• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT6のブログ一覧

2019年12月11日 イイね!

祝 実用初SPCCIエンジン発売!



マツダの執念が結実させた内燃機関技術者の夢の技術ですね。
ロータリーが機械の機構的革新技術だったのに対して、このSKYACTIV-Xエンジンは、化学の燃焼を変えた画期的技術で、ガソリンエンジン誕生後、最大の革新でしょう。

しかしながら、懸念事項もありまして、、それは一番は時間軸であと10年早ければ、、という部分。それは競合技術のインフラが発展し、コストダウンの効果が発揮されつつあること。まそれは置いといて。


マツダ自身の誤算は、いろんなメーカとしての投資回収、今後の車両コストダウンを急ぐあまり、「最も数の出る車両に乗せたかった」という策を採ってしまったこと。うなるハイパワーとか、超コンパクトとかではなく、「工学的に美しい技術」という趣の技術に華のある、知的富裕層に訴えるべく、ラージFRの直6の3Lにこそ、乗せてプレミアムな価値で高いほどありがたみもある、、というポジションからスタートし、数ではなく利益率で回収を図ればよかったのに。その理由はいくつもあります。

まず、NAエンジンであり、フィール(アクセルとの会話)が楽しいエンジンであり、しかもそれを楽しんでも燃費が落ちない。つまり、罪悪感なしに直6の3Lを思う存分踏める、ということなのです。その層を唸らせて、評価と羨望を得てのち、普及車にも載せてゆくのが、セオリーでしょう。憧れの技術がだんだん下に、手が届くようになる、、ということでありがたみ(割高も許せる)となる。

私も、息子のNDに乗ってると、ノンターボの燃焼感あるフィールはとても気持ちよく楽しめます。それでも15km/Lぐらい走るし(;^_^A



なので、その辺がわかる欧州では、売れている4割ぐらいがXらしいのも納得(絶対価格自体も日本より上なので、気にならないのかも)

技術的懸念事項としては、圧縮着火だから当たり前だけど、ディーゼル的な振動、エンジン強度が必要で、加えてSPCCIの領域拡大のため、SCを積んでること、マイルドハイブリッド化も加えたことなどから、パワーラインが重い。比率的に4発2Lより6発3Lなら吸収できただろうに。

今後の一番の私の懸念事項は、各種車両の要求馬力のバリエーション展開が難しい(お金がかかる)エンジンだということ。
マツダではその点、すでに勝算持っているかもしれませんが、ターボでブースト制御で幅広いエンジンパワーバリエーションが容易に作れるけれど、Xはいうなれば排気量であてがうしかない。特に最近のトルクアシストの大きいHV車に対して、走りのダイナミック感、お得感は小さい。低速トルクの大きい素質ながら、車両質量の大きい車だと食われてしまうが、ダウンサイジングターボなら、かなりのトルクを押し込める。

また、私がe-POWERに入れ込んでいるように、発電機に徹したエンジンは、おそらく日産の次期ノートは大衆車だからまだ積まないだろうが、上位車両は可変圧縮エンジンで熱効率50%を超えるだろう。なんせドライバビリティが要らないエンジンなんだから。

その上で、パワートレインははるかに緻密なモーター制御で下からドッカン!。
最後まで残る強みは、高回転の昔懐かしエクスタシーという、なんだか昔のロータリーの同じ轍にはまらないかと心配です。

エンジンが当初目標燃費に若干届かなかったような感触ですが、複雑な制御に必要なパーツがたくさんついたコスト。フリクションの大きい全体動作メカニズム、排気量あたり車両質量が少々重くなりすぎたこと、、などだろうと推測してます。

夢のエンジンには間違いないし、6発エンジンのNAフィールで2020年以降も思いっきりアクセル踏める内燃機関は、おそらくこのエンジンしか生き残らない。そういう思いはあります。が、マツダの経営的に特に、収益減(たんまり儲かる)という商品構造になるかと言えば、そこが一番心配。
NAというフィールが売りになるなら、逆にNAゆえに割高感がある。3.0Rのフィールは絶品だったけど、市場では評価されなかった(もっとも燃費悪かったけどw)

マツダ技報を読むと、本当に技術的連鎖の苦闘も見えて、朝まで飲めそうですが、直6の4Lぐらいが上限のパワーですかね。不要な時は働かないスーパーチャージャではなく、パワー上乗せ領域も使える2段変速とか入れて、ストイキ領域では、マッドマックス的スーチャになるとか、かけたコストをしゃぶりつくすようなエンタメ性も載せてほしい。

そうでないと、学者が自己満で乗る優等生車で終わってしまうのは、マツダとしても本意ではないでしょう。極論言えば、虎の子のXエンジンや技術をトヨタに売って使ってもらうのが失われた時間を取り戻す一番の加速装置だと思うのです。開発者にしてみれば苦節の上にやっとモノにした技術を他社に売ったり、使われるのは嫌かもしれませんが、内燃機関のこの先の時間軸を見るとね。

過去にもそういうことがありました。マスキー法の時の排ガス対策。
モノに出来たのはホンダのCVCCととマツダのロータリー+サーマルリアクタ式。


この技術は出来なかった国内他社に技術提供(もちろん特許料払ってるでしょうが)時間稼ぎに流用エンジンが作られた。さすがにサーマルリアクターはロータリの低温燃焼ならではの特性で、まねしたのは知ってる範囲では空冷ポルシェぐらいw。

そのうち、3元触媒と燃料噴射の組み合わせで、各社命をつないだけれど。そういうわけで、日本連合にはこれを格安でばらまいたらどうだろかと思う。キーコンポーを格安にするには爆発的数がいるが、マツダの売る車では旬が終わってしまわないか。

最後はスーパーカーメーカにこそ使ってもらう技術になるかも。
何はともあれ、量産化したマツダには拍手拍手、で脱帽です。


余談ですが、sky-xオーナになる方はこの冬、猫バンバンをよろしくお願いします。熱が冷めないように工夫されているskx-xのエンジンルームはきっと翌朝まで温かいかもしれませんので。

我が家で保護したミトちゃんみたいに巻き込まれないようにしないと、にゃんこは一番温かい車を見つけて潜り込むかもです(;^_^A。



もっともぱっと見エンジンルームみっちりで隙間なさそうにも見えますが、子猫は潜れる?。


(商品インパクトは、高嶺の花に載せてこそ、だと思うのだ、ロータリーも初代コスモでインパクトがあったよね、庶民にはありがたいのだけれども。)

Posted at 2019/12/11 20:05:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ

プロフィール

「「連邦の白いヤツ」のその後 http://cvw.jp/b/119241/43764572/
何シテル?   02/26 22:51
結構おやじですが、若いつもりです。 バイクとクルマの二股恋愛です。 交流のある方は、基本「見たよ」代わりにイイネ押します。 その他は、文字通り、イイネ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

えーっと・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/28 15:15:38
スバルスタイルに掲載されました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/12/28 08:11:54
フォロー機能に関するよくある質問について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/03 13:47:42

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メル子 (メルセデス・ベンツ Cクラス セダン)
3.0Rに代わる10年をリラックスして過ごせる相棒としてセカンドユースで購入。 ほぼ、同 ...
ハスクバーナ NUDA900R ハスクバーナ NUDA900R
動体視力の衰え?、から速度域を下げて楽しめるマシンに変更しました。 狙い通り、楽しませて ...
日産 ノート eパワー 日産 ノート eパワー
奥さんの買い物通勤車として、シトロと入れ替えました。(休日私のお遊び用?)
シトロエン DS3 シトロさん (シトロエン DS3)
奥さんの通勤&買い物車として、スピアーノから昇格されました!。 2020年2月8日をもっ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.