• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Black_Airのブログ一覧

2013年05月26日 イイね!

三菱名車館 2008 COLT RALLIART Version-R Special

三菱名車館 2008 COLT RALLIART Version-R Special2008年5月 コルト・ラリーアート・バージョンRをベースに更に走りの質向上を図り、筑波サーキーットでLAPタイムマイナス2秒に拘った限定車が登場しました。グレードネームとしてストレートに「Special」を冠した開発陣の拘りとは何だったのでしょうか。

コルトは2002年11月に国内工場で生産開始された車種ですが、2000年のダイムラー・クライスラーの資本参加と共にオランダ工場で「現地生産コルト」や車台を共通化した「スマート・フォー・フォー」まで生産する本格的なグローバル車種として開発が進められたのです。
当初の国内向コルトは、質感の高い内装や外装が好評だったものの、エンジンは1.3Lと1.5LのNAのみでした。その後、2004年10月にはRALLIART1.5Lターボが追加され、2006年には欧州生産コルトの足廻りを移植し、ボデースポットの増し打ち、ゲトラグ社製5M/T搭載などを施した“RALLIART Version-R”を投入し、三菱車らしい走りの魅力を上げてきたのです。

しかし、Version-Rで終わりでは無かったのです。発売開始から、5年半も経過し既に車両改良もやり尽くした時期に、三菱は、この“Special”を投入して来たのです。
専門誌によれば、当時コルト・ラリーアート・バージョンR開発グループの要になっていたのは、エアトレック・ターボRの開発プロジェクトの取り纏め役も務めたT氏でした。T氏は語ります「VRはエボとは違い絶対的な超高性能を狙った訳ではない。むしろ欧州車のような走りの質感を追求し、ドライバーが公道上で意図する高いレベルの操縦イメージに何事も無くしっかり追随するようなクルマに仕上げたい」

そのために、通常、量産車では見る事のない「連続シーム溶接ボディー」が採用されたのです。メインボディーの閉断面化によりボディー剛性アップ(曲げ剛性10%向上)が図られるため、高性能サスやタイヤの性能を余すことなく発揮出来、腕のあるドライバーの操縦にリニアに反応してくれる素晴らしい技術です。
しかし、その反面、シーム溶接は手作り作業となるため、著しく生産性が低く採否には賛否両論が社内で巻き起こったのです。しかし、最後は営業・生産部門なども一致で「生産台数は限られるが、三菱の情熱を込めた究極のバージョンRとして世に送り出そう」と決心が纏まったと言います。

フロアコンソールには「シリアルナンバープレート」が三菱エンジニアの情熱が込められた証として輝いています。 “COLT RALLIART Version-R Special” 正に名車と呼ぶに相応しい1台でしょう。









Posted at 2013/05/26 04:04:07 | コメント(6) | トラックバック(0) | 名車の思い出 | クルマ
2013年05月22日 イイね!

横須賀スタジアムを知ってますか

横須賀スタジアムを知ってますか先日、久し振りに地元の横須賀スタジアムへ野球を観戦に行って来ました。横須賀スタジアムは、横浜DeNAベイスターズのファームのホームグランドです。

最近、一軍の方は大型補強が効を奏したのか、Aクラスに入ったり出たり調子の良いポジションです。その影で、去年まで応援していた選手を見なくなり、少し気になっていたんです。

居ましたよ!ヒチョリに筒香、下園、内藤、おまけに相手方の西武の先発は、一軍通算182勝を誇るエース西口じゃないですか!

試合は残念ながら負けてしまいましたが、爽やかな横須賀の海風の中で、みんなの溌剌としたプレーを観れてほっとしました。

試合後に観客約700人に頭を下げて挨拶する姿に、思わずホロリとしそうになったのは、なぜでしょう。


Posted at 2013/05/22 07:38:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 横浜ベイスターズ | 趣味
2013年05月15日 イイね!

覚醒せよ! BA奮闘記(ヘッドライト磨き VOL.2)

覚醒せよ! BA奮闘記(ヘッドライト磨き VOL.2)最近のクルマはヘッドライトが樹脂カバーで出来ていているため、長年紫外線を浴びていると、表面が黄ばんで来てカッコ悪く、且つHIDなのに暗く感じるようになって来ますね。
私のエアも黄ばんで来たため、1年半ほど前にDIYで「磨き粉⇒脱脂⇒コーティング」を行いましたが、相当な労力の割に、3ヶ月ほどしてまたも汚れて来てガックリし、少し諦めていました。
(--〆)

最近では、ABとかで磨いてくれるサービス販売が出て来ましたが、結構な料金が掛かるのも事実で、二の足を踏んでしまいます。
ところが、DIYの強い味方シマフォで超簡単なスプレー式の表面仕上剤「KURE LOOX」(既にご存じの方も多いとは思いますが:汗)を発見し、早速、試して見ましたので、全国5000万人の黄ばみお悩みユーザーのためにもレポートします。

外観は、このスプレー缶です。値段は、実勢980円程度です。


使い方は、超簡単。一応、砂とかを洗い流し、スプレーし1~2分程度置き、きれいなウエスで拭き、磨き上げるだけです。


助手席側ロービームも


完成しました。
多少磨き粉が入っているので、磨き過ぎると拙いです。また、耐久性がどの程度あるのかも不明です。しかし、全く力も時間も不要で超簡単ですので、これはコストパフォーマンスが高いと感じました。


今回は、ほとんど奮闘せず筋肉痛にもならずに済みました。
( ̄ー ̄)カンタンダヨ
Posted at 2013/05/15 05:28:28 | コメント(11) | トラックバック(0) | Black_Air 奮闘記 | クルマ
2013年05月13日 イイね!

2013年 初潮干狩りへGO!

2013年 初潮干狩りへGO!はい。この靴下は知る人ぞ知る「ミズムシ用・・・」じゃなくて、ウェーダー(別名:胴長とも言います)用の先割れソックスです。
今シーズンは、3月が忙しかったこともあり、GWも日光オフ会やらクルマ弄りでスケジュール一杯(芸能人じゃあるまいし:汗)だったので、ようやく昨日、初潮干狩りに行って来ました。

完全に出遅れてますんで、アサリがまだ居るか(残っているか)心配してましたが、ベテランの経験でカバーする作戦です(だてに歳を取ってますんで、こんな時ぐらいしか役立ちません:笑)。

まず、真剣モードでやるには、こんな胴長がベストですね。これ本当は10年前ぐらいまでは、バスのフローター釣り用だったんですが・・・ま、三浦半島にはバスはいませんので。


次に、どこの潮干狩り場にも駐車場を気にせず突撃できるバイクと、アサリ用バケツにミニジョレン(熊手)、そして採ったアサリに砂を吐かせるために生息していた場所の海水を持ち帰るポリタンクですね。
以前にも書きましたが、アサリは海水じゃないと(家庭で作った食塩水では)なかなか砂を吐きません。あと、業者用の大型ジョレンは、体力ないと無理ですし、禁止されているところもありますので、ミニで十分です。


二時間の成果はこんな感じで、結構いい形のアサリがバケツ半分ぐらい採れました。この時期にアサリを採るには、人がやりにくい岩影とかを狙うのもコツです。沖で腰上まで海に浸かってやってる人がいますが、素人の我々には非常に危険ですので、やめましょう。


美味しいアサリ汁を頂きました。
 d=(^o^)=b
Posted at 2013/05/13 07:08:06 | コメント(7) | トラックバック(0) | ご近所の話題 | 趣味
2013年05月08日 イイね!

京急ファミリー鉄道フェスタ2013(予告編)

京急ファミリー鉄道フェスタ2013(予告編)今年も5月26日に京急ファミリー鉄道フェスタが、京急ファインテック久里浜事業所(京急の久里浜車両基地&整備工場のことです)で開催されますよ♪

普段乗ってる車両の整備の様子や歴代快特車両の展示、鉄道部品の即売会、催し物広場など毎年出し物は少しずつ変わるようですが、子供連れファミリーから鉄ちゃんまで、多くの人出で大層賑わっています。

私は、決して京急社員ではありません(いちファンです笑)が、自宅近所のイベントで皆さん楽しんでおられますので、ご紹介致しました。

なお、駐車場はありませんので、京急電車でご来場下さい。
Posted at 2013/05/08 07:22:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | ご近所の話題 | 旅行/地域

プロフィール

「[整備] #ランサーエボリューションX メーター部からのビビリ音対策Ⅱ(3年ぶり) https://minkara.carview.co.jp/userid/1188843/car/1839399/5312467/note.aspx
何シテル?   05/12 17:03
Black_Airです。よろしくお願いします。 1980年購入のLancerEX 1800GSR以来、三菱一筋に乗り継いで来ました。直前には2002年初期...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

みんカラのスタイルシートの弄り方の紹介!(画像固定、背景の透明化、フォント変更) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/27 14:14:01
(ビビリ音対策①)フロントルームランプ付近 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/02 23:03:39
異音発生箇所 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/02 23:01:45

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
三菱が辿り着いた一つの究極。また新たな三菱車で旅に出ます。
三菱 トッポ 三菱 トッポ
妻も満足の動力性能を発揮する優れもの「トッポターボ」です。以前のミニカは坂道でACは厳禁 ...
三菱 エアトレック 三菱 エアトレック
三菱エアトレック黒ターボに12年3ヶ月乗っていました。自分の体のように自然体で乗れる素晴 ...
三菱 ランサーEX 三菱 ランサーEX
初めてのマイカーが、この「ランサーEX1800GSR」です。当時三菱は昭和53年排ガス規 ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.