• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

みやこしのブログ一覧

2005年04月30日 イイね!

新型セレナの先進?装備

新型セレナの先進?装備昨日はティーダの18Gを試乗しようと思ってディーラーに行ったら、新型セレナのプレカタログが置いてあったのでもらって来ました。

マガジンXを読んで知ったのですが、新型セレナには「インカーホン」というフロントシートとサードシート間の会話補助装置? が設定されています。なかなかの珍装備ですね、これ(笑) マガジンXによるとかなり昔のハイエースにあった装備だそうで、珍しく日産がトヨタの忘れられた装備をパクったみたいです。

それはさておき新型セレナ。グリルはどうかと思うのですが、ラフェスタに続き窓面積が大きくなったのがいいですね~。5ナンバー枠を死守したのは当然でしょう。

残念なポイントは2つ。予想はしていましたが、フロントビスカスLSDの設定が無くなりました…なんであんな安全装備をことごとく外すのか、本当に最近の日産は理解出来ません。これでFF車でフロントビスカスLSDが装着出来るのは今やアベニールのみです。ノンビスカスのクルマなんて怖くて乗れない私のような人間は日産車買わなくていいよってことなんですかね…

もう1つはサンルーフ。現行セレナはバネット時代からの「パノラマルーフ」という名前を引き続き使っていましたが、新型では単なる「ツインサンルーフ」に。現行セレナのはGC22バネットラルゴの「スーパーパノラマルーフ」やW30ラルゴの「パノラマビュートップ」ほどのものではなく、単なる小さいガラスサンルーフが2つ付いてるだけなんで、まぁこの名称の方が合っているといえば合っていますけど。

しかし、世界初のミニバン「プレーリー」の流れを汲む「リバティ」の名前をいとも簡単に消したのに、セレナはよく名前が残りましたね。5ナンバー枠の死守と、そこが個人的には嬉しいポイントかな。一番許せないのはビスカスLSDです…
Posted at 2005/04/30 22:13:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | 新車 | クルマ
2005年04月29日 イイね!

超ピカ君&コメダミニオフ

超ピカ君&コメダミニオフ世間的にはゴールデンウイークが始まりましたね~。私は上司に嫌われているようで、明日出勤でしかもその代わりで申請した6日は休みをもらえず、飛び石かつただの3連休しかありません(涙)

そんな文句はどうでもいいんですが、今日は「徳小寺様による超ピカ君施工見学会&コメダ鶴川店開店記念ミニオフ」が盛大に行われました。

まずは徳小寺様がWoodyさんのレガシィに超ピカ君(の余り)を施工しているところをよく登場するもどきさんと見に行きました。

2時半から始めて終わったのが4時半過ぎ…徳小寺様とWoodyさんのお二方でやってこの時間。そりゃあ徳小寺様が文句を言いたくなるのも分かります…

でも、仕上がり具合はすごくて、Woodyさんの黒レガはビカビカ!

実際施工したお二方とそれを見学していた私たちからは「でも手間がねぇ」「オレはやらない」「普通にワックスがけをこまめにやった方が…」という意見が多数を占めました。

そんなこんなで超ピカ君見学会は終わり。続いてひげぺんぎんさんブログにあったコメダ鶴川店に場所を移動して新築のコメダを味わいに行きました。

下の写真はここでの集合時に撮ったもので、手前からもどき号・みやこし号・赤派手号(徳小寺様)・しろすけ号(ひげぺんぎんさん)・超ピカ黒レガ号(Woodyさん)です。

ちなみに集合した後、のり番長からいつもの通りホットラインが入ったのでついにWoodyさんがのり番長と会話をしました! 「お噂はかねがね…」「ネタにされないように失礼します」とさすがよく分かってらっしゃる(笑)

中に入り、私はもどきさんと二人テーブル。徳小寺様・Woodyさんのいる大御所テーブルにはひげぺんぎんさんに座っていただいてお二人にいろいろと教育していただきました(笑)

時間が夕食にしてはちょっと早いかも、という時間だったんですが私は「ジャーマン」、もどきさんは「カツサンド」を頼みました。

このカツサンドがでかいのなんの…私はどうもでかいトンカツには忌まわしい思い出があるので、見るとちょっと引いてしまいます。でも、さすがはコメダで美味しそうでしたよ。私のジャーマンはというと、サラダ盛りにソーセージが4本とパンが2個なんですが量が多いのなんの…食べるの大変でした。

コメダに行った目的は他にもあり、それはお杉さんにお会いすることでした。

お杉さん、今日は学校があったそうでそこから直行するとのことで少し遅れての到着。「学校」なんて懐かしい響き(笑)年を感じますねぇ…

暗かったので写真は撮れなかったのですが、思っていたよりかなり綺麗な赤のGTI-Rでした。「徳小寺られないよう、洗車して来ました」とはお杉さんの弁。よく心得てました。彼の将来は有望です(爆)

その後、私は明日も仕事なのでちょっと早めに失礼して来てしまいましたがまだ現地では盛り上がっていたことでしょう。

クルマを通じていろんな人との出会いがあって、いつものように楽しい一日でした。

#徳小寺様から私のVZ-Rのポリマーについては何も触れられなかったので、きっと「なんだ、足元にも及ばねぇじゃねぇか」という無言の感想だったようです。
Posted at 2005/04/29 22:10:47 | コメント(4) | トラックバック(2) | ga-B | クルマ
2005年04月28日 イイね!

自分でポリマー

自分でポリマーここんところ仲間内でコーティングが流行っているので、私も流行に「のり」遅れまいとやってみました。

最近の流行りは徳小寺様オススメのガラス系コーティング剤。下地処理がいらず、施工も楽そうです。のり番長のオススメは「イオンコートエクセレント」というやつ。

ga-B内では「かぶってはいけない」という不文律があり、ましてやアクアクリスタルを使って徳小寺様とかぶろうもんなら後が大変です…

というわけで、私はウイルソンの「自分でポリマー」を使ってみました。これは樹脂系のもので、「7カ月もつ!」と言い張っている本格的「調」なやつです。私はこのシリーズの前進であるポリマーワックスを愛用していて、これはU14のとき謳い文句の「3カ月もつ!」というのが本当に発揮されたのでそれ以来これを愛用していました。

値段もアクアクリスタルに比べれば安いもんなので、私の中ではこれに決めていたのですが一応プロの意見を聞いてみようと思っていつものチェイサー乗りの友達に聞いてみました。

その結果、「樹脂とケイ素系(俗に言うガラス系)だと基本的にはケイ素系の方が定着が良い。樹脂は下地の状態によってはガラス系より定着が良くない。ガラス系に比べて1つ1つの粒子が大きいから。だから樹脂にするなら下地をしっかりと!」というアドバイス。やっぱり聞いておいて良かった…

というわけで、せっかくなのでパッケージに書いてあった同じメーカーの下地処理剤も一緒に買って気合を入れてやることにしました。

本当は、昨日その友達とまた洗車に行ったのでそのときにやろうと思ったんですが、時間が無くて断念したんです。それに、プロの目の前でド素人のコーティング姿なんて見せたくないし(苦笑)

明日やろうかと思っていたのですが、我慢しきれずに結局今日やってしまいました。

まずは洗車して表面の汚れを軽く落とします。その後、表面処理剤で下地処理。こんなのはやったことがないので、「これでいいのかな?」と疑問だらけなんですがとりあえずやってみました。最初のうちはイマイチでしたが、だいぶ意味が分かって来て終了。拭き取ってみると表面は綺麗なもんです。

そして、ポリマーの登場。「樹脂が多く含まれているので、たくさん振ってください」と書かれています。サラダのドレッシング以上に振りまくってから塗ります。樹脂が含まれているとは言っても液体なので、塗るのは楽。これをボディ全体に塗り広げて行きます。

塗り広げてから乾くまで30分程度放置。ここが今日の手抜きポイントで、夜だったし洗車場が閉まるギリギリだったので果たして完全に乾いたのかどうかが疑問の状態で拭き取りを始めました。

このセット、ポリマー液に手袋・スポンジ2ケ・タオル・仕上げ用手袋がセットになっている豪華仕様(ムダとも言う…)なので、このパッケージさえあれば全ての作業が出来てしまうのがポイントです。

付属のタオルを使って拭き取り。樹脂素材なのでちょっと重いのですが通常のワックスを拭き取るよりは楽でした(生乾き?)。

拭き取った表面は感動するぐらいトゥルトゥル(笑)写り込みも素晴らしいです。

タオルを使った拭き取りの後は、仕上げ用手袋をはめてさらに表面を綺麗にして行きます。そして見事に完成!

夜撮った写真なので、それほど綺麗には写りませんでしたが今までやった中では最高の仕上がりです。高いだけはある(笑)このクルマは前オーナーもマメに手入れをしていたようで、塗装面の状態が良いというのもこれを手助けしてるんでしょうけどね。

これで徳小寺様とのり番長の次ぐらいには綺麗に出来たかなと。あの二人にはかないませんから…

ちなみに、途中でのり番長からいつものように脅しが入りました。「のり番長愛用のイオンコートは何系なんですか?」「ああ、あれは烏骨鶏だよ」という脱力感200%の親父ギャグで私の拭き取り作業の進捗が悪くなったのは言うまでもありません(爆)
Posted at 2005/04/28 23:50:23 | コメント(1) | トラックバック(1) | VZ-R | クルマ
2005年04月26日 イイね!

トレンドマイクロ問題

電車事故のニュースにすっかり隠れてしまいましたが、トレンドマイクロのおかげでてんてこ舞いでした。

広くニュースでも報じられている通り、あれは2.594.00というパターンファイルをちゃんとテストしないまま公開してしまったことによる不具合でした。私と同じ業界の方はご存知でしょうが、実はこの伏線があり、前日にも一部の環境でメール送受信が出来なくなるという誤検知問題を起こしていました。二日連続ですよまったく…

不幸中の幸いだったのが土曜日の朝だったということですね。これが平日でましてや月曜(休み明け)の朝なんてことだったら、昨日は間違いなく帰れなかったでしょう。
それでも土曜日の問い合わせは殺到状態で、社内システムもこれにやられて動かなくて散々だったそうです。運悪く出社していた同期の女の子はすっかり声帯をやられてGAO(なつかしー)みたいな声になっています。

この関連記事を読んでいて、社長のエバ・チェンが日本ではなく米国在住でビザが間に合わず来日していないってのを見てさらに腹立たしくなりました。お前、社長の癖に日本にいないのかよ…って。トレンドマイクロは日本市場で持っているようなもんなので、この事件は大打撃でしょう。昨日の電車事故もそうですが、企業の危機管理がこういうときに問われます。ましてやウイルス対策ソフトのおかげでPCが動作不能になるなんてね。本末転倒な話しです。

土曜日に対応しきれなかった問い合わせが山のようになっていたので、昨日は朝から謝り通しでした。さすがに症状は改善されているお客様がほとんどだったので胸をなでおろしましたが、中にははらわたが煮えくり返っているお客様ももちろんいらっしゃいます。徳○寺様やの○番長がお客様じゃなくて良かったですよ(苦笑)。

ちなみに、のり番長はウイルスバスター2005を使っていますが、この日にこれとは全く違う原因でPCが起動不可になってました(笑) さすがです。
Posted at 2005/04/26 20:07:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑感 | パソコン/インターネット
2005年04月25日 イイね!

KOKONインスト~懐かしの珍・先進装備たち(7)

KOKONインスト~懐かしの珍・先進装備たち(7)セルシオの対抗馬として、日産が大慌てで作ったインフィニティQ45。いつものように日産らしい煮詰めの甘さを露呈して、見事に玉砕。かの徳大寺には「壮大な失敗作として評価したい」とまで言われる始末…

バブル期の日産は「和」のテイストに凝っていて、インフィニティはその集大成だったのかもしれません。フロントに「でん!」と唐草模様の七宝焼エンブレムが存在することは有名(今新品で買うと45,000円もする)ですが、内装にもものすごいものを用意していました。それがこの「KOKONインスト」です。

C33ローレルにも「漆塗調クラスター」を用意して、漆塗りを車内にも入れようという目論見はあったようです。それがこのインフィニティで花開き、ついに本物の漆塗りを採用しちゃいました(笑)でもこれ、金粉がまぶしてあるのですがそれほど「漆塗り!」っていう感じがせず、今一つありがたみを感じません。「エッグシェル」という白本革シートとのセットオプションでしたが、43万というアホな価格設定です。レパード・J.フェリーのポルトローナフラウ社製高級本革シートの60万はまだしも、このありがたみのないKOKONのために43万はちょっと…

なぜか徳小寺様お気に入りのKOKONインスト。絶対出ないと思いますが、今新品でKOKONの部分だけを揃えると全部で45万になります(苦笑)当時のオプション価格そのままですね。

いかにもバブルを感じさせる装備でしたねぇ。
Posted at 2005/04/25 18:20:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 珍車情報 | クルマ

プロフィール

「1週間以上愛車に触れてない!」
何シテル?   12/20 21:51
父の血を色濃く受け継ぎ、さらに強力になってしまった日産好きでした。 レパード様は持っていることに意義があるので手放せず、出来の素晴らしさに感動して買ってし...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2005/4 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

アルト ターボRS 
カテゴリ:メーカー
2015/08/01 11:24:24
 
プレオバン 
カテゴリ:気になる車種
2011/02/21 23:40:44
 
ミラバン 
カテゴリ:気になる車種
2011/02/21 23:30:58
 

愛車一覧

日産 レパード 日産 レパード
2006年10月からの愛車です。 通称:アルティマI、レパード様、1号車 小学生のとき ...
三菱 トッポBJ 三菱 トッポBJ
2019年8月からの愛車です。 MT車を手放して半年…左足が恋しくなっていたときに見つ ...
三菱 i-MiEV 三菱 i-MiEV
2017年5月からの愛車です。親父の「次は電気自動車が欲しい」という一声で、先に乗ってや ...
ホンダ Nボックス ホンダ Nボックス
2019年4月からの愛車です。 契約から納車まで、まるまる3カ月待たされました。 この ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.