• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT6のブログ一覧

2006年09月17日 イイね!

それなりに晴れた航空祭

それなりに晴れた航空祭絶対ダメだとあきらめてましたが、朝のうちやや雨交じりの後、徐々に回復して、ブルーのために晴れたみたいな。

 水蒸気が濃くて、やはり長玉にはつらい感じでしたが、アングルによってはなんとか。それにしても露出が難しい天気でした。
<2006ブルーin小松>
<2006航空祭>
Posted at 2006/09/17 23:37:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 飛行機 | 日記
2006年09月16日 イイね!

折角のF16も・・

折角のF16も・・ 明日の航空祭は雨間違いなし・・の感触の為、本日ならまだ何とかなるか、ということで撮影は今日しかないと思い、うろうろしてました。

 F16の機動飛行のみ見て、ブルーは飛ばないだろうとあきらめて会社で仕事してたら、頭上を飛んで行きました。。がっくり。
感度800にて何とか取ったけど、やはり水蒸気が濃くて望遠ではスッキリ取れませんでしたね。
Posted at 2006/09/16 18:58:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | 飛行機 | 日記
2006年09月08日 イイね!

第3回 バランスについての考察

 バランスをとるには3つの手段がある、と思っている。天秤を例に取れば、①重いほうを軽くする。②軽いほうを重くする。③支点を変える(軽いほうに)という対応である。これも日常に置き換えると面白い。遊びに金を使いすぎだとすると、さらに稼いでバランスを取る。稼ぎが増えなければ、遊びを減らすしかない。もうひとつは考え方の支点をずらす。自分の決めた基準をずらすということである。この前段の2方法は「迷路への入り口」である。最後の方法は禁断の手である。破滅か天国かへの岐路である。

 さて、私の結論である。
「バランスを取る」とは”常に狙った片方に傾斜を取ること”である。その傾斜方向と角度は思想によって決まる。車のバランスも「どんな走りを目指すか」という自身の思想によって支点が決まり、後は「中央にバランスを取る」という過ちを犯さないように、絶えず「片方に傾斜を保つ」ようにすることである。そうすることで、「変化」を体感しやすく(バランス点では変化率が小さい)、バランスを取る手段が統一されて(プラスマイナスと極性が反転しないので)安定する。中央とは絶えず左右に振動するポイントなのである。

ターボの加速がとても良いというのに、「段付き感を無くしたい」と思う。結果フラットになる。加速感は薄れる=体感の変化率が小さくなるからである。

 支点の思想を持たずに、天秤の錘をいじっても始まらないのだと思う。隼のすごい加速を味わっている今でも、RZの「加速感」の方が気持ちが良かったのは、自分のほしかった「傾斜」が得られていたからだと思う。隼はもっとバランスが取れていて、傾斜が緩やかなのである。

 歳と共に自分ではそうとは気づかずに「魂の傾斜は水平に近づく」傾向にあり、そのせいで刺激不足なのだと気が付く今日この頃であった。知らず知らずの内に、カミさんの罠にはまっているのかも知れない。

妻と言う人種は「安定」という秤の中心を求めて、絶えず錘をいじくるのである。だからいつも不安定なのだと気が付かない。男はいつも傾いていたいのよ。わかる?(俺だけなんかなぁ)
(了)
Posted at 2006/09/08 21:16:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 私的なミニ哲学の泉 | 日記
2006年09月06日 イイね!

渦中の見学

 今日は出張で、話題の精密機器メーカをお邪魔しました。
開設以来、社外の人が入るのは2度目だとか言われましたが、超精密恒温室に入ってきました。

 地下7mのところにナノ原器が置いてあるそうです。時間が無く拝めませんでしたが。

 真相は誰にもわかりませんが、こういう話しには大概政治的な取引があったりして、事実と真実が違うことを度々見聞きしている身では、頑張ってくださいとしかいえませんが。個人的には「日本」だったから・・・という臭いが非常にするのですが。
Posted at 2006/09/06 21:20:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑感 | 日記
2006年09月06日 イイね!

第2回 バランスについての考察

 FFとRRは重心バランスが良くない。ミッドシップは最高である。またマスを集中させたミッドシップはさらに良い。・・・本当か?。

 車体のヨーの中心と駆動、減速といった制御あるいは外乱との軸が近い=ズレが少ない構成である。マスが集中していると、さらにそのズレは小さくなる。完璧なパッケージである。だがその運転は疲れるはずである。
 
 FFは常にフロント中心に「バランスしている」し、RRは常にリア中心に「バランスしている」のである。
FRと違ってこれらはアンバランスだが、マスは集中している。従って、主に駆動力とマス中心が近い位置にあり、加減速で重心位置がFRより変化しにくい。だが、FRはマスが分散しているゆえに、ヨーには寛容である。

 RRの911が難しいけど面白いのは、加速側での重心と駆動点が近くて後輪を中心に常に動きを感じられるからである。FFの場合では、加速時にトラクションが抜けるためにもうひとつだが、突っ込みにはめっぽうコントローラブルである。たまにFFのクセを殺したFR的ハンドリングもあるが、速いかもしれないが面白くない。とにかく突っ込んでも抜けばなんとかなるという片方に偏った操縦性が無いからである。アクセルのオンオフよりもドリフトアングルや、荷重移動量によるヨーの感度が高いからである。
 
 911でブレーキングドリフトをするのは私レベルでは自殺行為である。911はトラクションが抜けた時のコントロール余地はほとんど無い。ヨーを止める手段があまりに小さい(フロントのカウンター操作が効くのはFRの1/4ぐらいのスリップアングルまで)からだ。その上ブレーキングは四輪に均等に重量がかかる感じでものすごいグリップが出る。そこで少々アングルがついてもリアは出ないし、出たときは手遅れと言う感じである。
 それゆえ、リアのトラクションを操るのが911の醍醐味である。常に片方に偏っているバランス故に、分かりやすく制御が楽である(反対側のバランスに持ってゆかないのがコツ)

 そういう意味ではB4は難しい。基本的にはFF的な重量バランスだが、駆動は4駆である。アクセルオンでヨー変化を出しにくい。その為、ブレーキングか、加速時のスリップを使うしかない。
 コーナーの最初で半分決まり、後半で半分決まる。真中あたりは最初次第である。私のATのBLEではいかんともしがたいのである。グリップ走法=荷重移動と前輪のグリップコントロールが全てであり、その範疇で楽しむ車だと思っている。
Posted at 2006/09/06 21:07:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的なミニ哲学の泉 | 日記

プロフィール

「もう、冬タイヤ交換w http://cvw.jp/b/119241/43468073/
何シテル?   11/17 23:09
結構おやじですが、若いつもりです。 バイクとクルマの二股恋愛です。 交流のある方は、基本「見たよ」代わりにイイネ押します。 その他は、文字通り、イイネ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2006/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

フォロー機能に関するよくある質問について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/03 13:47:42
俺氏、LSDを思いとどまるw 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/12 18:45:35
【書籍】auto sport(オートスポーツ) 2014/7/18号(No.1385) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/16 12:36:59

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メル子 (メルセデス・ベンツ Cクラス セダン)
3.0Rに代わる10年をリラックスして過ごせる相棒としてセカンドユースで購入。 ほぼ、同 ...
ハスクバーナ NUDA900R ハスクバーナ NUDA900R
動体視力の衰え?、から速度域を下げて楽しめるマシンに変更しました。 狙い通り、楽しませて ...
シトロエン DS3 シトロエン DS3
奥さんの通勤&買い物車として、スピアーノから昇格されました!。
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
クルマ&バイク大好き人間です。 いじり系と走り系も二股です。最近は乗るだけ(^^ この ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.