• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年07月17日

夏の尾瀬 「至仏山」 登山♪

夏の尾瀬 「至仏山」 登山♪ 過去、尾瀬には2回行き、
尾瀬ヶ原の木道を歩きました。

3度目の尾瀬、
3連休の初日に、
日本百名山 「至仏山」 に
アタックしてきました。




朝5時に戸倉駐車場に到着しました。
駐車料金は¥1,000円。 既に多くの車が駐車しています。

マイカー規制があるので、ここからバス・相乗りタクシーで鳩待峠の登山口に向かいます。
相乗りタクシーで約30分、片道大人一名 ¥980。
相乗りタクシーはバンバン出ていますので、ほぼ待ち時間無く出発できます。


至仏山へのアクセスは、2コースあります。
① 鳩待峠から山の鼻を経由して至仏山へ直登後、小至仏山から鳩待峠に戻る一周コース
② 鳩待峠から小至仏山と至仏山を登頂して、鳩待峠にピストンするコース
難易度はピストンコースの方が低いようなので、② のピストンコースで出発します♪


オヤマ沢田代分岐までは、樹林帯の中を黙々と歩きます。


この区間は、見晴らしも良くないので尾瀬気分にはしたれません。
黙々と歩くこと1時間半。


随所に木道があらわれてくると、池塘、お花畑、尾瀬の眺望が眼下に広がり、
一気に気分が盛り上がります♪


間もなく小至仏山の山頂・・・ ですが、そこに待ち受けるのがツルツルスベスベの蛇紋岩。
予想していた通り、一気にペースダウン。
時計の針は朝8時を過ぎた頃。
残念ながら山はガスに覆われ視界は最悪(涙
小至仏山に到着した時は一面ガスの中で真っ白け。


今日一日こんな感じなのかなぁ~ 引き返そうかなぁ~


でも、山の神は見放さなかった。
5分もたたないうちに、あれよあれよとガスが消えていきました。
自然の神秘に感動していると、360度の大眺望が一気に目の前に広がり、テンションマックス。


つい先ほどまで影も形も見えなかった至仏山が忽然とあらわれました。
手の届く距離に感じます!


ヨッシャー行くか!
ところが、ツルツルスベスベの蛇紋岩が行く手を阻みます。


尾根ずたいに移動すること一時間。


ようやく 標高 2,228m 「至仏山」 のアタックに成功です。



ウキウキしながら写真を撮っていると・・・ 私の名前を呼ぶ声が。 え? 空耳? 幻聴?
手を振っている人がいる・・・ なんと、お祭広場の常連☆さんじゃないですか! 何と言う偶然。


☆さんは単独で至仏山登山に来たとのこと。
ハイ、山頂での昼食タイムは楽しくなりました♪

☆さんは雪山終了後、既に7座目の登山でほぼ隔週ペースで登っているとか。
明後日は日光白根山!・・・ 脱帽です。



ゆっくり休憩し、下山開始。
ここからは来た道を戻ります。
ガスはなくなり尾瀬ヶ原や燧ヶ岳の眺望が見事。
登った甲斐がありました。



花の名前はわかりませんが、尾瀬は高山植物を撮影するのも楽しいですネ。










至るところでガイドさんが説明しているので、盗み聞きをしながら花の知識を吸収します(笑














下山は3人で歩いたので、あっという間に鳩待峠に到着。
ベンチに座り、花豆ジェラートで乾杯♪ お疲れさん!



今回の登山、途中アクシデントもありました。
私の登山靴の右足の下部ソール部分が剥がれてきてパカパカし始めました。

山頂付近です。 この時はさすがに焦りましたヨ。
リックからテーピングを取り出し、何とか応急処置完了。

しかし、安心するも間もなく、今度は左足の靴がパコパコし始めました。
先程の応急処置でテーピングは使い切っていました(大汗
☆さんは既に相当先を歩いています。

ソール無しの下山を覚悟した時、見知らぬ登山者の方が声を掛けてくれました。
状況を伝えると直ぐにリックの中からテーピングを出してくれるでは(涙

無事、パコパコ靴の応急処置をすることができました。
ありがとうございました。 ほんと、助かりました。



尾瀬ヶ原を歩くのも楽しいですが、上から尾瀬ヶ原を見下ろすのも最高ですネ!
次は、おNewの登山靴で何処に登ろうかな♪


【備忘録】

参考コースタイム
<登り> 3時間00分 Force家は、3時間30分
<下り> 2時間15分 Force家は、3時間00分
Force家は写真を撮りながらなので、ほぼコースタイムかな。

鳩待峠標高 1,591m
至仏山標高 2,228m
標高差     637m 片道 4.5km

2:00 自宅出発
5:00 戸倉第一駐車場到着
5:45 戸倉第一駐車場出発 (相乗りタクシー)
6:15 鳩待峠到着

6:30 鳩待峠登山口出発
8:00 オヤマ沢田代分岐
8:50 小至仏山山頂
10:00 至仏山山頂 (☆さんとバッタリ)

11:00 至仏山山頂下山開始 (アクシデント発生)
12:00 小至仏山山頂
12:50 オヤマ沢田代分岐
14:00 鳩待峠登山口到着

14:20 鳩待峠出発 (相乗りタクシー)
14:50 戸倉第一駐車場到着
15:30 戸倉第一駐車場出発
15:40 片品定宿到着 (☆さんと温泉イン)
17:15 片品定宿出発 (☆さんは定宿の隣宿にご宿泊)
21:45 自宅到着


ブログ一覧 | Force Power(登山) | 日記
Posted at 2018/07/17 21:43:57

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

尾瀬・至仏山へ
非常のライセンスさん

雪の至仏山
マタムネさん

今度こそ至仏山
kozy23さん

紅葉を楽しみに、尾瀬に行って来ました
もび?さん

尾瀬周回三県跨ぎ
kozy23さん

尾瀬ミズバショウハイキング
しょうよう@BNR32さん

この記事へのコメント

2018/07/17 23:28:05
前泊せずに日帰りとはお疲れ様です!
尾瀬は綺麗な花が豊富で良いですね。

奥只見丸山スキー場に行ってた頃は、燧ケ岳~至仏山縦走を計画するも見晴新道が崩壊・・・
奥只見にも行かなくなり尾瀬への興味も薄れてしまいましたがまた行きたくなってきました!!

ソールのアクシデントも無事に下山何よりです相当歩きにくかったと思います。
まずは荒川土手等で靴の慣らしですかw

コメントへの返答
2018/07/18 18:31:08
花畑を見ても名前がわからず・・・(笑)
高山植物を眺めながらゆっくり歩くには尾瀬は良いところですね。

頼むからテーピング切れないでくれ!と、祈りながらの下山でした。備えあれば・・・身にしみました。

調べてみると、ホーキンスの靴は余り評判が良く無いような。じっくり調べてから買うことにします♪
2018/07/18 00:00:04
★さんは山登り好きですからね~。数年前の尾瀬沼でも慣れたものでした。

でも、すごい偶然です。さすがお祭り常連魂、呼び合うんですね~
コメントへの返答
2018/07/18 18:35:28
まさか☆さんと山頂でバッタリするとは思ってもみませんでしたヨ。雪山インのネタになりました(笑)
2018/07/18 06:59:50
まさに尾瀬ヶ原という景色ですね、ガスがとれて良かったです

ソールはがれ経験しました、用意周到な友人に助けられました(笑)
以降、針金を携行してます、かさばらなくていいですよ(^^)/
コメントへの返答
2018/07/18 18:43:00
小至仏山で引き返そうか?マジで考えていましたので、。みるみるとガスが消えていく時は感動でした♪

針金ですか!次回から必須にします。
一本ポールの先端も無くなっていました。
恐るべし蛇紋岩!
2018/07/19 08:30:22
日帰りとはお疲れ様です。
やっぱり尾瀬は素晴らしい景色ですね。
☆さんに遭遇とは。。。(笑)

ソール外れは応急処置できて良かったですね。
コメントへの返答
2018/07/19 13:35:27
尾瀬ヶ原を散策せず、登山だけのコースであれば、日帰り可能です。折角なので、尾瀬ヶ原も歩きたいですが(笑)
上から見る尾瀬ヶ原、イイ眺めでした♪

ソールはビックリ、それも両足ですから。次はホーキンス以外の靴にしようかと。

☆さんが山頂で待ってますよ♪
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「iPhone7 にチェンジ♪ http://cvw.jp/b/118009/43364613/
何シテル?   10/14 14:33
2010年8月 BL5A(5MT) から GVB(6MT) に乗り換えました。 これから、サーキット、雪山、温泉ドライブに、 良き相棒となってくれるで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

脱落防止対策 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/12 21:53:14
今年も雪山新年会♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/11 23:39:03
2014 雪山道具会 & HAPPY DAY 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/23 18:56:18

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
LEGACY BL5A 5MT から乗り換えました。 念願のWRブルー! これからは ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
ハンドルを握り20年が過ぎ、またまたMTの世界に戻ってきました。B4が五感を目覚めさして ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.