• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

みやこしのブログ一覧

2018年03月31日 イイね!

500円を使い切れない旅…

500円を使い切れない旅…タウンボックスの変身とミント号の電池交換、今月は2台のイベントが重なってバタバタでした。

気付けば今月は1回も有料の急速充電を使っていないので500円分がまるまる余っています。

せっかくだから使い切る旅へ出ようと、先週に引き続き桜を愛でられる場所へと山梨まで出かけました。電池交換後、初のお出かけです。

片道約120kmの道のり、行きはSOC 87.5%の航続可能距離127kmでスタート。額面上は走り切れる距離でしたが…

上り坂が続いて91.5km走った時点でSOC 22.5%、航続可能距離は16kmまで減ってしまい、冷や汗が出て来たところでトンネルを抜けたら急速充電器がある道の駅が登場! 救いの神でしたね~

ここでトイレ休憩を兼ねて10分だけ急速充電したらSOC 49%、航続可能距離62kmまで回復したので出発…したらずっと下り坂でした(苦笑) 充電する必要なかったかもしれないと思いつつ、トイレ休憩の10分でこれだけ回復するなら充電待ちで足止めを食った感はないですね。

無事目的地に到着、満開の桜が見られる温泉にゆっくり浸かって次の目的地へ。

途中、地元の三菱に寄って30分急速充電をしたらSOC 94%、航続可能距離はなんと154kmにまで一気に回復! 充電だけのために寄ったのに、店長自ら店内に案内&お茶まで出してもらって恐縮しきりでした。充電しに行ってもガン無視の例の感じ悪い近くの三菱と店長交代してもらいたい…

せっかく充電したのですが、またもや上り坂。最初よりも強烈なルートで目的地まで35.4kmしか走っていないのにSOC 61%まで減り、航続可能距離は約100kmも減った55kmにまで低下。フル充電近くまで充電しておいて良かったと思いましょう。

ナビには高低差が出るか、高低差が少ないルート検索ができるEV向けの機能も付けてもらいたいものです。

そこから自宅までは約100kmといったところで、道志を抜けるルートだからまた上り坂地獄になるかもしれないと思って、念のために充電。無料の急速充電スポットがあったのでそこで富士山を眺めながら20分弱ほど急速充電。SOC 90%、航続可能距離125kmまで回復したので何とか帰れるでしょう。

心配をよそに、山梨側から神奈川に抜ける道志みちは下り中心で電池も減らず、そこから自宅まで98km走ってSOC 53.5%、航続可能距離82kmで到着しました。これも充電しなくてもたどり着けましたね。行きにここを通っていたらエライ目に遭っていたでしょうが…

今回のドライヴでは300km強を走りましたが、充電時間は計1時間弱でした。
やっぱり新品バッテリーの威力は絶大ですねぇ。気温が高くなって来たこともあってか、30分の急速充電で90%以上にまで回復する入りの良さは嬉しいです。

結局有料の急速充電は2回しか行わず、230円分しか使わなかったので270円は余らせてしまいました…

仮にタウンボックスを使ったとすると300km÷14km/l=21.42Lのガソリンが必要、リッター140円とするとちょうど3,000円です。浮いた3,000円は日帰り入浴やらお土産に充当できるので素晴らしいコストパフォーマンスの良さ!
Posted at 2018/04/02 21:36:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | i-MiEV | クルマ
2018年03月29日 イイね!

並べてみる

並べてみる昨日のブロ定で、ホンモノのサンバー最終型に乗って来てくれた人がいたので、タウンボックスと並べてみました。どちらも4気筒の黒い軽箱!

並べると三菱のが一回り大きいように見えますね。室内もタウンボックスのが幅が広い印象を受けました。確か新規格のサンバーは台所事情もあってフルモデルチェンジというよりはビッグマイナーに近い形で新規格対応させたものらしいので、新規格に合わせて設計されたものに比べると小さい印象を受けるのかもしれません。

大きく違うところはRRのフルキャブかFRのセミキャブかというところで、乗り降りのしやすさはセミキャブに軍配が上がりますし、座った後の足元の広さはフルキャブに軍配が上がります。一長一短というところでしょうね。

インパネはサンバーのが2DINスペースも上部にあるし収納も充実していて使い勝手は良さそう。そしてデザインがいかにスバルという感じの無骨さ丸出しなのもらしくていいんじゃないですかね。新インパネになった我がタウンボックスのが乗用車的でモダンな印象を受けました。

サンバーはNA・4WDながらもMTということもあってか15km/lとまずまずの燃費だそうです。以前乗っていたステラ号も燃費は良かったので、この4気筒エンジンのNAは動力性能にはやや難ありながらも燃費が良いようです。

同じジャンルのクルマを見比べてみると各メーカーの設計思想の違いが分かって面白いですね。

どちらも自社開発、生産から撤退してしまったのが残念でなりませんね。
Posted at 2018/03/29 01:18:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | タウンボックス | クルマ
2018年03月28日 イイね!

今月のNEOブロ定

今月のNEOブロ定早いもので3月も末…ブロ定の時期になりました。

今月はゲスト参加の車両、見納めの車両といつもと違った雰囲気になりました。やたら黒率が高かった(笑)

タウンボックスのシートとクッションについては専門家の意見も聞けて、やはりあのクッションには効果があるということが分かって安心しました♪

参加された皆さん、お疲れ様でした!

次回のお披露目が楽しみですね~
Posted at 2018/03/29 00:55:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | みんカラ | クルマ
2018年03月27日 イイね!

半信半疑

半信半疑1月にナガシマスパーランドへ行ったときはスケジュールにも問題があったとは思いますが、結構な疲労感に襲われました。

セミキャブの宿命なんだろうな~と思っていますが、かと言ってシートを交換するようなクルマでもないし…と思ってタウンボックスの愛車紹介を眺めていたら、座布団を敷けばだいぶ改善されるというのを読んで、試してみることにしました。

親父は座布団を愛用していますけど、個人的には格好悪いのでキライなんです…でも背に腹は代えられないので、手を出してしまいました(汗)

せっかくならちゃんとしたのにしようと思って探し当てたのがこれです。

しばらく敷いて乗ってみて、何となく良さそうな雰囲気。先日、吹き出し口の掃除をしようと助手席にしばらく座っていたらお尻が痛くなって来たので効果あるんだな~と実感。

先日の長時間ドライヴでいよいよその効果を試すときが来ました!

効果覿面で、先日のあのグッタリ感とは無縁! 東名で渋滞にハマッたにもかかわらず、家に着いてもまだまだ元気でした。まあ、前回は夜中に下道で移動、今回は寝てから明け方に高速を使って移動したという前提条件の差があるので、必ずしもこのクッションだけの効果とは言い切れないんですけどね。助手席は座っているだけなのに結構疲れたらしいので、効果あるんだと思います。

クッション1つで激変するものなんですねぇ。このシートのバックレストはそんなに悪くないと思うんですけど、やはりシート下にエンジンがあるのでクッションはペンペラペンにせざるを得ないんでしょうね。

1月の時点ではこれだけ疲れるクルマで長距離はなぁ~と思っていましたが、このクッションを得て疲労感が激減したのでお出かけするのに懸念は無くなりました(^^) 今度は助手席にも導入してみて変化のほどを見てみます。
Posted at 2018/03/28 00:39:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | タウンボックス | クルマ
2018年03月25日 イイね!

なかなかの楽しさ

なかなかの楽しさインパネが変わってETCも付いたタウンボックスで桜を愛でるドライヴに出かけて来ました。

これまでにもちょこちょこ高速に乗ったことはありましたが、100km超の高速移動は初です。

80km/hで4,000回転にも達する(ATの場合は3,500回転らしい)このギヤ比、100km/h出そうものなら5,000回転なので常用には耐えません…やっぱり軽自動車は80km/h巡航が良いところだと思います。

基本は80km/h巡航で走ってみましたが、このエンジンにはまだ余裕があるのでそこから追い越しをかけようと5速のままでもアクセルを踏み込むと上り坂でも即座に加速してくれるのは5バルブDOHC&ツインスクロールターボの威力ですね。タコメーターの針が5,000、6,000回転を超えてもなお加速していくのはエンジンを回してる~という快感があります。

走行車線に入ったら5速入れっぱなしで全て事足りるし、パワーもあるので高速は割と楽でしたね。

高速の他に山坂道も走りましたが、3速と4速を使ってこれまた楽しく走れました♪ そういえばこのクルマはミッドシップと言えばミッドシップだったか…このエンジンは音もいいので、お出かけしたときの高速道路も山坂道も楽しいステージになります。

最後に東名の大渋滞に1時間以上ハマッてしまい、下道移動を余儀なくされたので燃費は13.9km/lとふるいませんでしたが、フル高速でおとなしく走れば10・15モードの15.2km/lは達成出来そうな感じですね。エアコン必須の季節になると厳しいでしょうが…

いざとなったら車中泊も楽々出来るユーティリティもあるので、このクルマで出かけるのは楽しそうです。軽箱にこのエンジンを突っ込んだ当時の三菱はなかなか憎いことをやってくれましたね。
Posted at 2018/03/26 22:34:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | タウンボックス | クルマ

プロフィール

「結局トッポBJプチレストアのための部品を揃える今日この頃。」
何シテル?   02/20 00:08
父の血を色濃く受け継ぎ、さらに強力になってしまった日産好きでした。 レパード様は持っていることに意義があるので手放せず、出来の素晴らしさに感動して買ってし...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

アルト ターボRS 
カテゴリ:メーカー
2015/08/01 11:24:24
 
プレオバン 
カテゴリ:気になる車種
2011/02/21 23:40:44
 
ミラバン 
カテゴリ:気になる車種
2011/02/21 23:30:58
 

愛車一覧

三菱 トッポBJ 三菱 トッポBJ
2019年8月からの愛車です。 MT車を手放して半年…左足が恋しくなっていたときに見つ ...
日産 レパード 日産 レパード
2006年10月からの愛車です。 通称:アルティマI、レパード様、1号車 小学生のとき ...
ホンダ Nボックス ホンダ Nボックス
2019年4月からの愛車です。 契約から納車まで、まるまる3カ月待たされました。 この ...
三菱 i-MiEV 三菱 i-MiEV
2017年5月からの愛車です。親父の「次は電気自動車が欲しい」という一声で、先に乗ってや ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.