• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT6のブログ一覧

2015年05月31日 イイね!

自己矛盾を抱える車選び

自己矛盾を抱える車選び

今のスバルに乗って、車の評価軸が大きく変わったことを以前述べていますが、改めて私が評価しているスバルのハンドリングとは何か考えてみた。そもそもエンジンの良さは気に入っている根幹だけれど、車としての他との根本的な違いは「フルタイムAWD」が生む独特のスタビリティに有る。

しかし、スポーツドライビングを考えた時、絶対速度が公道レベルでは「○○使い」と呼べるような領域に、そもそも踏み込めない。すなわち、一旦破たんした挙動を職人的な腕で何気に制御下に置くような・・・・。つまり、どこまで行っても「乗せられている感」が付きまとうのではないか?、と。

ところが、そーはならない不思議。

スタビリティが生む快感
リニアリティが生む快感

高いトレース性が生む快感
思い通りになる快感
etc

これらは、しっかり体感できる美点である。以前に、

ドライビングプレジャーを考える(その1)
ドライビングプレジャーを考える(その2)
ドライビングプレジャーを考える(その3)
ドライビングプレジャーを考える(その4)

といった、ドライビングプレジャーの考察を展開したことが有りますが、受け取り手の感情からの切り口でしたが、今回はちょっとまた、違う切り口で。



車の運転において、コントロールが容易で操作に忠実なズレの無い動きをしている時、人は安心して運転できる、また車と言う機械に対して、信頼を置くことが出来る。そこから車が限界に近づくにつれ、最初にリニアリティが失われ、制御の正確さが要求されて来る。入力と結果にズレが生じ、補正が必要になる。しかし最初の段階は自分が知り尽くした車なら、ここは「習熟」という経験値で乗り切れる。むしろそれが要求され、的確に対応できることで満足感さえ得られるだろう。

さらに限界に近づくと、非常に経験値の少ない領域になる。感や経験の延長線をイメージして、それでうまく対応できるか怪しくなる。こうなると恐怖心が首をもたげ、アドレナリンの分泌も同じ興奮とは言えないものに変わって来る。 通常、ここに踏み込むことはペナルティであろう。だがそこまで行かなければ、その境界もまた見えてこないが。

その境界ゾーンが幅広ければ、引き返しやすく「楽しい」と言えるドライバビリティを持っていると言える。けれどもここがヒリヒリするような狭い車は、危険である。そして困ったことに、その手ごわさに取り憑かれることにもなってしまう。

ここが人間、人生の岐路だと言う気がする(大げさ(^_^;)。

安全マージンを可能な限り取って、その上でその先を覗き見つつも引き返せる走り方。

一方、その先を超えてみたい欲求の強い人は、際どい制御をものにし、征服感にも似たカタルシスを欲するのだろう。


尊敬するドライバーにガンさんこと黒沢さんがWRX(ひとつ前の)とランエボ試乗評を語ったyoutubeがある。ここで彼がフォーミュラー的な方向を求めている生粋の追求型だとわかる。
スバルが「・・・雨の日でも、安全に速く走れる・・・」という点を強調すると、ガンさんは
「そんなコンディションが悪い時には、速度を落とせばいいんで、・・・・ドライの路面で、究極のハンドリングを追求するような、そんな車を作ってほしいなぁ」と言うくだりが有る。
 (最後の1分あたり)


実はその違いが、私自身の欲求の中にも矛盾として内在している。

操舵輪にトルクの掛からない後輪駆動車で、ステアリングインフォメーションに神経を研ぎ澄まし、限界を探りながら限られたトラクションを如何に有効に引き出すか・・・。という感覚。



一方、仕事を抱えてリスクも高い公道で上記で述べたような、コントロールの上限を探るような走りをする場合、アクセルを踏む心理の駆け引きが「ここまで踏める!」という気持ちにおいて、安心感を持って「踏ませる」車と、限界をちらつかせて「踏めない」車のどちらが好きか、と言う好みの問題。

絶対速度は論じない。この場合結局違いは、料理でいう素材の違いではなく味の演出みたいなものだと思う。 頭で描く限界線、五感に感じる信頼感「リニアリティと制御下にあるとわかるインフォメーション」一方で、もっと行けるだろうと思わせておいて、2次曲線的に手ごわくなる特性の車。これは普段乗りではどちらも安心感ある乗りやすい車である。

ところが飛ばすと変わる。あるいは環境がシビアになると変わる。

そう言う変化率の違いが、大きな個性と言うか、差なんだろう。

私の車歴の中では、前車は今のB4であり後者は空冷911である。そしてどちらも実は毒が有る。911の毒はわかりやすい。その感度を持った人ならば一瞬でやられる。強烈な落差のある本性は、簡単に破たんするドライバビリティと、通常到達しえないドライバビリティの2面性。

一方のB4は、ひたすら安定。怒涛の直進安定性を発揮しつつ、意外と峠では身軽にひらひら走る。速度を上げて行っても一向に基本特性が変わらない。段々シビアにはなるけれど、予測が反転しない。そうすると、道路側が一定の場合はドライバー側のインプットとの対話で済む
ため両者ともに楽しいのだが、道路側が変化する状況では、途端に911は気が許せなくなる。バイク乗りなので、全くバイクと同じ注意力が要求される。

その際立つ個性は、実は両者ともに、通常の車が持ちえない「トラクション」つまりタイヤを生かす独特のエンジニアリングの産物だと言う所に帰結する。

スバルは「さすが、車は楽だよな」と4輪の恩恵をたっぷり味わえる。911もまた「さすがにこの横っ飛び(瞬間移動)は911だよな」という驚異の機動性がある(跳ねてすっ飛ぶと言う意味ではありませんよ(^^ゞ)。

つまり、私自身がバイク好きなように、非常にシビアな領域を探ることも好きなら、スバルのように絶大なるリニアリティを持った制御性を与えてくれる乗り物もまた好きなのだ。

日常生活からちょとした非日常の世界まで、趣味の領域までをカバーする人生の伴侶としての「自動車」を考えた時、常にこの両者が私の中に居るのです。



そういうわけで、スタビリティの高さは退屈さにつながらず、ヒリヒリするようなスイートスポットの狭さだけが、運転の醍醐味を伝えてくれるわけでも有りません。今の私にわかっていることは、バイクと車の二股趣味生活では、今のBLEが極めてフィットしていると言うことに改めて気づいたのでした。故にAWDを味わうには上質なエンジンがほしくなる。刺激側のエンジンであれば、もう片方の車の個性がよりマッチすると思うからです。
(バイクに乗らない人ならば、964カレラ2と新型レガシィのコンビは結構強力な補完関係になると思われます。私には甲斐性が無いですが(;^_^A

おわり
Posted at 2015/05/31 10:01:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年05月30日 イイね!

リスタートという考え

みん友さんの記事  「スバル考察」について

>「・・・コアなスバリストがもし最新のモデルに食指が動かなかったとしたら、先ず真っ先に取る行動は他社製品を物色するのではなく、現状の愛車の維持、延命ではないか?と思う。そして眼鏡に適う最新モデルを待って買い替えるという動きになるのではないか?という気がする。・・・」



ふと今、改めて読んで思ったこと・・・「預言書?」(笑)
約2年半も前ですが、中々に新鮮な感じってことは、進歩してない堂々巡りってこと?(;^_^A


今日は、点検パックによる6カ月点検&トーインチェックに行って来ました。
トーインは規定の真ん中で問題無し。気になるATの塩梅は、エラーログ無し、目視漏れなし、で様子見。ATオイルも交換後3万キロなので、劣化とも考えにくいし。

それから、足回りの替えた方がいいな、と言うポイントチェックをメカと一緒に見て来ました。ひび割れて弾性が失われているのは一目瞭然ながら、車検に引っかかるようなものは無し。
コストと引き換えに効果大なるものも有るので検討することに。

後は、ステアリングの痛みがひどいので、新品の値段を聞いたら¥57200円なり。うーん純正自体が気に入っていないのも有って、代える気が無くなったw。

あれこれ雑談しながら、楽しいひと時を過ごして来ました。 こういう主治医の居る関係が構築できると、なかなか他に移るのも難しい気がしますね。

来客のアコードユーロRと並んで新型STIのWRブルーが入って来ると、難民の受け皿が国産だとスバルになるのかな。 今の時代改めてこのSTIを新車で出せたことに気概を感じます。


最近、書きたいネタは有っても進まない状況ですが、スバルのスポーツカー像はAWDに根差しているので、他とは異なる点を考えてみたいと思っています。
Posted at 2015/05/30 18:35:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2015年05月29日 イイね!

サスの風向きは変わって来た?

サスの風向きは変わって来た?サスの風向きは変わって来た?

カタログスペックからの脱却・・・・
読んだ文字と、ちらりと見た写真から、「ん?」と思いながら読んで見ましたが、ちょっと読み解くと。

使わない絶対速度に向けたセッティングよりも、日常を土台にした改善、幅を広げ上下に広げるセッティングですかね?。





引用
「HKS 究極のストリート仕様”サスペンション」
ポイントはスプリングレートにあった。フロントが5kgf/mm、リアが4kgf/mm。この数字は、純正のスプリングとほぼ同等である。さらに、車高調の存在理由である車高調整幅も従来品より少なくなっているという。

つまり、車高もそれほど下がらないし、スプリングも硬くなっていない。それでは、わざわざお金を払ってまで、サスペンションを交換する理由がないのでは? と思うのが道理ではないだろうか。つまり、そのようなスペックのサスペンションをリリースしたという部分が、冒頭の「意欲的」なところだったのだ。
引用以上




WRXのセットとして、リア側が低いバランス、そしてそれはノーマル維持の方向。そして通常車高調で実ストロークが減るケースが多い中、リバウンドを10mm伸ばしているらしい。ノーマル同等のスプリングにヘルパースプリングの入った写真に「ん?」と思ったのでした。つまりこれは1G以下のストロークを延ばしたためのヘルパースプリングということですね。そしてバンプ側はバンプストッパーを早くに当てて、2次曲線的につないで踏ん張る、、と言う狙い。



しかし、油気圧サスのようなふん張りとは違って、当該品は2kg/mmというアシストらしいので、途中から約1.5倍になるのかな?。バンプラバーでは最後の突き上げは不可避ですが、この2つの細工で、公道のうねりや切り返しで、リアが10mmねばる接地領域を拡大しつつ、今度はバンプ側では1.5倍のレートで踏ん張る、、。

1Gでのレベルが例えばマイナス15mmにセットしたなら、リバウンドはノーマルからは25mm伸びた勘定ですね。 しかしバンプ側は15mm減ってますから、ストロークが減った分、受ける力を本来のバンプに当たるまでに帳尻合わせた荷重を吸収していないと、ドン、とノーマルより段付きで当たることになるので、バンプラバーの付加は必然ですね。



ノーマルの煮詰められた万能性、幅広さをさらにコストを掛けて広げる方向、、、これは確かに無かった方向ですね。うまく行けばですが。普通はノーマルの持つキャパを一方方向に寄せて尖がらせることで対応してましたからね。



こう言った、日常での扱いで、ロールを生かしたしなやかな運転感を求めるような、気運が高まっているのかもしれませんね。逆に言えば、絶対速度への価値観が転換して来ているのかも。
ま、私は「公道で、」を前提にしたチューニングが基本なので、有りだと思いますけど、反応はどうでしょうか。

(文中写真、記事はリンク先のResponseより引用しました)
Posted at 2015/05/29 21:14:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | チューニング独り言 | 日記
2015年05月24日 イイね!

もやもや(その2) 幸せの青い鳥

人間の心は移ろい易いもの。 何の不満も無く、現行のカーライフを楽しんできましたが、10年も経てば、一応買い換え時期と、車も耐久消費財であります。しかし一方、趣味のカーライフでは旧車を維持、あるいは復活させて、その労力を惜しまぬ心には、引き換えとなるリターンが満ちているのでしょう。

さて、この先どう変わるかわかりませんが、「 EGACY」事件以来、少々心に波風が立ちました。そしていたずらに先送りしていたとげを抜きました。サスをリフレッシュしたことで、びっくりするぐらい、愛車が際立つ走りを復活させてくれました。(シャーシのよれはあるもののw)。


大きなうねりの渦中となった自動車業界。エコとCo2、環境問題といった、逆らえない圧力に向かって開発エネルギーは注がれ、小排気量+過給、ディーゼル、HVやEVにオセロゲームのように変わって行きます。 BLEを買った当時から、既にわかっていた事ではありますが、改めての現実に取り囲まれて思うところあり。

家族車として、自身のスーツとして、あるいは普段着として、まさにオールマイティなマルチロール機として選んだ愛車でありますが、実は気が付けばその方向での自身の望んだ到達点であったことに気が付きました。というより、この先はどうやら行き止まりらしいということ。アルピナ辺りに、まだ残されてはいるようですが私には届かない世界であります。

振り返ると、未だ不満の無い愛車が快調になったことで、この方向性の車はもう「無い」ことが確信できました。先日、舗装改修された道路に遭遇し、窓を開けて走っていたところで「これは何と表現すればいいんだろうか、、」と浮かんだのが交響曲でした。

アクセルオフして流すと、一瞬にして周りの騒音が流れ込む中での静寂。自車の音が一切消えて、路面からの振動も皆無。そしてゆっくりアクセルオンしても何も変わらない。開けた前を見ながら踏み抜くと、ちょっと間をおいてキックダウンとクゥーオッと排気音と吸気音が流れ込む。しかし一切の段付きや角は無く、ただただなめらかに・・・。

まるで交響曲のような車。 そう思ってしまいました。日常のジェントルな走り、過酷な環境での確実な走り、そしてワインディングでの爽快な走り。こんな車のさらに未来先が有るとの期待は残念ながら「大衆車+α」の国産車の中では死滅。それはベースボディが無くなったこと、そしてマルチNAエンジンが消えて行くことで難しくなりました。唯一新型B4がM5のような世界観で出てくれば、それは興味の沸くところですが、それは私に取っては少し旬を過ぎたのかもしれません。

昨日年改なった、B型レヴォーグの完成度に十分納得しながらも、12年の歳月を経てのメニューかと思うと、車のメカニカルな本質とはちがう、快適、安全での進歩には驚きながらも、土台となる部分の感動は、さほどでもありません。

そういうことから、改めてBLEを眺めて「これを仕上げて行こうかな・・」と思う今日この頃です。


今、劣化の査定を個人的にしてるのですが、動力分野においては
①エンジン:全く問題なし、快調の極み。
②AT:シフトタイミングのずれ、特に5速のロックアップタイミングがあいまいに。残念ながらアキレス腱の5速ロックアップクラッチはだいぶヘタレてる様子。
③操舵:Fストラット交換で復活。
④懸架:前後ショック、ばね交換で復活。特に上下動に関しては問題解消。
 「べんべん!ときたものが、ポクポクとなってますね。ただし、ブッシュの劣化(弾性劣化)を感じる。

外観や内装
①傷、塗装のはがれ・・あちこち
②ライトのくもり(樹脂コーティングの劣化、短期なら復活するけど・・)
③内装のゴム系塗装、はがれまくり
④ソフトパッドなダッシュボードのひび割れ。

終の車は発売成ったロードスターで行こうかなと思っているので、それまではこの車で行こうかな、、と考えるようになって来ました。気が付けば、レストア対象の車になっていたとはナ。
ただし、カミさんは改修にお金を使うのに財布が固いので、どうなるかわかりませんが、最近UP GARAGEに行って、ニヤニヤする今日この頃w。
Posted at 2015/05/24 18:25:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑感 | 日記
2015年05月24日 イイね!

レヴォーグGTアイサイト・B型に試乗して来ました。

レヴォーグGTアイサイト・B型に試乗して来ました。

今日は、先週変えた足回りのトーインチェックの相談に行くつもりでしたが、ちょうど6か月点検の電話があって、ついでに「試乗できる?」と聞いたらOKとのことで、それも合わせて伺いました。(途中でロードスターの試乗車とすれ違いました!)

レヴォーグの熟成はS4の熟成の道しるべ?になるかもなので、チェックしたかったのです。

と、腹が減ってはなんとやら・・・で冷やし中華でお昼を済ませ乗り込みました(;^_^A


到着すると、担当氏が直ぐに車を回してくれました。今日は奥さんをリアシートに乗せて3名乗車でいつものコースへ。 アドバンスドセーフティパッケージがあり、左前のカメラビューがサブモニターで見れて「おお!」とカミさんと感激。しかしながら営業氏の話では思ったほど装着率が上がらず、「やはり7万円UPを出すのは抵抗あるのか、アイサイトほど必要性を感じないのかな、」と。わたしなら、雨の夕暮れなど特に追い越し車線から左に移るケースでは、ヘッドライトつけない馬鹿が居るので、とてもありがたいし、カメラとか全体考えるととてもリーズナブルですけどね。アイサイトつけるならセットで、、と思います。

さて、ポジション合わせて走り出します。まず静粛性の向上は即わかります。もう、これなら合格点、特に今回は後席のカミさんの評価が高く、とても静かで乗り心地も良く、寝てしまいそうだったとw。私も感じたのは足回りからの音が一段減って、おそらく雨の日はだいぶ差が出るだろうなと思いました。そしてこれは愛車も負けたーと。

次に乗り心地ですが、中古ではありますが代えたばかりのサスと比較すると、収まりは同じ感じですが、入力での動きがとてもなめらかで乗り心地も明らかに向上しました。その分多少スポーティな味付け、初期ロールの入り方は乗用車っぽくなりました。しかしレヴォーグの84%がこの1.6Lだそうで、スバルとしても主力グレードへのテコ入れですから、コストを掛けてでも要望を反映させた結果でしょう。乗り心地改善は、カヤバのサスを低フリクション化で、遮音は主に後席の底?回りを重点に改善したようです。乗り味の点では2Lとはさらに味付けが開いたと思います。

私の車と比べると、ロール軸が高いのか、ちょっと腰高感がありますが、ワゴンとは思えないスポーツ性は健在です。またエンジンは税金のために頑張った低燃費化の中身が不明ですが、熟成が一層すすんで、段付き感は皆無に、そのかわりゴムを引っ張る感は増大するも、Sモードで解消。おそらくIモードがカタログ燃費の生贄になったものと思います。私ならS入れっぱなし。

それでも試乗車のアベレージ燃費が13km/Lを示しており、個人所有なら14、15キロは堅いと思われます。ステアリングのフィールは先日乗ったSti、愛車のBLEの油圧勢と比べると、電動系は比較すれば好みは前者という感じ。その差はフィードバックとダンピングの両立ですかね。



結論としては、えらく速く熟成が進んだな、ということ。もうほぼ完成形でしょう。 営業氏にも言ったのですが、「これのS4版が出れば、買い換え候補だね」と。

ただ、レヴォーグの社内資料には改良点として、○○、××と解説あるけど、S4の資料には無いんですよねと。ということで、1周遅れなのか、やらないつもりかなので、レヴォーグにはリターンをつぎ込めるけど、レヴォーグとの構成比10%しかないS4には、なかなか投資出来ないのかもしれません(とは言え、実際は世界規模で見ればWRXとしての需要はレヴォーグ以上のはずですが)。またもうひとつ気になるのはレヴォーグはスバルの狙い通り、代替需要と新規需要を吸収してくれたけど、気になるのは従来レガシィユーザの全てを吸収しきれていないのではないか、と言うことでした。そこにはわたしも含まれる(;^_^A

天気が良くて、お客さんは少なかった(;^_^Aのですが、進撃の巨人キャンペーンで試乗でもれなくもらえるぶつからないミニカーコラボ版を頂きましたw。そしてアンケートでTシャツか立体起動コスチュームかが当たるイベントで、もちろん後者に応募して来ましたw。



また、営業氏にはニュルの優勝おめでとうと言って来ました。彼も孤高の存在となってきたWRXに、儲けとはちがう残さねば、、という気持ちが伝わって来ました。市販車ベースのコンポーネントであそこまで行けるとは、何気にすごいことだと素直に褒めて来ました。

本題のBLEのトーインチェックは6か月点検と一緒にやってもらうことにして、楽しく雑談して帰って来ました。

念のため、帰路はカミさんと試乗コースと同じ道をたどりながら、その違いを話し合ったのですが、カミさんの評価は「広さ、静かさ、快適さ」すべてレヴォーグが良かったと。アクセルを踏んでいない評価としては、私も同意です。またエンジン振動などは消されているため、無表情化がすすんだけれど、1.6Lのポジションなら問題ないでしょう。

と言うわけで、ベンチマークとなる1台でした。

※家に帰って合計2台になったぶつからない車で追従走行w、どちらもストップランプつけて止る様は中々愛嬌が有ります(*^_^*)。 皆様もお暇が有れば、今現在のスバルにおける到達点な車にご試乗されてみてはいかがでしょうか?。

Posted at 2015/05/24 09:17:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ

プロフィール

「EVの911がホンダから出る!? http://cvw.jp/b/119241/43526914/
何シテル?   12/08 19:34
結構おやじですが、若いつもりです。 バイクとクルマの二股恋愛です。 交流のある方は、基本「見たよ」代わりにイイネ押します。 その他は、文字通り、イイネ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

フォロー機能に関するよくある質問について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/03 13:47:42
俺氏、LSDを思いとどまるw 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/12 18:45:35
【書籍】auto sport(オートスポーツ) 2014/7/18号(No.1385) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/16 12:36:59

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メル子 (メルセデス・ベンツ Cクラス セダン)
3.0Rに代わる10年をリラックスして過ごせる相棒としてセカンドユースで購入。 ほぼ、同 ...
ハスクバーナ NUDA900R ハスクバーナ NUDA900R
動体視力の衰え?、から速度域を下げて楽しめるマシンに変更しました。 狙い通り、楽しませて ...
シトロエン DS3 シトロエン DS3
奥さんの通勤&買い物車として、スピアーノから昇格されました!。
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
クルマ&バイク大好き人間です。 いじり系と走り系も二股です。最近は乗るだけ(^^ この ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.