• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

zakiyama @ roadstinのブログ一覧

2022年06月01日 イイね!

人馬一体

人馬一体5月最終日は、富士スピードウエイで開催された、マツダドライビングアカデミーに参加してきました。

定員30台でロードスターはNA1台、NB1台、NC1台、ND17台の合計20台。その他はMAZDA2やMAZDA3やCX50などが10台でした。



すでに何度か参加していますが、歳をとるとすぐに忘れてしまうので、時々は、脳みそに刺激を与えておかないといけませんね。(笑)

インストラクターは、御年75歳の寺田陽二郎さん。

朝の挨拶でもマツダオート東京に寺田さんが就職したころからのお話があり、懐かしく聞かせていただきました。

と言うのは、その年に、マツダスポーツカークラブに入会して事務局を担当していた寺田さんにお世話になったからであります。

他にも講師陣は、レーシングドライバーの鎌倉さんや、マツダ本社の特別な資格を持つインストラクターの方ばかり。

座学と実技を効果的に組み合わせ、理解が深まります。

最初は、フルブレーキング。

100メートルほど前方に停止区域があり、散水してタイヤへの負担を減らしつつフルブレーキングでABSを作動させ停止するものです。
皆さん的確なアドバイスをいただきました。

例えば、フルブレーキングのドラレコ走行動画です。



アドバイスをお聞きし、マツダ本社のインストラクターさんにもお聞きして、まさに人馬一体にならないと、こうしたことがあることを知りました。

お昼のお弁当は、お料理です。中の写真を撮り忘れるほど豪華な料理でありました。(^^;)



昼休みにピット前に並べた、マツダのデモカーで、ドライビングポジションのアドバイス。

この時、ラブドライブレーシングチームの監督兼ドライバーになった順子さん、いや失礼、藤井順子さんが通りかかり、手を振って乗っていたクルマを止めてしまい、しばし立ち話。

S耐の準備で来ているそうです。

コロナ禍の前は、数カ月おきにS耐観戦などでピット応援させていただいていましたので、お互いに、早くあのころのようになれば良いのにねってことでした。

今年は、ピットには入れませんから、スタンドのピット向かいに陣取って応援します。

さて、午後のレッスンは次第に人馬一体に迫ってゆきます。

まず、スラローム走行から定常円走行。出来るだけ、速度を出すことが義務付けられてます。

パイロンを倒す方がお一人しかいなくて、直す時間がかかりませんから、非情に順調に走行本数を稼げました。

これもドラレコ走行動画です。


この他に、マツダ本社のインストラクターによる体験走行。



ブレーキ操作をGセンサーで計測して、人馬一体のドライビングに必要な、ブレーキングをするのですが、なかなか思うように参りません。

これが出来ないと、マツダ車内でもインストラクターになれないそうです。

日々の運転で、人馬一体を目指しましょう。

時刻も夕方になり、本コースでパレードラン。



先導車は、寺田さんのドライブで自分は2台後ろなのでライン取りに良いから、前車の了解を得ておいたのでドラレコ走行動画を少し上げておきます。



次に開催されるのは10月、それも平日ですから、参加してみようと思う方は、お早めに日程を抑えておきましょう。

シッカリ宣伝しときました。(笑)
朝からお世話になった主催の皆さん、インストラクターの皆さん、ご参加の皆さん、一日、楽しい時間を過ごすことが出来まして、有難うございました。m(__)m
Posted at 2022/06/01 17:37:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2022年05月29日 イイね!

LLC漏れは収まるか

LLC漏れとサイドスカート割れで緊急入院していたNCロードスターが、とりあえず、直ったようです。

5月8日に激しく漏れたことから、キャップを交換して様子見に。

しかし、5月15日に再度漏れて、緊急入院。

Dラさんの報告によりますと・・・・。

ラジエターを通して冷却水路にハンドポンプを使用して加圧することで、破損や冷却水の漏れを点検。
ラジエターキャップの開弁圧の点検、水温も検査。
キャップの規定圧力まで圧力をかけて、冷却水の経路やラジエター本体の漏れは無し。
タンクのキャップ接合部の漏れがあったとのことで、キャップは交換したばかりで正常でも、タンク本体の経年劣化による変形がもたらしたものを見逃した。

このDラさんで中古車で購入したわけではありませんが、基本的な検査などせずに見逃したことが解決のために時間がかかってしまったと、新品のサブタンクやホースクランプ類一式を無料交換してくれました。

5月15日撮影


5月29日撮影


サイドスカートの修理だけは、有料になりましたが、当初見積もりの税別9万円が税込6万円に。

来月には、車検整備もありますので、安くしていただいて助かりました。

FSWでのマツダドライビングアカデミーに間に合って、良かったです。FSWを走って水温の変化やLLC漏れが発生しないことなど確かめてきます。
Posted at 2022/05/29 19:31:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2022年05月15日 イイね!

続くときは続きます

このところ、壊すつもりは無くても壊れたりすることが続きます。

某所にて、運転席側のマツダスピード サイドアンダースカートを駐車場から出る時に段差の部分で打ってしまい、外れかかっちゃったので外しました。( ;∀;)





さらには、先日、交換したばかりのラジエターキャップから、またまた、ロングライフクーラントが吹き出しました。これは、普通に市街地や高速道路を走っている時には起こりません。今月になって、スポーツ走行をした後に発生し出しました。







走れなくなるのは困ります。やれやれ、早いとこ、どうにかして直してしまわなければ・・・
Posted at 2022/05/15 21:26:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2022年04月22日 イイね!

マイカーチェック

マイカーチェックロードスター界隈では、超有名ショップのRSアイザワ様。
自宅から距離的には近いこともあり、メールでの相談ではなく、いよいよ、マイカーチェックを受けてきました。

初度登録が2007年3月で15年経過したNCロードスターは、NAとNBの手入れで忙しいRSアイザワさんに行くのは、まだ早いかと思いましたけれどね。

国道246号沿いのお店はよく目立ちます。


予定時刻より少し早かったのですが、社長が作業の手を止めて、NCに乗る前から、そして乗り始めてからの変化などをお話ししながら事前チェック。

ピットでは、エンジン回りや脚周り、ブレーキ系統などつぶさに1時間もかけて調べていました。


その結果、車両的には経年劣化が認められる部分があるけれど、すぐに対処しなければならないほどではないとのこと。
このくらいは自分で出来るかな。


これは、大掛かりなことになりそうですが、このままでも支障なし。


Dラーさんが車検時に勧めているデフマウントのブッシュ交換も先延ばしします。

車検後にタイヤを交換するときが来たら、改めて4輪アライメントを調整しなおしてもらうことに。

Dラーさんに電話して車検の概算見積もりを出していただくことにして帰路に受け取ってきました。


帰り道でお昼前ですが空腹になり、こんなところを通過したので、女子大の学食でも寄ろうかと思いましたが通り道には構内に入るところが無くて、断念。


変なおじさんにならずに良かったでしょうか(笑)

こんなうどん屋さんに寄り道してきました。


外見は古民家に見えないのに店内は古民家です。


暑かったから、天ぷらぶっかけうどんが美味しかった・・・。(^-^)
Posted at 2022/04/22 19:50:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ
2022年04月13日 イイね!

若返るかな(笑)

若返るかな(笑)エープリルフールのネタ的にUPしたパーツレビューでしたが、燃費向上の面では、かなりイケてます。(笑)
装着後まだ2回しか走ってませんが、長距離ドライブだったこともあり、いずれも、思わぬ良い燃費でした。

一昨年に比較して、昨年春から今年までは残念なほどのマシンの調子の悪さに悩まされ、とりあえずスロコンによる偽情報をECUに送り込ませることに手を出したものの結果が出ていません。

そもそもエンジン制御の基本は、吸入空気量に応じて適正な燃料を噴射すること。
エンジンは、エアフローセンサーで計測した吸入空気量に応じて、適正な燃料量を供給して出力や燃費、排出ガスを制御します。
いくらアクセルレスポンスを誤魔化しても純正のままの吸入装置では、空気量は変わっていないのですから無駄なことをしたものです。
このまま人生を終わるのもしゃくですから(笑)、車に乗れる残り年数を考え、簡易的と言うか気分的なことで吸気系のみ手を加えておきました。

定期点検をしていただいているDラーで、AutoExeのセールがあるので、期日前ですがパーツを手配。パーツ代と工賃割引です。


4月1日にエープリルフールネタとして(笑)、装着しました。

インテークサクションキット



Air Filter Replacement 乾式 ディスポーザブルフィルター


Sports Induction Box ファンネルタイプFRP製フレーム+アルミ製遮熱板



キノコ型にしたら、それに見合った排気系統の交換や、ECUエンジンコントロールユニット の書き換えをしてその効果を発揮させることが重要ってことで、お値段も張るからやりません。

ロードスター専門店の先輩によれば、これ以外の部分の劣化があると見ているようです。いつか、調べていただこうと思います。
Posted at 2022/04/13 17:28:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | クルマ

プロフィール

「[ハイタッチ!drive] ハイタッチ!drive
2022年06月29日 08:06 - 10:04、
25.76 Km 1 時間 58 分、
1ハイタッチ、バッジ5個を獲得、テリトリーポイント20pt.を獲得」
何シテル?   06/29 11:03
セカンドライフ第2ステージの真っただ中。 2017年5月で、運転歴50年。 そろそろ、終のクルマになるかもしれません(笑) 【車歴】 スズキフロンテ(...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

タイヤバルブの放電ギザギザを追加しました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/05/04 21:29:02
[三菱 ランサーエボリューションX]NGC-JAPAN タイヤバルブ用 放電ナット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/03/20 21:12:18
[スズキ スペーシアカスタム]サードテクノロジー basis BT . basis BT + 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/02/15 17:36:15

愛車一覧

マツダ ロードスター オイボロドスタ (マツダ ロードスター)
三代目ロードスター、NCEC の前期 VS RHT プレミアムパッケージ、カッパーレッド ...
スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッド スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッド
2022年6月17日で5年が経ちました。買い物や送迎、近隣へのおつかいに活躍中です。終の ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
待つこと170日目に納車されました。 オレンジ・ホワイトのツートンカラーでXターボ、CV ...
ダイハツ ミラカスタム ダイハツ ミラカスタム
現在は生産されていないようでして、中古車から探しました。ダイハツディーラーのメカニックさ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.