• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

naomisanのブログ一覧

2006年03月26日 イイね!

エイト帰宅せず その2

エイト帰宅せず その2帰り道は空いており、あっという間に着いた。 3人でとりとめのない会話をしつつも嫁の様子が気になった。 怒るのを通り越して妙にやさしい。 途中、偶然にも常磐道の反対車線に、転覆事故車を見た。 乗員は無事だろうか。 転覆の場合、通常は激しく屋根がへこみ、乗員も無事では済まない事が多いらしいが、エイトはそのBピラーレスの構造からか、丈夫で安全であることを身をもって証明してしまった。 MAZDAさん、対転覆性能も5星です。 宣伝してください。

あの狭いディーラーではどこに下ろすのだろうと思ったら、少しはなれたところに小さい倉庫を借りていて、そこにおろしてもらった。 気になる担当の初見では、全損にはならないとのこと。 エンジンも一発でかかり、問題なさそう。 それなりの金額になりそうだが、自分のいじってきたところをみるにつけ、意地でも直してやりたくなる。

見積もりにはしばし時間がかかるとのこと。 すべてを託して引き上げる。 初めて緑モスで匠バーガーを食べて、門前仲町より地下鉄で帰った。 まだ日は高かったが、長い一日だった。


@2本目スタート
    
Posted at 2006/05/02 01:17:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | 走行会 | クルマ
2006年03月26日 イイね!

エイト帰宅せず その1

エイト帰宅せず その1あの忌まわしき出来事より、早一ヶ月がたちました。

まずは、当日一緒だった多くのエイト乗りの皆様、大変ご迷惑おかけいたしました。 また、心配してくださった多くの皆様、どうもありがとうございました。 

予想外に修理が早く済み、思いもかけずGW前に、再びエイト乗りとなることができました。 今後ともよろしくおねがいいたします。

さて、JRSCC第一戦当日のことを思い出してみる。
今回は公式戦ということもあり、嫁も同伴。 普段は嫌がってついてこないのだが、珍しくくるという。 この辺からして雲行きが怪しい。 若干早起きして、雨宮のフロントカップリップを装着。 若干手間取ったが、暖機運転の間に終了、意気揚々と出発。 首都高に乗った後、携帯を忘れたことに気がついた。 後輩が見に来るというので、近くまで来たら電話してくる手はずだったのだが、どうしようもない。 入場料ぐらいは払ったろとか思っていたのだが、どうしようもないので現地で探すことにする。 嫁には、黒い7であることと大体の容姿を告げておく。 ますます、暗雲たれこめる。

会場には、少しだけ遅めに到着。 JRSCC参加は初めてだが、どの走行会も同じような流れ。 さすがに慣れてきたので、余裕があるが、後輩の到着が気になる。 厳しいといわれた車検もわずかな時間で済み、拍子抜け。 当日の進行は、他の参加者のブログにあまた触れられているとおりだが、自分はあまり人のすることが気にならない性質なので、まあこんなものかという程度。 ただし、走行は予想していたとはいえ、相当な渋滞。 1本目のほとんどのコーナーでフルに進入することができない。 そんな中、ほとんど終盤にクリアラップのチャンス。 ここでまずやってしまう。 ダンロップ下でスピン。 この手のクリアラップをミスなく走ることができない。 1'11.55がベスト。 ただ、そんなに調子は悪くないような感じ。 スポイラーが効いているのか? インターバル中も後輩の姿が確認できない。

さて問題の2本目。 1本目より走りやすいが、なかなかクリアを取ることができない。 人のことは言えないが、皆イライラがあったのだろうか、みょーにスピン・コースアウト車両が多い。 中盤、最終コーナーを立ち上がると、ホームストレートを白い車が横になって塞いでいるではないか。 頭の中に、どこかの走行会webにあった事故シーンが描かれた。 ブレーキ踏んだら、スリップして横から当たる。 左に逃げようと思ったが、出口で2台外にいるはず。 ここはぎりぎり左を抜けるしかない。 掠めるよーに通過。 助かった。 意外と考える時間は長い。 ところが問題はこの数周後。 

1本目同様、終盤に再びチャンスがやってくる。 後日リザルトを見ると、この時点でのベストが、1'11.19。 それほど悪くはなかったのだ。 少し遠くに赤い習志野ナンバーが見える。 Cさん。 これを追っていけば。 そしてバックストレッチまでほぼミスなし。 これは自己ベスト更新間違いなし(と思う)。 後は、Cさん、最終コーナーミスらないでね、よしっ。 その後グラベルまではあっという間だった。 正確なことは良くわからないので、オーバースピードで進入したためのコースアウトとしかいえない。 アーやっちまった、と思ったそのとき、ふわりと右側が浮き、”コテン"といった感じで転覆した。 

”もしかしてこれはすごい事態なのか?” 4点ベルトで逆さづりになりながら、フロントガラスが割れているのがわかる。 ヘルメットと両こぶしで支えながら、カランカラン、みしみし、という音を聞く。 これはやばい。 程なく救急隊が駆けつけドアを開けてくれた。 バックルをワンプッシュではずし車外へはいずり出た。 横にいた救急車に連れられ医務室へ。 簡単な診察と書類記入。 自覚症状はまったくなく、ひじのすりむけを後で気づいた程度。 それはそうだ。 どこにぶつかったわけでもない。 それだけに、ハンドルの方向一つで、ただのコースアウト、脱出不能で赤旗中断で済ませることができた(それでも十分迷惑至極)のが悔やまれる。 グラベルでもがいたわけではないが、ハンドルが切れたままだったからだろうか。

医務室を出て程なく、嫁を見つける。 相当心配している様子。 意気消沈しつつエイトの救出を待つ。 走行は当然赤旗中断で、そのまま終了になってしまったようだ。 まことに申し訳ない。 程なく痛々しい姿のエイトがサーキットのローダーに乗せられてパドックに入ってきた。 主催者と思しき爺さんに慰められつつ嫁と乗り込み、パドック外のピットに下ろしてもらう。 ここで後輩が駆けつけてきた。 一部始終を見ていたという。 一般席から事故を知って、係員の制止を一喝して来てくれた。 携帯を忘れたことを平謝り。 サーキットのバンで荷物を取りにいきエイトのトランクに詰め込み、紹介してもらったローダー屋さんに電話して、しばし待つ。 参加者の何人かが心配して見に来てくれた。 勇気付けられたが、エイトの姿は痛々しく全損を覚悟する。

ローダーは20分ほどで到着。 手際よく積み込んでくれる。 痛んだエイトに乗り込みハンドルを切らねばならなかった。 ガラスの飛び散った車内を見渡すと涙が出る。 ここで後輩とは別れ、嫁と運転手の3人でとりあえず関東マツダ深川へと出発した。 (つづく)

@出走前-初のリップ姿



  


Posted at 2006/05/01 23:28:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 走行会 | クルマ
2006年03月23日 イイね!

エイト帰宅す

エイト帰宅す予定通り、NSに寄ってエイトを引き取ってきた。

先述のとおり、自分の作業はオイルクーラー追加と、日曜のJRSCCに備えたMTオイル交換。 んで、何で1週間も掛かっていたのかというと、NSが開発中のMETALIT触媒の排ガス試験に協力していたためだ。

NSのデモカーはご存知のようにスーチャー仕様となっているため、ノーマルのTYPE-Sを探していたらしい。 何人に当たったのかは知らないが、先のドライビングレッスンを無料にしていただいたこともあるし、スケジュール的にも問題なかったので、快く引き受けた。 何かしらのサービスもあるだろうともおもったりして。 触媒の交換の他、マフラー、プラグを純正に戻すとのこと。 もちろん、試験後は元に戻してもらう。 ついでに、ヒットしてゆがんでいたパフォーマンスバーも修正してもらった。

自分の車のせいで試験通らなかったらやだなと思ったりしたが、無事合格したとのことでほっとした。 これでいつでも量産可能らしいのだが、実走を重ねて耐久性を確認した上で販売開始とのこと。 自分としては、興味はあるが、MSTCの規定に現在あわなくなるので、しばらく見送り。

日曜日のJRSCCは、アクセルペダルにまだ不慣れだし、ブレーキもあたりがついていないような気がするしで不安いっぱいなのだが、後輩も見に来るというし、がんばってこよう。


@最下位に沈んだALLMAZDA東日本ジムカーナ
Posted at 2006/03/25 22:49:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2006年03月22日 イイね!

エイトの居ない夜

エイトの居ない夜日曜日から金曜日まで、故有ってエイトはNS預けとなっている。 怪我や病気になったわけではないのだが、ここまで長期で不在なのは初めてなので、なにやらさびしい。

JRSCCの受理書も届いたし、RX7Meetingの受付にも間に合った。 エイトと一緒の3度目の季節が来る。

@NEW携帯マツスピバージョンw/RX-8ストラップ
Posted at 2006/03/22 23:22:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2006年03月15日 イイね!

JRSCC秘密兵器到着

JRSCC秘密兵器到着先月発注しておいた、雨宮製フロントカップリップが到着した。 お手軽に着脱可能なので、基本的には走行会時のみの装着予定。 見栄え良く、嫁うけすればパーマネントになるかもしれない。 嫁レギュレーション上、あまり外観はいじれないので、数少ない許されたエアロチューン。 ぴたり吸い付くフロントグリップ増加を期待。 


マツスピジャケットで気分も盛り上げ。 ファスナーが安物だが着心地はいい。 ちなみに、勝負服もマツスピピットシャツってかなりミーハー。  
Posted at 2006/03/15 00:36:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ

プロフィール

「マスコミの偏向報道・印象操作には引き続き注視していきますです...」
何シテル?   09/18 02:37
はじめてのスポーツカーです。 エイトを成長させ、サーキットでの限界走行で具現させることを楽しんでいます。 車と無関係の話題は、同じ名前のmixiで。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/3 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

RE Collections - INDEX 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/06/30 23:35:52
 
#35-TC2000 2008.12.21 EightlienCup 1'07.724 
カテゴリ:動画
2008/12/31 11:30:21
 
#34-Shinoi 2008.11.30 XION '50.159 
カテゴリ:動画
2008/12/01 22:50:06
 

お友達

ロータリーエンジン、スポーツ走行に興味のある方、よろしくお願いします。
66 人のお友達がいます
Heero YuyHeero Yuy * hiro142hiro142 *
はちすけはちすけ * -みつ--みつ-
☆白い彗星☆☆白い彗星☆ KNIGHTSPORTSKNIGHTSPORTSみんカラ公認

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-8 マツダ RX-8
16年 4月 登録 サンルーフ+本皮シートのラグジー仕様でスタート 16年10月 MSC ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.