• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

fusaoのブログ一覧

2014年10月30日 イイね!

ドイツ製 フォード

ドイツ製 フォード友人が クルマを 買い替えました。

小型車で 長く乗れるクルマが いいんやけど・・・・・ と 言うので

ポロGTI、 ルノー・ルーテシア、 フォード・フィエスタ を オススメしてみましたが、彼女は フィット、 新型 デミオはどうかな? と 訊いてきました。

正直 その二台 比べたら 断然 デミオでしょう。

デザイン、 シャシー性能は もとより 1.5L ディーゼルエンジンは 魅力的です。

ただ まだ 試乗していないので なんとも 言えず、 マツダ車の 常で 新車時の性能は 凄くいいのですが  3万キロ 越えたあたりから ヤレてきて、 5万を 過ぎると ボディーが ガタガタに なる可能性 大だと 伝えました。

私としては ルーテシアが 一番 良いと 思ってました。

なんと いっても 設計が 新しいですし 性能、 価格、 大きさ どれも 好印象。

やはり フランス、 イタリアの クルマは お洒落さん ですよね^^

結局 彼女が 選んだのが これ・・・・



赤い フィエスタ!・・・・いい選択ですね。  ソリッドカラーというのも 渋いです^^

設計は 古いですが 一目で フィエスタと分かる ルックスや 3気筒 リッターカーとは 思えない 走行性能、 ???な 部分も 多々ありますが  それを カバーして 有り余る 魅力ある クルマです。

何より 見積もり交渉に 立ち会ったのですが いきなりの 30万越えの 値引き提示。

驚きました、 それ程 高価なクルマでもないのに・・・・・ 安く買えました^^。

最近は MINIも 値引きしてくれる そうですね。

私は 今回の Fも含めて 三台とも ビタ一文 値引きしてもらってません。

無いなら ない!で いいのですが 時期や 人によっては 値引きする といった

古い顧客をも 無視した 問題サービスを するのなら もう 次のMINIは ないですね。

初期の頃から比べると MINIディーラーの サービスは 明らかに 低下してます。

クルマが 良くなってきてるのに 残念です;;;
Posted at 2014/10/31 00:51:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年10月30日 イイね!

良識、博識あるなら ハロウインするな~

良識、博識あるなら ハロウインするな~いつもの 料亭で 私のMINIが カボチャ色!と 噂されている 今日この頃。

ハロウイン!? やめて欲しいなぁ~  和食屋やで;;

ということで、 先月の 松茸ずくしが あまりに 美味しかったので 今回も 特別に用意して もらいました。

「また 食べたいよ~!」 と せがまれたのも ありますが^^;

まずは 先付け、

松茸と 白子豆腐の ポンズ和え・・・・・これが 一番美味かった^^



お造り・・・・鰤と イカ、甘エビ。




松茸と 鱧の 土瓶蒸し。



海老芋の 蟹餡かけ。



 松茸と 秋刀魚の お寿司。



松茸、平茸、 牛肉、 イカ、帆立の 陶板焼き。

こちらの お店で 霜降り肉を 塩と 洋ワサビで食べることを 教えてもらいました。  もう サッパリ、甘くて 激ウマですよ^^。



松茸の かき揚げ。



そして 松茸雑炊!




じゃ~ん^^  美味しかったけど 海苔と ワカメは 邪魔でしたね^^;


 
ガラケーで 写真を 撮って 友人達に 送りまくる M-3。

私にまで 送ってきました^^;  一斉送信するから・・・・・;



デザートの バニラアイス・・・・・・今回は 手抜きやな;

美味しかったけど 前回を 上回れません;; 残念!  ご馳走様でした~


Posted at 2014/10/30 00:58:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年10月25日 イイね!

エスプリ

エスプリ一流の 職人さんの 後姿は 独特のオーラが 漂っていて 観ていると 引き込まれてしまいそうに なります^^

私も 職人の 端くれではありますが、 自分が 担当していた お客様が 私の何処を 観ていてくれたのかは 解りませんが 同じ道を 目指してくれる事は 嬉しくもあり 恥ずかしくもあり ある種の不安も 感じます。

その彼が 11月から イギリスへ 留学するそうで 自分なりの 外国における 勉強の ポイントを 先輩としてではなく 師として 伝授しておきました。

最初は 言葉も まま成らないので 先生の技術を 見て 勉強することに なるのですが、 自分の技術レベルが 低いので 先生のレベルには ついていけません;

ようするに 見ても チンぷんカンプン^^;

まずは 手元は 見ないこと・・・・・ 足元、立位置を含めた 全体。 後ろ姿を 見る。

経験を積んだ 上手な 職人の独特なものを 感じて欲しいです。

そして 最終的な 仕上げ方、 仕上がりの スタイルを フォルム、 ウエイトバランス、ディテールに至って 詳細に 観察して 感じたままに スケッチすること。

写真は 駄目です; 折角 生で 観れるわけですから 自分の目と 頭脳を 信じて
言葉と 画で ノートに 感触を 書き留めるのです。

それが 彼にとって バイブルとなるのは 間違いないと 思います。

正直いって 技術的観点からでは 日本が 世界一だと 自負しております。

ではどうして 留学するのか?

ファッション先進国には 独自の 文化背景があり 宗教感を 含めた 日常生活から そのスタイルの 成り立ち、美意識を 感じて貰いたいからです。

簡単に言うと 見るな! 感じろ!てことですね。 H と一緒やな^^

英国は 日本と よく似た 騎士道や ジョンブル魂など 類似点の 多い 国であります。
古き良きモノを 大事にするてんも 似かよっては おりますが、 新旧が 混在しているのも 事実。  少し 煩雑な 感も否めません。

ところが 海峡を 隔てた フランスは そうではないのです。



「女の一生」で 有名な モーパッサンは 単なる記念碑にすぎない エッフェル塔が 大嫌いだったそうです。
景観を 損ねるという理由で 20年後には 取り壊す予定で 建てられたそうです。
その モーパッサンが 頻繁に そのエッフェル塔にある 食堂に 足を運んでいたそうで^^、 どうして 嫌いな処に 行くのかと 訊ねたら・・・・

「塔が 見えない場所は 此処しかないからだよ!」 だそうで・・・・^^;

フランス人 独特の皮肉タップリの エスプリ?なんですかね^^

私は フランスの感性が 大好きです。

今だに 道路は 石畳のままで 大通りも 景観を 損ねるという理由で 車線すらありません。 ですから 新旧が 溶け込んでいるのです。

簡単に言えば 新と古が 混在するのではなく 融合しているのですね。  パリは 素晴らしい 街です。

出来れば 彼には ロンドンではなく パリに 行ってもらいたかったです。

私は F-56の 運転が 楽しくなってます^^  乗れば 見えませんから^^;

ショールームや 駐車場でみる F-56は 不細工ですが 走る姿は 俄然 格好良く見えますよ。 特に BRカラーの 黒天は!。 やたら スポーティーです^^

これからも エスプリちっくな 感想を 書かせて いただきたいと 思っております
^^
Posted at 2014/10/26 01:11:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年10月23日 イイね!

ぼちぼち お見掛け

ぼちぼち お見掛け最近 F型 ミニに 出会うことが 多く なってきました。

先日も とある駐車場で お隣どうしに^^

赤、白、黒とは 出会ったのですが オレンジは ないんですよね~

なんでやろ? 結構な 割合が 出てる筈なんですがね。

ポルシェの時からの お約束で 同車種と すれ違う時には 手を 振って ご挨拶するのですが、 R53の頃は 皆 挨拶し返しして 下さいました。

R56になると 見ては 下さいますが、 挨拶してくださるのは 三割くらい^^;

F56に至っては 皆無です;;;

ミニに 乗る人は 少なからず 車好きであることは 間違いないのでしょうが、好事者ばかりの初代から 三代目は クルマも 乗り手も 一般的に なったのでしょうね。

クルマとしては すべてにおいて 及第点、 悪い処といえば 薄い鋼板のため ボンネットなどの 安っぽい開閉音と シマリのない 内外装ぐらいで、 良い点は マニュアル シフトの 操作感。 

この MT ただ者ではないですぞ^^

歴代ミニでは 最高です。  本家の Mにも 匹敵するでしょう。

聞くところによると クーパーのMTは 駄目らしいです。

違うモノが 付いてるのですかね?

クーパーMT 一度試してみたいですが、 F型 JCWの MTが これ以上だとすれば 興味深深です~^^

レース仕様の 重い ゴリゴリかも しれませんが^^;;;
Posted at 2014/10/24 00:05:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2014年10月15日 イイね!

クルマ的 文化水準

クルマ的 文化水準仕事終わりに 近所のスーパーに 買い物に 行ったところ、 駐車場で 珍しいクルマに 出会いました。

これまでに このクルマを 見たのは 二度だけ・・・;

ハッチバックとして 普遍的ではあるが 基本を押えた 抜群の フォルム。

標準車より 広げた フェンダーには さり気ない エアスリット。

そして 大径ホイールから 覗く 赤いブレンボ キャリパー。

ハイチューン 2L 自然吸気 で MT。



ルノー ルーテシア RS です。

いいクルマですね~、 これぞ 趣味車って 感じです。

お若い 夫婦が 乗っておられましたが、 クルマも 服や 時計 バッグなどと 同じで 持つ人の 自己表現の 一つだと 思います。

ただただ 移動手段として ミニバンや ハイブリッド車を 選ぶ人が 多い中、 このような 素晴らしい 小型車を 選択できるというのは お洒落な 生活を 送っておられる方なんだなと 感じました。

自分を 飾る行為は 一部 虚栄心もあるでしょう。

高価な モノを 身に着けることで 評価を 高めるという・・・・

しかしながら 良いモノは 大概 高価なんです^^    希少価値で 計られる 宝石や 貴金属以外はね。

良いモノの 価値を しっかりと 評価出来て 身の丈に 合ったモノを 身に着けていれば なんの 躊躇いも 必要ないと 思います。

貧富差だけの 住み分けではなく、 精神文化的 住み分けが 出来るようになれば 楽しいのになぁ~^^

ご近所が こんな お洒落クルマで 溢れるなんて 最高じゃないです?^^

ジウジアローが 初代パンダを 発表した時 大衆車である パンダが 沢山 町中を 走れば 街が 美しくなるように デザインした、と 言ってました。

本当に パンダは 刺さる デザインでした。 

パンダのような クルマが 走るのではなく、 版で押したように 墓石のような ミニバンに 占拠された  日本は まだまだ 文化水準が 低いとしか 言い様が ありません;;;

ともあれ、 オレンジ色の 派手なMINIに乗る 私は 世間から どんな 評価を されてるのか^^;・・・・・・

それを 大変 気にしてる私は 精神文化水準を 下げてる 一因で ありますね
^^;

Posted at 2014/10/16 01:06:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ルノースポールの魔力・・・・2 http://cvw.jp/b/1181635/42293554/
何シテル?   12/14 00:55
fusaoです。よろしくお願いします。56才、チョイS親父です。クルマと日本古流武術が大好きで、最近はドライブがてらに各地の特産、地グルメ食べ歩きを楽しんでいま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2014/10 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

こんな 親父ですが 友達に なってやって
下さい。 よろしくです^^
35 人のお友達がいます
タコッチタコッチ * toshi-zoutoshi-zou *
アライグマのアライアライグマのアライ * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
プロテックオートプロテックオートみんカラ公認 ややこし屋オヤジややこし屋オヤジ

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI ミニ MINI
BMW ミニ クーパーS jcw に乗っています。クルマは趣味で、いろんなクルマを所有し ...
ミニ MINI ミニ MINI
BMW-MINIも これで 三台目です。 前車 R56-JCWは 大変気に入っておりま ...
ミニ MINI ミニ MINI
これで、四台目の BMW-MINIです。 そして JCWは 二台目。 やっぱり MIN ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.