• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FLAT6のブログ一覧

2016年10月29日 イイね!

SGPのインプレッサ、ちょい試乗記

今日は朝は雨が残るあいにくの天気で、気温も急降下・・・なので客足遅しと見てディーラさんに試乗しに出かけてみました。

実はS4の時の期待度とは違って、ずいぶんテンション低めなのは、購入候補ではなかろう、、という先入観からです。

ハッチバックしか売る気はないようで、どこにも北陸ではG4は来ないみたい。(未だにB4は試乗車ないぐらいなので、セダンを売る気はないようです)
ですが、今回のインプレッサSPORT(なぜ、ハッチバックがスポーツなのか私にはわかりませんが)はかっこいいです。伸びやかさが制約される全長のコンパクトさと、リアシートのヘッドクリアランスを実用上ぎりぎり(マツダとの優先度のスタンスの違いが明確)なとこに抑えつつも、レボーグより私には完成度の高いデザインに見えます。

今回はでっかい試乗車シールも貼ってあるし、替えもないので試乗監視役同乗の上、指定コースでの試乗に限定。田舎道とちょいバイパスで終わりという単純なオーバルコース。なので、
試乗レポも限定版です。なんやかやと4度目になるドライバーズシートに収まって、運転姿勢を整えて出発。以後、頭に浮かんだ印象順に記します。



出足が普通:
リニアトロニックの出足の調律はもう、完璧。トルコン車と比べるとつながりが直線的でむしろ溜めが無さすぎぐらい。

大舵角、低速でのハンドルは普通:
アシスト量普通、転舵時のトルク変動というか、段付きは無く、戻りも普通。
逆に、すっきり感、軽快感はやはりこのクラスのもの(重厚感は無し)

CVT完成度高か!:
アクセルを踏みながら車速の乗りとタコメータを見ながら同調感を探ると、素晴らしい。
このCVTはもう、用途的にはケチの付けようがないレベル。バックラッシュ感がゼロ。60km/hの流れに乗ると回転数はわずか1000回転。そこで車間制御レベルの加減速ではほぼ針2本分の上下で収束。もう少し速度変動を加えると1500回転ぐらいまでタコは踊るが、車速Gは一定である。タイヤノイズから遮音材はこのクラス平均という感じで、エンジン音もやはり直噴感が伝わる。エンジンの低速トルクを持ち上げつつ、フリクションを徹底して下げ、そこにCVTのレスポンスと向上した直結感と相まって、2.5Lぐらいの加速レスポンスを感じる。

CVTレスポンスすご!
60km/h巡行の1000回転針1本上状態から、Sモードに入れると、瞬時に2000回転付近までG変化ないままタコが跳ねる。「すげ、このレスポンスはCVTとしては異常、、」なぐらい、もう速くなった最近のステップATとタメである。なので、ここでアクセル踏むと即座に車速がレスポンスするのであるが、エンジンの回り方が滑らか(低フリクション感はある)なのだが、高級感は無い。実用エンジンでその音も聞こえてくるし、刺激があるほどのGは無し(;^_^A。
(ただ言えるのは、CVTのおかげで2LのNAとしては優秀な加速性を持っている)


スバルはIモードでも車速に対して、変速比をちょこまか動かすことはあまりしないようで、トルクがある分直結のままな感じでアクセルと車速のダイレクト感があり、CVT感は皆無。
ギアのカバレッジを広げた分の配分は低速側に500回転ぐらいだろうか、残りを高速側に回したのだろうかと思うが、高速走っていないので不明。また、追従クルコンに入れた場合はまた異なるアルゴリズムでCVTは動くと思われる。

シャシー完成度高い。
国産のこのクラスでは出色の乗り心地だと思う。低速のうねり、バイパス80キロでの目地段差など走ったが、どん・ン、タン・ン と入力も角が取れるが揺れた後にクっと締まるのが分かり、ぶるぶる感ゼロ。この点は私のポンコツB4の車格を超えられた、、と思わせる美点。乗り心地では負けた。(新車同士でも、快適性では負けたと思う)

ステアリングレスポンスはそういう道走ってないので不明。
ブレーキは飛ばしてないので総容量は不明だけど、速度調整、信号停止など質感の高いもので、
街乗りなら国産車離れしている、とほめておこう。

空調優秀?:
エアコンの足元吹き出し口が改善され、2段階になったもよう。ファン風量も中央レベルまで連続可能な音量で、風の室内循環量は増えているように感じた。


結論として、印象に残ったのは、足回りとパワートレイン(CVT含む)の完成度の高さ。
このクラスの車としては確かに1クラス上。特にトータルでの走行性能に対してCVTが加点している比率がとても高いということ。逆にこれがDCTだったなら、このエンジンでは平凡な動力性能としかならないだろうな、ドン付きで加速感ごまかされる感性だとわからんけど。




試乗を終えてBLEに乗り換えての感想は、営業氏の「1.6Lに期待してます」という言葉と符合した。

この車の完成度質感で1.6Lの価格、それは最も競争力の高いものだろう。こちらは雪国というハンデはあるが、FWDがたくさん売れるのではなかろうか?。スバルはさらに趣味性を求めるスバルユーザにお預けをさせて、すそ野の拡大を優先し、盤石にしておきたいのだろう。

それは、とても正しい判断だと思う。今、最も安心、安全というイメージを持つスバルが、全車アイサイト+歩行者エアバッグという訴求点で獲得する顧客層。そしてこの車の基本性能がもつ「全く普通に運転が楽」という見えざる「性能」。オーナとなった暁には、お友達の他車を運転した時に「あれっ!」と違和感を持つほどになるだろう。

なるほど、登録車でこのクラスの「シェア」ではなく、「顧客層」を取っておきたいのだ。導入が遅れている1.6Lは直噴でもなく、目玉技術は無い。しかしそれこそが、価格と完成度という戦略機種だという気がしてくる。今回の2.0ILだと60キロ巡行時で17km、Sモードで2000回転回しても16kmあたりを差していた感じだと、大体リッターあたり15kmは確保しそうだから、このCVTが有れば、1.6Lはかなり良い数字を出すだろう。また高速での追い越しなどの領域でなければ、もっさりということもないだろう。娘の車を1.6のFWDと言うのは大いにアリだと思った。


一方で、メーカーにその気が無いから当たり前だが、試乗後BLEに乗り換えてはっきりしたのは、あれだけ優秀なシャシー、乗り心地性能を発揮しながら、ドライバーが感じる走りの質感は全く異なり、内装の質感もあれだけ高くなったのに、車格感は及ばず・・・だった。
その違いの全てが6気筒エンジンと直噴4気筒エンジン差から生み出される「走りの質感」だったな、ということを改めて感じさせられ、驚いたことだった。

私の求めている「走りの質感」に6気筒からのダウングレードのハードルは想像以上に高い、、と思った試乗でした。 次回、いつものワインディングを含む試乗が出来たなら、正確なハンドリングと軽快感は、異なるプラス点を加えるだろう予感は持てました。
Posted at 2016/10/29 20:24:25 | コメント(5) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ
2016年10月23日 イイね!

カーディーラの役目ってどーなる?。

車も家電化してくると、その買い方も似てくるのでしょうね?。

大型量販店(倉庫型)や、Webでポチったり(;^_^A、金額だけならそうなってくよね。

けれどもそういう買い方ができる人は、道具としての「損得」ノミで車を商品としてみる人なんだろうなと思う。一方、どこかのブログおやじは「車畜」と言っていたけれど、ペットのように、相棒化する目線で見る人は、そうはならないだろう。そこには2つのつながりを求めるからだと思う。



一つは、整備、愛犬の体調管理を見てほしい、、という視点。

もう一つは、カーライフ全般のアドバイザーだったり、相談相手だったり、そこは個々人の知識を補うメーカーならではの情報提供なのだと思う。


ところで、当方がこれまでお世話になったセールス氏は、引っ越し移動が結構多かった事、車の買い替えがそれほど多くないことなどから、セールス氏の影響力で購入したことは1回きりであります。 基本は指名買いで予算価格と車種を既に固めた後、中古なら探し回って、新車なら近くのディーラから、、という塩梅です。

私自身は、営業からは全く縁遠いとこに居たと思っていましたが(全く向いていないと思う(A^_^;)、営業経験もさせてもらったので、これは全く畑の違うスキルを学ばせていただきました。
その際、同僚となった営業仲間の中には、スゴイ人もいたのでその人の生態も面白かったw。

・・・と今だから言えますが、当時はよく禿げなかったもんだと我ながら感心するぐらいのストレス状態でしたが。 そんな子育て当時の不慣れな転勤先で初代ステップワゴンを見に行ったディーラで知り合ったセールスが相性良くて。

彼は、私の境遇に近いメーカから派遣されたディーラ駐在営業マンという立場だったのですが、その話はのちほど。



で話を戻しますが、決まり文句で誰にも平等に、価格も統一価格で、、ってなると「はて?」
それが助かるドライな客層と、それじゃ時間つぶして訪問する理由がない客層(私のような)が出来てしまいます。


前者は新規開拓で拡張時期には、ある種有効。それに整備など後々の面倒を信頼できるか??と言った目線でのウエイトも低いのは、道具としての買い物客層なら特にそうでしょう。

(そういうステージに居る会社は、どーでしょう?ね。店舗のマネージャーさんに要求されている上のプランはw。)


一方、中堅で既に数回の買い替えサイクルを経験しているセールス氏とユーザさんの関係は、どーでしょう?。

営業始めた初期にベテランに言われましたが、どれだけ親しくなっても商談成立させて、償却が進んで、、、リピートが来たら一人前に扱われたと言うことだ」という先輩の言。これは商品知識の高いオタク客層に限らず、車に疎いお客様も同じですね。

次に相棒として車を考える様なユーザはどうでしょう。私の場合は買いたい車が有る無しで尋ねるディーラは選択されます。しかしながら、、カーライフ全体の快適性を考えると迷う選択肢があるならその天秤を傾かせるぐらいの力はセールス氏にあります。

新人だろうがベテランだろうが、お客様が買ってくれるには最低限の絶対条件があります。そ
の第一ステップは「信用」だろうと思います。が、信用は過去がもたらすものでしょうが、それまでの見聞きしたあるいは自身の印象による最初はお互い片思いでの信用。それが一度契約のサイクルが回ると、その自身とセールス氏との直接の実績にとなり、以後信頼が生まれるか、消えるか(;^_^A、、、。そして次に抱くセールス氏には「期待」が生まれます、つまりこれからのカーライフ、未来への展望と言いましょうか、、なのでここでケチが付くと会社の看板が背負っている「信用」には変化が無い(見えない)かもしれませんが、、そのお客様との「未来」は見えなくなってしまいますね。

物理的な「信用」が全ての評価のインプット、、、という査定と、「信頼」という未来への商談ストーリ、お店と顧客の精神的つながりは査定に乗らないという会社姿勢なんでしょう。
そういうわけで、セールス氏も広域ローテーションである程度そのパイプを切られるのは修行の面もあるでしょうが、余り頻繁にやられると、お客の立場では特に冒頭の後者ユーザは離れてしまいますよね、つまり「信用」という看板自体さえもケチが付くという、、、。


商売は、売買対象の「商品力」の土台に依存していることは間違いないのですが、セールス氏の存在が、色んな対競合での商品力差を埋めてくれる力である事もまぎれもない事実です。(その辺も大変勉強させていただきました(A^_^;)

なので、結論があるわけではありませんが新規需要開拓に軸足を移し、歩幅を広げると、今度はこれまで培った「信頼」という、会社の査定に乗らない見落とされたディーラの「のれん」が衰退していくということに誰が気がつくかという事でしょう。そうやって離れた行く客が表に出てくるのは、業績上げて栄転した店長の1~2年後となり、「今度の店長の成績はなんだ!」とあらぬ濡れ衣で本来の力量が試練を迎え、荒れた田畑が再び花を咲かせる時には、飛ばされて、また勘違いした気鋭の店長が根っこを再びずたずたにするという、栄枯盛衰のサイクルが有るように私は感じています、、という話w。




あ、で置きざりになってたステップワゴンのセールス氏。毎回オイル交換に行くたび(毎月ですが(;^_^A)営業姿勢の悩み相談やら、色々元気をもらってました。とにかく営業職は如何に希望を失わないかが大事です。なので彼は商品知識は全くダメでも、元気と笑顔で救ってくれましたね。

当時ちょうど、子育て車でワンボックスいいな、って思いつつもまさか新車を買う気は全くなく、出たばっかりの新車であることもありました。ところがいつもの癖で、「こんなとこがいいね」とあれこれ良い点を言ってたら(既にスペックオタですから営業マン以上に詳しいので)「じゃぁ、買っちゃいましょう」と見積もりさせてください、、と言いながらびっくりするような額を提示して来ました。それでも予定に無いので無理ですよと言っても、電話して別の会社で下取りさせることでさらに上乗せ、で乗せられてカミさんと顔見合わせてハンコを押しました。最初で最後の、初のお店、初顔合わせ、初回契約という私の辞書に有り得ない買い物でした。

が、この件は家族ぐるみで引っ越しで車を手放すまで、素敵な「カーライフ」を頂きました。なので、子育て後、「次は私の好きな車を買う」という方針で「見積もりはしないでくれ」と頼んで今のB4にたどり着くんですが、その時も新型に乗って自宅まで来て試乗してくれと言って、2代目新型オデッセイが出たばっかりなのに、びっくりするような提示をしてくれました。

この時は本当に心苦しかったけど、「アコードユーロ-Rのマニュアルが買えるんだったらそうしたいんだけど」と言って断りました(カミさんがAT以外不許可だったので)。

今は、そういうセールス氏の裁量幅は小さいのかも知れませんが、裏事情ではやりようはあるのですがね、新人は出来ないでしょうが。

このセールス氏との付き合いでは、彼の言動で自分自身の心模様の変化を分析することで、私も自身のセールススキルを随分磨かせていただきました。「〇〇君から買いたいので、、、」と名指しして頂くまでになったこともあります。しかしそういうセールススタイルは管理システムになじまないと思われているようです。新規開拓のインセンティブは大きく、リピートユーザの契約ではそれが無い。そうするとそういう会社「人格」が出来上がってゆくんですよね。

けれども、私は特に「日本人は」人とつながって「信頼を寄せて」初めてカーライフも楽しいというクルマ文化全体につながっていると思うのですが、、、、、どうでしょうか。
Posted at 2016/10/23 22:52:57 | コメント(0) | トラックバック(1) | 雑感 | 日記
2016年10月15日 イイね!

滑り出しは上々以上w。

滑り出しは上々以上w。本日は、お世話になっているディーラにやっと新型インプレッサが回って来たので、ついでに奥さんも載せて、「ほれ!、これが次の候補かもよ」と見学に。

今日は感謝デーだったのですが土曜なのでそれほどでもない込み具合、、といってもお邪魔している間に入れ代わり立ち代わり、見学に来てドアをバンバン!(そんなにめいっぱい締めなくてもw)と締めて行く人がいっぱいでした。

奥さんの評価は外観に関しては、可も不可もなく・・・が、内装に関してはまぁいいんじゃyないとw。
室内空間が幅、長さとも愛車よりかなりゆったり。先代からすでにAピラーが200mm前に移動しており、今度はBLEと同じホイルベースまで伸びた以上にシート間が広くなっています。前席でちょっと足伸ばしすぎぐらいにゆとりを持っても,後席で縦にこぶし2つ入るゆとり。

昨今のウインドのウエストラインも違和感ない程度の高さ(後席は若干狭くなったけど、許容範囲でしょう、昨今の車にはもう、ないもん)。

ちょっと気になったのがリアサス左についていたストロークセンサと思しきもの。右にはないからレベリングにフィードバックしてるのか、なんなのか?。


担当セールス氏に走行会はどうだったのか?と聞いてみると

「すごかったです、」というコメント  (;^_^Aなにが、どう??。

競合と思われる独車、日本車揃えて、現行インプも置いて比較できるようにあれこれ乗ったらしいのですが、一番近い乗り味だったのが

「ゴルフとおんなじような乗り味でした」という感想。

欧州車に非常に近い感じで中でも、ゴルフと同じ方向のデイストだと。


なるほどねぇ、まぁそーだろうね。 特に2Lの18インチを履いたトルクベクタリング付きの操縦性は相当シャープだったそうで自信ありダソウデス(;^_^A


1.6Lはまだ、車の方が出来ていなくて試乗車もなかったそうです。 そして来週あたりにはお客様が乗る感じのオプションをつけた現実感のある試乗車を用意して、ガンガン売り込むそうです。今回はスバルも相当に気合が入っているとセールス自身が言ってました。

事前の予約で6000台、うち50%が他者から乗換だそうで、セールスは予約で乗らないで買っていただけるのは他社ユーザで、根っからのスバルユーザは「乗らない限り、あるいはA型は( ´艸`)」と敬遠されますんで、、、と言ってました。 実際駐車場にはN社、伊車、独車、仏車ってかつてないない光景でしたw。


期待は高まりますが、私自身は乗り味については予想している部分がありそこに疑念は有りません。なので、一体いつ、それは買えるのか、、には興味ありますが車検は来月予約入れてきました(;^_^A。


理性的ならスバルで行きますが、おかしくなったら非国産に行くでしょうね。




Posted at 2016/10/15 20:41:26 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2016年10月10日 イイね!

驚愕の一枚で発覚

大袈裟なタイトルですいません。

実は、NUDAミーティングに出掛ける際、当初は富山経由で白川郷の方へ下るルートで途中合流する計画だったのですが、相手が不参加となったため、ルート変更し、いつもの瀬名通って九頭竜ダム方面から行くことに急きょ変えました。

すると、B6オーナーズのオフ会での集合が瀬名の道の駅であったのです。
ツチリンさんのブログで見かけたので、あれれと思い当日の写真を探してみると・・・・・




当日この先 雨がどのへんで降り始めるか、スマホの雨雲レーダを見て急いで出かけたのですが、ロードスターの息子が取った「一枚の写真」を改めて拡大してみると

ん?






なんと、B6オーナーズの車が映っているじゃありませんか!。

/(^o^)\ナンテコッタイ  頭が雨でいっぱいで全く気がつきませんでした。もったいないことしたwww。
Posted at 2016/10/10 22:07:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月10日 イイね!

恒例の【NUDAミーティング2016】開催しました。

恒例の【NUDAミーティング2016】開催しました。良かったのか、悪かったのか、台風が少々早く通り過ぎすぎて、肝心の前夜祭と開催日が悪天候となってしまいました。当初は台風一過のぴーかん青空を期待していたのですが・・・


(;´・ω・)




息子は風邪気味だったので、ロードスターで参加。 おやじの背中を見て何思う?。




こうなると、ひたすら頭の中は 「温泉!、温泉!!」 そしてビールw。

無事全員終結できて

宴会!



明け方えらい豪雨でしたが、予報ではもう快方へ向かうとのことで、カッパをしまって出発!



今回も最遠は広島から、東京から、奈良、神戸と幅広いところから終結しました。
(各県に1台いるかどうかなので(;^_^A そーなるわなw )



日本人らしく、きっちり並べて


今回も初参加2台を加えて2桁台数が揃いました。

よろしければ、バイクブログ 【NUDAミーティング2016 in 一の瀬園地】
Posted at 2016/10/10 12:21:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記

プロフィール

「サイバートラック これは有り?。 http://cvw.jp/b/119241/43501943/
何シテル?   11/30 10:02
結構おやじですが、若いつもりです。 バイクとクルマの二股恋愛です。 交流のある方は、基本「見たよ」代わりにイイネ押します。 その他は、文字通り、イイネ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

フォロー機能に関するよくある質問について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/03 13:47:42
俺氏、LSDを思いとどまるw 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/12 18:45:35
【書籍】auto sport(オートスポーツ) 2014/7/18号(No.1385) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/16 12:36:59

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メル子 (メルセデス・ベンツ Cクラス セダン)
3.0Rに代わる10年をリラックスして過ごせる相棒としてセカンドユースで購入。 ほぼ、同 ...
ハスクバーナ NUDA900R ハスクバーナ NUDA900R
動体視力の衰え?、から速度域を下げて楽しめるマシンに変更しました。 狙い通り、楽しませて ...
シトロエン DS3 シトロエン DS3
奥さんの通勤&買い物車として、スピアーノから昇格されました!。
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
クルマ&バイク大好き人間です。 いじり系と走り系も二股です。最近は乗るだけ(^^ この ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.