RHT プレミアムパッケージ、カッパーレッド ...
スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッド スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッド
6月17日で4年が経ちました。買い物や送迎、近隣へのおつかいに活躍中です。終のクルマにな ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
待つこと170日目に納車されました。 オレンジ・ホワイトのツートンカラーでXターボ、CV ...
ダイハツ ミラカスタム ダイハツ ミラカスタム
現在は生産されていないようでして、中古車から探しました。ダイハツディーラーのメカニックさ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.