• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT6のブログ一覧

2013年03月31日 イイね!

NUDAにパニアケース付けました

NUDAにパニアケース付けました納車時に買ってあったパニアケースを取り付けました。

付けなかったのは、ケース取り付けブラケットがカッコ悪いから、、。
でも、まツーリングシーズン到来ですし、いつでも出動出来るように。





これで「アムロ、行きまーす」なんてね。

取り付けの顛末は バイクブログの方で
Posted at 2013/03/31 11:42:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2013年03月29日 イイね!

スバルのWRCコンセプト>期待の2台、奇しくも似てる?

スバルのWRCコンセプト>期待の2台、奇しくも似てる?【スバル、WRXコンセプト発表】
【動画もどうぞ】







【メルセデス CLA に最強の CLA 45 AMG】

【動画】こちらは実写ですね

なんか、非常に似てる気がする~。

格は違いますが、気になる2台。 

個人的には現実的な、BLE後継として、ボクサーディーゼル登載してはよ出して!。(180PS、45kg・m、20km/㍑ぐらいで、、、)

このぐらいの車格が希望です。ただ、幅はフェンダー広すぎですが、ゆるすかもwww。
Posted at 2013/03/29 17:54:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2013年03月23日 イイね!

マツダがMTにこだわるワケ

紹介記事は既に御存知かも、、、ですがマツダの車両開発姿勢として興味深いコメントが有ったので、御紹介します。

今やAT全盛のご時世に、「月5台も出ればいい方じゃない?」なんて言いながらラインナップ出来たその姿勢に頭が下がります。(subaruはレガシィからMTを消してしまった、、但し開発時点では海外用のMTを使っているはずですがw。)


【アテンザ開発者への10の質問】Q.4 なぜ今MTを設定したのか?

以下一部引用で紹介

◆「MTを無くしてしまえば、いずれ弱体化したメーカーになる」

「ファイナンスの担当部署からは『そんなことやってて儲かるのか?』と言われましたよ。『それは儲かる訳ないでしょう』とハッキリ答えました。何しろ、今は免許取得者の8~9割はAT限定なんですから。他の自動車メーカーはどんどんMTを設定から外している状況ですし。『だからといってMTを無くしてしまえば、いずれウチは弱体化したメーカーになりますよ。いいんですか?』と言って説得したんです」

メーカーが弱体化する、というのは具体的にはどういうことなのだろうか。トランスミッションという伝達装置は、クルマの開発にとってどういう存在なのか。

引用以上

・・・・


新型アテンザ開発主査の梶山浩氏の言葉に、非常にうなづける部分が有りました。 今はいろんな部分に電子制御が入り込み、ほしい特性(関数カーブ)も自在に出来る・・・(と錯覚している)開発が多い。 けれども、基本メカ骨格部分の特性で、狙いの領域に到達させておかないと、所詮電制での脚色は万能ではないし、無理な制御には大きな落とし穴が広がるものである。

なので、その特性を職人ドライバーが評価する前段があって、初めて車の軸が作りこめると言っているように思います。少なくとも広島では「MTは人間が評価する車両として、とても重要だ」と認識されているようです。


・・・
Posted at 2013/03/23 22:44:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | 私的なミニ哲学の泉 | 日記
2013年03月17日 イイね!

貴重なツーショット? NUDA

今日は、北陸方面で比較的近いとこに在住の方と、初顔合わせに千里浜に出動しました。

こういう珍車にのってると、やはり片寄った業界の人が多いんでしょうかね、結構近い世界のお方でした。 そのせいで、つい話しこんで一緒に走ったのは30分程度でしたが楽しいひと時でした。

Posted at 2013/03/17 20:29:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2013年03月16日 イイね!

Forester-XTに試乗して見た。

Forester-XTに試乗して見た。今日は、B4の106,500kmのオイル+フィルター交換でディーラに寄ったついでに、頼んで試乗させてもらいました。相変わらず、「一人でどうぞ」とのお言葉に甘えてマイコースを走って来ました。

私自身の趣味側の車人生では、SUVには縁が無いのですが、仕事側では結構ご縁が有ったりしますがw。
所有した車でアイポイントが高かったのは初代RVRと初代ステップワゴンだけです。

実際、これらは子育て車と営業車として頑張ってもらい、峠ではなく高速と、市街地をたくさん走りまわりました。世界的なSUVブームは何なのか、と言うのは有りますが基本、「自動車としての便利さ」が有ります。スポーツカーが外観の個性化に応じて不便化して行くのと逆に、ワゴンやSUVは個性化が便利化と離反しません。撮り回しの大きさがマイナスであるように見えて、実はホイルベースは短めで、オーバハングも短めとなり、案外セコセコ走れます。この辺は国産規格に鍛えられたおかげでしょう。

そういうわけで、スバルが掘り当てた「フォレスター」というカテゴリー(WRCベース車を使って小型のスポーツSUV化)はスバルにとって、とても重要な役目を果たしただけでなく、独自の差別化技術の認知度を大いに拡大し、AWDがコストや燃費と言った点で比較ネガティブになりがちなスバルの技術を、都市型の「足」を欲しがってた人々に対して、逆に「積極的に安全、安心な上に、走りの良さ、運転して疲れ無い」といった地味な評価軸を認識させて行った布教車だった気がします。

私自身、スバルの車づくり、技術を最も生かした上で、他社が追従しづらい分野に「良く走るSUV」と言う万能車で一家に一台あればいいな、と思います。なにか、緊急事態で雨や、風雪などで夜中に辿りつかねばならない、、なんて時には、黙ってこれ(フォレスター)で行くだろうな、と言った塩梅。

今、5大陸走破チャレンジ中のフォレスターには興味が有りました。こいつのDISEL-MTが有れば、考えて見ても。。とか思ってまして。同時にCVTなんだよなぁ、という引っかかりも有って。FB2リッターのアイサイトが試乗車だったはずですが、今日はDITのXTで、レザーシートのヒータ付きという豪華版でしたw。
DITとCVTの組み合わせはB4で以前試乗してますので、例のドッカン走りは既知ですから、もちょっと「買うかも」という色気を持ってじっくりゆっくり乗って見ました。

<試乗>
前置きが長々でしたが、シートポジションをセットしてスタートします。シートポジションは上下に相当動かせて、そのいずれでもペダル、ハンドルも追従して合わす幅があり、自分の運転姿勢だけでなく、そのポジションを崩さず位置を変える移動も出来ます。デザインは好みも有りますが、運転の見切りとしては悪くありません。さすが実を捕る社風でしょうか。サイドブレーキがちゃんと左手のシフトレバー横に有るのもうれしいとこ。

相変わらず、出足付近のアクセルリニアリティはちょっと鈍いんですがエンジンが、と言うより、CVT制御系の気がします、が大した違和感ではありません。で、Iモードだと、とにかく2000回転まで回らず、どんどん走る感じで、2リッターのターボ車でこの低回転でそこそこ走れることに感心しつつ、それが主にCVTのなせる技と言うところに驚きを感じました。

流れに乗ってしばらく走ると、エンジン回転が1500~1800程度しか振れずに車速制御して行きます。う~ん、「もう、エンジンやミッションの状況なんか、気にせんで前見とき!」と言う感じw。でもさすがにちとかったるい。で、Sモードにすると、もう少し上まで2300回転ぐらい?、まで回りますが、気がつくと1500回転www。。この状態でハンドリングに神経を移すと、そこはさすがスバル、気がつくと「おお、俺のB4とまぎれも無く同じ線上にある手ごたえと操舵感!」と好印象。ちょっとした交差点の右左折でもSUV的な違和感皆無で乗用車として走れますし、ロール少なめ。音は静かだけれどマイB4よりもエンジンノイズは大きめで、ロードノイズは小さめかな。(スタッドレスだけど)
ここまでの走りでは、ちょっと重量感を感じつつも普段乗りでは、有ってもいいなぁな大きさ感で扱いやすい車です。

次に、8段ステップモードになるS#に切り替え。ここでちょっと「おっ!」と進化したCVTにちょっと感激。
それまで速度段表示の無い(CVTだから当たり前ですが)Dの表示だけだったところが、7速を示します。で、
何時もの日産ディーラの角を曲がって、ちょっと住宅街の狭い屈曲路を慎重に、、と見てると2速、でちょっと前見てもう一度見ると、もう7速!。速っ!。今度はちょっと表示を凝視。。。するとなるほど。アクセルワイドに踏まないと、S#モードでもあっと言う間に速度段上げて、エンジン回転は相変わらず2000回転以下に留まったまま。で、パドルレバーでシフトダウンするとショック皆無でタコメータが少し上がるが、車速は全く変わらず。
「う~ん、これはなんか新感覚」。で、ちょっとアクセルワイドに踏んで○○○km/hに加速。ターボラグはあるのだろうが、すっと回転が上がる=ギアが低くなる、のと同時に加速がドーンと来ますが、アクセルちらっと抜いてやると同時にちらっと下見るとパッと7速表示w、速っ!。と言うわけで、エンジンの回転上下に俊足で付いてくる感のあるCVT。これは前のレガシィの時よりぐっとCVTのレスポンス上がってるんじゃなかろうか?。

CVTは全く段付き無いわけではなく、時々 くっ!とゆるいけれど段付き感に気がつく時が有ります。それ以外は全くなめらかで「エンジンの回転を気にする」というドライバーのモードは全く無くなりますね。まさに車速制御運転!。白線の逸脱警告も正確に(しょっちゅう)鳴って、ちょっとブレーキ遅らせ気味に前車に近づいたらアイサイトの警告音、「いやぁ、色々怒られますねぇ」とハイテクを満喫しつつ、とうとう追従クルコンは操作が分からず(苦笑)営業さん、なんも説明しないしw。 
燃費計は、アベレージ表示で8.4kmで、変わらず。瞬間燃費はアベレージ比で上か下かの表示しか無いのかぁ。他にデジタル表示が有るのかわかりませんでした。少なくとも私のB4より20%はいいと思われ。 これで40kg・m級のDISELがあればなー、と思った。


んで、次は何時もの跳ねるS字コーナへ行って、80km/hで進入、段差をうまくいなしてケツは流れず、、やっぱりサスストロークが伸びてるんでしょうね、適度に締っていながらも、跳ねずきちんとグリップ。んで試乗はおしまいですが、降りてタイヤチェック。やはりフロントはかなり外側側面のブロックまで巻き込んでいた後が有り、リアタイヤの外側は当たっていない感じ。これはリアに荷物と乗員乗った状態でジオメトリ設定している事と、ストロークの大きい足だと、キャンバー変化も大きくなりがちなので仕方ない。これは基本アンダーで、リバースステアが出ないようなレベルに前後のコーナリンググリップのバランスを取っているせいかな、、と。


短時間の試乗なので、毎度ながら興味を持っていただければ、、程度に考えてくださいね。
車両のふらつき、直進性、加速、旋回姿勢ともに良好でした。前回乗ったアウトランダーとコストグレードも違うけれど、総じて①乗り心地:どたつきの無さ、②走っている時の落ち着き、ステアリングの手ごたえ、ともにフォレスターの方がしっとりして高級な感触でした。PHEVには近く乗る予定なので、比較が楽しみですw。

意外な収穫だったのは、大速度変化時に、CVTの追従性、連続する加減速時でのダイレクト感、などでS#モード時のレスポンスは思いのほか、悪く無かった。もちろん、じゃ、積極的にこれで攻めて走る?、となるとまぁそれほど熱くならずに、、、って使い方になると思いましたが、逆に必要とする場面でオールマイティに80点が取れる出来では有ると思います。さすがにXmodeやヒルデッセント試すような試乗は出来ませんでしたから、そういう「ウルトラC」の秘めたる能力も有るわけで、十分魅力的な仕上がりだと思いました。
Posted at 2013/03/16 21:15:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ

プロフィール

「EVの911がホンダから出る!? http://cvw.jp/b/119241/43526914/
何シテル?   12/08 19:34
結構おやじですが、若いつもりです。 バイクとクルマの二股恋愛です。 交流のある方は、基本「見たよ」代わりにイイネ押します。 その他は、文字通り、イイネ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2013/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

フォロー機能に関するよくある質問について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/03 13:47:42
俺氏、LSDを思いとどまるw 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/12 18:45:35
【書籍】auto sport(オートスポーツ) 2014/7/18号(No.1385) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/16 12:36:59

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メル子 (メルセデス・ベンツ Cクラス セダン)
3.0Rに代わる10年をリラックスして過ごせる相棒としてセカンドユースで購入。 ほぼ、同 ...
ハスクバーナ NUDA900R ハスクバーナ NUDA900R
動体視力の衰え?、から速度域を下げて楽しめるマシンに変更しました。 狙い通り、楽しませて ...
シトロエン DS3 シトロエン DS3
奥さんの通勤&買い物車として、スピアーノから昇格されました!。
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
クルマ&バイク大好き人間です。 いじり系と走り系も二股です。最近は乗るだけ(^^ この ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.