• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年05月05日

オートモビルカウンシル2021 - その2(イギリス車編)

 オートモビルカウンシル2021 - その2(イギリス車編)  「オートモビルカウンシル」2021、イギリス車を紹介します。


展示台数が減ってしまっても、このショーでのイギリス車はその存在感が変わりません。むしろ増しているように思います。イギリス車大好きなので、これはとても嬉しいことです!


== マクラーレン ==
650S Spyder
初回からの皆勤、マクラーレン・オートモーティブジャパン。この展示会への貢献度はトップでしょう。

今回の展示はすべて認定中古車「マクラーレン・クオリファイド」です。その中から、メーカーの歴史を代表するモデルを厳選し展示したとのこと。

MP4-12C

マクラーレン・オートモーティブとして最初のモデル。いまではちょっと懐かしい名前ですね。3年の生産期間でした。

まさに、このショーにふさわしい展示ですね。


600LT Spyder

LTすなわちロングテール。600馬力で重量1.3トン足らず。

650S Coupe

MP4-12Cの後継ですね。

コクピット。発煙筒の存在感ちょっと大きいぞ(笑)

ライバルがひしめき合う中、これだけの急成長を遂げた新生マクラーレン。ちょっとスゴイと思います。「我々はこういう車をつくりたいんだ」という意思が、車を見ているだけで伝わってきます。

== アストンマーティン ==
DB9(2004年)

「BESPOKES TOKYO」から黒いDB9を。

ってかここまで真っ黒にしなくても(笑)

DB9(2004年)

こちらは「MOTOR Logic Company」のDB9。同じ2004年式。

黒と銀、どちらがカッコいいでしょうかね?

DBS

ファッションブランド「VULCANIZE LONDON」で展示のDBSです。

このイメージ、まんまボンドカーですな。

== ジャガー ==
1940年代から70年代のジャガーをまとめて展示。すべて個人の所有者です。ナンバーも付いていました。前回紹介したナローポルシェもそうでしたが、気前よく貸し出す太っ腹が世の中にはいらっしゃるんですね…

XK120 FHC(1953年)

第二次世界大戦後まもない時期、戦勝国イギリスは最高時速200km/hという超高性能スポーツカーを生み出します。それがジャガーXK120。

しかし当時、戦勝国にもかかわらずイギリスは外貨不足に悩みます。当時の首相チャーチルがスコッチウイスキーを愛飲していることが問題視されるほど。

首相が飲むくらいなら輸出しろ!というわけです。「輸出か死か」というスローガンも生まれ、車も例外ではなく、XK120は実に9割が輸出され多くはアメリカ向けとなりました。この綺麗な右ハンドル車、本国仕様でしょうか。

XK120 Roadster(1951年)

XK120はロードスターが先に登場しました。デザインは創業者ウィリアム・ライオンズ自身によるものなんですね。すごい…デザイナーも兼ねた自動車メーカー創業者って他にいるんでしょうか?ブガッティ?

この車はオーナー自らがレストアしたそうです。

Eタイプ Roadster Sr.1 3.8(1963年)

1台飛び、真っ赤なEタイプ。シリーズ1のEタイプはまさに非の打ち所がないと思います。

デザイナーはマルコム・セイヤー。XK120ベースのジャガーCタイプをデザインし、そしてEタイプを手がけました。素晴しいデザインの車はデザイナーの名前とともに記憶されるのでしょう。

そういえば映画「レナードの朝」でロビン・ウィリアムズが演じる医師も「マルコム・セイヤー」でした。もちろん全然別人です(笑)

Eタイプ Racing Modified Coupe(1962年)

ノーズをレーシング仕様に替えた1台。

しかもエンジンにも手を入れています。

デイムラー・ダブルシックス Sr.1 ヴァンデン・プラ LWB(1971年)

そしてデイムラーのサルーン。しかも12気筒ダブルシックス!シリーズ3ではなく、このシリーズ1をまじまじと見ることが出来たのは個人的にも初めてです。

後年のシリーズ3とはかなり印象が違います。スポーティさより、フォーマルさの方が強い。

特にフロントは分厚く、威風堂々!

って写真がブレました。手が震えた(笑)

フルオリジナルを維持した1台とのこと。色も良いですよね。なんだろう?アメリカのお金持ちが好みそうな色かな。そしてこのリアスタイル、見てください。エレガントだなぁ…

バンパーのオーバーライダーを避けるように切れ込みをつけられたトランクリッドのラインなど、どことなくユーモラスな印象すらします。それから細かいパーツが組み合わされていますが、その精度もとても高いです。

個人的に、今回のショーでもっとも心惹かれた1台です。

Fタイプ Rダイナミック コンバーチブル P300(2021年)
おっと…忘れてはいけません。昨年に引き続き、ジャガー・ランドローバー・ジャパンも出展していました。

去年マイナーチェンジしたばかりのFタイプ、そして新型となったディフェンダーが。

迫力ある車名ですが、エンジンは2リッター4気筒ターボ。もちろん上に3リッターV6や5リッターV8もありますが、今は多気筒大排気量を自慢する時代でもありません。

というか、これで充分かと。その名の通り300馬力もありますし。それでもカタログ燃費は10km/L越え。今は「俺のジャガー、リッター10km走るんだぜ」と自慢する時代なのでしょう。

== ランドローバー ==
ディフェンダー(2021年)

そして新型ディフェンダーです。それまでの無骨そのものな超本格派から生まれ変わりました。引き継いだのは名前だけと言って良いでしょう。

それはある意味、当然だと思います。時代は変わる。需要も変わる。イギリス車没落の理由のひとつが「変化を避けた」ことにあるとするなら、それをわざわざ繰り替えす必要はない。

個性的なデザイン。質感も迫力もあり、高級SUVとしてとても魅力的だと思います。むしろ引き継げる名前があるだけ立派なものです。

ただ、巨大なスペアタイヤのため、ちょっと斜めに入っただけで向こう側のリアランプが隠れて見えなくなってしまうのですが…法規上は大丈夫なのでしょうか?

ディフェンダー

3年前に展示されていたものと同じかも知れません。旧ディフェンダー90のスペシャルモデル「Ultimate V RED LABEL」。

3年前はバーラウンジを引っ張っていて、今年も同じでした。メニューの内容はちょっと身近になった感じです(笑)

レンジローバー Classic Bespoke-F(1994年)

今回、初代レンジはこの1台でした。「RANGERS」出展。

この車の「ビスポーク」とは、中古のレンジローバーを仕上げるRANGERSのプランとのこと。今は「E」までですが、さらに上にランクを作るようです。

後席スペース。広いですね。世界的なSUVブームが来る以前ですが、レンジローバーを運転手付きで使っていたイギリスの実業家がいました。さぞかし見晴らしが良かったのでしょう

== ロータス ==
ロータスのスペシャリスト「ACマインズ」。今回、歴代のロータスを4台も出展していました。

エリート Sr.2(1962年)
まずは初代エリートから。

ロータス・エリートって本田宗一郎も購入していたそうですね。そして研究したという。

このプロポーションはホンダSにも影響を与えたのでしょうか。

知名度の割に、生産台数は1,000台に満たないというのが意外です。

エラン プラス2 130/5(1972年)

隣にエランの4人乗り仕様。マニアックですねぇ…


エスプリ Sr.1(1978年)

エスプリ初期型です。

エスプリって28年間もつくられ続けたんですよね。それだけに、初期と後期とでは形からしてかなり違いますね。

↑3年前には真っ白なエスプリ、1991年式シリーズ3のエスプリが。北米仕様で、これで銀色だったらまるっきり映画「プリティ・ウーマン」だろうというエスプリが。

今回展示のシリーズ1は、かなり別物の印象です。ずっとスパルタンです。

エリーゼ(1998年)

そしてこれまた初期型のエリーゼです。すでに商談中でした。

そう、この展示会ではお金さえあれば買うことも出来る…いえ、必要なのはお金だけではないですね(汗)

あとヨーロッパがあれば!

なので、過去のブログに載せた風吹裕矢のヨーロッパをここに(笑)

== デビッド・ブラウン・オートモーティブ ==
MINI Remastered Limited Model

前回に引き続き、デビッド・ブラウン・オートモーティブの新生Miniがありました。

ミニ・リマスタード。日本の代理店「ホワイトハウス」からの出展。1,400万円「から」という価格。

ホワイトハウスの方と話をすることができました。

すでに我が国でも何台か出ているそうです。顧客はみなさん本当の富裕層で、本人ではなく家族用に購入されるケースが多いとのこと。個性的なオールドカーが欲しいが日常に使える機能性や信頼性も必要だ。そういう方々が買っているようです。

旧Miniではあるが、現代の路上で不便や不安なく使える。ボディもエンジンも今の基準で組み直し、Apple CarPlayなども取り入れている。オーナーの個性を出すためのオプションを豊富に用意し、世界にただ1台の愛車を手に入れることができる。そのような車はほかにありませんよね?とスタッフの方は胸を張っていました。

ここまでくると、オリジナルがどうのこうのなどという話は野暮なだけ…私も欲しいです、すごく。しかしお金持ちっているんですね。ドンドン買っていただき、国内に回してほしい。それがいつか下界に降りてくるかも知れませんので(いつだ?)

←次回はイタリア・フランス車などまとめてアップします。
ブログ一覧 | 展示会 | クルマ
Posted at 2021/05/05 01:00:01

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

CCF in 桐生 2019 (1 ...
shiro13さん

珍しい色のアストン
DD Tailhappyさん

メルカリポチ込み完了\(^o^)/
千里さん

ジャガーEタイプ 60コレクション ...
パパンダさん

nonchan、こんなのもあるよ。
nonchan1967さん

ハイリフトジャッキ付けたい
kanekodaさん

この記事へのコメント

2021年5月5日 13:33
最後のMINIってオリジナルと同じOHVのAシリーズエンジンですね。どうせならKシリーズにしたらいいのに。150万円ちょっとで英国で売られていた時代を知っているものからすればオリジナルと同じエンジンや足回りに1400万円と言う価格を出す人はちょっと理解できないです。富裕層でも車マニアではないのかなと思ってしまいます。価値観の違いでしょうか。
コメントへの返答
2021年5月5日 14:02
コメントありがとうございます!

確かに、この価格はにわかに信じがたいと私も思います。去年の展示では価格を二度見しました。

まぁ富裕層向けですからね。他に乗っている者がいないからと、同じ値段のメルセデスよりこっちを…という買い方もされるのでしょう。すぐに飽きてしまうかも知れませんが。

ただ、極上レストア車がとんでもない値札をつけることもある中、こういう手法もありといえばありなのだろうと思います。
2021年5月6日 8:22
おはようさんです

DBSにエリーゼ、再生MINI欲しい(´¬`)

コメントへの返答
2021年5月7日 18:02
コメントありがとうございます!

思わずヨダレが出てしまいますね(笑)
特にエリーゼ、買える方は迷っている場合じゃないかも。ロータス自身も、今年に入ってエリーゼの生産終了を発表していましたね。今後はこういう車はますます少なくなるのでしょう。

おすすめアイテム

プロフィール

「オートモビルカウンシル2021 - その4(日本車編) http://cvw.jp/b/1188788/45437047/
何シテル?   09/05 02:00
ようこそ。 MINI Cooper D に乗る Coptic_Light と申します。あまり更新が多いページではありませんが、どうかゆっくりしていってくだ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

愛車一覧

ミニ MINI ミニ MINI
6年以上乗ったR55 Clubman Cooper から、F55 MINI Cooper ...
ミニ MINI Clubman ミニ MINI Clubman
ミニ・クラブマンのCooperです。 念願の6MT。ボディカラーは「ホット・チョコレー ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
前々車です。2.0リッターの5MT。そういやゴルフと同じ名称のサテン・シルバー。ノンター ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
前々々車です。サテン・シルバー、1.8リッターターボ、5MT。「ここはひとつMTにチャレ ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.